紫陽花 の 植え 替え 時期。 ヤマアジサイとは

紫陽花の地植えの植え替え方法は?間隔は?肥料は何が良い?

紫陽花 の 植え 替え 時期

ヤマアジサイとは• 基本情報• 特徴 ヤマアジサイは、主に太平洋側の福島県から四国・九州に分布しています。 半日陰の湿り気のある林や沢沿いに生育しています。 このことから別名のサワアジサイの名前がつきました。 周辺の自然によくなじんでいる樹木です。 中央から花の外側に向かって咲き、縁に沿って装飾花をつけてガクアジサイ Hydrangea macrophylla f. nomalis と同じようにガク咲きとなります。 装飾花 中性花 の萼片は、白色または白青色で少し反り返りますが、紅色を帯びることもあります。 ガクアジサイよりも花序が小型なので、コガクと呼ばれることもあります。 に比べて葉は、薄くて細長く小型です。 野趣に富んだ樹形で、花色や花形は地域による変異が多く、愛好家の間で人気の高い花木です。 近似した種が中国にある。 草丈/樹高 1~2m 開花期 6月~7月 花色 白,青,ピンク,赤 栽培難易度 1~5 耐寒性 やや弱い 耐暑性 普通 特性・用途 落葉性,日陰でも育つ,初心者でも育てやすい.

次の

【アジサイの育て方】鉢植えや植え替え方法、肥料の量や枯れる原因は?

紫陽花 の 植え 替え 時期

アルと酸性について 酸性の土だと青。 アルカリだと赤になります。 といっても、 やなら露骨に影響が出ますが、ボール上に咲く「西洋アジサイ」では、さほど変化がありません。 酸性の土が花色の及ぼす影響 例えば、ピンクの西洋アジサイを庭植えしたとします。 「雨」というものがそもそも「弱酸性」なので徐々に土が酸性になります。 でもピンクの花が青になるかというと、そういうわけではなくピンクのままです。 ただし若干青みがかって、くすんで見えます。 なので鮮やかなピンクを維持するためには、石灰を混ぜるなどして酸性化を防がなくちゃいけません。 ひっくり返すと、 酸性・アルカリ性というのは、その程度の影響しかないということです。 花が咲かないならチェック! 「うちのアジサイ、枯れてないのに咲かないんですけど~」といわれるお客さんが居ます。 原因は枯れた花を切る時期にあります。 アジサイの花は枯れてしまっても、それなりの形をしてキレイなものですから、切り落とすのは忍びないもの。 だもんだから、そのままにしておき、いよいよ花が完全にしおれてしまった秋口にバッサリと切り落とします。 すると、そのとき、翌年の花芽も一緒に切り落としてしまうことになり、翌年に花が咲かないわけです。 そういう場合は一年おきに咲くことになります。 8月以降に翌年の花芽が出来ます。 パッと見には花芽は分かりません。 花を毎年咲かせるために出来れば7月中。 遅くても8月上旬までに花を切り落とすようにしましょう。 寒さに当たると落葉し、冬は枝だけになります。 店頭には「アジサイ・七変化」という名前で販売してあることがありますが、七変化は別名で七変化という品種があるわけではありません(は品種名です)。 時間と共に色合いが変化する様子から七変化と呼ばれるようになったようです。

次の

【あじさいの育て方】鉢植えあじさいの挿し木・植え替え時期と方法

紫陽花 の 植え 替え 時期

紫陽花の植え替え 紫陽花の鉢植えを購入しました。 植え替えの時期について質問です。 以前、購入した紫陽花を窮屈そうだったので大きめの鉢に植え替えたところ、みるみるうちにダメになりました。 今回は、失敗せずに植え替えたいと思い、購入するときにお店の方に植え替えの時期を質問したところ、 「すぐに植え替えてあげてください」 と言われました。 大好きな花ですし、色も気に入って購入し、4000円近くしましたので失敗は避けたいです。 実家では地植えだったので、刈り込みなどは経験してますが 今回はマンション住まいのベランダで育てますので、大きい鉢に植え替えるのに不安です。 義母は2~3年前、2鉢まだ花があるうちに大きな鉢に植え替えベランダに置いてます。 その後、どうなっているかわかりませんが… 実際どうしたらよいのかわからなくなりましたので質問させていただきました。 また、北側の玄関ポーチに置きたいのですがいかがでしょうか? 直射日光はありませんが、自然光は明るいです。 種類はわかりませんが、白とグリーンがかった色でぎっしり詰まって咲いてます。 補足・刈り込み…ではなく、「切り戻し」ですね。 ・それから、切り花にしても良いのでしょうか? ・植え替える鉢は、素焼きプラ鉢どちらが好ましいでしょうか? 以上を補足させてください。 アジサイに限らず花時の植え替えは先の回答者様も仰るように一回り以上大きい鉢に植え替える事が大切です。 その際は元の根鉢を抜く時に土をできるだけ崩さないようにすること 人差し指と中指の間に幹の根元の茎を挟んで天地をひっくり返して鉢を手のひらで受けとめるようにして鉢を上に引っ張って外すようにすると根を崩さずうまく引き抜けます。 まず準備として、一回り大きい鉢には鉢底石をしいて土を入れ 鉢を抜く前に植え込んだ時の高さに目星をつけておき、先の要領で抜いた株の根を真ん中に置いて後は鉢と根の隙間に土を入れるだけ 最後に割りばしなどで新しく入れた土に隙間ができないように突っつくようにして土をしっかり入れます。 (これをしないと水を最後に加えた時、隙間の部分があるとせっかくの元の根が崩れてしまい、最悪根が傷んで枯れてしまいます。 ) あと土の表面が渇くと弱ってしまうので表面に腐葉土をしいておくと水やりも楽です。 もし、ちゃんと植え替えしたいなら花が終わった休眠期に再度植え替えしてください。 尚、鉢は前回うまくいかなかったことを考えると根の蒸れを防げる素焼きの鉢の方が無難かも・・・・ そうそうベランダに置くのでしたね。 直に置かず台かレンガのようなものをしいてください。 ベランダの照り返しで株が弱りやすいので鉢の下も風通しよくして西日が当たるようならスダレなどで日よけも必要かも・・・・・.

次の