赤羽 感染者数。 新型コロナウイルスに対するDNPグループの対応について

新型コロナウイルス北区の感染者数について 北区ホームページトップに掲載してもらえました✍️

赤羽 感染者数

岸 博幸 [慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授] 1986年通商産業省(現経済産業省)入省。 1992年コロンビア大学ビジネススクールでMBAを取得後、通産省に復職。 内閣官房IT担当室などを経て竹中平蔵大臣の秘書官に就任。 不良債権処理、郵政民営化、通信・放送改革など構造改革の立案・実行に関わる。 2004年から慶応大学助教授を兼任。 2006年、経産省退職。 2007年から現職。 現在はエイベックス・マーケティング株式会社取締役、エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社顧問も務める。 岸博幸の政策ウォッチ 小泉政権時代に竹中平蔵氏の秘書官を務め、数々の構造改革を立案・実行した岸博幸氏がテレビや新聞が決して報じない知られざる政治の裏側を暴きます。 そして最悪なのは、西村大臣が6月下旬に、コロナ対策の専門家会議を廃止して、感染症の専門家のみならず経済学者や自治体首長などを加えるという、ごっちゃの構成の分科会を新たに設置すると表明したことです。 これがいかに最悪な対応であったかは、原発問題を考えていただければ分かるのではないかと思います。 福島第一原発の事故が起きた後、経産省という一つの組織が原発の規制と推進の両方を行っていたことが厳しく批判されました。 同じ一つの組織で規制と推進をやっていては、特に電力業界を所管する組織でそれをやると、当然ながら推進の方に力点が置かれ、規制が緩くなるからです。 そこで、今は原発の規制は環境省(原子力規制委員会)、原発の推進は経産省という形で、規制と推進の権限が別の組織に分けられ、両者をバランスよく進められる体制になったのです。 いずれにしても、政府がこのように感染防止よりも経済活動の再開・拡大に偏ってしまっては、世論や政府の風を読むことに長けた小池都知事が、緊急事態宣言解除以降は感染防止に関して無策であったのも止むを得ないのです。 いかにこの人災を乗り越えるべきか 以上から明らかなように、7月に入ってからの感染者数の激増は、基本的には小池都知事の無策と西村大臣のバランスを失した対応による人災と言わざるを得ません。 7月16日になって、赤羽国交大臣がGo Toキャペーンから東京発着の旅行を対象外にする考えを表明しました。 これはある意味で、特に小池都知事の無策のツケを、東京都民と東京の観光に関連する事業者がもろに負うことになったといえます。 もし今後さらに全国レベルで感染者数が増加して、万が一にもまた緊急事態宣言となったら、全ての国民や企業が、この2人の人災のツケを負うことになるのです。 だからこそ、東京の市区町村の首長には、都知事は頼りにならないと思って感染防止のための独自策をどんどん講じてほしいです。 また、東京以外の他府県の知事は、東京を反面教師に、これまで以上に知事が率先して感染防止策を講じないといけないと意識するべきでしょう。 そして最後に、官邸は今の政府の体制で本当に感染防止と経済活動拡大をバランスよく実現できるのか、よく考えてほしいと思います。 (慶應義塾大学大学院 メディアデザイン研究科 教授 岸 博幸)•

次の

新型コロナウイルスに対するDNPグループの対応について

赤羽 感染者数

岸 博幸 [慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授] 1986年通商産業省(現経済産業省)入省。 1992年コロンビア大学ビジネススクールでMBAを取得後、通産省に復職。 内閣官房IT担当室などを経て竹中平蔵大臣の秘書官に就任。 不良債権処理、郵政民営化、通信・放送改革など構造改革の立案・実行に関わる。 2004年から慶応大学助教授を兼任。 2006年、経産省退職。 2007年から現職。 現在はエイベックス・マーケティング株式会社取締役、エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社顧問も務める。 岸博幸の政策ウォッチ 小泉政権時代に竹中平蔵氏の秘書官を務め、数々の構造改革を立案・実行した岸博幸氏がテレビや新聞が決して報じない知られざる政治の裏側を暴きます。 そして最悪なのは、西村大臣が6月下旬に、コロナ対策の専門家会議を廃止して、感染症の専門家のみならず経済学者や自治体首長などを加えるという、ごっちゃの構成の分科会を新たに設置すると表明したことです。 これがいかに最悪な対応であったかは、原発問題を考えていただければ分かるのではないかと思います。 福島第一原発の事故が起きた後、経産省という一つの組織が原発の規制と推進の両方を行っていたことが厳しく批判されました。 同じ一つの組織で規制と推進をやっていては、特に電力業界を所管する組織でそれをやると、当然ながら推進の方に力点が置かれ、規制が緩くなるからです。 そこで、今は原発の規制は環境省(原子力規制委員会)、原発の推進は経産省という形で、規制と推進の権限が別の組織に分けられ、両者をバランスよく進められる体制になったのです。 いずれにしても、政府がこのように感染防止よりも経済活動の再開・拡大に偏ってしまっては、世論や政府の風を読むことに長けた小池都知事が、緊急事態宣言解除以降は感染防止に関して無策であったのも止むを得ないのです。 いかにこの人災を乗り越えるべきか 以上から明らかなように、7月に入ってからの感染者数の激増は、基本的には小池都知事の無策と西村大臣のバランスを失した対応による人災と言わざるを得ません。 7月16日になって、赤羽国交大臣がGo Toキャペーンから東京発着の旅行を対象外にする考えを表明しました。 これはある意味で、特に小池都知事の無策のツケを、東京都民と東京の観光に関連する事業者がもろに負うことになったといえます。 もし今後さらに全国レベルで感染者数が増加して、万が一にもまた緊急事態宣言となったら、全ての国民や企業が、この2人の人災のツケを負うことになるのです。 だからこそ、東京の市区町村の首長には、都知事は頼りにならないと思って感染防止のための独自策をどんどん講じてほしいです。 また、東京以外の他府県の知事は、東京を反面教師に、これまで以上に知事が率先して感染防止策を講じないといけないと意識するべきでしょう。 そして最後に、官邸は今の政府の体制で本当に感染防止と経済活動拡大をバランスよく実現できるのか、よく考えてほしいと思います。 (慶應義塾大学大学院 メディアデザイン研究科 教授 岸 博幸)•

次の

コロナ ウイルス 東京 感染 者 数

赤羽 感染者数

東京都北区内のインテリア大手「」の赤羽店で店員1人がに感染し、その後、仕事を休む店員が相次いでおり、80人以上に達したとの情報もある。 会社側が休んでもいいと伝えたことがきっかけだが、自宅待機を求められていない店員も多数休んでいる異例の事態だ。 店員らには、それだけ感染への不安が強いようだ。 店員170人の約半数が... スタッフ派遣でしのぐ ニトリは、緊急事態宣言中も、一部を除いて短縮営業を続けた。 「住まいの必需品」だというのが理由だが、自粛中とも見られない客の来店も相次いで、店員らから全店休業を望む声もあった。 宣言は、2020年5月25日に全面解除されたが、27日になって、ニトリは、赤羽店から店員1人の感染者が出たことを公式サイトで発表した。 PCR検査で陽性が出たのは23日だといい、それから4日経っていた。 北区保健所とともに調査し、濃厚接触者は客にいなかったものの、店員6人を特定して自宅待機になった。 5人を検査し、いずれも陰性だった。 感染者が出たことについて、複数の関係者からJ-CASTニュースの情報提供フォームに投稿があった。 関係者に取材もしたところ、店員の陽性判明後に店の幹部から他の店員に説明があり、休んでもいいと言っていたそうだ。 その後、仕事を休む店員が徐々に増え出した。 赤羽店の店員約170人のうち、31日時点で80人以上が休んだといい、本部からのスタッフ派遣でしのいでいるという。 陽性判明後も店を休業にせず、サイト上の発表も遅れたとして、そのことについて会社への不信感を漏らす店員らもいたという。 自主的に休む場合は、休業補償の対象とはならず、収入がゼロになって悩んでいる店員もいるようだ。 発表まで「4日」かかった理由は? ニトリの感染発表について、北区保健所の保健予防課長は6月1日、J-CASTニュースの取材にこう答えた。 「元々、感染者が出たことを公表する義務はなく、会社側が自主的にされたことだと思います。 守秘義務があり、個別具体的なことは言えませんので、コメントする立場にはないです。 発表しないところも多いですので、その意味から言えば、きちんと対応していると思います」 店員が次々休んだことについて、ニトリホールディングスの広報部は、「従業員の申し出による休日届けについては、すべて受け入れをしております」と取材に答えた。 何人ぐらいが休んだのかについては、「店舗情報に係わる詳細につきましては回答を差し控えさせていただきます」として、明らかにしなかった。 店員へのケアの観点から、赤羽店の全員を対象に、社内カウンセラーによる面談を実施しているという。 店員の陽性判明から4日後に発表したことについては、こう説明する。 「赤羽店従業員には翌日24日(日)から店舗責任者により感染者発生について説明を開始いたしました。 濃厚接触者の調査を北区保健所と連携し進めておりましたが、25日(月)夕刻に北区保健所より濃厚接触者に該当する従業員について特定されたため、感染防止の観点から同店の従業員に関する情報を公表することといたしました」 店の休業はしなかったことについては、次のようにコメントした。 「消毒作業については、当該従業員がPCR検査を受けた22日(金)、陽性判定が確定した23日(土)に、北区保健所のご指導のもと店内の消毒を実施し営業を継続しております。 また、お客様および従業員ケアの観点から 27日(水)に改めて専門業者による店内消毒を実施いたしました」 (J-CASTニュース編集部 野口博之) <J-CASTニュースでは、新型コロナウイルス流行に伴い、「私たちの状況を取り上げてほしい、取材してほしい」といった声を受け付けています。

次の