尾崎 いち か。 金色夜叉

尾碕真花写真集 いちか

尾崎 いち か

おざき ほつみ 尾崎 秀実 生誕 死没 1944-11-07 (43歳没) 国籍 出身校 職業 ・・嘱託・嘱託職員・の 配偶者 尾崎英子 親 尾崎秀真(父) 尾崎 秀実(おざき ほつみ、(明治34年) - (昭和19年))はの・・、のスパイ。 記者、嘱託、嘱託職員を務める。 政権のブレーンとして、政界・言論界に重要な地位を占め、軍部とも独自の関係を持ち、()から()開戦直前まで政治の最上層部・中枢と接触し国政に影響を与えた。 共産主義者であり 、としてが主導するの諜報組織「」に参加し、として活動。 最終的にとして1941年(昭和16年)発覚し、の1人としてを経てに処された。 共産主義者としての活動は同僚はもちろん妻にさえ隠し、自称「もっとも忠実にして実践的な共産主義者」として、逮捕されるまで正体が知られることはなかった。 生涯 [ ] 生い立ち [ ] 記者の父・秀真(ほつま)の子として現在ので生まれた。 5ヵ月後、父がのの招きを受け、社漢文部主筆として赴任したことから、台湾で育ち、台北第一中学校(現)に進学。 父方の尾崎家は、の旧領にあり、初期に行われたによりが廃されてのみとなっている地域であった。 の活動家となったきっかけは幼少の頃台湾に住んでいたときに感じた差別であったが、若かりし頃には運動に携わらなかった。 たとえば、時代にが起きたが、特に社会運動に参加はしていない。 しかし、東京帝国大学法学部在学中に起こった「大正十二年夏の第一次共産党検挙事件」「農民運動者の検挙事件」「とその妻子の殺害事件()」などから刺激を受け、社会主義を開拓していくことに英雄主義的な使命を感じるようになっていった。 の『』をはじめ、の『』、『』を読むようになった。 なお、中国問題に着目するようになったのはの『』を読んでからである。 東大大学院に進学し、経済学部教授によるの「史的唯物論」の研究会に参加、共産主義の研究に没頭することになり、完全な共産主義者となった。 1926年(大正15年)5月、のに入社、社会部に籍を置く。 同期入社にはのちにゾルゲ事件で検挙されたがいた。 この頃は「 草野源吉」の偽名で社会主義の研究会やなどに所属する。 上海へ [ ] 1927年(昭和2年)10月から翌年までの支那部に籍を置く。 この赴任中、一高の先輩で日本共産党員のに会い、影響を受ける。 上海に渡る直前に、一高、東京帝大で同期でドイツ帰りのから現地の新聞の研究・分析の重要性について教わる。 この頃、兄・秀波(ほなみ)の妻だった英子と結婚。 その後、として同年11月に大阪朝日新聞社支局に転勤し、英語とドイツ語に堪能な尾崎は、太田宇之助支局長のもと外交方面を受け持つことになる。 上海滞在中、に通い、店主のや、そこに出入りするや、中国左翼作家連盟のと交際する。 またとも交流した。 1928年(昭和3年)11月、が経営するツァイトガイスト(ドイツ語で「時代精神」の意)書店でに会い、本部機関に加わり に間接的に協力するようになる。 さらに、常盤亭という日本料理店において、スメドレーの紹介で、紙の特派員「ジョンソン」ことと出会う。 彼を通じてモスクワへ渡った南京政府の動向についてのレポートが高く評価され、南京路にある中華料理店の杏花楼で、ゾルゲから自分はコミンテルンの一員であると告げられ、協力を求められ、承諾する。 実際に尾崎をゾルゲに紹介したのは員で当時にあった(PPTUS)に派遣され、傘下の国際運輸という運送会社に潜り込んでいたである。 1931年(昭和6年)春に、「日支闘争同盟」の会合に出席した際、の上海満鉄公処のの紹介で、と出会う。 関東軍の動向を探るため、同年6月に川合を満州に派遣する。 諜報活動 [ ] 1932年(昭和7年)2月末に大阪本社から帰国命令を受けて日本に戻り、外報部に勤務。 同年5月末に「南龍一」ことが本社に訪ねてきて、彼を介してにおいて6月初旬にゾルゲと再会、彼から諜報活動に従事するよう要請されて、全面的な支援を約束、ゾルゲ諜報団の一員として本格的に活動するようになる。 暗号名は「 オットー」である。 また、鬼頭銀一とや大阪でたびたび会っていた。 1934年(昭和9年)10月、東京朝日新聞社に新設された勤務となりに転じる。 1936年(昭和10年)、カリフォルニアのヨセミテで開催されたに中国問題の専門家として参加、と出会い親友となる。 このとき西園寺公一の通訳であったとも面識を得る。 この会議のパーティーで、オランダ領東インド代表のオランダ人から、アムステルダム・ハンデルス・フラット紙の記者のゾルゲを紹介されて、初めて本名を知ったという。 翌1937年(昭和12年)4月から側近のが主宰する政策研究団体であるにの紹介で参加。 7月、東京朝日を退社し、総理大臣秘書官のの斡旋での内閣嘱託となる。 同時に、近衛主催の政治勉強会「」に参加、この関係は、、まで続いた。 1939年6月1日、嘱託職員として東京支社に勤務。 でされるまで、同社に勤務する。 評論と政治活動 [ ] 評論家としては、問題に関して『』『』『』で論陣を張った。 (昭和12年)7月にが起こると、『中央公論』9月号で「論」を発表し、のは「半植民地的・半封建的支那の支配層、国民ブルジョワ政権」であり、「政治」であるとして酷評し、これにこだわるべきでないと主張した。 また、9月23日付の『改造』臨時増刊号でも、局地的解決も不拡大方針もまったく意味をなさないとして講和・不拡大方針に反対、拡大方針を主張した。 11月号では「敗北支那の進路」を発表、「支那に於ける統一は非資本主義的な発展の方向と結びつく」として中国の共産化を予見した。 こうした主張は、翌(昭和13年)のに影響を与えた。 同年『改造』5月号で「長期抗戦の行方」を発表し、日本国民が与えられている唯一の道は戦いに勝つということだけ、他の方法は絶対に考えられない、日本が中国と始めたこの民族戦争の結末をつけるためには、軍事的能力を発揮して、敵指導部の中枢を殲滅するほかないと主張、また『中央公論』6月号で発表した「長期戦下の諸問題」でも中国との提携が絶対に必要だとの意見に反対し、敵対勢力が存在する限り、これを完全に打倒するしかない、と主張して、講和条約の締結に反対、長期戦もやむをえずとして徹底抗戦を説いた。 第1次近衛内閣が成立すると、の側近として軍の首脳部とも緊密な関係を保った。 近衛は尾崎の正体を知った際に驚愕し、「全く不明の致すところにして何とも申訳無之深く責任を感ずる次第に御座候」とに謝罪している。 尾崎が参加したは国策の理念的裏づけを行い、結成を推進して日本の政治形態を一国一党の軍部・官僚による独裁組織に誘導しているが、昭和研究会のメンバーが同会から発展する形で独自に結成した「昭和塾」のメンバーは尾崎ら共産主義者とグループの「」によって構成され、理念的裏づけはことごとくを基にしていた。 ゾルゲ事件と刑死 [ ] (昭和16年)にのの一人として逮捕された。 訊問には積極的に答えたので、28回分の検事・司法警察官訊問調書、また、28回分の予審判事訊問調書などの、膨大な量の資料を遺した。 この時拷問等はなかったとされるが、で一緒だったは、回想録で恰幅の良かった尾崎がやせ衰えていた事、別件の調査で尾崎に面会した予審の小林健治は総白髪になっていたことに驚いたと記している。 逮捕後の取調べでは、「我々のグループの目的・任務は、狭義には世界共産主義革命遂行上の最も重要な支柱であるソ連をから守ること」と供述している。 (昭和19年)、記念日にあたるに、違反、違反、違反によりでと共にに処された。 ソ連のスパイとして働いた功績からソ連政府から勲章と表彰状を受けたとされていたが、近年その存在が確認された。 それを受けて、ロシア政府は親族からの申し出があれば勲章と賞状を授与すると2010年1月発表している。 また尾崎と共に活動し投獄、獄死したの遺族は、勲章と表彰状を受領した。 尾崎の墓はにある。 また、妻宛の遺書がに納められている。 年表 [ ]• 1901年、現在ので生まれる。 幼少の頃は、日本統治下ので育ち、臺北第一中學校(現)に進学。 (大正11年)、を卒業し、法学部(現)に入学。 (大正14年)、卒業後、東大大学院に進学し、一年間在籍する。 そこで、が指導する研究会に参加し、の研究を行った。 (大正15年)、に入社し、に勤務。 社内での『レーニン主義の諸問題』をテキストとした研究会を開催。 (昭和2年)、に転ずる。 (昭和3年)11月、支局に転勤し特派記者となり、3年余、上海に在住。 その間にとも交流。 と出会い、本部機関に加わり 、に間接的に協力するようになる。 さらに、と出会う。 (昭和7年)2月、本社に戻り、外報部に勤務。 この時期、ゾルゲから諜報組織に勧誘されて参加。 (昭和9年)10月、東京朝日に転じ、東亜問題調査会に勤務。 1936年、に中国問題の専門家として参加、西園寺公一と出会い親友となり、牛場友彦と会う。 (昭和12年)、4月から側近のが主宰する政策研究団体であるにの紹介で参加。 (昭和13年)7月、東京朝日を退社。 の嘱託となり、(昭和14年)1月のまで勤める。 同時に、近衛主催の政治勉強会「」(朝飯会)のメンバーにもなり、この関係は、、まで続いた。 (昭和14年)6月1日、嘱託職員として東京支社に勤務。 で逮捕されるまで、同社に勤務していた。 (昭和15年)7月22日、第2次近衛内閣発足• (昭和16年)7月18日、第3次近衛内閣発足、第2次近衛内閣を引き継ぎ同年10月18日まで続いた。 9月6日の御前会議では、10月上旬までに米国との和平交渉がまとまらない場合、対米英開戦を決定しているが、この件はその開戦を回避するために発足したにより見直されたため実際の開戦時期は遅くなった。 8月、尾崎は関東軍特別演習(いわゆる「関特演」)を視察するため、満州に旅行する。 10月15日、の首謀者の1人として逮捕され、改造昭和16年11月号「大戦を最後まで戦い抜くために」が尾崎によって公表された最後の戦時論文となった。 (昭和17年)6月16日、司法省が事件を発表する。 (昭和18年)9月29日、東京刑事地方裁判所でを受ける(一審)。 (昭和19年)4月5日、大審院がの判決を下す。 1944年(昭和19年)11月7日、で死刑執行。 評価 [ ]• 尾崎は評論活動をしていた当時、「最も進歩的な愛国者」「支那問題の権威」「優れた政治評論家」などと評価され 、評論家としての権威・評判は共産主義が抑圧されていた言論状況のもとでも高いものであった。 家族 [ ]• 文士・新聞記者で戦前ので活躍していた(尾崎白水)は父。 歴史学者(日本近現代史研究者)のは娘婿にあたる。 作家・文芸評論家で元会長のは異母弟で以下の関連著作を出した。 生きているユダ ゾルゲ事件 その戦後への証言( 1959年/ 1966年/ 1976年/新人物往来社 1980年/徳間文庫 1986年/新版 2003年)• ゾルゲ事件 尾崎秀実の理想と挫折(、1963年/ )• 立ちどまった時刻 私のうちなる戦後(PHP研究所、1974年、楡出版 1991年 回顧録)• ゾルゲ事件と現代(勁草書房 1982年• デザートは死 尾崎秀実の菜譜(集英社 1983年/ 1998年)• ゾルゲ事件と中国(勁草書房 1989年)• 上海1930年( )• 歳月 尾崎秀樹の世界( 1999年 自伝) 私生活 [ ]• 妻(英子)は、秀実の兄・秀波(ほなみ)の配偶者であり(不倫の末、結婚した)、また、従姉妹(叔母の娘)でもあった。 英子は後に獄中の尾崎から妻子に宛てた書簡集『愛情はふる星のごとく』を出版している。 尾崎はと情交を重ねていた。 2月、アメリカに在住していたスメドレーをが訪ねた際、スメドレーは石垣から、尾崎がにすでに刑死していると聞いて、「私の夫は亡くなっていたのか」と絶句したという。 著作 [ ] 単著 [ ]• Recent developments in Sino-Japanese relations Japanese Council, Institute of Pacific Relations 1936 Japanese council papers, no. 現代支那批判 中央公論社 1936• 国際関係から見た支那 第二国民会出版部 1937 支那問題叢書• 南京政府の正体 尾崎秀実 述 新日本同盟 1937 新日本同盟会報• 嵐に立つ支那 : 転換期支那の外交・政治・経済 亜里書店 1937• 支那問題叢書 第1 1901-1944 第二国民出版部 1937• 現代支那批判 中央公論社 1938• 国民思想パンフレツト [第1巻] 第5冊 国民思想研究所 1938• 現代支那論 岩波書店 1939 岩波新書• 支那社会経済論 尾崎秀実 著 生活社 1940 東亜叢書• 東亜民族結合と外国勢力 中央公論社 1941 東亜新書• : 獄中通信 尾崎秀実 著,尾崎英子 編註 世界評論社 1946• 愛情はふる星のごとく : 獄中通信 尾崎秀実 著,尾崎英子 編註 大月書店 1947• 尾崎秀実選集 第1巻 中国社会の基本問題 現代中国論,中国社会経済論 尾崎, 秀実, 1901-1944 世界評論社 1949• 中國社會の基本問題 尾崎秀實 世界評論社 1949 尾崎秀實選集• 愛情はふる星のごとく 上巻 尾崎秀実 著 三笠書房 1951 三笠文庫• 愛情はふる星のごとく 上下 尾崎秀実 著 青木書店 1953 青木文庫• 愛情はふる星のごとく : 獄中から妻と娘への手紙 尾崎秀実 著 光文社 1960 カッパ・ブックス• 現代支那論 尾崎秀実 著 勁草書房 1964 中国新書• 尾崎秀実著作集 全5巻 編集委員:、、、、 勁草書房 1977 - 1979• 現代支那論 尾崎秀実 著 岩波書店 1982 岩波新書 特装版• 愛情はふる星のごとく 尾崎秀実 著 青木書店 1985• 愛情はふる星のごとく 上下 尾崎秀実 著 青木書店 1998• 新編愛情はふる星のごとく 尾崎秀実 著,今井清一 編 岩波書店 2003 岩波現代文庫 : 社会• ゾルゲ事件上申書 尾崎秀実 著 岩波書店 2003 岩波現代文庫 : 社会 共著 [ ]• 教養講座 第1輯 教育科学研究会 編 西村書店 1940• 太平洋問題資料 第7 日本国際協会太平洋問題調査部 編 日本国際協会 1940• 事變處理と國際關係支那の現状と國際政局 松本忠雄 [述],尾崎秀實 [述] 東洋經濟新報社 1940 經濟倶樂部講演 ; 昭和15年 第20輯• 東亜民族結合と外国勢力 尾崎秀実 著,満鉄弘報課 編 中央公論社 1941 東亜新書• 開戦前夜の近衛内閣 : 満鉄『東京時事資料月報』の尾崎秀実政治情勢報告 尾崎秀実, 今井清一 編著 青木書店 1994• 尾崎秀実時評集 : 日中戦争期の東アジア 尾崎秀実 [著],米谷匡史 編 平凡社 2004 東洋文庫• 運命を変えた手紙 : あの人が書いた34通 「文藝春秋」編集部 編 大和書房 2013• 香港都市案内集成 第11巻 香港関係日本語論文集 濱下武志, 李培德 監修・解説 ゆまに書房 2014• 日中の120年文芸・評論作品選 3 張競, 村田雄二郎 編 岩波書店 2016 訳書 [ ]• 女一人大地を行く 著,白川次郎名義 譯 改造社 1934• 世界政治と東亜 G. ハドソン 著,尾崎秀実 訳 生活社 1940• 女一人大地を行く アグネス・スメドレー 著,尾崎秀実 訳 酣灯社 1951• 女一人大地を行く 上下 アグネス・スメドレー 著,尾崎秀実 訳 角川書店 1957 角川文庫• 女一人大地を行く アグネス・スメドレー 著,尾崎秀実 訳 角川書店 1962 角川文庫 演劇 [ ]• (作) 映画 [ ]• (、/監督:/出演:)• (、フランス・日本合作/監督:/出演:、)• (/監督:/出演:、) 脚注 [ ] []• は、尾崎がの『女一人大地を行く』を翻訳(名義は白川次郎訳、初版改造社、1934年)していたことから疑いを持つようになった(宮下弘 1978年)。 は「多くの国が他の国々をスパイするが、ソビエト式スパイと他の国々のスパイとの相違は、共産主義の側では共産主義ユートピア実現のためには自分の祖国さえも犠牲にすることが宗教的信念と言える程という一点であり、この病気に感染している人々は自分の国の機密を敵に売ることなど少しも躊躇せず、これがソビエトスパイを甚だしく危険な存在にしている特異性の一つである」と述べ、クルト・ジンガーもソビエトスパイは最も危険であり、最も効果的なカモフラージュの陰にかくれていると主張している クルト・ジンガー 1953, p. 49-50• 尾崎は具体的に供述したがゾルゲが鬼頭銀一とのつながりを強硬に否定したために、最初の紹介者はスメドレーということに調書が統一された(加藤哲郎『情報戦と現代史』206頁)• 『ゾルゲ謀略団』• 近衛に尾崎を紹介したは戦後、尾崎をマルクス主義の殉教者と評し、「わが尾崎が、絞首台にはこべる足音は、天皇制政権にむかって、弔いの鐘の響きであり、同時に、新しい時代へと、この民族を導くべき進軍ラッパではなかったか、どうか。 解答は急がずともよかろう。 歴史がまもなく、正しい判決を下してくれるにちがいない」と述べている。 『改造』1951年5月号• 三田村武夫 1950, p. 1942年3月8日、第22回調書• クルト・ジンガー 1953, p. 324• 裁判長を務めたは、尾崎と一高・東京帝大を通じて同級生・友人の間柄であった(白井久也『ゾルゲ事件の謎を解く - 国際諜報団の内幕』)• 『歳月』(学陽書房)P. 198• 『ゾルゲ謀略団』 参考文献 [ ]• 『尾崎秀実著作集』 全5巻(、1977~85年)• 尾崎秀実書簡集 『愛情はふる星のごとく』 、2003年• 尾崎秀実 『ゾルゲ事件 上申書』 岩波現代文庫、2003年• 編 『尾崎秀実時評集 日中戦争期の東アジア』 、• 尾崎秀樹編 『回想の尾崎秀実』 ( 初版1979年、版、2005年)• 「上海時代の尾崎君」• 今井清一編 『開戦前夜の近衛内閣 満鉄「東京時事資料月報」の尾崎秀実政治情勢報告』 (、1994年)• 『赤い諜報員 、尾崎秀実、そしてスメドレー』 ( )• 『尾崎秀実伝』(教養選書・ )• 『人間・尾崎秀実の回想』( 1989年)• 中里麦外 『尾崎秀実ノート そのルーツと愛』( )• モルガン・スポルテス『ゾルゲ 破滅のフーガ』• 『現代史資料 ゾルゲ事件』(全3巻) 、初版• 『赤色スパイ団の全貌 : ゾルゲ事件』 福田太郎訳、東西南北社刊、• クルト・ジンガー『スパイ戦秘録』 国際新興社、1953年• 『戦争と共産主義 : 昭和政治秘録』 民主制度普及会• 三田村武夫 『大東亜戦争とスターリンの謀略』• 宮下弘 『特高の回想』 田畑書店、1978年 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキソースに 著の原文があります。 「 - (2006年9月9日アーカイブ分)」(加藤哲郎による第4回ゾルゲ事件国際シンポジウム「ノモンハン事件とゾルゲ事件」 2006年5月(モンゴル)報告)•

次の

尾碕真花(いちか)の脚やカップって何?出身高校の学歴や経歴も調査!

尾崎 いち か

あらすじ [ ] の学生の 間貫一(はざま かんいち)のである お宮(鴫沢宮、しぎさわ みや)は、を間近にして、富豪の富山唯継(とみやま ただつぐ)のところへ嫁ぐ。 それに激怒した貫一は、熱海で宮を問い詰めるが、宮は本心を明かさない。 貫一は宮を蹴り飛ばし、復讐のために、になる。 一方、お宮も幸せに暮らせずにいた。 お宮を貫一が蹴り飛ばす、での場面(前編 第8章) は有名である。 貫一のセリフとして「来年の今月今夜のこの月を僕の涙で曇らせてみせる」が広く知られているが、これは舞台・映画でのもっとも簡略化したセリフに基づいたものであり、原著では次のように記述されている。 「吁(ああ)、宮(みい)さんかうして二人が一処に居るのも今夜ぎりだ。 お前が僕の介抱をしてくれるのも今夜ぎり、僕がお前に物を言ふのも今夜ぎりだよ。 一月の十七日、宮さん、善く覚えてお置き。 来年の今月今夜は、貫一は何処(どこ)でこの月を見るのだか! 再来年(さらいねん)の今月今夜……十年後(のち)の今月今夜……一生を通して僕は今月今夜を忘れん、忘れるものか、死んでも僕は忘れんよ! 可いか、宮さん、一月の十七日だ。 来年の今月今夜になつたならば、僕の涙で必ず月は曇らして見せるから、月が……月が……月が……曇つたらば、宮さん、貫一は何処かでお前を恨んで、今夜のやうに泣いてゐると思つてくれ」 高等中学生の秀才間貫一と、寄寓先の鴫沢の美しい娘宮は許婚どうし。 みなからその未来を羨望されている。 宮は、銀行頭取の息子富山唯継にかるた会でみそめられ、美貌におごり、金に憧れ、求婚に応じて許婚をすてる。 貫一は悲憤して、熱海の海岸で「一生を通して、一月十七日は僕の涙で必ず月を曇らして見せる。 月が曇ったらば、貫一は何処かでお前を恨んで今夜のように泣いていると思ってくれ」と言葉を投げて宮と別れ、学業を廃して、行方をくらます。 貫一は復讐を思い、死を思う。 強欲非道な高利貸鰐淵の手代となり、残酷な商売にしたがい、かろうじてその苦しさを忘れ、自ら金を積み、恨みを晴らそうとする。 宮は、富山と結婚し、金に目がくらむいっぽうで、胸の飢えは満たされない。 4年後、2人は相見て、宮は、貫一の恨みをとくためにこの境遇をすてようと思う。 貫一は、鰐淵が火事で死んだので仕事を受け継ぎ、宮の悔悟の手紙を手にとろうともしない。 しかし、親友荒尾譲介から、宮の心情をつたえられて貫一も心がかすかに動揺し、暁の悪夢のなかで悔悟の自殺をした宮に、赦すという言葉を与え、その唇をすう。 心はますます苦しくなるが、用事で塩原へ出向き、温泉宿の隣室で男女が心中しようとするのをすくう。 その女は富山唯継のえじきになろうとしたものであったから、貫一は宮の周辺の不幸な状況を知る。 宮はまえにもまして思いの丈を訴えた手紙を貫一のもとに寄こす。 モデル [ ] 文芸評論家によれば、主人公・間貫一のモデルは児童文学者のである。 彼には芝の高級料亭で働いていた須磨という恋人がいた。 が、小波が京都のに2年間赴任している間に、の(富山唯継のモデル)に横取りされてしまった。 小波は別に結婚する気もなかったのでたいして気にも留めていなかったというが、友人のが怒って料亭に乗り込み須磨を足蹴にした。 熱海の海岸のシーンはそれがになったという。 須磨(須磨子)は、ある旅館の若主人が放浪中に生ませた娘であったが、舞踊にも秀でた美人で、大橋と結婚後は8人の子を生み、五女の豊子はの息子・武麿に嫁いだ。 になって、硯友社文学全体の再評価の中で、典拠や構想についてのが進み、の小説にヒントを得て構想されたものであるという説が有力になり、2000年7月、が、の図書館に所蔵されている Bertha M. Clay 、本名の 『Weaker than a Woman()』がであることを解明した。 初出は、イギリスの紙に、1878年8月17日から同年11月23日まで連載されたものである。 (下記外部リンク参照) 作品評価・解説 [ ] 未完のまま作者が亡くなったため、作品の全体像が掴めないという難点はあるが、のは当時から華麗なものとして賞賛された。 だが、の口語文小説が一般化すると、その美文がかえって古めかしいものと思われ、ストーリーの展開の通俗性が強調され、真剣に検討されることは少なくなった。 頃に企画された版の『尾崎紅葉全集』の編集過程で、創作メモが発見され、貫一が高利貸しによって貯めた金を義のために使い切ること、宮が富山に嫁いだのには、意図があってのことだったという構想の一端が明らかにされた。 しかし、戦渦の中でこの全集が未完に終わったこともあって、再評価というほどにはならなかった(この件に関しては『近代文学ノート』(みすず書房)に詳しい)。 は、金色夜叉の名文として知られる、「車は馳せ、景は移り、境は転じ、客は改まれど、貫一は易らざる其の悒鬱を抱きて、遣る方無き五時間の独に倦み憊れつゝ、始ての駅に下車せり」を挙げ、この名文がやの道行の部分であり、道行という伝統的技法に寄せた日本文学の心象表現の微妙さ・時間性・流動性が活きている部分だと解説し、「『金色夜叉』は、当時としては大胆な実験小説であつたが、その実験の部分よりも伝統的な部分で今日なほ新鮮なのである」 と述べている。 また小説の主題である金権主義と恋愛の関係については、「金権主義が社会主義的税制のおかげで一応穏便にカバーされてゐる現代は、その実、『金色夜叉』の時代よりもさらに奥深い金権主義の時代なのであるが、これに対する抗議が今ほど聞かれない時代もめづらしい。 といふのは、現代では、金権主義に対抗する恋愛の原理が涸渇してゐるからであり、『金色夜叉』において、金に明瞭に対比させられてゐる恋愛の主題には、実はそれ以上のものが秘められてゐたのである」 と述べている。 文学碑 [ ] 熱海サンビーチにある貫一お宮の像• 熱海サンビーチ「」() 追いかけて許しを乞うお宮を貫一が下駄で蹴り飛ばす場面がになっている。 が駅前にある名店街の通りにある。 映画版 [ ]• 『金色夜叉』 - 製作:• 1912年『金色夜叉』 - 製作:• 『金色夜叉』 - 製作:向島撮影所/貫一:、お宮:、その他出演:、、• 1918年『続金色夜叉』 - 製作:日活向島撮影所/貫一:藤野秀夫、お宮:衣笠貞之助• 『金色夜叉』 - 製作:日活向島撮影所/貫一:横山運平、お宮:• 1921年『続金色夜叉』• 1921年『金色夜叉』 - 製作:小松商会/貫一:、お宮:• 『金色夜叉』 - 製作:蒲田撮影所/貫一:、お宮:、その他出演:、、• 1922年『傑作集枠 金色夜叉(明治文壇海岸の悲劇)』 - 製作:松竹キネマ蒲田撮影所/貫一:岩田祐吉、お宮:栗島すみ子• 『金色夜叉 宮の巻』 - 製作:マキノ映画製作所等持院撮影所/貫一:、お宮:• 1923年『金色夜叉 貫一の巻』 - 製作:マキノ映画製作所等持院撮影所/貫一:宮島健一、お宮:田中嘉子• 『金色夜叉』 - 製作:日活京都撮影所第二部/貫一:、お宮:• 1924年『金色夜叉』 - 製作:帝国キネマ/貫一:、お宮:• 『絵巻金色夜叉』 - 製作:アシヤ映画/貫一:松本泰輔、お宮:歌川八重子• 『剣戟から生れた金色夜叉』 - 製作:市川百々之助プロダクション/貫一:、お宮:• 1930年『続金色夜叉 前後篇』 - 貫一:、お宮:不明• 『金色夜叉』 - 製作:松竹キネマ蒲田撮影所/貫一:、お宮:、その他出演:、岩田祐吉、川田芳子、、• 1932年『金色夜叉』 - 製作:不二映画社/貫一:、お宮:、その他出演:鈴木伝明、• 『金色夜叉』 - 製作:日活太秦撮影所/貫一:鈴木伝明、お宮:• 1933年『間貫一』 - 製作:新興キネマ/貫一:、お宮:、その他出演:、• 『金色夜叉』 - 貫一:、お宮:• 『』 - 製作:松竹大船撮影所/貫一:、お宮:、その他出演:、、、、、、• 『金色夜叉 前後篇』 - 製作:東横映画/貫一:、お宮:、その他出演:、、• 『金色夜叉』 - 製作:東京撮影所/貫一:、お宮:、その他出演:、、、、 テレビドラマ版 [ ]• 『金色夜叉』 - 放送:系列/貫一:、お宮:• 『近鉄金曜劇場 金色夜叉』 - 放送:系列/貫一:、お宮:、その他出演:、、、、、、• 『コメディフランキーズ 笑説金色夜叉』 - 放送:TBS系列/貫一:菅原謙二、お宮:朝丘雪路• 『』 - 放送:NHK/貫一:、お宮:• 『』 - 放送:系列/貫一:、お宮:、その他出演:、• 『水曜ドラマ 金色夜叉』 - 放送:NHK/貫一:、お宮:、その他出演:、、、、、• 『土曜劇場 金色夜叉』 - 放送:系列• 『』 - 放送:フジテレビ系列/貫一:、お宮:、その他出演:、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、ナレーター 原案: 舞台版 [ ]• 『金色夜叉オルタナティブ』 - 2012年6月15日~17日 歌曲 [ ]• 「金色夜叉」1918年(大正7年)、後藤紫雲・宮島郁芳という2人の演歌師によって作られた。 女流浪曲師・芙蓉軒 麗花が1955年(昭和30年)に出したレコード「ろうきょく炭坑節」 作詞:明石寿恵吉 の歌詞に、「宮さん」の名や貫一の台詞を簡略化させたもの「来年の今月今夜のこの月を僕の涙で曇らせる」が登場する。 「お宮さん」1968年(昭和43年)、から発売。 作詞:いわせひろし、作曲:森川登、編曲:池田孝、歌:ザ・トーイズ 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 小栗風葉、「終編 金色夜叉」の全文、1909年(明治42年)4月20日初版、1920年(大正9年)6月15日縮刷25版発行、新潮社• Hardcover — January 1, 1904• - - 前編、第8章• 維新史料編纂会編、日本史籍協会、1929• 堀 啓子、「金色夜叉」の藍本--Bertha M. Clayをめぐって、「文学」、2000年11-12月号、pp. 188-201、岩波書店、• 12 下から6行目• 酒井美紀、p. 35,42、2010年5月、花書院、• Weaker than a Woman, by Bertha M. Clay Brame, Charlotte M. , 1836-1884. , Chicago : Donohue Brothers, 272 p. 女より弱き者、バーサ・M. クレー(Bertha M. Clay) 著 , 堀 啓子 翻訳 、南雲堂フェニックス November 1, 2002 、503 pages、• 31 No. 195• 三島由紀夫『作家論』(、1974年)に所収。 関連項目 [ ]• - 旧、旧。 畑下温泉の旅館・清琴楼にて本作を起草。 『続続金色夜叉』にて、間貫一は、西那須野駅から塩原へ向かう。 - 朝鮮における翻案小説• - 本作品を種本にした翻案小説「」が遺作となった。 外部リンク [ ]• - - 続金色夜叉、続続金色夜叉、新続金色夜叉を含む• 堀啓子「 」- 『新 明治編第19巻 尾崎紅葉集』(岩波書店)の月報に掲載。 - Weaker than a Womanの全文、pp. 5-272、Chicago:Donohue Brothers• - 全体のあらすじ(小栗風葉による「終編 金色夜叉」も含む)• - 小栗風葉、「終編 金色夜叉」の全文、1909年(明治42年)4月20日初版、1920年(大正9年)6月15日縮刷25版発行、新潮社• - (2019年11月1日アーカイブ分)•

次の

尾碕真花

尾崎 いち か

尾崎 紀世彦 出生名 尾崎 紀世彦 別名 キーヨ、キョッキョ(本人命名) [ ] 生誕 1943-01-01 出身地 死没 2012-05-30 (69歳没) ジャンル 職業 担当楽器 活動期間 - レーベル 共同作業者 とマウンテンプレイボーイズ 尾崎 紀世彦(おざき きよひこ、〈昭和18年〉 - 〈平成24年〉)は、の。 出身(生まれ)。 にバンド「ヒロ・ハワイアンズ」結成、にバンド「」加入。 から「」を経て、にソロ歌手としてデビュー。 愛称は「キーヨ」。 ダイナミックな歌唱力と、立派なや髭がトレードマーク。 ヒット曲を持ちながらも、「いい歌を自由に歌い続けたい」との思いから、を中心として、ジャンルや新旧を問わず数多くの名曲をカバーし、独自の歌手路線を歩んだ。 歌そのものの楽しさや素晴らしさを伝えることを生涯追求した。 来歴・人物 [ ] 生い立ち [ ] に男三人兄弟の次男として生まれ、生まれてから6年間を渋谷区で、その後で育つ。 父:尾崎繁(芸名:藤田繁)と兄:藤田彰彦はのダンサー・演出家 、母:礼子はショーダンサー・の一期生である。 父方の祖父はのHenry Buckingham Lucas 、本人は日英クォーターである。 幼少の頃からラジオのでや等に親しんでいた。 卒業後、YMCA国際ホテル学校へ進学する。 趣味は小学生で始めた、、祭りの担ぎ 、の収集とツーリング、縦目(オールドベンツ)でドライブ、、で、、銀細工、シルバーアクセサリーの収集、。 バンド時代 [ ] ヒロ・ハワイアンズ 1960年 - 1964年 13歳の時に父にを買って貰い、中学の同級生6人でバンドを結成する。 教則本が先生だった。 初めて覚えた曲は、おそらく「」。 のバンド募集のオーディションに合格し、17歳でセミプロデビューする。 ここで司会を担当したのが大学生の(元)。 1964年には念願の日劇出演を果たすが、目標達成とメンバーの学業と家業の忙しさから解散に至る。 ジミー時田とマウンテンプレイボーイズ 1965年 - 1966年 契約した芸能プロダクション東京ハワイアンズが、と同じ所属先という縁で セカンドボーカルとギターで参加する。 ジミー時田は、1967年から音楽活動の場をに移している。 ザ・ワンダース 1967年1月10日 - 1969年 にでも活躍したコーラス・グループを結成する。 初期メンバーは、と、尾崎の3人。 TBSやのポップス番組に出演し 、洋楽カヴァー、テレビ主題歌などをリリースする。 「ジ・エコーズ」名義で『』の主題歌・挿入歌も担当。 シングル「また逢う日まで」レコーディングの際には、既に解散していた元メンバーが再結集しバックコーラスを務めた。 詳細は「」を参照 ソロ [ ] のプロデューサー(後の日音・社長、会長)の熱心な働き掛けがあり、8月に「別れの夜明け」でよりソロデビュー。 デビューにあたって、「ザ・ワンダース」のリーダー小栗俊雄が歌手を引退、日音に所属し尾崎のディレクターとなった。 ダイナミックな歌唱は業界内で話題となるが、同年9月、タクシー乗車中に六重衝突という交通事故に巻き込まれ、4ヶ月に及ぶ入院生活でレコードの宣伝活動ができず売れなかった。 、「」「」「」「愛する人はひとり」が次々とヒット、出身地・茅ヶ崎ではワンマン・ショー、大阪にて初のソロ・コンサートを開催する。 2枚目のシングル「また逢う日まで」が売り上げ100万枚を突破、大賞と第2回大賞をダブル受賞する。 日本レコード大賞を受賞した際に両手でを、さらにトロフィーを持ち上げて笑顔でVサインをしたは、今もテレビで流れる名シーンである。 同年、『』に白組トップバッターとして初出場する。 翌、「ふたりは若かった」「こころの炎燃やしただけで」「あなたに賭ける」とヒットを重ね、「」のカヴァーで、紅白歌合戦に連続出場。 にも『』に出場している。 、「My Better Life」をリリース。 歌謡番組を始めとして『』『』などのポップス番組に出演する。 その後も、『』『』『』ほか多くの番組で、レパートリーである数々の、ジャズを披露。 には「サマー・ラブ」がスマッシュヒットする。 より、音楽バラエティ番組である『』にも出演。 、ソロデビュー25周年の記念コンサートを開催する。 同年に放送された『』では、主題歌「燃えろ! ガリバーボーイ」を熱唱し、この番組で尾崎の歌声を知った若者も多い。 ソロ活動以外にも、より旧知の演奏家たちとジャズ、ハワイアン・カントリーライブのジョイント・コンサートを定期的に公演する。 新たな試みとしてに行われた、オーケストラとのポップスコンサートも恒例となった。 ソロツアーとして、2月から「プレミアムコンサート」が開催された。 4月、公演予定(5月)のコンサートを「病気療養のため中止する」旨、主催者より発表される。 翌年5月、度重なる取材・報道に対し「1年以上前から入院している」ことが、親族より明かされた。 5月30日 、のため東京都内の病院で死去。 69歳没。 9月2日、にて「尾崎紀世彦をしのぶ会」(発起人:今井直次 ・・・)が開催され、長年親交があった、、、、、ら多くの音楽関係者・友人が出席して追悼した。 出身女性との最初の結婚では1男1女を、2度目の結婚では1女をもうけた。 療養の際には、交流が続いていたハワイ在住家族の献身的な看病があったという。 2012年12月30日、より特別功労賞が贈られた。 10月1日、「」顕彰者に入選、殿堂入りした。 エピソード [ ]• 1972年3月27日から始まったの入場曲にも『また逢う日まで』が選ばれ、当日、観客席から入場行進を見ていた。 1974年から1980年代、ジミー時田が出演する六本木や新宿にあるカントリーのライブハウスに客として度々現れ、ジミーに「素敵なゲストが来ている。 」とステージに促されてカントリーソングの他『また逢う日まで』を歌わされていた。 茅ヶ崎の自宅隣が元所属でフリーアナウンサーのの邸である。 小さい頃は庭伝いに垣根を潜り抜けて毎日のように遊びに行き、有名になってからも鈴木の姿を見つけるや「お兄さーん」と駆け寄っていた。 バイク好きでも知られ、16歳で2輪免許を取得。 Z400LTD(カワサキ)、750カタナ(スズキ)、GSX-750R(スズキ)、ドゥカティ・パンタ、ハーレー、XLR-BAJA(ホンダ)などを愛車としていた。 25 2013. 18 EP CD FS-1151 MSCL-11869 筒美京平 (帰郷) 1971. 5 2013. 25 2013. 25 EP CD FS-1203 MSCL-11662 阿久悠 川口真 2位 (あなたのすべてを) 1971. Adamo (佐々木勉) 利根常昭 () 1971年アルバムより 68位 愛する人はひとり (自由であれば) 1971. 25 2013. 25 EP CD FS-1225 MSCL-11663 阿久悠 筒美京平 筒美京平 2位 ふたりは若かった (君と生きる) 1972. 25 2013. 18 EP CD FS-1701 MSCL-11870 阿久悠 () 筒美京平 筒美京平 第1回世界大会 第3位 11位 ON MY WAY TO TOMORROW 1972. 25 2013. 18 EP CD FX-1701 MSCL-11871 Norman Simon 筒美京平 筒美京平 「また逢う日まで」英語版 (「帰郷」英語版) こころの炎燃やしただけで 1972. 5 2013. 18 EP CD FS-1711 MSCL-11872 なぎはるお L. 25 2013. 18 EP CD FS-1722 MSCL-11873 阿久悠 筒美京平 筒美京平 16位 しのび逢い (いとしの蒼いバラ) 1973. 25 2013. 18 EP CD FS-1738 MSCL-11874 阿久悠 () 筒美京平 筒美京平 30位 かがやける愛の日に (ララバイ) 1973. 5 2013. 25 EP CD FS-1753 MSCL-11664 阿久悠 筒美京平 葵まさひこ () 世界大会 銀賞 57位 最後のくちづけ (男と女が別れる時) 1973. 5 2013. 25 EP CD FS-1770 MSCL-11665 安井かずみ 筒美京平 筒美京平 74位 許しておくれ (この道は遠けれど) 1974. 25 2013. 18 EP CD FS-1786 MSCL-11875 なかにし礼 筒美京平 筒美京平 69位 愛こそすべて (見知らぬ国へ) 1974. 25 EP FS-1810 映画『』主題歌 (『エスパイ』挿入歌) 忘れかけた愛を (駅) 1975. 25 2013. 18 EP CD SV-1238 MSCL-11864 阿久悠 川口真 川口真 国内大会参加曲 星の王子さま 幼き友へ 1975. 5 2013. 18 EP CD SV-1245 MSCL-11865 F. 25 2013. 18 EP CD SV-1266 MSCL-11866 阿久悠 責めないで (長距離急行) 1976. 25 2013. 18 EP CD SV-1286 MSCL-11867 B. Freddie (井上忠夫) (萩田光雄) 「While The Feeling's Good」日本語カヴァー ゴッドファーザー〜愛のテーマ 1976. Francois Nino Rota 前田憲男 1972年アルバムよりシングルカット 両A面 雪が降る 1976. 5 EP FX-2021 S. Adamo 利根常昭 川口真 1971年アルバムよりシングルカット 両A面 テレーズ夫人 (窓辺) 1977. 1 2013. 1 2016. 28 EP CD PK-172 MSCL-12931 (武田全弘) () 大野雄二 (木森敏之) 「ビーバーエアコン」CMソング 48位 明日への扉 (ブルー・スカイ・イン・マイ・ハート) 1980. 1 2016. 28 EP CD AK-737 MSCL-12932 B. Wilson (斉藤幸彦) 映画『アーバン・カウボーイ』主題歌 (1979年度 NHK『』年間最優秀曲) サングリア-真昼の夢- (愛の追跡) 1982. 21 EP ALR-754 筒美京平 萩田光雄 () 第11回東京音楽祭国内大会参加曲 (第1回参加曲 ) OPEN YOUR EYES FOR ME HIM 1982. 2 2014. 5 EP CD 7DS-0024 MSCL-11950 (R. Holmes 大野雄二 (川口真) 「」CMソング 愛だけあれば (星をながめながら ) 1986. 5 CD TODT-2564 丸善建設CMソング ゴッドファーザー〜愛のテーマ また逢う日まで 1991. 25 CD PHDL-1 L. ガリバーボーイ (鏡の中の勇者) 1995. 25 CD PHDL-1026 山崎利明 () 太田美知彦 『』主題歌 (『空想科学世界ガリバーボーイ』エンディング曲) ふるさとの五月 (星女よ) 1995. 26 2013. 25 CD CD PHDL-1029 MSCL-11666 大津あきら 鈴木キサブロー 川村栄二 NHK『』 365回目の恋 1998. 22 2013. 25 1971. 25 1994. 26 2013. 25 1971. 25 1994. 26 2018. 19 LP CT CD CD FX-8017 FT-5062 PHCL-8070 UPCY-40019 フィリップス 2位 マーキュリー ユニバーサル(ハイレゾCD) 尾崎紀世彦アルバムNo. 10 1971. 10 2013. 18 LP CT CD FX-8025 FT-5074 MSCL-60291 フィリップス 4位 尾崎紀世彦アルバムNo. 10 1971. 10 1994. 25 2013. 5 1973. 5 1994. 25 2013. 1 1974. 1 2013. 25 2014. 25 1980. 25 2013. 2 2012. 30 2000. 26 CD PHCL-2022 マーキュリー ビッグスターシリーズ 心にのこる愛唱歌尾崎紀世彦 Vol. 26 2010. 15 2010. 15 2012. 15 CD UPCY-9062 ユニバーサル -SPECIAL BOX- 4枚組CD-BOX メドレー含む、全96曲 を参照 2007. 25 2013. 25 2012. 1 CD COCC-10255 〜聖夜泥棒 クリスマス・エトランゼ 1992. 15 10枚組CD VPCD-81382 映画『』サントラ 40トラック収録 「人生満喫」 2003. 17 CD COCX-32504 CMソング集 1962-89 The Real Life 2005. 24 2枚組CD COCA-10291 1971年テレビ放送 The Original Soundtrack of "La Maison de Himiko" Remix また逢う日まで(ディスコ・バージョン) 2005. 24 CD WPCY-10207 サワサキヨシヒロによるリミックス トクバラ-男泣き! 〜特撮ヒーローバラッズ〜 星空の街を歩こう 2006. 24 CD COCX33661 大野雄二ベスト My Better Life 2007. 20 CD COCP34350 20TH ANNIVERSARY MY LOVELY TOWN with 2007. 10 CD DDCZ-2186 オムニバス盤• テーマ・ジャンル・年代・作家別、収録多数 未収録曲 [ ]• 懸賞賞品 イメージソング 内灘愁歌 2001 CD 栗田信生 しのぶ会〜Thank You for the Memories〜 DREAM MY BOY(ライブ版) ピープルのテーマ 2012 CD Johnny Mercer Y. Dessca 山川啓介 Johnny Mercer C. Pierre 前田憲男 前田憲男 未発売 - テレビ番組・CM用にレコーディング タイトル 楽曲 放送日 作詞 作曲 編曲 備考 今月の歌 朝よ静かに 1974 なかにし礼 1974年4月 CM グリコ牛乳の歌 本庄一郎 川口真 第3回 一緒に暮らそう 1976 主題歌 愛の手紙 1977 廣瀬量平 1977 1984 P. デラノエ 日本語詞: G. ガッチャピン 2007 立川俊之 立川俊之 SONG TO SOUL〜永遠の一曲 「ホワイト・クリスマス」 2008 Irving Berlin 12月25日初回放送、以降毎年12月再放送 インタビューと歌唱、ライブ・コンサート曲 過去の出演 [ ] テレビ [ ] 音楽番組• (、1970年 - 1987年)• (フジテレビ、1971年 - 1987年)• (、1971年 - 1972年)- 初代司会、歌• (NET系列、1971年 - 1972年)- 司会、歌• (、・・)-「また逢う日まで」「ゴッドファーザー〜愛のテーマ」• ワンマンショー「尾崎紀世彦ベスト・アルバム」(NHK、1973年7月14日)• (NHK、1977年・1984年・1995年)-「 」「ふるさとの五月」• (、1991年 - 2000年)• (NHK、1993年 - 2005年)• (、1994年 - 2002年)- 月1ゲスト出演、100曲近くカヴァー• (、1998年 - 2008年) 他多数 ドラマ・アニメ特撮番組• (TBS、1975年)- 矢頭たけし役• (日本テレビ、1977年)- 五郎役、「愛の手紙 」• (監督: フジテレビ、1980年4月19日)- 第3話「御殿場線・アメリカンパイ」• (フジテレビ、1995年)-「燃えろ! ガリバーボーイ」「鏡の中の勇者」• (NHK、2004年)-「また逢う日まで(・バージョン) 」• (、2007年)-「Go! ガッチャピン 」 映画 [ ]• ハイ・ティーン(監督:井上和男、1959年)- エキストラとして、高校生役• (監督:、1974年)-「愛こそすべて」「見知らぬ国へ」• (監督:大林宣彦、1977年)- 東郷圭介先生役• (監督:、1985年)- アトミック南役、「若者達の心にしみる歌の数々」「本物のスター」• (監督:、1986年)-「愛だけあれば」「星をながめながら」• (監督:大林宣彦、1986年)- セリフ無し 村田役• (監督:、2005年)-「また逢う日まで(ディスコ・バージョン)」• (監督:、2005年)- テリー河口(河口輝男)役 「Making Plans」テリー河口の娘役:とデュエット 「My Lovely Town」(この映画のために作られた曲)浜崎伝助役:とデュエット 「Hawaiian Wedding Song(ソロ・バージョン) 」 吹き替え• 劇場版(監督:、2000年)- ビリー()役 および挿入歌「Shining Time」 CM [ ]• ((現:)、1971年)- イメージキャラクター、「どこから来たのかおまえと俺」「いまここに」• (、1971年)-「The Real Life」• ブラウン シクスタント型シェーバー(、1971年)-「午後5時のカゲを消せ! 」イメージキャラクター• ハチハニーワイン「ハチマキシム」(、1971年)- 販促品:尾崎紀世彦トランプ、「 心の炎 を燃やしただけで」• (、1974年)- 本人および似顔絵キャラクター出演、「明星カップリーナの唄」(2種類)• グリコ牛乳((現:))-「グリコ牛乳の歌 」• ビーバーエアコン(、1979年)-「My Better Life」• アイリス(、1982年)-「OPEN YOUR EYES FOR ME」• NCAA( 協賛CM、1984年)• アサヒ生ビール( ・出演、1987年)-「サマー・ラブ」• (、1987年)-「太陽は燃えている」• (、1988年)-「 」• 丸善建設(丸善建設、1990年)-「SWEET DREAM〜くちづけはイヴの香り〜」• (、1990年)-「 」• 料亭のお茶漬け(、1996年)-「いつもの帰り道」• FUJIYA (、1996年)-「 」• 吉乃川(吉乃川 新潟限定CM、1998年)- 本人出演、「羅針盤 」• キリンビール(、1999年)-「LOVE」• キリンTWO DOGS(ツードッグス)カクテル(キリンビール、2003年)-「A MAN WITHOUT LOVE 」 他多数 公演 [ ] ライブ・コンサート [ ]• 尾崎紀世彦リサイタル(、1972年10月24日 - 10月28日)- ライブ・アルバムに一部収録• 尾崎紀世彦ショー(、1973年9月29日 - 10月4日)• 尾崎紀世彦リサイタル(大阪厚生年金会館他、1976年)• ピープル'82(3都市 4公演、1982年)• ハニーサウンドオン・ライブ - 尾崎紀世彦(、1989年)- 放送:TBSラジオ、ハワイアン・ソング他• 尾崎紀世彦クルージング・ライブ( -東京、1990年)- 放送:NHK-BS• 尾崎紀世彦(25周年)コンサート(、1995年6月17日)• 尾崎紀世彦コンサート(1996年)• 尾崎紀世彦コンサート'98〜昨日たちの旋律〜(1998年)• 尾崎紀世彦VS前田憲男 Swing in the Night「THE MEN」(他、1999年 - 2003年)- CDに一部収録• 尾崎紀世彦プレミアムコンサート(九州中心に19公演、2010年2月10日 - 3月18日) 他多数 イベント [ ]• '71箱根アフロディーテ(畔 メインステージ、1971年8月7日)- 洋楽カヴァーソング• アキタ・ジャズフェスティバル'95(1995年)-「思い出のグリーングラス」「酒とバラの日々」• 尾崎紀世彦応援ライブ(、2007年5月25日)- カントリー・ソング• ペルー戦 独唱(、2005年5月22日)• の夏巡業初日 南魚沼巡業 (ディスポート南魚沼、2010年8月6日) 客演 [ ]• タンゴモデルナVol. IV「TRAICION〜背信〜」(、2004年3月18日 - 19日)• (ハワイアンのすべて)ファイナル・ビッグコンサート(2005年) 他多数 ミュージカル• 劇団第36回公演 『昨日たちの旋律〜イエスタデイズ・メロディ〜』(3都市、1998年4月9日 - 5月13日) -「365回目の恋」 受賞歴 [ ]• 1971年 - ゴールデン・ミューズ賞(日本フォノグラム 現:主催)音楽賞「また逢う日まで」• 1971年 - 第9回 音楽賞「また逢う日まで」• 1972年 - 国内大会 ファイナリスト「ふたりは若かった」• 1972年 - 第1回東京音楽祭世界大会 第3位入賞「ふたりは若かった」• 1973年 - 第2回東京音楽祭世界大会 銀賞「かがやける愛の日に」• 1973年 - 第2回 スポーツ・芸能部門()• 1980年 - NHK 年間最優秀作品賞「ブルー・スカイ・イン・マイ・ハート」• 1991年 - 第1回記念音楽祭 銅賞「地球に抱かれて」• 2012年 - 特別功労賞• 2013年 - 平成25年大衆音楽の殿堂 顕彰者 音楽博物館 著書・関連著書 [ ]• 『ベーコン野外術』 尾崎紀世彦著(2000年、)p. 165 楽曲注釈 [ ]• 自分のもみ上げのことを「もみ下げ」と呼んでいた。 8 1919 - 藤田繁(藤田彰彦の父)- 発行• 藤田繁は門下生。 - 日本バレエ協会• - Photo Gallery 最初の弟子・藤田繁《ジプシーの恋》• - 青少年のためのバレエコンクール「ザ・バレコン」• Henry Buckingham Lucas 1838 - 1904 (シンガポールの新聞、英語)1904年1月20日、第2頁「DEATH OF A PIONEER」の見出しの死亡記事によると、明治時代の日本の灯台建設に関わった人物で神戸領事館に在籍した。 に眠る。 『』 2012年4月24日• ヒロ・ハワイアンズのサイト閲覧• ジミー時田とマウンテン・プレイボーイズのアルバム『フォーク・ロック・パーティー TOKYO JAMBOREE』 )ジャケット写真に尾崎紀世彦。 食卓ON楽. 2009年5月8日放送. RBB TODAY. 2012年6月1日. 2014年10月7日閲覧。 音楽は恋人 1992 1994 - 1996 1996 - 1998 ・ 1998 - 2005 素晴らしき音楽仲間 我が心のスタンダード 2001 BSあなたが選ぶ映画音楽 2004 2005 みんなの好きなスタンダードジャズ 2006 BS黄金の映画音楽館 2007 - 2008 映画音楽に乾杯! 2010 -「尾崎紀世彦」検索結果一覧。 2008• 前田憲男VS尾崎紀世彦 Swing in the Night「THE MEN」 1999-2003 ジャズライブ - 主催:ニッポン放送• 「ミュージックサプリメントO2」デュオコンサート 2007-2009 - ZAKZAK 2008年6月26日閲覧• 27 2010. 3 - 主催:京都新聞• 尾崎紀世彦を迎えオーケストラとのコラボレーション - 広島交響楽団• 横浜開港150周年記念 アメリカン・ポップス Vo 尾崎紀世彦 - 演奏会アーカイブ• 〜公演中止のお知らせ〜2011年5月8日コンサート -• - スポーツ報知 2012年5月22日閲覧• 2012年9月2日「尾崎紀世彦さんをしのぶ会」において、31日死亡は誤報で 30日が命日である旨実兄から説明があった。 5月30日、がんのため東京都内の病院で死去した。 - 朝日新聞デジタル2012年6月1日閲覧• 舞台照明家・美術家• 出席者画像 - サンケイスポーツ 2012年9月3日閲覧• - 日刊スポーツ 2012年9月2日閲覧• 特別功労賞 尾崎紀世彦• カントリーファンのブログ、カントリーミュージックの掲示板閲覧• 『アナウンサーの独り言』著(1983年、光風社出版)p. 222• - 毎日新聞 2012年6月2日閲覧• - 2008年12月25日放送• - NHKアーカイブス• 主題歌「また逢う日まで」について - NHKドラマアーカイブス• - 産経新聞エナック閲覧• - ZAKZAK 2005年9月3日閲覧• この頃の芸能誌の記事によると朝と晩に髭を剃るほどの濃さであった。 - CDJournal リサーチ 2003年4月9日閲覧• - NHKアーカイブス 1995年9月26日放送• - NHKアーカイブス 2007年6月6日放送(演奏は同メンバー)• - 朝日新聞デジタル 2007年5月23日閲覧• - スポニチ2010年8月7日閲覧• ライブ収録版の一部楽曲を『ソング・マイ・フレンド』2004年10月15日出演時に放送• - NHKアーカイブス 2005年8月7日放送• 外部リンク [ ]• - この項目は、に関連した です。

次の