はっぴ ぃ ヱンド ネタバレ。 「はっぴぃヱンド。 3巻」旧保健室で衝撃的な真実が!その時二人がとった行動は…!~ネタバレ・感想・無料試し読み紹介~

はっぴぃヱンド。(漫画)のあらすじとネタバレ!スマホでの試し読みや感想も!

はっぴ ぃ ヱンド ネタバレ

GINGA TETSUDOU 999 ANOTHER STORY: ULTIMATE JOURNEY - RAW• : GINGA TETSUDOU 999 ANOTHER STORY: ULTIMATE JOURNEY - RAW• Other names: 銀河鉄道999 アルティメット ジャーニー, 銀河鉄道999—Another Story—アルティメットジャーニー, Galaxy Express 999 Another Story: Ultimate Journey, Ginga Tetsudo 999 Another Story: Ultimate Journey• Author s :• Genre s :• Status:• Magazine:• : 56012 3 weeks ago 2 months ago 2 months ago 5 months ago 5 months ago 6 months ago 7 months ago 9 months ago 9 months ago 10 months ago 1 years ago 1 years ago 1 years ago 1 years ago 1 years ago 1 years ago 2 years ago 2 years ago 2 years ago 2 years ago 2 years ago 2 years ago 2 years ago 2 years ago 2 years ago All the manga featured in this website are property of their publishers. The translations are fanmade and meant to be a preview of material unavailable for western countries. Do not try to profit from this material. If you liked any of the manga you obtained here, consider buying the Japanese versions, or the local translation, where available. Thanks for your support. Contact: neyuh2508 gmail. com.

次の

映画『ハッピーエンド』徹底ネタバレ解説!謎のシーンの真相も明らかに【ミヒャエル・ハネケ最新作】

はっぴ ぃ ヱンド ネタバレ

月刊少年ガンガンで連載中の「はっぴぃヱンド。 」の内容を整理していく。 途中からネタバレあり。 最終更新日:2017年1月14日• あらすじ 親の仕事の都合で都会から田舎に引っ越してきた茜。 たった10人のクラスメートだけど、とっても賑やかな学校生活! 魚釣りに行ったり、駄菓子屋で買い食いしたり、自然に溢れた村で過ごす日々は毎日が新鮮で刺激的! 「こんな幸せな日常が永遠に続けばいい」と、茜は心から思っていたのだが…!? 新進気鋭の鬼才が描く、最高のしゅうまつのすごしかた! 引用元: 作者の経歴 有田イマリ 本作が初連載となる。 登場人物 相田茜 あいだあかね 本作の主人公。 両親の仕事の都合で東京から姉の住む田舎に引っ越してきた中学2年生の女の子。 物怖じせず他人に積極的に関わろうとする性格でいづみからは「不思議と人が寄ってくる魅力がある」と評されている。 記憶力が良く「わたし一回聞いたことはだいたい覚えられる」と自ら語っている。 カナヅチ。 大場さやか おおばさやか 3年3組 仮 に所属する小学生の女の子。 母親を亡くしており父親は失踪中であり、他人に対してを閉ざしていた。 茜にも出会って早々悪態をついてきたが、彼女が晩御飯に誘ったことをきっかけに仲良くなる。 絵が非常に上手い。 行徳いづみ ぎょうとくいづみ 3年3組 仮 の中学生の女の子。 学校の成績が悪く、追試からも逃げ出してしまうほど勉強が苦手な模様。 追試を無視した罰として出された課題を茜が手伝ったことから仲良くなる。 さやかの家庭の事情を知っており密かに気にかけるなど心優しい一面を持つ。 椎葉ハル しいばはる 3年3組 仮 の中学生の女の子。 いづみの誘いで川に遊びにきたことをきっかけに茜と仲良くなる。 非常にフレンドリーな人柄であり非常に明るい性格をしているが、一方で非常に怖がりな一面を持つ。 御厨弥生 みくりややよい 3年3組 仮 の中学生の女の子。 いづみの誘いで川に遊びにきたことをきっかけに茜と仲良くなる。 村一番の金持ちの令嬢であるためお嬢様口調をしているが、油断をすると方言が出てしまう。 素直ではないため憎まれ口を叩いてしまうのもしばしばだが、ふとした瞬間に感情が表に出てしまうため周囲はそれを微笑ましく思っている模様。 相田紗耶 あいださや 茜の姉。 3年3組 仮 の担任でもある。 いいかげんな性格をしており眠いという理由で自習にしたりすることもしばしば。 3年3組 仮 茜が転入してきたクラス。 田舎の分校であるため人数が非常に少なく全校で10人だけである。 そのため生徒の年齢が入り乱れており3年3組 仮 となっている。 試し読み ガンガンNETにて第1話〜第2話まで公開中である。 以下の内容はネタバレが含まれる 7話まで• 相田茜の命日 主人公の相田茜は7月11日に相田紗耶及び3年3組 仮 の生徒たちによって殺害されてしまう。 時間遡行 茜は限定的ではあるが時間遡行をすることができる。 そのため茜は命日となる運命を変えることが可能である。 条件、効果範囲は以下• 時間遡行の範囲は6月4日から7月11日の1ヶ月間である• 時間遡行は茜が死亡することをトリガーとして発生する• 自発的に過去に戻ることはできない• 時間遡行をする以前の出来事を思い出すことが可能• 6月4日に時間遡行した直後には記憶を失っており、記憶が蘇るタイミングは決まっていない• 学級日誌が時間遡行に深く関わっておりこの日誌だけが時間遡行の影響を一切受けずに過去に書かれた記録が残っている• 記憶が蘇るためには少なくとも学級日誌を触る必要がある 推定 豹変 紗耶及び3年3組 仮 の生徒はある条件下で豹変する。 豹変した場合は串刺しになっても死なず人体を噛みちぎる等ゾンビのような状態になる。 一方で豹変するまでは普通の人間であるため害は全くない。 また、豹変中も意識があると思われ、助けを求めているような言葉を発することもある。 現在豹変するのは3年3組 仮 の生徒と相田紗耶のみが明かされているが、他の人々も同様の豹変が起こってしまうかは不明。 豹変する条件は以下• 誰かが学級日誌をサボる• 時間遡行の事実に気づいてしまう 茜が7月10日以前に何らかの形で学級日誌をサボってしまうので7月11日に豹変することを避けることはできない。 また、7月10日以前であっても茜たちが時間遡行の事実を打ち明けたり気付かれたりしてしまうと豹変してしまう。 一方で豹変後に気絶させられ、意識が戻った際に豹変が解けているというケースも存在する。 記憶を失った茜が時間遡行の事実を知った場合は豹変せずに記憶が戻る。 大場さやかの正体 大場さやかは相田茜と同様に過去の記憶を持ち越している人間である。 ただし、茜と違い時間遡行者というわけではない。 さやかは時間の遡行の影響を受けない「アカズの家」に大量の記録を残しており、彼女がここに辿り着くことができればそれを読み解くことで記憶を蘇らせることが可能である。 しかし、アカズの家の記録を読むことは時間遡行の事実に気付くことに繋がってしまうため茜とさやか以外の人間は豹変してしまう。 また、さやか自身も豹変の影響を受ける1人であり、学級日誌をサボるという条件が満たされた場合はさやかも豹変してしまう。 時間遡行回数の矛盾 第3話にて茜は自身の時間遡行は「2回」であり現在は3周目であるとしている。 物語上も第1話が1周目、第2話が2周目、第3話以降が3周目ということになっている。 しかし、第2話で茜がハルと弥生と友達になった日付に矛盾が発生しているためこの解釈は間違いである可能性がある。 茜とハル、弥生が初めて出会い友達になったのは6月29日に川に遊びに行ったことがきっかけである。 茜自身が日誌に「お友達ができて」と書き記しているためこれは間違いない。 しかし、6月20日に茜はさやか、いづみの他、まだ友達になっていないはずのハル、弥生の5人で神社の裏に星を見に行ってしまっている。 この明らかな時間軸のズレは物語が時系列に進んでいないことも示唆している。 第三者 3周目の世界にて繰り返される惨劇の裏に悪意を持った第三者が存在があることが明らかになる。 第三者は時間遡行に関しても理解しているような発言もしており豹変という現象を引き起こしている黒幕であると思われる。 第三者の行動は以下• 豹変を起こしたいづみを誘拐、旧保健室に監禁する• いづみ名義で図書館から本を借りる• 人々の記憶を改竄し、いづみに関する記憶を抹消する• いづみの自宅を消す• 旧保健室の存在を突き止めた茜、さやか、紗耶を殺害する 次に第三者は誰かという点について順を追って情報を整理する。 まず、いづみを拐った犯人についてである いづみが拐われた際の主要人物のアリバイは以下• 茜とさやかはアカズの家にいた• ハルは紗耶の命令で紙芝居をやらされていた 弥生が証人• 紗耶は途中で離席• 弥生は紗耶の給仕役をしていた 弥生が嘘をついていなければ全員のアリバイが存在する。 またさやかが人為的に動かした跡と言っているためいづみが自ら移動した可能性は考えにくい。 次にいづみ名義で本を借りた点についてである いづみ名義で借りられていた本は以下• 人体生理学• 学校の歴史• 建築学の本• 外国の政府のレポート 茜の推理では第三者が真相に近づくのを防ぐために先回りして借りていったのではないないかとしている。 裏を返せば一連の出来事の真相に関わっているとも言える。 おそらく一連の出来事はこのように紐づいている• まずこの時に死亡したのは茜、さやか、紗耶、ハル、弥生の5人である。 そしてこの5人の殺害現場は3箇所に分けられる• 茜が旧保健室に向かった後、ハルは弥生に電話をかけている。 その事実を弥生とともに聞いたさやかは旧保健室に向かうという流れがある。 それを踏まえると以下のようになる。 ハルをどうやって殺害するのかという点である。 第三者は茜が旧保健室に着いた時点で既に旧保健室の奥にいたことが確認されている。 そしてそこで茜を殺害後に学校でさやかを待ち伏せして旧保健室に入ったさやかを殺害している。 一方でさやかはハルの死体を目撃後に瀕死の茜を目撃している。 そのためさやかが旧保健室に着いた時点では茜が危害を加えられてからそれほど時間は経っていないものと思われる。 それを踏まえると殺害順には以下のようなパターンが挙げられる。 また完全に死亡していない紗耶を放置して旧保健室を出たとは考えにくい。 こう考えると「第三者は複数である」「遠隔で人間を殺害する方法が存在する」等の可能性が考えられる。 実際、第三者が手にかけた描写があるのは茜とさやか以外は存在していない。 弥生の死体 3周目の7月7日の弥生の死体が不可解である。 右腕がない上に上半身と下半身が切り離されており、他の死体に比べて凄惨である。 時間遡行の真実 第9話にて時間遡行の真実が明かされた。 相田茜は1ヶ月を繰り返しているが正確には「時間遡行」をしているわけではない。 第1話では「1997年」とされていたが実際に茜たちがいるのは「2047年」である。 茜たちは第三者が行うある実験の被験体であることが判明した。 詳細は以下。 1997年から20年間の研究を経て2026年からの21年間もの間実験が繰り返されている• 2047年問題という問題が存在し、その対策のための実験である• 相田茜を含め田舎にいる10人は全員クローンであり量産される• 1ヶ月周期で行われ、最終的に全てのクローンは処分される• 実験は過去200回以上は行われている• 実験の最終目標はクローン間の記憶の引き継ぎに成功することである• 相田茜は数少ない成功例であるが記憶が引き継がれる条件が解明されれば実験は終了になる 以降は物語上の時系列で発生した出来事を列挙していく。 1周目 6月4日• 茜がトンネルで幽霊らしきものを見る• 茜が3年3組 仮 に転校してくる• 茜が姉から学級日誌を受け取る• 茜がさやかを家に招き一緒にすき焼きを食べる• 茜とさやかが友達になる 6月13日• 茜がいづみの課題を手伝う• 茜がいづみからさやかの家庭の事情を聞く• 茜といづみが友達になる 6月25日• 自習時間に茜、さやか、いづみの3人で釣りをする 7月4日• 茜、さやか、いづみの3人で駄菓子屋に行きチューチューアイスを食べる 7月7日• 茜、いづみで野草を取る 7月10日• 茜が両親の仕事の関係で東京に引っ越すことが3年3組 仮 の生徒に伝えられる• 茜が11日にBBQパーティーを提案する• 茜が日誌をサボる 7月11日• 茜の姉がBBQの串でいづみを殺害する• その他の生徒及び茜の姉は串で自分を突き刺して自殺する• 豹変した生徒たちが茜を殺害する 2周目 6月17日• 茜、さやか、いづみの3人で学校の裏山に行き美術の宿題をこなす 6月20日• 茜、さやか、いづみ、ハル、弥生の5人で心霊局所「アカズの家」に向かう• 椎葉が大の怖がりであることが判明する 6月29日• 茜、さやか、いづみの3人で川に行く• 茜がハルと弥生と友達になる 7月6日• 茜、さやか、いづみ、ハル、弥生の5人でいづみの宿題をこなす 7月8日• 茜、さやか、いづみ、ハル、弥生の5人で縁日に行く 7月10日• 茜が姉から母が交通事故にあい意識不明だと伝えられる• 茜は動揺から日誌を書けずに1日を終える 7月11日• 0時をまわった瞬間に茜の記憶が蘇り日誌の正体、そして自身が時間遡行していることに気付く• 茜が日誌だけが時間遡行の影響を受けない唯一の頼りであることに気付きメッセージを残す• 茜が豹変した紗耶に殺害され、3年3組 仮 の生徒たちによって磔にされる 3周目 6月4日• 茜が3年3組 仮 に転校してくる• 茜が姉から学級日誌を受け取る• 茜が日誌を受け取った瞬間に記憶が蘇る• 茜がさやかに時間遡行していることを告白する• さやかが茜に時間遡行の事実を打ち明けたり周囲を詮索したりしないように忠告する 6月22日• 茜が野球の試合中にボールに当たってしまい、気絶する• 茜が夢の中で何らかの過去の映像を見る• 茜が弥生に何か秘密があるのではないかと詮索されるも、さやかの忠告が脳裏によぎったため何も言い出せずに終わる 6月29日• 茜の歓迎会が開かれる• 歓迎会の内容がBBQだと知った茜が過去を思い出して嘔吐する• 茜がいづみに時間遡行のことを打ち明ける• いづみが時間遡行の事実を知ったことをきっかけに豹変し、茜の首筋を噛みちぎる• さやかが豹変したいづみにスタンガンを当てて気絶させる• さやかが茜にアカズの家の正体とさやかの秘密を明かす 6月30日• 茜とさやかでいづみの動向を探るもいづみの存在そのものが抹消されていることに気付く• 第三者が図書館からいづみ名義で人体生理学、学校の歴史、建築学の本と外国の政府のレポートを借りる• 紗耶が弥生に茜とさやかを監視し、隠している秘密を探るように命じる• 弥生がハルに監視に関して協力を要請する 7月7日• ハルが茜、弥生がさやかの監視を開始する• 茜は図書館、さやかはアカズの家に向かう• 弥生がアカズの家の記録を読んだことをきっかけに豹変する• さやかが弥生をスタンガンで気絶させ、弥生は気絶後に何故か豹変が解ける• 茜が図書館にて旧保険室の異変に気付く• 茜が旧保健室にて行方不明だったいづみを見つけ出す• 茜が旧保健室にて蛙と蛇の絵とチップを見つける• 旧保険室にて豹変した紗耶が現れるも茜に逃げるように告げてそのまま死亡する• 茜、さやかは第三者によって殺害される• ハル、弥生は何者かの手によって死亡 4周目 6月4日• 弥生が記憶を取り戻す• 弥生が茜が記憶を引き継げていないことに気付く 6月5日• 弥生が旧保健室で蛙と蛇の絵を見つける• 弥生が旧保健室で第三者によって射殺される 5周目 6月6日• 弥生が旧保健室のドアが10分で自動で閉まることに気付く 7月4日• 弥生が旧保健室で第三者によって射殺される 8周目• 弥生が旧保健室で何らかの薬品を入手する• 弥生が薬品の中身を分析する間も無く第三者によって殺害される 11周目• 旧保健室にて第三者に刺殺される 96周目• 弥生が茜に時間遡行について告白する• 弥生の告白をきっかけに茜の記憶が戻る 以下はKindleへのリンクである。 Kindle.

次の

Ginga Tetsudou 999 Another Story: Ultimate Journey

はっぴ ぃ ヱンド ネタバレ

「タイムリープ」と「ミステリー」の絶妙な組み合わせで話題の漫画『』 5巻をもってついにその謎が明かされ、永遠に廻り続けるかと思われた時間跳躍サスペンスも堂々の完結を迎えました! 茜が田舎の学校に転校、友達もでき楽しく幸せな毎日を送っている場面から始まる物語。 そんな毎日は必ず書く様に言われていた学級日誌を書き忘れた途端に突然終わりを告げる。 それは姉や友人が豹変し殺されてしまうという驚愕の展開でした。 そして殺されたはずの茜が気が付くと待ち受けていたのは転校初日というタイムリープ。 巻き戻る時間の謎と豹変した理由とは?? 第1話から惹き付ける展開で、誰しも先が気になってしまう素晴らしいプロローグ。 自分も完全にハマってしまい、発売当初から周囲に勧めまくりました! その柔らかく優しい雰囲気の絵からは想像できないストーリーのギャップもまた良いところ。 そんな『はっぴぃヱンド。 』が5巻にて完結。 この記事ではタイムリープ漫画『はっぴぃヱンド。 』の完結で明かされた真実と最終回の感想を、完全ネタバレで紹介していきます! 『はっぴぃヱンド。 』5巻 の最終回ネタバレと感想 繰り返し続ける3週間。 豹変する姉や友達。 殺されても引き継がれる記憶。 そして現れる首謀者に監視者。 これまでに徐々に明らかになってきた真実。 もちろん最終巻である5巻では全ての謎が解明されて首謀者の正体も明らかになります。 そしてタイムリープの本当の真実も。 『はっぴぃヱンド。 』5巻ネタバレ 4巻で田舎から脱出する為に動き出していた茜の姉や友人達。 結果として彼女らは脱出に成功、外の世界に足を踏み入れることができた。 だがそこは無人の街だった。 同時刻。 茜は外の世界の真実を知る。 外の世界に人類の未来は既に存在していなかった。 人工知能が人間を上回り、そして争いが起き世界は一変してしまっていた。 田舎で行われていた実験の真実とは、この問題に対応する事が目的だった事に気が付く。 あれだけ恨んだ田舎に守られていた事を知る茜。 そしてその真実を知らずに無人の街を歩く姉や友人達。 そこに降り注ぐ無数の茜色の雪。 空を紅く映し出す美しい情景に感動するさやか達。 でもそれは最も多くの人間を死に至らしめた細菌兵器だった。 真実を知り駆け付けた茜を含めて全員が死亡してしまう。 そして舞台はまた6月4日にループする。 だがそれはいつもとは違う繰り返しだった。 今回のループには茜以外は誰も存在していない。 これが最後のループだと気付いた茜は必死で考え行動する。 そして首謀者の正体に辿り着く。 首謀者は「相田茜」だった。 正確には成長した茜だった。 そしてここで首謀者である茜は自ら命を絶つ。 何度も繰り返しやっと首謀者を突き止めた茜。 その茜がまたみんなが楽しく過ごせる毎日を守る為、過去にタイムリープして首謀者となる。 首謀者とは同じ実験を受け、何度もループし、首謀者を恨み、友達を想ってきた茜が過去に戻った姿だった。 永遠に繰り返す終わらないループ。 何度も何度も繰り返されてきた物語。 56年間繰り返し続け首謀者を突き止め、そして過去に戻り新しい茜を導くため首謀者となる。 全ては「皆を助けたい。 また田舎で皆と遊びたい」という気持ちのため。 引っ越してきた茜がトンネルの中で見た幽霊。 あれは全てを終えタイムリープして、過去に戻ってきた茜本人だった。 「今度こそは」 何度も相田茜はタイムリープを繰り返す。 そして何度もこの田舎に戻ってくるのだった。 『はっぴぃヱンド。 』本当の首謀者と結末について この漫画で描かれた首謀者は「相田茜」主人公その人でしたが、実際に作者は最後のループまで誰が犯人かを決めていなかった様です。 なので全員が犯人として設定を作り込んでいて、いつ連載が終わってもいい様に個別ルートを作成していたとの事です。 なんだ。 ただの天才か。 そして今回の「相田茜」犯人ルートですが、物語の根底にある真実を知るとまた違う人物がその側面を見せています。 この部分に関してはあえてネタバレはしないので、実際にその真実を確かめてほしい物です。 本当の首謀者である「彼女」は言います。 『タイムリープは今回で368回目になるね』 『え?なんでこれをやるかって?理由?』 『そんなの1つしかないよ。 』 『それは・・・』 後はその目で確かめてくださいね!.

次の