すもも ジュース の 作り方。 すももをサワーシロップに、しゅわっと簡単プラムシロップの作り方

すももジャムレシピ・作り方の人気順|簡単料理の楽天レシピ

すもも ジュース の 作り方

スポンサードリンク 梅ジュースの作り方は? 初めて梅ジュースならまずは 基本の簡単な作り方を試してみましょう。 材料もいたってシンプル! 青梅と氷砂糖の2つだけでできちゃいますよ。 さっそく手順をご紹介しますね ~材料~ 青梅 1キロ 氷砂糖 1キロ ~瓶の消毒~ 梅ジュースを作る前に瓶を殺菌し準備をしておきましょう。 小さめの瓶なら鍋に入れて煮沸消毒を。 お鍋に入らない瓶ならやかんにお湯を 沸かして回しかけ全体を熱湯消毒します。 お湯をいきなりドバットかけてしまうとガラスが割れやすいので ぬるめのお湯を注ぎいれて瓶を回し温めてから 全体にお湯をかけて消毒しましょう。 どちらの方法もお湯での消毒が終わったら 乾いたふきんにふせて乾燥するのを待ちます。 心配な場合は乾いた後に焼酎などを使って 念入りに消毒してもOKです ~作り方~ (1)青梅を流水で丁寧に洗います。 全部洗い終えたらボールにたっぷりの水と 梅を入れて2時間くらいあく抜きしておきます。 (2)水から引き揚げて竹串でヘタを取り除きます。 (青梅は金っけが嫌いとされているので 金属ではない竹串を使います。 なければ楊枝でもOK) 梅を傷つけないよう気をつけてやってくださいね。 キッチンペーパーでしっかり水分を拭き取りましょう。 一番上は氷砂糖になるようにつめてくださいね。 氷砂糖が溶けるスピードはゆっくりめ。 なので、梅のエキスが出てくるスピードと 氷砂糖の溶けるスピードがちょうどいいので 初心者さんなら失敗の少ない氷砂糖を使うのがマル。 4~5日するとお砂糖がだんだん溶けてくるので 毎日軽くビンをゆすると砂糖が溶けやすいです。 梅の表面が乾くと発酵してしまうこともありますので ゆすって砂糖水をかけて全体に行き渡るようにします。 (5)2~3週間後にはおいしくなっている頃ですので そろそろ梅を取り出しましょう。 しわしわになってエキスが完全に抜けた梅を取り出し シロップだけを鍋に入れてごくごく弱火で あくをとりつつ15分程度火にかけます。 その後完全に冷ましたら消毒した 瓶に入れて冷蔵庫で保存しましょう。 梅酒を仕込んだ瓶に戻す方もいるようですが やはり新たに瓶を消毒してきれいなものに 入れ替えたほうがいいです。 梅ジュースの砂糖が溶けない時は? 梅と砂糖をちゃんと入れたはずなのに 瓶の底に溶けないお砂糖がたまってる! なんて時あると思います。 さてどうやって対処したらいいのでしょうか? 氷砂糖で作ったならあまり起こらないとは思うのですが 気温によっては砂糖がとけきらないこともあります。 そんな時は瓶を横に倒してゴロゴロ転がしてみたり 上下さかさまにしてお砂糖を底からはがし梅とまぶしましょう。 数日かかると思いますが動かしていると必ず 砂糖が動きますので気長にやってみてくださいね。 上下さかさまにする時はふたがしっかりしまっているか確認し 中身をドバっとこぼさないように注意しましょう! スポンサードリンク 梅ジュースに泡や濁りが出た時は? 梅ジュースを作り終えて寝かせている間に 白い泡が出たり濁ったりすることがあります。 白い泡がしゅわしゅわ出ていたり、 濁りが出る時は発酵している証拠。 梅を取り出しお鍋に液体だけを入れ弱火で煮ます。 まだ梅がふっくらしているようなら 再度消毒して乾かしておいた保存瓶に 火を通して完全に冷ました液体とともに入れて寝かせましょう。 反対に梅がシワシワになっているようなら エキスはもう出ているのでこれで出来上がりにしましょう。 別の保存瓶に液体を入れて冷蔵保存します。 濁りや発酵してしまう原因は色々あります。 ご紹介したレシピなら起こりにくいと思うのですが 部分的にお砂糖の濃度の低いところがあったり 熟した梅で作ると濁ったり発酵することがあります。

次の

[かんたん!しそジュースの作り方]味わい方、保存のコツも紹介

すもも ジュース の 作り方

ジャム・ソース 定番な農家レシピです。 すももジャム。 くだもの農家が必ずといっていいほど作る加工品、それがジャムやソースです。 なによりも手軽にできて保存もできますので、捨てるよりは生かしたほうがいいですよね。 私たちもパンにつけたりヨーグルトへ入れたりしてますよ。 用意するすももジャム・ソースの材料• すもも• 砂糖 (すももの重さの30%分)• レモン果汁 (すももの重さの3%分) 手順 1.すももは種をとりだして、適当な大きさに切り分けます。 2.鍋にすもも・砂糖・レモン果汁を入れて、かき回しながら煮詰めます。 焦げ付かないように気を付けてください。 (ソルダムといった酸味が比較的強い品種の場合は、すももや砂糖の量を調節してください。 ) 3.ソースの場合、煮詰めてなめらかになった段階で火を止めます。 3.ジャムの場合、粘り気が出てきたら火を止めます。 (熱い状態でなめらかになっていても、冷めると粘性が増します。 お好みの時間で煮詰めてください。 ) 4.ジャム、ソースの完成。 保存するためのビン たくさん作っても、一度にはなかなか使い切れませんね。 ですので、ガラスビンに入れて保存しましょう。 1.ビンとフタを沸騰したお湯の中に入れて殺菌。 とりだしたら、水気はきれいにふき取りましょう。 2.熱いすももジャムやソースをビンが熱いうちに入れます。 このとき、ジャムはビンの首あたりまで入れてください。 3.ビンを鍋の中に置いて、ビンの上にフタを置きます。 4.鍋にビンの肩までお湯をいれて、20~30分間沸騰させましょう。 脱気をしています。 (沸騰してくると、泡でビンが倒れたりすることがありますので、適度に沸騰させてください。 ) 5.鍋からビンを取り出して、フタをきつく締めてください。 すももジャムが冷めたときに、フタの中心がへこめば脱気成功です。 室温で数か月保存することも出来ますが、フタを開けたら冷蔵庫で保存し、早めに使いきりましょう。

次の

発酵しにくい簡単な梅シロップ・梅ジュースの作り方

すもも ジュース の 作り方

対象 こんな方が対象です。 失敗しない梅シロップを作りたい(若干風味が落ちてでも)• 面倒なことは極力少なくしたい• さっさと飲みたい 発酵怖い 梅シロップを何度か作った方、発酵大丈夫でしたか? わざと発酵させて酵素ジュースとして飲むのであれば問題ないのですが、発酵してしまった梅シロップの独特の香りはどうしても好きにはなれません。 発酵にいち早く気づき 加熱で発酵を止めても、発酵臭を完全に取り除くことは難しいです。 過去、梅シロップは何度も作って来たのですが、いつも発酵だけはしないで欲しいと祈りながら作っていました。 発酵の原因は砂糖が溶けなかった(ゆすり足りなかった)、梅の時期(黄色いと発酵しやすい)、無農薬梅で表面についていた酵母が多かったなどがあります。 対策 発酵の原因となる事を避ければ、良くなるはずです。 具体的には、• 砂糖を早く溶かすために白砂糖を使用し少し酢を混ぜる&こまめにゆらす• 梅から早くエキスを出してしまうために梅を冷凍する• 青梅を使い、傷がついたり熟したものをできるだけ避ける などが良さそうです。 インターネットを見ていると「冷凍すると青梅独特の爽やかな風味が劣る」と言うのを見かけますが、個人的には発酵してしまうリスクよりは はるかに良いです。 横に置いて飲み比べると風味が違う事は認めますが、冷凍梅を使っても十分に美味しく感じています。 また、炊飯器を使い 一晩で作ってしまうレシピもありますが、比較記事を見ると「抽出できる梅エキス量は少なくなる」との事だったので、瓶で抽出しています(下記は炊飯器は使わないレシピとなっております)。 青梅 1kg(黄色いのは香りは良いのですが 発酵しやすいです)• 上白糖(白砂糖) or グラニュー糖 (氷砂糖でも可) 1kg• 酢(今回は米酢を使用) 50 cc程度 小物• 竹串 2,3本• 3リットル以上の保存びん(オーソドックスな口が広い瓶の方が何かと楽です)• 焼酎 or エタノール or 熱湯(消毒用)• 5kgづつ、4リットル瓶、酢50ccで作っています。 綺麗に取れると嬉しいですが、取れにくいとイライラします。 ヘタが多く残るとエグみが出るとのことですが、実際の所ホントなのかは分かりません。 梅干しの場合はヘタが残ると食べづらくなるので取るのは必須ですが、時間がなかったらとらなくても問題ないかと思います(最後に一度濾す必要がありますが、取っていないレシピも見かけます)。 この時、大きく傷があるもの、割れているものなどはごめんなさいしてしまいましょう。 エキスを出しやすくする為、実に穴を開けるレシピもありますが、経験的に実が痛むと発酵の原因になるため 穴はあけません。 こんな感じで砂糖が溶け始めます 瓶をゴロゴロ転がす 漬けはじめ最初の3日が肝心です。 砂糖がなるべく早く溶けるように、漬けた当日から1日に5、6回程度瓶を横にしてゆっくりとゴロゴロと転がします(あんまり液中にガバガバと空気が入らない程度に)。 内蓋がきっちりしまっていないと液が漏れてしまうので注意して下さい。 また、白砂糖の場合は溶けはじめると瓶の底に砂糖が沈殿してしまうと思います。 沈殿して固まってしまった砂糖はなかなか溶けませんので、裏返しにして少し放置しておくと流れ落ちると思います。 漬けて2日ほどで少しシワシワした梅が見えはじめ、3、4日ほどで砂糖がほぼ溶けたら成功です。 瓶自体は直射日光が当たらない、なるべく涼しい陰に置いておきます。 4,5日後の様子。 完全に砂糖は溶けました。 毎日転がす&完成 砂糖が全部溶けても1日に1度程度は軽くコロコロをくり返し、つけ始めから10日程度は漬けておきます。 シワシワ梅が多く、発酵していない(ごく少量の泡は瓶のフチや表面に出ます)ようであればしばらく放置しても大丈夫ですが、(この方法であれば発酵はしにくいはずですが)シワシワ梅が少なく、梅自体の周りに泡が沢山付き始めていたら発酵が怖いので液のみ取り出して15分程度火にかけてしまいましょう(こうなってしまった後は再度梅漬け込むことはできません)。 ちなみに1ヶ月程度放置してもシワシワにならない梅は、それ以上つけていてもシワシワにはなりません。 約1年常温で放置した梅シロップ。 爽やかさはありませんが香りが濃く、これはこれで好きです。 シワシワになった梅はジャム等に再利用するのが面倒(果肉が固く剥がすのがめんどくさい)ですが、シワシワにならなかった梅は果肉を剥ぎ取り、そのまま煮詰めてジャムにしたり、梅シロップの中に入れて崩して飲んでも美味しいです。 最後に 梅の香りと酸っぱさの混じったシロップ。 ほんと美味しいですよね。 皆さんのシロップも発酵しませんように! 黄色い梅で、昔ながらの梅干も作ってみませんか? 甘いシロップの次は酸っぱい梅干も作ってみませんか? 青梅の後に出てくる、少し黄色い梅で作ります。 市販品と比べ酸っぱく塩分も高いですが、しっかりした味で、くせになるお味です。 塩分濃度の計算機つき。

次の