炭治郎 イラスト かわいい。 《鬼滅の刃》善逸がかわいい!シーンやイラスト・ミニキャラまで大紹介

【鬼滅の刃】竈門炭治朗の書き方〈ミニキャラNO、4〉

炭治郎 イラスト かわいい

炭治郎が任務に向かっている途中、女の子と揉めている善逸に出会います。 善逸は具合が悪くなっているのではないかと心配してくれた女の子が自分のことを好きだから声をかけてくれたんだと勘違いして求婚していたのです。 炭治郎に引き離され、女の子には往復ビンタ、踏んだり蹴ったりですがさらに炭治郎には最終選別で会ったことを忘れられていました。 そこでの掛け合いが全力で善逸が叫んでいて必死なのが可愛かったです。 引用:鬼滅の刃15巻 このシーンは15巻の128話に収録 このシーン以前では禰豆子は話すことはおろか太陽の下で過ごすこともできず、日中は箱の中に黙って入ったままでした。 そんな中でも善逸は、返事の返ってこない箱のそばに座り、禰豆子に話しかけ続けていました。 まずこの行動が健気で可愛い善逸ですが、このシーンでは、禰豆子の人間化が進んだので禰豆子は太陽の下で話す、ということが可能になります。 その姿を見た善逸は大興奮。 あろうことか禰豆子にプロポーズまでする始末。 その後禰豆子に名前を伊之助と間違えられ、伊之助に殺意を抱くところまでも含めて、喜怒哀楽がコロコロ変わる善逸の可愛さが感じられました。 このシーンは禰豆子が日の光を克服し、人の言葉を取り戻した後に善逸と初めて言葉を交わすシーンです。 善逸は禰豆子が鬼でありながら、ほぼ最初から彼女の事を人間の一人の女の子として接し続けています。 きっとそれ程に禰豆子のことが大好きなのだな、と感じるシーンも沢山ありました。 その禰豆子が初めて日の光の下で、自分に向けて言葉を発してくれたことが余程嬉しかったのか、とても興奮しどんどん話しかけに言ってしまう彼は一人の男の子としてとてもかわいいと思いました。

次の

《鬼滅の刃》冨岡義勇がかわいい!シーンやイラストを勝手にまとめてみた

炭治郎 イラスト かわいい

引用:鬼滅の刃6巻 これは6巻44話に登場するシーン 冷静沈着であまり感情を表に出さない義勇がしのぶに柱の中で嫌われていると告白され、無表情で受け流すのかと思いきや、その場で固まり、落ち込んでしまっているように見える義勇。 さらに、その後しのぶに気にしていることを悟られ、さらにメンタルをズタボロにされていく義勇。 一見、可哀想なシーンに見えるが、ファンからすると義勇の普段とのギャップが垣間見える瞬間でもあり、とても可愛いと思える。 普段はあまり感情を表に出すタイプでなく相手に何を言われても気にしないタイプかと思っていたが、胡蝶に自分が他の人から嫌われてると聞いて態度には出していなかったが、言葉だけで自分は嫌われていないと反論した時。 迷言です。 しのぶさんの毒舌も見所ではありますが、それを更に上回るのがこの冨岡義勇の天然っぷりを発揮したこの一言です。 炭次郎と禰豆子をしのぶさんから庇い、「そんなだからみんなに嫌われるんですよ」と言われ…何を返すかと思えばこの一言。 まさに一触即発、シリアスだった戦場に漂う何とも言えないこの空気。 炭治郎も呆然としていました。 頼りになる人が来てくれたと思った瞬間のこの有り様に、思わずくすっと笑ってしまいました。 冨岡義勇という人間を好きになった瞬間です。 十二鬼月の下弦の伍、累を倒し終わった直後に何もしらないしのぶが鬼の禰豆子を殺そうと襲ってくるのを義勇が炭治郎ごと守ったシーン。 その時しのぶに「だから嫌われてるんですよ。 」って言われて「俺は嫌われていない」と言うがしのぶに「嫌われている自覚がなかったんですね。 」と言われて傷ついてるシーン。 あんなに冷静でクールで強くてカッコいい義勇さんなのに心は意外と繊細なところが可愛いです。 ですが、炭治郎の言葉により、今まで自分のせいで死んでしまってきた人々に向けた後悔と向き合うとても真剣な表情を浮かべた直後に、炭治郎から提案された「ざるそば早食い対決をしませんか?」という言葉に「え、なんで??」ときょとんとする顔を浮かべた彼はとてもかわいいと思います。 引用:鬼滅の刃19巻 これは19巻の164話に登場するシーン まず、初めに炭治郎が思うシーンから始まります。 うーん、焦げくさいと。 それから、火事だと思い飛び起きると、そこには、冨岡が火を焚いていました。 どうしたんですか、と炭治郎。 すると、止血しても血が止まらない傷を焼くと、冨岡がぼやきます。 そこです。 そこがなんとも可愛いんです。 自分の世界に入ってしまう冨岡さん、そこが可愛いんです。 《鬼滅の刃》冨岡義勇のかわいいイラスト 次はイラストですね。 絵描きフォロバ100期間! ddMfBV8FZthZwr9 過ぎちゃったけど…誕生日に鮭大根たべて幸せになってほしかった。 — 2k(にけです)🐓FF7のため浮上不安定。

次の

《鬼滅の刃》善逸がかわいい!シーンやイラスト・ミニキャラまで大紹介

炭治郎 イラスト かわいい

炭治郎が任務に向かっている途中、女の子と揉めている善逸に出会います。 善逸は具合が悪くなっているのではないかと心配してくれた女の子が自分のことを好きだから声をかけてくれたんだと勘違いして求婚していたのです。 炭治郎に引き離され、女の子には往復ビンタ、踏んだり蹴ったりですがさらに炭治郎には最終選別で会ったことを忘れられていました。 そこでの掛け合いが全力で善逸が叫んでいて必死なのが可愛かったです。 引用:鬼滅の刃15巻 このシーンは15巻の128話に収録 このシーン以前では禰豆子は話すことはおろか太陽の下で過ごすこともできず、日中は箱の中に黙って入ったままでした。 そんな中でも善逸は、返事の返ってこない箱のそばに座り、禰豆子に話しかけ続けていました。 まずこの行動が健気で可愛い善逸ですが、このシーンでは、禰豆子の人間化が進んだので禰豆子は太陽の下で話す、ということが可能になります。 その姿を見た善逸は大興奮。 あろうことか禰豆子にプロポーズまでする始末。 その後禰豆子に名前を伊之助と間違えられ、伊之助に殺意を抱くところまでも含めて、喜怒哀楽がコロコロ変わる善逸の可愛さが感じられました。 このシーンは禰豆子が日の光を克服し、人の言葉を取り戻した後に善逸と初めて言葉を交わすシーンです。 善逸は禰豆子が鬼でありながら、ほぼ最初から彼女の事を人間の一人の女の子として接し続けています。 きっとそれ程に禰豆子のことが大好きなのだな、と感じるシーンも沢山ありました。 その禰豆子が初めて日の光の下で、自分に向けて言葉を発してくれたことが余程嬉しかったのか、とても興奮しどんどん話しかけに言ってしまう彼は一人の男の子としてとてもかわいいと思いました。

次の