東京オリンピック 都市伝説。 やりすぎ都市伝説オリラジ中田の動画とネタバレ!東京オリンピック2020を予言していた?

イルミナティカード東京オリンピックが延期なのはガバール逮捕が原因!?メンバーや日本人は誰!?

東京オリンピック 都市伝説

東京オリンピック中止は予言されていた?! 東京オリンピックの中止について予言されていた本や映画っていうのもたくさんありますが、話題になっているものをピックアップしていきます。 日本の漫画が東京オリンピック中止を予言していた都市伝説 この予言についてはもうたくさんの人が取り上げていますね。 そう漫画 「AKIRA」です。 話はネオ東京を舞台とした暴走族の話だそうですが。 もうここで意味わかりません笑 多分、読まないと理解できない世界でしょう。 ざっくり、ストーリーを紹介すると新型爆発を起こした東京湾に新しく都市を作ろうとするわけですが、漫画内でもちょうどおんなじ2020年に東京でオリンピックが開催されようとするわけですが、 この後に出てくる漫画の中の絵が予言といわれているんですが、すごいんです! まず、 オリンピックが中止されることが書いてある。 そして、 WHOが発表した伝染病のことも書いてあるんです。 この後で紹介するアニメもそうですが、漫画や映画などのフィクションが揃いも揃ってこんなこと書くのはなんかあったんですかね。 1000円くらいでこんなことを知れる、しかも漫画なのでどんどん読んじゃうのにすごいですよね そんな詳しく予言されていたAKIRAを見たい方はこちら ウイルスとパンデミックは予言されていた?! ウイルスとパンデミックの予言を描いていた映画と実話を紹介 洋画が東京オリンピック中止を予言していた都市伝説 最近、よく話題になっている映画ですね 「コンテイジョン」 僕も何回か見ている映画ですね。 ざっくり、紹介すると主人公の奥さんが香港に出張してアメリカに戻ってきたときに最初は体調を崩しただけと放置していたのですが、痙攣して亡くなってしまい、さらに息子もなくなる。 主人公は免疫があったのか、感染せずにいるのですが、同時に世界中でも同様の感染症が起こるわけです。 そこであるジャーナリストが「これは化学兵器だ」というわけですが、どこも取り合ってもらえず、政府機関も陰謀論を浮上させながら調査を進めていきWHOも独自に調査を進めるのです。 ネットでは様々な憶測が飛び交い買い占めや封鎖など様々なことが起きます。 強奪が町中で起こり、警察までも強奪にスーパーにいるのです。 コウモリが病気の発生源だと突き止めるとワクチンの開発に成功するのですが、数が足りず抽選でワクチンを受けるのです。 結局、誰が元々の感染者だったのでしょうか。 見てみると意外なところから始まっていたことがわかります。 ぜひ見てみてください。 コウモリが発生源とかすごい酷似してますよね。 強奪が起きないだけマシではありますね。 トランプの当選も予言されていた?! トランプの予言についてもたくさん予想されているのでご紹介していきます。 シンプソンズという都市伝説 これも有名な話ですよね。 アメリカで放映されているアニメ・シンプソンズについてです。 トランプの当選などを予想しているシーンがたくさん出てきます。 例えばこんなシーンがあります。 これは2000年のアニメで2015年のトランプを予言しています。 すごいですよね。 他のこともそうですけど、たくさんの予言があります。 シンプソンズとトランプ大統領で検索してみてください。 たくさんの未来を示唆した事柄を描いています。 そんな内容を説明してくれているのがこちら 引用: ものすごいのがまず トランプの息子と同姓同名の子が出てくる。 そして、 五番街出身というのがニューヨークの五番街にトランプタワーがある。 予想を大方覆して大統領になる。 120年も前に書かれたと思うと、鳥肌ものですね。 しかも名前まで一致するという 嘘だろ。。。 と思わせる内容がたくさんある。 英語の練習をしているのなら、購入して読み進めていくのも面白いかもしれない。 60ページというそんなに長くない小説なので読み易いと思う。 これから起こること from George これから起こることがもしかしたら載っているかもしれない作品を紹介しておこうと思います。 ジョン・F・ケネディの息子が出版した雑誌 前々から陰謀論者の間では有名だった雑誌の表紙と中身があります。 それがこちら。 奇妙な点がいくつかある。 まず、これが1997年に発行されていてどうやって未来を生きるかみたいなタイトルがついている。 緑の枠で囲まれているところには ビルゲイツとジョンFケネディがマードックとお金と世界の覇権のことについて話たと表紙にはあり、 さらに内容は 過密した星、噛み砕くともしかしたら人口が溢れかえった星とも捉えられるかもしれない星に肺炎ウイルスで攻撃すると書いている。 もう一個、 起訴日にヒラリーは逮捕されるとある。 ヒラリーはなにを疑われていましたか? メールの中にはなにがありましたか? ここまできたら大体、わかってくると思いますが当然まだ確証はないので何とも言えませんが、ありえなくはないストーリーですね。 ある日本人が書き上げた予言 岡本天明という人が自動書記現象というもので 日月神示という文書がある。 原文はほとんどが、独特の、そして、若干のの混じった文体で構成され、な絵のみで書記されている「巻」も有る。 終戦後の日本を予想していたり、そのあとの景気回復とバブルなのかリーマンショックなのか景気が落ち込むことも書いている。 なにせ解読方法が難しく、全てを解読できている訳ではないらしいです。 そんな解読が難しいのを簡単にしてくれているのがこちら 評価も高く、感動したと言っている人が結構います。 予言書でもあり、バイブルでもあるのかもしれません。

次の

【イルミナティカード】中止・延期を予言!?東京オリンピック2020で起こる大災害とは?

東京オリンピック 都市伝説

当時、大政奉還で江戸城を出た 徳川吉宗の広大な土地が千駄ヶ谷にありました。 千駄ヶ谷は、東京オリンピックの会場である新国立競技場があるところです。 政府は、「組織委員長にするので、千駄ヶ谷の2万坪の土地を譲ってほしい」と打診。 OKした徳川家達が組織委員長に就任します。 ところが、戦争の影響でオリンピックは中止。 でも 政府に譲った千駄ヶ谷の土地は戻ってきませんでした。 失意のうちに徳川家達は1940年に亡くなってしまいます。 徳川家達は、オリンピックのために千駄ヶ谷に道路やトンネルを作ったりしていました。 墓石まで動かしていたのです。 ここまでしたのに、無念ですよね。 この 徳川一族の怨念が東京オリンピックに影響しているのかもしれません。 ちなみにトンネルは菩提寺である千寿院の下を通っています。 この 千駄ヶ谷トンネルは、有名な心霊スポットになっています。 コロナ対策の失敗 政府の後手後手対策により、日本国内にはコロナ患者が多数出ています。 ほぼコロナだと思われる人でさえ、PCR検査をしてもらえない。 PCR検査をしないことで感染者数を少なくしているという疑惑まで持たれています。 新型コロナウイルス対策で、日本が中国からの入国を禁止発表したのは、3月5日。 遅すぎる決断は、中国の習近平国家主席に配慮したからだといわれています。 ここでも中国の影が見えますね。 中国と日本には、何か深い因縁でもあるのでしょうか? IOCは、中止か延期か2020年5月下旬までに判断すると言っています。 オリンピックの放映権の関係で、延期の可能性は低いので コロナが終息する兆しがみえなければ「中止」になりそうです。 中止になると建物の建築費用など準備のお金は丸々損!ということになるのだとか。 もともとIOCとの契約で、 中止の場合は損害賠償しないという項目があるそうです。 つまり日本はお金を出しただけ、で終わってしまうのです。 ザハ・ハディド氏の呪い? 新国立競技場の建設は、当初ザハ・ハディド氏のデザインに決定していました。 ところが、建設費が1300億円から3000億円になっていることが明らかになり、 急きょ、白紙撤回される事態になりました。 ザハ・ハディド氏にはデザイン料15億円を支払っています。 ザハ・ハディド氏は著作権をめぐって争う意思を明らかにしていました。 2016年3月31日に亡くなった時には、 暗殺説までささやかれました。 名誉も傷つけられたザハ・ハディド氏の呪いがあってもおかしくありませんよね。 まとめ 東京オリンピックにまつわる呪いについてまとめました。 今回のコロナ蔓延が、早く収束することを願うばかりです。

次の

東京オリンピックは新型コロナで中止?予言と都市伝説を徹底調査!

東京オリンピック 都市伝説

2013年9月7日。 アルゼンチンのブエノ スアイレスにて実施されたIOC総会で、 日本の総理大臣である安倍晋氏は福島に関して、 「お案じの向きには、私から保証をいたします。 状況は、統御されています。 東京には、いかなる悪影響にしろ、 これまで及ぼしたことはなく、 今後とも、及ぼすことはありません」 といった演説をアナウンスしました。 それらの努力も見受けられ、 2020年の五輪は東京を開催地として 確かになった。 期待していた五輪招致に日本中は盛り上がり、 世間で『お・も・て・な・し』というような うたい文句が超ホットな言葉となった。 しかしながら、五輪の東京開催決定以後からというもの、 存在している都市伝説とも言える ウワサが流布する結果となる。 びっくりすることには、 一昔前に流行り映画化もされたコミックが 2020年の東京五輪開催を予言してしまっていたのである。 当該のコミックというのは 大友克洋作の『AKIRA』である。 1982年から始まった連載で、 1990年には終結した未来型SF作品となっています。 お話の舞台というのは、 第三次世界大戦後に造られた 我が国の新しい首都となったネオ東京。 西暦は2019年。 グングン開発が進行し超高層ビルが 建ち並ぶネオ東京のと同時に、 まだまだ、立て直しが可能と なっていない状態の旧市街は荒廃していまして、 紛争、盗み、ドラッグなどというような モノが勢いを増している状態です。 という事は、大友先生は32年も昔から、 2020年には東京五輪が開催されるということを 予言していたという意味に結び付く。 作品の中では東京五輪の為の再開発工事に大反対して 抵抗する一般市民のムードについても描かれています。 実際の東京都でも国立競技場問題や、 東日本大震災からの復興がもたつく現状の中で 東京五輪開催に異議を唱えるデモなどが実際に あったりと良く似た状況となっている。 作者は、まるでこの様になってしまう未来を、 その目で見てコミックを作ったかのような偶然とは 言えあり得ない合致ではないだろうか? 現在の状況では、現実の世界では、 第三次世界大戦は起こってはいないが、 我が国は2011年に東日本大震災のような 前代未聞の大震災を体験した。 これによって、日本が非常に大きい転換期を迎えたと言う 意味を含めては、コミックで描かれていた第三次世界大戦は、 東日本震災を示唆する演出となっていたのかも知れません。 他にも、原作やアニメを徹底的に読み返してみると、 更なる予言が秘められていた!.

次の