関西 コテージ おしゃれ。 貸し別荘・コテージ・ログハウス・コンドミニアム予約(近畿/兵庫県)

関西でコテージと温泉が楽しめるおすすめのキャンプ場14選!

関西 コテージ おしゃれ

大阪湾を目の前に臨む好立地でグランピングが楽しめる「GRAN CAMPING パームガーデン舞洲 by WBF」が1位。 客室は、キャンピングトレーラーの王道である「エアストリーム」や、家族やグループにおすすめの「トレーラーハウス」を用意しています。 どちらもエアコン、ベッド、トイレやシャワーなどが備えられているので、アウトドア初心者でも気軽に利用できます。 客室の前には、ウッドデッキやBBQグリル (素泊まりの場合は付きません)を完備。 利用者からは、「初めてグランピングを経験しました。 子どもも喜び、インドア派の妻ももう一度行きたいと言ってます。 また利用したいと思います」などの感想があがっています。 「グランドーム京都天橋立」は、5位の「天然温泉&プライベートSPA 瑠璃浜」に近い天橋立エリアにあります。 定員4名のスタンダードのドームテントは、幅約7m、高さ約4. 3mと広々。 8名まで利用できるテントは、スタンダードテントとミニテント2張のセットで、グループ旅行におすすめです。 どのテントも冷暖房完備なので、暑い真夏でも雪の降る真冬でも快適に過ごせます。 テント内にトイレやシャワーはなく共用ですが、施設内に天然温泉の貸切風呂も(有料)。 4~5名同時に入れる広さなので、家族みんなでゆっくり温泉を堪能することも可能です。 また、BBQでは京都産黒毛和牛や宮津近海の魚介類など、地元の新鮮な食材を用意してもらえます。

次の

関西でコテージ泊したいなら、絶対におさえたいエリア別19選!|YAMA HACK

関西 コテージ おしゃれ

1.伊勢志摩御座岬オートキャンプ場(三重県) 志摩半島の先端に位置する、御座白浜の美しい海と自然に囲まれたキャンプ場です。 伊勢志摩の御座白浜海水浴場まで徒歩1分。 家族連れやグループに大人気で長期滞在の利用もできます。 バーベキュー器具やレンタル用品、売店や食堂もあるので手ぶらでもキャンプできます。 住所 :三重県志摩市志摩町御座白浜950 電話番号:0599-88-3319 8:00~20:00 詳しい情報は 公式ホームページまで <アクセス> 2.淡路じゃのひれオートキャンプ場(兵庫県) 淡路じゃのひれアウトドアリゾートは、淡路島の最南端にある総合アウトドア施設です。 山と海に囲まれた51,000㎡という広大な敷地に、テントサイト、コテージ、オートキャンプ場があります。 釣りを楽しんだり、イルカとあそぶ遊ぶことができます。 キャンプ場に沿って流ている、大台ケ原を源流とする透明度の高い銚子川で川遊び、カナディアンカヌーが楽しめます。 周辺には海水浴場、世界遺産熊野古道など、川、海、山とアクティビティが楽しめるアウトドアスポットがあります。 住所 :三重県北牟婁郡紀北町海山区便ノ山271 電話番号:0597-33-0077 9:00〜17:00 詳しい情報は 公式ホームページまで <アクセス> 4.あいきょうの森(滋賀県) あいきょうの森は設備が充実で、バス・トイレ・キッチンなども綺麗です。 周辺には露天風呂もあり、心と体の疲れを癒せます。 キャンプ場は木立の中にあり、バンガローは林間に点在していて、木々の色や鳥のさえずりを楽しみながらアウトドアライフを満喫できます。 サイトの横には清流が流れているので水遊びも楽しめます。 住所 :滋賀県東近江市和南町1563 電話番号:0748-27-2009 詳しい情報は 公式ホームページまで <アクセス> 5.ビラデスト今津(滋賀県) 滋賀県の湖西、標高550mの山頂にあるキャンプ場です。 周辺は山ですが木々がキャンプ場はよく整備されています。 ファミリーコテージには必要なものは全てそろっていて、琵琶湖の眺めが絶景です。 スポーツやレクリエーション施設もあり、合宿や研修もできます。 住所 :滋賀県高島市今津町深清水2405-1 電話番号:0740-22-6868 詳しい情報は 公式ホームページまで <アクセス> 6.キャンプリゾート森のひととき(兵庫県) 森林に囲まれた宿泊施設は、森と調和したデザインになっています。 静かで過ごしやすく、設備も充実。 管理棟には、森の露天風呂やレストラン、売店があります。 キャンプリゾート森のひとときの中を流れる永郷川の清流では、川遊びもできます。 住所 :兵庫県丹波市市島町与戸字長尾52-1 電話番号:0795-78-9111 詳しい情報は 公式ホームページまで <アクセス> 7.奥琵琶湖キャンプ場(滋賀県) 琵琶湖のそばにあるキャンプ場です。 宿泊施設が豊富で、バンガロー、コテージ、貸別荘などさまざまなタイプがあります。 設備も充実。 近くには温泉もあります。 緑に囲まれた広いサイトは段差で区切られているので、気兼ねなくのんびりと過ごせます。 住所 :滋賀県長浜市西浅井町大浦1796 電話番号:0749-89-0121 詳しい情報は 公式ホームページまで <アクセス> 8.南光自然観察村(兵庫県) 環境省名水百選認定の、千種川のほとりにあるキャンプ場です。 設備が充実していて、子供連れの家族や初心者でも快適にキャンプができます。 川では川遊びもできます。 川と山に囲まれた豊かな自然を満喫できます。 トイレ、シャワー棟とも綺麗で十分なスペースがあり、女性や小さなお子さんでも安心。 夏になると小川で鮎釣りをしたり、手づかみ体験も楽しめます。 カヌー体験のイベントもあります。 住所 :和歌山県西牟婁郡白浜町宇津木303-1 電話番号:0739-53-0517 8:00〜17:00 詳しい情報は 公式ホームページまで <アクセス> 紀伊日置駅から車で20分 10.天の川青少年旅行村(奈良県) 豊かな自然と山々に囲まれたキャンプ場です。 周辺には近畿最高峰の高さを誇る八経ヶ岳。 奈良県の文化財にも指定されている面不動鍾乳洞、露天風呂もあります。 近くの川では、魚釣りや水遊びが楽しめます。 住所 :奈良県吉野郡天川村大字庵住78 電話番号:080-8526-2694 9:00〜19:00 詳しい情報は 公式ホームページまで <アクセス> 11.大内峠一字観公園(京都府) 日本三景天橋立を眼下に見下ろせる最高のロケーションにあるキャンプ場です。 公園内の高台にあるパノラマコテージから見える天橋立は絶景。 天橋立を見ながらバーベキューをしたり、遊歩道を歩いたり。 素晴らしい景色は大好評です。 住所 :京都府与謝郡与謝野町字弓木 電話番号:0772-46-0052 詳しい情報は 公式ホームページまで <アクセス> 住所 :兵庫県宍粟市波賀町上野上東山1799-6 電話番号:0790-75-2717 開設期間:4月から11月の間 詳しい情報は 公式ホームページまで <アクセス> 14.サンビレッジ曽爾奥香落オートキャンプ場(奈良県) サン・ビレッジ曽爾は、国の天然記念物・兜岳の麓にある美しい自然に囲まれたオートキャンプ場です。 コテージが充実していて、別荘気分を味わえます。 曽爾高原の季節ごとにみせる風景は見応えがあります。 ゆったりとした時間を満喫できる高原のリゾートです。 住所 :奈良県宇陀郡曽爾村今井911-1 電話番号:0745-94-2619 詳しい情報 公式ホームページまで <アクセス> 15.赤穂海浜公園オートキャンプ場(兵庫県) 広大な塩田跡地に、テニスコート、遊園地、オートキャンプ場などのレジャー、スポーツ施設などが整備されている公園です。 西日本最大級のオートキャンプ場で、フリーサイト、ファミリーサイト、キャンピングカーサイト、コテージの4つの宿泊タイプがあり、環境、設備とともにトップクラスのオートキャンプ場です。 住所 :兵庫県赤穂市尾崎3260-2 電話番号:00791-45-0811 休日 :12月29日~1月3日 施設によって異なります 詳しい情報は公式ホームページまで <アクセス> 山陽自動車道赤穂ICから南東へ6km・約10分 16.丹波悠遊の森(兵庫県) 丹波の緑豊かな森の中にある、関西のキャンプ場人気ランキングで1位になったこともあるキャンプ場です。 コテージのタイプが豊富で設備も充実。 和室の寝室があるタイプもあります。 花めぐりやハイキングコースも楽しめます。 コテージは設備が充実していて、清潔で綺麗。 必要な備品を用意してあるので、ほぼ手ぶらでも大丈夫です。 河原では、川遊びもできます。 住所 :奈良県吉野郡天川村庵住199-4 電話番号:080-8341-9817 詳しい情報は 公式ホームページまで <アクセス> 18.伊勢志摩エバーグレイス(三重県) 三重県志摩市にある、アメリカンスタイルの高規格キャンプ場です。 高級感のあるグランピング、アメリカンスタイルのキャビン、テントサイトがあります。 施設が綺麗で評判がいいです。 高リゾート地にいるような雰囲気で、水上散歩ができるペダルボート、カナディアンカヌーなどを楽しむことができます。 設備やレンタルが充実しているので、手ぶらでもOKです。 住所 :三重県志摩市磯部町穴川1365-10 電話番号:0120-592-364 9:00〜17:00 詳しい情報は 公式ホームページまで <アクセス> 19.たまゆらの里(和歌山県) たまゆらの里は、星降る里と呼ばれる和歌山県紀美野町のコテージキャンプです。 グランピング・高規格キャンプが楽しめます。 別荘のような宿泊施設で、気兼ねなく泊まれます。 豊かな緑に囲まれ、美しい満天の星ぞらを眺めながらのんびりと過ごせます。 住所 :和歌山県海草郡紀美野町長谷宮705 電話番号:073-499-0613 9:00〜20:00 詳しい情報は 公式ホームページまで <アクセス> 20.ロッジ舞洲(大阪府) 「ホテル・ロッジ舞洲」には、約1万坪の庭にホテルと14棟のログハウスがあります。 四季の自然に囲われた森のなかで、別荘で過ごすようなグランピング体験を楽しめます。 静かな森の中で、贅沢な時間を過ごすことができます。 カップルにもおすすめです。 住所 :埼玉県秩父郡皆野町下日野沢3902-1 電話番号:0494-62-4726 9:00〜17:00 詳しい情報は 公式ホームページまで <アクセス> 気軽にキャンプできるコテージ コテージは煩わしいキャンプの準備をすることなく、手ぶらで気軽に楽しむことができます。 我が家にいるような感覚でアウトドアを楽しめます。 関西でコテージのあるキャンプ場は沢山ありますが、綺麗でおすすめのキャンプ場だけまとめてあります。 家族や仲間、恋人といい思い出作りをしましょう。 子供連れの家族におすすめ子供が遊べるキャンプ場 人気がある温泉付きのキャンプ場 綺麗なコテージのあるキャンプ場 口コミで人気のあるおすすめのキャンプ場 コロナウイルス感染予防対策ができているキャンプ場 キャンプ関連記事.

次の

【関西】おすすめグランピング施設10選!おしゃれキャンプで素敵な週末を

関西 コテージ おしゃれ

流行中!ラグジュアリーな超贅沢キャンプ「グランピング」おすすめ11選! 2019. 24 自然をめいっぱい満喫できるキャンプ。 でも、テントなどの装備を揃えるのも大変だし、暑さや虫など、不便や面倒を感じる人も少なくないでしょう。 そんな人におすすめしたいのは、グランピングです。 気軽に贅沢で豪華なキャンプで自然にふれるひとときを過ごしてみませんか? <目次> <関連記事> グランピングとは? いま流行のグランピング。 「星のや富士」のコンセプトはグランピング。 遊びのフィールドであるクラウドテラスでは、季節や滞在シーンに合わせたアクティビティをご提案。 ここでは、グランピングマスターがグランピングの醍醐味を伝授してくれます。 写真は森の中にあるフォレストキッチンで楽しむジビエを使ったコース料理「狩猟肉(ジビエ)ディナー」 写真は森の中にあるクラウドキッチンで楽しむアクティビティ「森の石窯 ピザづくり」 料理はダッチオーブンを使用したアウトドアでのディナーや、メインダイニングでのグリルディナー、インルームダイニングの3種類を用意。 四季折々の雄大な景色を臨むキャビン 眼下に河口湖を望めるキャビン 客室)は、外との境界線を感じさせない造りになっており、外にいるような感覚で、快適に過ごせるように工夫されています。 JR川崎駅のほど近くにある築30年の商業ビル。 このビルをリノベーションし、新しい価値とライフスタイルを発信する「場」としてOPENしたのが、Rockhills Garden。 芝生にテント、サンベッドまであり、気軽にグランピング気分を味わえるのが魅力。 8名以上で利用できるVIPラウンジには、高級アウトドアソファーやジャグジーつきの足湯も。 女子会やちょっとしたパーティなどにも最適な施設です。 食材は持ち込めますが、オススメはこだわり食材のBBQコース。 化学調味料を使用しないナチュラルな調理に定評のあるシェフが、見て楽しく、食べておいしいコース料理をご提供。 三陸の若手漁師団体や神奈川の養豚場とも提携しています。 最近のアウトドアは進化中!/「THE FARM CAMP」のリバーサイドエリア。 16棟のテントが水辺にゆったり配される 夕暮れ時の雰囲気は抜群。 朝晩が冷える時期もテント内には冷暖房も用意され、いたれりつくせり 2019年のオープン期間:3月1日~12月(予定) 都心から車で約90分、森に囲まれた農園リゾート内に設けられたグランピング施設。 ウッドデッキには北欧ノルディック社のテントが設置され、朝は大自然を眺めながらコーヒーを楽しみ、夜はハンモックに揺られながら夜空に広がる星を観賞する贅沢な時間を味わえる。 リゾートエリア内には温泉施設やレストランがあり、農園での収穫体験も可能だ。 バーベキューでは1ポンドのステーキや、ここの農園で採れた新鮮な野菜が味わえる。 リバーサイド16棟のほか、1日1組限定のフォレストエリアにも注目。 新スタイルのグランピング。 絶景が広がるテラス。 みなとみらいを一望するルーフトップや緑に囲まれた水辺のテラスで優雅なひと時を楽しもう。 テント内には、選び抜かれたハイセンスな家具が並び、海外の高級ホテルに滞在しているかのよう。 快適かつ美しく自然と共存することを追求した、ゆっくりとした時間を過ごすことのできる場所です。 シェフが提供する食事でおもてなししてくれる 様々な食材が、ここならではの調理法で仕上げられていく これまでは期間限定のイベント形式での開催でしたが、2018年3月のオープンで常設に。 星空を眺める、ソファーに座ってのんびりと語らう、闇夜にゆらめく炎を見つめる…そんな、ほんのひとときのスローライフを体験してみませんか? 1年を通して星空が広がる(天候によっては観測できない場合もあり).

次の