迷惑 車 ナンバー 共有。 車のナンバー晒しは違法?ネットへの投稿者は罪に問われないのか|交通事故弁護士ナビ

迷惑車ナンバー共有サイトが非公開に 虚偽投稿の被害訴える声も

迷惑 車 ナンバー 共有

それが、迷惑運転した車両のナンバーを投稿できる「Number Data(ナンバーデータ)」だ。 迷惑運転抑止を目的に、「迷惑車両のナンバー」「発生日・場所」「被害状況」などを投稿し、共有するサイトで、投稿数は1万3千件を超えているという。 つい先日からは、情報の信憑性を高めるため動画ありの投稿のみを受け付けている。 車両のナンバーを公開することについては、総務省の見解では「ナンバープレートの情報は個人情報には該当しない」とされているが、 弁護士をまじえて法律面で整備されたサイトを目指しているという。 それでは、ナンバーデータはどれほど迷惑運転抑止につながっているのか? 今後の展開なども含めて、ナンバーデータの運営者のAさんに詳しく話を聞いてみた。 アクセスが集中しすぎて、サイトがダウンする状況になりました。 これまで、1日の投稿数が20〜30件だったのですが、あの事件以降、毎日500件ほど送られてきます。 現在は、投稿は動画ありのものだけに絞ったため、そこまで多くはありませんが。 1日20件の投稿でも十分紹介できる量かと思います。 また、先週、500件ほど投稿がありましたが、イタズラや交通に関係ないもの、特定の相手に対する執拗な投稿などが多く、掲載できるのはその中の1割程度でした。 信憑性の高い情報をいかに紹介できるかがサイトの運営者として求められていると思います。 情報として1か所に集める投稿の場所ができないかと思い、このサイトを作りました。 決して、特定の車をさらしあげるためにやろうとは思っていません。 迷惑運転したドライバーからの削除依頼は常に受け付けています。 迷惑運転がそのドライバーに伝わり、ドライバーから削除依頼が出されれば、すぐに投稿は削除されます。 すべてのドライバーが反省しているわけではありませんが、一部のドライバーにとっては安全運転のきっかけにはなっているかと思います。 新たに「あおり運転罪」が検討される動きがあるなど迷惑運転の防止に向けてさまざまな対策が練られる中、 このサイトもその取り組みの1つではあるが、このデータをどう活用するかが今後の課題と言えそうだ。

次の

「迷惑車ナンバー共有サイト」はあおり運転の抑止になるのか? サイト運営者に“展望”を聞いた

迷惑 車 ナンバー 共有

それが、迷惑運転した車両のナンバーを投稿できる「 Number Data(ナンバーデータ)」だ。 迷惑運転抑止を目的に、「迷惑車両のナンバー」「発生日・場所」「被害状況」などを投稿し、共有するサイトで、投稿数は1万3千件を超えているという。 つい先日からは、情報の信憑性を高めるため動画ありの投稿のみを受け付けている。 車両のナンバーを公開することについては、総務省の見解では「ナンバープレートの情報は個人情報には該当しない」とされているが、 弁護士をまじえて法律面で整備されたサイトを目指しているという。 それでは、ナンバーデータはどれほど迷惑運転抑止につながっているのか? 今後の展開なども含めて、ナンバーデータの運営者のAさんに詳しく話を聞いてみた。 アクセスが集中しすぎて、サイトがダウンする状況になりました。 これまで、1日の投稿数が20~30件だったのですが、あの事件以降、毎日500件ほど送られてきます。 現在は、投稿は動画ありのものだけに絞ったため、そこまで多くはありませんが。 1日20件の投稿でも十分紹介できる量かと思います。 また、先週、500件ほど投稿がありましたが、イタズラや交通に関係ないもの、特定の相手に対する執拗な投稿などが多く、掲載できるのはその中の1割程度でした。 信憑性の高い情報をいかに紹介できるかがサイトの運営者として求められていると思います。 情報として1か所に集める投稿の場所ができないかと思い、このサイトを作りました。 決して、特定の車をさらしあげるためにやろうとは思っていません。 迷惑運転したドライバーからの削除依頼は常に受け付けています。 迷惑運転がそのドライバーに伝わり、ドライバーから削除依頼が出されれば、すぐに投稿は削除されます。 すべてのドライバーが反省しているわけではありませんが、一部のドライバーにとっては安全運転のきっかけにはなっているかと思います。 新たに「あおり運転罪」が検討される動きがあるなど迷惑運転の防止に向けてさまざまな対策が練られる中、 このサイトもその取り組みの1つではあるが、このデータをどう活用するかが今後の課題と言えそうだ。 元スレ:.

次の

あおり運転・悪質ナンバー投稿 Number Data (迷惑車共有HP) 利用の注意!

迷惑 車 ナンバー 共有

それが、迷惑運転した車両のナンバーを投稿できる「Number Data(ナンバーデータ)」だ。 迷惑運転抑止を目的に、「迷惑車両のナンバー」「発生日・場所」「被害状況」などを投稿し、共有するサイトで、投稿数は1万3千件を超えているという。 つい先日からは、情報の信憑性を高めるため動画ありの投稿のみを受け付けている。 車両のナンバーを公開することについては、総務省の見解では「ナンバープレートの情報は個人情報には該当しない」とされているが、 弁護士をまじえて法律面で整備されたサイトを目指しているという。 それでは、ナンバーデータはどれほど迷惑運転抑止につながっているのか? 今後の展開なども含めて、ナンバーデータの運営者のAさんに詳しく話を聞いてみた。 アクセスが集中しすぎて、サイトがダウンする状況になりました。 これまで、1日の投稿数が20〜30件だったのですが、あの事件以降、毎日500件ほど送られてきます。 現在は、投稿は動画ありのものだけに絞ったため、そこまで多くはありませんが。 1日20件の投稿でも十分紹介できる量かと思います。 また、先週、500件ほど投稿がありましたが、イタズラや交通に関係ないもの、特定の相手に対する執拗な投稿などが多く、掲載できるのはその中の1割程度でした。 信憑性の高い情報をいかに紹介できるかがサイトの運営者として求められていると思います。 情報として1か所に集める投稿の場所ができないかと思い、このサイトを作りました。 決して、特定の車をさらしあげるためにやろうとは思っていません。 迷惑運転したドライバーからの削除依頼は常に受け付けています。 迷惑運転がそのドライバーに伝わり、ドライバーから削除依頼が出されれば、すぐに投稿は削除されます。 すべてのドライバーが反省しているわけではありませんが、一部のドライバーにとっては安全運転のきっかけにはなっているかと思います。 新たに「あおり運転罪」が検討される動きがあるなど迷惑運転の防止に向けてさまざまな対策が練られる中、 このサイトもその取り組みの1つではあるが、このデータをどう活用するかが今後の課題と言えそうだ。

次の