第 5 人格 サバイバー ランキング。 【第五人格/IdentityV攻略】サバイバーを見つけるコツ5選!サバイバー索敵の手がかりは音!

[Identity V/第五人格] 最初に買うといいサバイバーはどれ!?おすすめサバイバーをランキング形式にまとめました!

第 5 人格 サバイバー ランキング

2020. 11 ~ 03. 27 墓守追加 2019. 16 ~ 2020. 11 ポストマン追加 2019. 02 ~ 12. 16 バーメイド追加 2019. 01~10. 02 一等航海士追加 2019. 12~8. 1 曲芸師追加 2019. 24~7. 12 野人追加 2019. 5~5. 24 呪術師追加 2019. 14~4. 5 探鉱者追加後 2018. 21~2019. 14 納棺師追加後 2018. 16~12. 21 占い師追加後 2018. 29~11. 16 踊り子追加後 2018. 20~10. 29 カウボーイ追加後 2018. 07~09. 20 調香師追加後 2018. 10~09. 07 祭司追加後 2018. 25~08. 10 心眼追加後 2018. 13~07. ハンターが対策をしていない場合、仲間の解読時間を稼ぎやすい。 初心者おすすめとの違いは? 初心者にとっては扱いにくいが、 ゲームに慣れてきたら必ず使いたいサバイバーをまとめている。 マップの把握やハンターとの駆け引きの仕方を知らないと、性能を最大限には引き出せない。 呪術師 チェイス力があれば強力なスタンキャラ! 呪術師は、ハンターが近くにいると魔像ゲージをためることができる。 魔像ゲージが最大までたまると、 魔像を使ってハンターを確実にスタンできるので、チェイス時間をさらにのばすことが可能だ。 解読デバフもないため臨機応変に立ち回れる 呪術師は確定スタンできる能力を持っているものの、解読速度が遅くなるデバフ効果はない。 仲間がチェイスしている間は通常速度で解読を進められるため、使い勝手が非常に良い。 機械技師 パペットでトリッキーなプレイができる! パペットは解読させることもできるため、1人で解読させることでハンターの気を引くこともできる。 パペットに解除させながらゲートに向かえるため、効率よく立ち回りやすい。 調香師 香水で簡単に時間稼ぎができる! 香水の効果中に受けた攻撃は一瞬で回復できるため、すぐに健康状態に戻ることができる。 ただしダウンすると香水の効果を発動できないため、負傷状態の時は注意が必要だ。 閉鎖空間装備のハンターに刺さりやすい! 窓枠を使って逃げる際に香水を使っておけば、 窓枠が封鎖されても一瞬でその向こう側へ戻ることができる。 さまざまな状況下でハンターの行動を制限できるため、うまく使えば強い立ち回りが可能だ。 占い師 使いこなせば強力なチェイスが可能! 占い師が持つ使い鳥は、ハンターの攻撃を防ぐことができる。 恐怖の一撃すら防ぐことが可能なので、ハンターにカメラを向けながらチェイスできると簡単に時間を稼げるようになる。 仲間の救助をサポートできる! 必要があれば、仲間が救助を行う際に使い鳥を飛ばしてサポートすることもできる。 負傷者を使い鳥で守ってあげることで、強ポジまで安全に逃しやすくなるぞ。 おすすめランキングの理由 占い師 総合評価 SS 所持アイテム 使い鳥 特徴 使い鳥を消費することで、ハンターの攻撃を防ぐことができる。 使い鳥で仲間を守ることも可能。 試合開始時はハンターを確認! 占い師は試合開始直後、 ハンターの居場所を5秒間確認することができる。 ハンターのスポーン地点と動く方向から行動を先読みし、見つからないように立ち回ろう。 ハンターが来たらカメラを向ける! ハンターに見つかってしまったり、近くまで迫ってきていたらカメラをハンターに向けよう。 一定距離内で画面内にハンターが映っていれば、 使い鳥ゲージを貯めることができるぞ。 危なくなったら使い鳥でガード! ハンターの攻撃に当たりそうになったら、使い鳥を使って攻撃を防ぎつつ板や窓枠を使って逃げよう。 使い鳥は恐怖の一撃なども防いでくれるため、窓の乗り越えも安心して行える。 救助のサポートも可能! 仲間が救助へ向かった際に、余裕があれば使い鳥を使ってあげると良い。 仲間が救助されたタイミングで使い鳥を負傷者に使用し、ハンターの攻撃を防いであげると救助が安定する。 機械技師 総合評価 SS 所持アイテム コントロール 操縦機 特徴 操縦機の操作可能時間が伸びる。 また、仲間が負傷・拘束状態でなければ、自身の解読速度が大きく上昇する。 ただし負傷状態や拘束中のサバイバー数が増えるとそれに応じて解読速度も落ちるため、自身だけでなく仲間の立ち回りも重要となる。 人形で自身の治療もできる! 人形を操作することで、 自分自身を治療することができる。 また、事前に人形をフィールド上に出しておけば、ダウン中やロケットチェアに拘束されている時でも操作可能だ。 ただし、暗号機解読時に調整が発生すると必ず失敗して作業を中断してしまうため、その都度操作し直す必要がある。 状況によっては1発受けてから乗り越えるなどの判断が必要だ。 調香師 総合評価 SS 所持アイテム 忘却の香水 特徴 忘却の香水の使用回数が増加する。 そのかわり、調整に失敗すると解読進度が通常の3倍下がってしまう。 ダメージをすぐに回復できる! 調香師が所持しているアイテム「忘却の香水」は、 効果中に受けたダメージを瞬時に回復することができる。 アイテムを使用した場所に戻ることになるため、チェイスの時間稼ぎにも利用できるぞ。 仲間を救助しやすい! たとえハンターにキャンプされていたとしても、忘却の香水をうまく使えば救助することも可能だ。 救助後はハンターの攻撃が負傷者に当たらないよう盾になるように動くと良い。 チェイスも苦手ではない! 調香師は 窓枠や板を乗り越えたりする速度が遅くならないため、ハンターからは比較的逃げやすいキャラクターだ。 忘却の香水もあわせて使えば、ハンターから長時間逃げ続けることも可能だ。 調整は失敗しないように注意! 調香師は暗号機の調整に失敗してしまうと、 他のサバイバーと比べて3倍も解読進度が落ちてしまう。 その分解読時間が長くなってしまうため、調整は絶対に失敗しないように練習しておこう。 傭兵 総合評価 SS 所持アイテム 肘あて 特徴 肘あて使用後のクールタイムが数秒短くなる。 ハンターから受けた攻撃が15秒後に反映される。 ただし、15秒が経過するまでにもう一度攻撃を受けるとダメージが即座に反映される。 ハンターから逃げやすい! 初期アイテムである「肘あて」を上手く使えば、 ハンターとの距離を一気に引き離すことが可能だ。 ただし、肘あてを使いこなすのには慣れが必要なので、事前にカスタムマッチで練習しておこう。 仲間の救助が安定しやすい 傭兵は、ハンターから攻撃を受けると 15秒後にダメージが反映される。 他のキャラでは即ダウンする攻撃を受けても傭兵なら15秒間は自由に動き回ることが可能なので、キャンプしているハンターから仲間を救助しやすくなるぞ。 そのため、救助までの時間や暗号機の解読時間を稼ぐことができる。 祭司 総合評価 S 所持アイテム 扉の鍵 交換不可 特徴 障害物に1直線の通路を生成できる。 通路はサバイバー全員が利用できる。 また、ハンターは入口を攻撃することで通路を破壊することができる。 障害物を通り抜けられる! 扉の鍵を使用することで、 目の前にある障害物の一直線先にまで移動できる通路を生成できる。 通路はサバイバー全員で利用できるため、さまざまな状況下で使用できる。 通路を多用してハンターから逃げる! 祭司が作る通路は、サバイバーしか通ることができない。 遠回りに時間がかかる場所に通路を生成しておけば、ハンターに見つかったとしても簡単に逃げることができるぞ アイテムの交換はできない! 祭司が最初から所持している扉の鍵は、 他のアイテムと持ち替えることができない。 そのため、治療器具で自己治療を行うことなどはできないため、立ち回りには気をつけるようにしたい。 乗り越えまでに時間がかかってしまうため、逃走ルートはよく考えておく必要があるぞ。 カウボーイ 総合評価 S 所持アイテム 投げ縄 交換不可 特徴 投げ縄を投げることで、風船状態やロケットチェア拘束状態の仲間を救助することができる。 また、仲間を背中に背負いながら移動することも可能。 投げ縄で遠距離救助が可能! カウボーイは、投げ縄を駆使することで 離れた場所から仲間を救助することができる。 風船に縛られて連れて行かれている仲間に縄を当てれば救助することも可能だ。 仲間を担いだ状態で移動ができる! カウボーイの投げ縄が他のサバイバーに当たると、そのサバイバーを背負うことができる。 危機一髪の発動を調整できる! カウボーイは、 投げ縄を使って仲間を椅子から救出すると危機一髪は発動しない。 危機一髪が発動するのは投げ縄を使わずに救助した時のみなので、終盤まで危機一髪を温存することができるぞ。 仲間の性別で能力が変動する! カウボーイは他のサバイバーの性別によって、 背負状態と解読状態の際の能力が変化する。 男性キャラとは全体的に相性が悪いため、基本的には女性キャラと一緒に行動しよう。 囚人 総合評価 S 仮 所持アイテム 電気回路 特徴 回路で2台の暗号機をつなぎ、2台まとめて解読を進めることができる。 またハンターを気絶させる手段も持っており、ハンターから狙われてもある程度ならチェイスもできる。 回路を繋いで効率よく解読しよう 囚人は暗号機2台を回路で繋ぐことで、片方を解読すると 回路先の暗号機の解読進捗も一定の比率で進むようになる。 仲間からもどの暗号機が回路で繋がっているのか確認できるため、チームとして効率よく動きやすくなるぞ。 放電エリアで逃げる時間を稼げる 回路で繋いが暗号機を囚人が解読すると、放電エリアを生成できる。 放電エリア内にハンターが長時間留まると気絶するため、 ハンターの動きをある程度制限させ次の行動が読みやすくなるぞ。 探鉱者 総合評価 S 所持アイテム 隕石の磁石 特徴 磁石を使ってハンターの妨害や仲間の救助ができる。 2種類の磁石を扱える 探鉱者は、N極とS極の2種類の磁石を持っている。 磁石を設置しておくと、近づいたプレイヤーに20秒間くっつく。 磁石にくっつかれたプレイヤーは、 極性に応じた効果が発動するようになる。 同極で弾くことができる 同じ極性の磁石効果が発動しているプレイヤー2人が一定の距離まで近づくと、 お互いを遠ざけるように弾かれる。 弾かれた際に障害物に衝突すると、距離に応じて気絶時間が発生する。 異極で引き寄せ合う 異なる極性の磁石効果が発動しているプレイヤー2人が一定の距離まで近づくと、 お互いを引き寄せあう。 壁越しでも効果は発動し、障害物 壁など に衝突すると、距離に応じて気絶時間が発生する。 磁石効果は効果発動でも消失 プレイヤーにくっついた磁石の効果は、 1度でも磁石の効果が発動した時点でも消失する。 20秒間ずっと磁石の効果が発生するわけではないため、使い所を見極める必要がある。 呪術師 総合評価 S 所持アイテム 猿の魔像 特徴 ためた魔像のバリアゲージを消費すると、ハンターをスタンさせることが可能。 1本消費と3本消費の2種類があり、それぞれ最大スタン時間が異なる。 ゲージがたまればハンターをスタンできる! ハンターの近くにとどまると、魔像のバリアゲージをためることができる。 ためた魔像のバリアゲージを消費することで、 ハンターを簡単にスタンさせることが可能だ。 魔像のスタンで救助も可能! 仲間が風船で運ばれている時に魔像を使ってスタンさせると、そのまま救助することもできる。 ただし スタン時間はゲージの消費量に応じて変化するため、救助はなるべく3本消費で行おう。 他のキャラクターよりも回復までの時間が長くなってしまうため、治療を受ける時はハンターの居場所に注意しておこう。 タックルで仲間を救助できる! 仲間が風船に吊られている時、ハンターに ラグビータックルを当てると仲間を負傷状態で救助できる。 ただし、タックルでハンターを障害物にぶつけないと救助できないため注意しておこう。 負傷者を逃がすサポートが可能! 負傷者が出たら、ラグビーボールでハンターを妨害しに行くのもありだ。 ハンターをラグビーボールでタックルしてひるませることで、負傷者は安全に逃げやすくなるぞ。 逃走時はラグビーボールを利用できる! ハンターから逃走する際に、 ラグビーダッシュで素早く逃げることもできる。 もがいて脱出した際や、ロケットチェアから救助された際は使うのもありだ。 解読には向いていないキャラクターなので、ハンターの気を引き続けられることが理想だ。 バーメイド 総合評価 A 所持アイテム ドーフリン酒 特徴 お酒を調合し、ドーフリン酒を入手できる。 ドーフリン酒は仲間にも使用可能で、使うとほろ酔い状態となり恐怖値が低下 体力が回復 する。 お酒で恐怖値を下げられる! バーメイドが持つドーフリン酒には、使用者を 21秒間ほろ酔い状態にしたあと恐怖値を低下させる効果がある。 ほろ酔い状態が終わったタイミングで体力が回復するので、移動しながら体力を回復するができるぞ。 その代わりほろ酔い状態が8秒間継続し、その間は恐怖値が上昇した状態となるためハンターの攻撃には注意が必要だ。 ポストマン 総合評価 A 所持アイテム 手紙 特徴 配達犬を使って仲間に手紙を配達し、自身と仲間にさまざまな追加効果を与えられる。 手紙で仲間に有利な効果を付与できる ポストマンは仲間に手紙を配達することで、自身と手紙を受け取った仲間の二人に特別な追加効果を与えられる。 手紙で得られる追加効果は全部で6種類あり、チェイスや暗号解読などが有利になるものばかりだ。 3種類の手紙の中から送る手紙を選べる 毎回3つの手紙がランダムで出現し、どれか1つを配達犬に配達させることで次の手紙が再度ランダムで3種類出現する。 6種類ある手紙を毎回自由に選択できるわけではないため、注意が必要だ。 手紙を覗き見れば効果が分かる 基本的に手紙は配達するまでどのような追加効果が発生するかは分からないが、配達前に手紙を覗き見ると手紙の効果を事前に確認できる。 ただし 覗き見るとクールダウンタイムが長くなるため、手紙の配達ペースは落ちてしまう。 曲芸師 総合評価 A 所持アイテム 爆弾 特徴 3種類の爆弾を使って、ハンターに一定時間マイナス効果を与えられる。 3種類の爆弾でデバフを付与可能 曲芸師は3種類の爆弾を所持しており、それらを使用することで ハンターにマイナス効果を付与できる。 どれもチェイスが有利になるものばかりなので、しっかりと効果を理解しておこう。 条件を満たせば爆弾を増やせる 曲芸師は最初から3種類の爆弾を1個ずつ所持しているが、条件を満たすことで1試合中にそれぞれ1個まで増やすことができる。 合計6個の爆弾を使うことができるため、爆弾が増える条件も必ず覚えておこう。 脱出ゲートに関しては、なるべく仲間に開けてもらうようにしよう。 空軍 総合評価 A 所持アイテム 信号銃 特徴 信号銃によるハンターの気絶時間を長くする。 また、仲間が拘束されている間、解読速度が大きく減少する。 信号銃で仲間の救助ができる! 1発のみではあるが、当てると確実にひるませることができる信号銃が強力だ。 また、味方が風船に吊られているタイミングで使用すると、 負傷状態で救助することも可能だ。 その分 逃走時間を稼ぐことができるため、信号銃を使用する場所とタイミングは非常に重要だ。 そのため、暗号機の解読に時間がかかり、試合が長引いてしまうことがある。 その分ハンターの行動を制限させやすく、 仲間の暗号機解読の時間を稼ぐことができる。 野人 総合評価 A 所持アイテム 相棒 特徴 相棒に騎乗して移動できる。 騎乗中は怒り値がたまるようになり、怒り値が最大までたまると衝突スキルが解放される。 相棒に騎乗できる 野人は、自分の好きなタイミングで相棒 イノシシ に騎乗することが可能だ。 騎乗中はハンターとの距離に応じて怒り値がたまるようになり、 怒り値の量に応じて移動速度が上昇するぞ。 怒り値MAXで衝突スキルが解放 怒り値を最大までためると、衝突スキルが解放される。 衝突スキルを使用してハンターを障害物にぶつけると、クールダウンをリセットしつつ怒り値を大幅に回復できる。 そのかわり窓枠を乗り越えることは可能なので、相棒に乗るかどうかは状況に応じて判断しよう。 一等航海士 総合評価 B 所持アイテム 鎮静剤 特徴 鎮静剤を消費0で使用できる。 また、自身と仲間の治療速度が上昇する。 好きなタイミングで自己治療できる! 負傷状態となっても、鎮静剤を持っていれば 何度でも好きなタイミングで自己治療できる。 そのため、上手く立ち回ることができれば長い時間、ハンターを引きつけることも可能だ。 逃げながら治療することも可能! 板を駆使することで、治療しながら逃げ続けることも可能だ。 ハンターが近づいてくるまでは治療を行い、危なくなったら板を倒して逃げることを繰り返せると 粘り強いチェイスができるぞ。 治療速度が速い! 医師は、自身や味方を治療する速度が速い。 そのため、 負傷した仲間が近くにいる場合は積極的に回復してあげよう。 治療向けの内在人格構成にすると、さらに効率よく治療できるようになるぞ。 サバイバー全員の治療速度が上がるため誰が治療しても戦線復帰しやすく、生存しやすくなるぞ。 心眼 総合評価 B 所持アイテム 白杖 交換不可 特徴 自キャラ周辺の様子しか確認することができない。 そのかわり、白杖を使うことで仲間とハンターの位置を共有できる。 視野が狭い! 心眼は自身の周辺しか見ることができないため、 離れた場所を移動する仲間やハンターを見ることができない。 他のキャラとは違った立ち回り方を求められるため、上級者向けのサバイバーだ。 白杖でハンターの居場所を共有できる! 心眼は何回でも使用できる白杖を使うことで、 仲間とハンターの位置を共有することができる。 そのため、自身と仲間の生存率が上がりやすい。 アイテムの交換はできない! 心眼が最初から所持している白杖は、 他のアイテムと持ち替えることができない。 治療器具で自己治療を行うことなどはできないため、慎重に立ち回る必要がある。 使うなら隠密行動が必須! 心眼はチェイスに向いていないキャラであるため、 ハンターに見つかると真っ先に狙われやすい。 危険を感じたらすぐに隠れるなどして、ハンターに見つからないように行動する必要がある。 冒険家 総合評価 B 所持アイテム 旅行記の絵本 特徴 旅行記の絵本を消費0で使用できる。 また、自身の解読判定率を上昇させることができる。 目的地へと移動して旅行記を使うとその場を調べられ、宝を掘り出すことが可能だ。 足跡がすぐに消える! 他のキャラと比べ、 足跡が消える速度が1秒速い。 そのため、ハンターの追跡から逃げやすくなるぞ。 また、内在人格を駆使するとさらに足跡が消える時間を速めることもできる。 踊り子 総合評価 B 所持アイテム オルゴール 特徴 赤と青、2種類のオルゴールを設置できるようになる。 それぞれの色に応じて、範囲内にいるキャラクター全員の行動速度が変化する。 ハンターから逃げる際に青のオルゴールを利用すれば、簡単に逃げやすくなる。 踊り子は青のオルゴール効果を受けない! 踊り子は、青のオルゴールによるマイナス効果を受けない。 そのため、 青のオルゴールの範囲内を通常速度で通過できるぞ。 使い所を間違えなければ、粘り強いチェイスが可能だ。 オルゴール効果は重ねがけ可能! オルゴールの効果はそれぞれ重ねがけすることが可能だ。 同じ色を重ねれば行動速度がその分大きく変化するようになる。 違う色どうしを重ねると打ち消し合い、効果が消えてしまうため注意しておこう。 泥棒 総合評価 B 所持アイテム 懐中電灯 特徴 懐中電灯の使用時間が2倍になる。 また、自身と仲間の解読判定発生率が上昇する。 ハンターとのチェイスが得意! 板・窓枠の乗り越え速度が非常に速いため、それらの位置を知っているとハンターの追跡から逃れやすくなる。 時間稼ぎにもなるため、ぜひマップを覚えておきたい。 調整の発生率を上昇させる! 全員の調整発生率を上昇させるため、 「完璧な調整」を少しでも多く狙える可能性が高い。 「完璧な調整」を発生させると解読の効率が上がるため、積極的に狙っていきたい。 懐中電灯は使いこなせなくてもOK! ハンターを懐中電灯でひるませるには、それなりに長い時間照射し続ける必要がある。 使いこなすのは難しいため、 別のアイテムと交換しておく方が安定しやすいだろう。 懐中電灯を確実に当てるなら板を当てた後! 懐中電灯を確実に当てたいなら、 ハンターを板でひるませた時に使うと良い。 板を当てられてひるんだハンターに光を当てれば、懐中電灯での攻撃は成功しやすい。 マジシャン 総合評価 B 所持アイテム マジックステッキ 特徴 マジックステッキ使用時に数秒間、移動速度が上昇する。 調整が発生する確率が下がるため、解読作業が安定しやすくなる。 マジックで板を節約できる! マジックステッキで生成した幻像は実体を持つため、自身もハンターも通り抜けることができない。 そのため、追跡中に道を塞ぐように幻像を生成すれば、 板を使わなくても道を封鎖できるぞ。 マジックの幻像を盾にできる! マジックステッキで生み出すことができる幻像は、 盾のように使用することも可能だ。 たとえ道化師のロケットダッシュに狙われたとしても、幻像を出して逃げることで攻撃を失敗させやすくなる。 マジシャンを救助する際は注意! マジシャンは、自身が 拘束状態から救助される際にかかる救助時間が長いという特徴がある。 マジシャンを救助する際は、ハンターがある程度遠ざかったのを確認してから行う方が良いだろう。 幸運児 総合評価 C 所持アイテム なし 特徴 箱からアイテムを入手する際に、欲しいアイテムを選択することができる。 選択したアイテムを入手できる確率が非常に高くなる。 そのため、ハンターからは比較的逃げやすいサバイバーのうちの一人と言える。 箱から高確率で狙ったアイテムを入手! 幸運児は、箱を開ける際に 選択したアイテムを入手できる確率が大幅に上昇する。 強力な信号銃を2丁持ち運ぶこともできるため、運を味方にできると非常に強力だ。 仲間の救助が簡単になる! 幸運児は箱から狙ったアイテムを高確率で入手できるため、信号銃をゲットしやすくなる。 仲間の救助に信号銃を使用できるため、チームの生存率を高めやすい。 選択アイテムは入手しにくくなる! 箱を開ける前に指定したアイテムを箱から入手すると、 2回目以降同じアイテムを選択した場合の入手確率は下がるようだ。 2つめの信号銃を狙うより、別のアイテムを狙った方が効率は良いだろう。 納棺師 総合評価 C 所持アイテム 化粧箱 特徴 棺桶を設置することで、自身や仲間に「死者蘇生」効果を付与できる。 「死者蘇生」効果を受けたサバイバーがロケットチェアに拘束されると、納棺師が設置した棺桶の場所に転送され救助される。 一度合流しておく必要あり! 納棺師が付与できる「死者蘇生」効果を仲間に付与する場合、一度対象のサバイバーと合流する必要がある。 合流後、 化粧箱を使用後に化粧を施すことで「死者蘇生」を仲間に付与できるぞ。 遠距離から救助できる! 化粧箱で召喚できる棺桶を使えば、 拘束されたロケットチェアから離れていても救助できるようになる。 ただし、拘束される前に「死者蘇生」効果を付与しておく必要がある。 救助時間を解読に当てられるため、効率よく立ち回りやすい。 弁護士 総合評価 C 所持アイテム 手描き地図 特徴 手描き地図を消費0で使用できる。 また、半径8メートル以内にいる仲間の作業速度が上昇する。 暗号機の場所を覚えるのに最適! 最初から手描き地図をもっているため、 暗号機の位置をいつでも確認できる。 フィールド上に設置される暗号機の場所はある程度固定なので、最初は弁護士を使って暗号機の出現候補場所を覚えると良い。 暗号機の場所を覚えたらアイテム交換! 暗号機の出現場所を覚えられたら、別のアイテムに交換しよう。 不安であればアイテム交換ボタンを連打しながら移動して、 手描き地図ともう一つのアイテムを同時に持ち運ぶのもありだ。 ハンターの位置を地図で予測できる! 地図では仲間の現在地も確認可能だ。 仲間が不自然な行動を取っている場合は、その付近にハンターがいると予想できる。 ハンターのポジションが分かると危機管理もしやすく、生存率が上がりやすい。 仲間の解読速度をあげられる! 弁護士の近くにいるサバイバーは、 治療・解読・破壊速度がわずかに上昇する。 他のサバイバーと一緒に解読を進めれば、より早く解読作業を終わらせることができるぞ。 庭師 総合評価 C 所持アイテム 工具箱 特徴 工具箱を消費0で使用できる。 また、試合開始から50秒以内ならハンターの攻撃を1回防ぐことが可能。 開始50秒以内なら1撃防げる! 試合開始してから50秒以内であれば、ハンターの攻撃を1発だけ防ぐことが可能だ。 もし一瞬で見つかったとしても 1発はダメージを無効化できるため、その分逃げやすくはなるだろう。 ロケットチェア破壊のメリットは少ない ハンターはロケットチェアを簡単に修理できるため、ロケットチェアを破壊してまわるメリットは少ない。 椅子を壊すより暗号機の解読を進めた方が勝利しやすい場面がほとんどなので、なるべく解読優先に立ち回ろう。 アイデンティティ5他の攻略記事 第五人格の人気記事.

次の

【第五人格】最強サバイバーは誰?ランカーサバイバーの使用率ランキング

第 5 人格 サバイバー ランキング

Identity Vって何? Identity V(アイデンティティファイブ)は1vs4に分かれて行う鬼ごっこのようなサバイバルマルチアクションゲームで、中国版では「第五人格」という名称でした。 より詳しい内容はこちらの記事をご覧ください。 まずは手がかりを貯めよう Identity V 第五人格 がリリースされて時間も経過し、プレイ時間もそこそこになってきたところで推理の径や日々のシェアボーナスなどで手がかり(パズルのピースのような通貨アイテム)もいい感じに貯まってきたのではないでしょうか? とはいえ交換出来るといっても1〜2キャラ程度、せっかく交換しても使いづらくて使わなくなってはもったいないですね。 新しいハンターやサバイバーが続々と追加されていますが、どのキャラを交換すれば良いのでしょうか? ちなみにまだ手がかりが貯まってないという方は以下の記事も参考にどうぞ。 最強キャラは? サバイバーは最初から使えるキャラも追加されていくキャラも特徴が全て異なっており、RPGのような攻撃力、防御力のようなパラメータがないので一概に比較することは出来ず、 どのようなシーンにおいても最強!というようなキャラは存在しません。 しかし、例えばチェイスに強い、解読が得意といったようにそれぞれのキャラに特性があるので、プレイヤースキルやどういう立ち回りがしたいかによって向いているキャラクターはいるので、それぞれのサバイバーがどのようなプレイングに合っているのかを紹介したいと思います。 サバイバーの選び方 まずこのゲームで勝つためには大きく分けて2つの行動、解読とチェイスが必要です。 解読にも調整が得意な人と苦手な人がいると思いますが、チェイスの方がテクニックを必要とし勝利するためにはサバイバーの中で誰かがチェイスや救助をやらないと解読の時間を稼ぐことはできません。 そのため、まずはチェイスが出来るか否か、やりたいかどうかでオススメサバイバーを大別してみたいと思います。 チェイスがやりたい、または得意なプレイヤー チェイスが得意な人向けランキング• 1位:空軍• 2位:祭司• 3位:オフェンス• 4位:マジシャン• 5位:傭兵 チェイスが得意ではないがやりたい人向けランキング• 1位:オフェンス• 2位:祭司• 3位:空軍• 4位:マジシャン• 5位:傭兵 バランス良くチェイスも救助も出来る女性サバイバー 空軍は板窓の速度が速く信号銃を持ってることから最前線で戦うことのできる超優秀でチームに一人はいてほしい、クセが少なく使いやすいサバイバーです。 味方がロケットチェアに座っていなければチェイスをやっても解読をやっても良く、誰か一人でもロケットチェアに座ったら救助を選択肢に入れるという形で立ち回りが明確なのもポイントです。 チェイスに失敗して捕まった時もロケットチェア拘束時間が他のサバイバーより30%長い点も良いですね。 ただし、空軍はキャンペーンを利用して入手することができるので120円払えるならそちらで交換した方がお得なので、貯めた手がかりは他のサバイバーで使う方がオススメです。 詳細は以下の記事をご覧ください。 とにかく最前線でハンターとチェイスしたい場合 オフェンスは空軍とは違うタイプですが同じく最前線で戦えるサバイバーです。 解読が遅いので味方に頑張ってもらうことになりますが、その代わりにハンターを引きつける役割を担います。 とにかく板を使わせたら右に出るものはなく、殴られそうになってもラグビーボールで逃げられるので生存率も高い点がポイントです。 もし他のサバイバーがチェイスを始めてしまった場合は解読をすることになりますが、解読速度が遅いのでその点は他のサバイバーに一歩劣っています。 Identity Vは日替わりで一部の持っていないサバイバーが使えるようになりますが、そこで傭兵が使えるようになったらまずは触ってみて面白いと思ったら交換するのが良いでしょう。 傭兵はオススメ出来ず... 傭兵は必要な手がかりが他のサバイバーより少ないですが、現時点で率先して使う理由はありません。 いかんせん肘あての使い方が難しく、最前線で戦うにしては捕まったときに救出しづらいという点で空軍やオフェンスの方がオススメです。 Identity Vは日替わりで一部の持っていないサバイバーが使えるようになりますが、そこで傭兵が使えるようになったらまずは触ってみて面白いと思ったら交換するのが良いでしょう。 オフェンスと空軍なら空軍がオススメ チェイスができる人で空軍とオフェンスのどちらかを選ぼうとしているなら、個人的に空軍をオススメします。 味方とキャラがかぶった時にオフェンス二人だと解読が顕著に弱くなるので、空軍の方がチームとしてバランスを取りやすいためです。 祭司はいかに通路を使いこなすかどうか チェイス役として祭司もありですが、同じく解読の弱いサバイバーのオフェンスと比べると板窓が圧倒的に遅いのでいかに通路を使いこなすのかがポイントになります。 オフェンスとの比較は解読がどちらも遅い、オフェンスは板に強いが祭司は板窓が遅い、オフェンスは使用制限のあるラグビーボール、祭司はクールタイムのある通路が使える、といった感じのため祭司は板窓の遅さを通路でカバーしてチェイスができるならオススメ、そうでないならオフェンスを使った方が良いと思います。 解読が遅いので基本はチェイス役を買ってでないと通路の良さも発揮されず、その遅さで解読ばかりするのであれば他のキャラでも良いのでは?となってしまいます。 祭司を使うならとにかく通路を使いこなせるよう設置場所や設置タイミングを練習しましょう。 チェイスをしたくない、または苦手なプレイヤー• 機械技師• 冒険家• 祭司 クセの強いサバイバーばかりなのでどれが一番、というランキング形式ではありません。 動画をよく見てどんな立ち回りがしたいのかを決め、面白そうと思うサバイバーと交換しましょう。 固定チームでいつも最初に捕まってしまう悩みを抱えている方向け チェイスをせずに立ち回るサバイバーとしては冒険家だけお安いので、手がかりが2000くらいしか貯まってないなら冒険家一択です。 冒険家は隠れることでハンターをやり過ごすことができるので、固定チームを組んだ際に他にチェイスが上手い人が複数いて、いつも最初に捕まってしまうという人は使ってみる価値があります。 しかし野良で使う場合は冒険家は隠れることで吊られにくいメリットがある一方、赤の教会で隠れる場所が少ないのでマップによっては強みを活かせない点や、特に解読が強いというわけでもなく隠れて見つからない代わりに味方がハンターと対峙するため味方にやや負担がかかる場面があるので、手がかりが貯められるなら他のキャラをオススメします。 とにかくハンターに見つからずに味方をサポートしたい 難しいので初心者にはオススメしませんが、それなりにプレイしてちょっと変わったサバイバー が使いたいなら心眼を使ってみましょう。 画面が暗く視界が悪いという独特な難しさがありますが、圧倒的解読速度と味方にハンターの位置を教えられるという強さがあります。 とにかく視界が悪いというデメリットに慣れるまでは難しいと思うので、マップをちゃんと覚えて土地勘がついている人にオススメです。 チェイスは苦手だけどハンターから逃げきりたい 比較的初心者にも使える、祭司をオススメします。 祭司は壁や床に直線の通路を設置することで通常では通れない場所を通過することができます。 複数通路を設置しておくことで味方がチェイスしやすくなるだけでなく、自分が見つかってしまった時も逃げやすくなるのでチェイスが苦手な人でも生存率を上げられます。 逆に通路がないと平均以下の性能になってしまうため、いかに通路を使いこなすかがポイントです。 そのため心眼と同じくマップに詳しくどこに通路を設置すべきか理解するまでは練習が必要ですが、通路で味方をサポートしたり場合によっては救助もできるので固定チームをやる時は比較的オススメできます。 野良でやる時は意思疎通して協力することが難しいので味方をサポートするよりもまずは自分が生き延びるために通路を利用しましょう。 解読や救助などトリッキーに色々やりたい 機械人形が色々な用途に使えるため的確に使いこなすのはやや難しいですが、使いこなせればとても強い機械技師をオススメします。 機械技師は機械人形を使うことで自身や味方を様々な方法でサポートできます。 例えば2箇所同時に解読したり、最後の暗号機の解読が終わった瞬間に脱出ゲートの解読をしたり、自分の負傷を機械人形で治したり、自分自身を機械人形でロケットチェアから救助したりと状況に応じて様々な使い方が出来ます。 機械人形は脆く時間制限があるので使い所を理解して、どの場面でどのように使うかの状況判断が臨機応変にできる必要があります。 いかがだったでしょうか? 他のサバイバーも気になる方は以下の記事からご覧ください。 IdentityV に興味を持った方はこちらからどうぞ。 それではまた。

次の

『IdentityⅤ/第五人格』好きなサバイバーランキング

第 5 人格 サバイバー ランキング

キャラクター詳細情報 本名 カート・フランク 職業 冒険家 所持アイテム 旅行記の絵本 「体が小さくなる」 キャラの取得方法 手掛かり1,468 or エコー288 外在特質 特質名 効果 探検の空想 ガリヴァー旅行記を携帯しており、体を縮めてハンターから逃れることができます。 旅行記使用時にゲージが減少しません。 探検 足跡の持続時間が1秒減少します。 板や窓を乗り越えてもハンターに通知が行きません。 好奇心 好奇心が旺盛で解読中に無謀な操作を試すのを好みます。 キャラクターの立ち回り方 冒険家は元々持っている「冒険書」の効果で、小さくなることができます。 その力を使うことで冒険家は、ハンターから隠れながら解読を進めやすいというのが利点です。 キャラクター詳細情報 本名 フィオナ・ジルマン 職業 祭司 所持アイテム 扉の鍵(道具箱から入手不可) 「サバイバー全員が通り抜けられる抜け道を作ることができる」 キャラの取得方法 手掛かり3,568 or エコー688 外在特質 特質名 効果 扉の鍵 祭祀は直線上にワープできる「扉の鍵」を携帯しています。 キャラクターの立ち回り方 ワープを駆使しながら戦うサバイバー です。 ワープはゲーム開始から時間経過により、最大3つのワープを使用することができ、ハンターから逃げる時に建物や岩などの障害物を通り抜けられるというのがおすすめポイントとなっています。 キャラクター詳細情報 本名 パトリシア・ドーヴァル 職業 呪術師 所持アイテム 猿の魔像(道具箱から入手不可) 「約1秒の間高速移動できる」 キャラの取得方法 手掛かり3,568 or エコー688 外在特質 特質名 効果 猿の魔像 魔像を携帯しており、魔像のバリアを1スタック消費することで、範囲内のハンターを麻痺できます。 魔像のバリアが3つ溜まると、通常よりも麻痺時間が長い、大きな呪いをかけられます。 魔像守護 呪術師がハンターの距離内にいると、魔像バリア(上限5つ)が溜まります。 距離が近いほど溜まりやすいが、魔像バリアが増えるほどゲージが溜まりにくくなります。 魔力加護 呪術師を回復させるか、呪術師から回復を受けたサバイバーは魔像の加護を受けられます。 加護を受けているサバイバーが攻撃された時、魔像バリアが増加します。 キャラクターの立ち回り方 呪術師はハンターを呪うことができるスキルを持っています。 ハンターと一定の距離に近づくとゲージが溜まり、最大5つ分の呪いをストックすることができます。

次の