源泉徴収票 いつからいつまで。 【状況別】源泉徴収票はいつもらえる?発行時期は?退職/転職/年金

源泉徴収票の提出はいつまでに済ませれば良いの?

源泉徴収票 いつからいつまで

毎年、年末が近づくと会社から配布される「源泉徴収票」。 1年間でいくら給与等が支払われたのか、いくら所得税を納めたのか、が一目で分かる大事な書類です。 しかし、「イマイチ見方が分からない……」「転職先から提出を求められたけど、無くした気が……」なんて人も多いのでは? 今回は、源泉徴収票とはどんなものなのか? いつ必要になるのか? また、もらえるタイミングや見方のポイント、無くした時の再発行などについて詳しく紹介します。 <INDEX>• 源泉徴収票とは? 源泉徴収票とは、その年1年間に会社から支払われた給与等の金額と、自分が支払った所得税の金額が記載された書類です。 所得税は給与などの収入金額すべてに対してかかるものではなく、そこからさまざまな控除額を引いた「課税所得」に対してかかります。 源泉徴収票には、自分がいくら所得税を納めたかということだけでなく、なぜその所得税額になったのかという明細も記載されています。 源泉徴収票はいつ必要になるの? 会社から源泉徴収票が配られ、なんとなく受け取っているものの、いつ必要になる書類なのか分からない、一度確認したら捨てても大丈夫? など、扱いに困っている人も多いでしょう。 源泉徴収票が必要になるのは、主に3つのタイミングです。 それぞれ紹介していきます。 転職(再就職)の時 まず源泉徴収票が必要になるのは、年の途中で退職し、転職や再就職をする時。 転職先の会社では、前職の会社の源泉徴収の内容と、転職先での源泉徴収の内容を合算して年末調整を行います。 そのため、転職時には前職での源泉徴収票の提出を求められます。 転職の際に必要になる書類一式は『』を参考にしてください。 注意しなければならないのは、年をまたいで転職をするケースです。 前職を年内に退職し、年が明けてから転職先の会社に入社する場合などは、転職先の会社で行われる年末調整に間に合わないため、自分で確定申告を行う必要があります。 もし確定申告を行わなかった場合、「延滞税」や「加算税」として、本来支払うべき額より高い税金を徴収されてしまう可能性があるため気を付けましょう。 確定申告の時 源泉徴収票は、確定申告の際にも必要になります。 会社員の場合、基本的に年末調整があるため確定申告はしませんが、会社員でも確定申告が必要になるケースがあります。 例えば、先ほどの「年をまたいで転職をする場合」や、「年収が2,000万円を超える場合」、「副業による収入が20万円を超える場合」などです。 源泉徴収票には、確定申告書を記入する際に必要な収入金額や所得税の金額が記載されています。 大切に保管しましょう。 ライフイベントの時(住宅ローンを組む、扶養親族になるなど) 結婚して扶養に入ったり、住宅ローンを組んだりといった各種ライフイベントの際にも源泉徴収票が必要になります。 誰かの扶養親族になる場合、給与収入の上限などの条件があります。 また、住宅ローンを組む際も、融資の審査には収入が影響します。 それらの収入金額を証明する書類として、源泉徴収票が有効になるのです。 源泉徴収票はいつもらえるの? 源泉徴収票を会社からもらえるタイミングは、主に「退職時」と「年末調整後」です。 退職時 退職時には、その年の1月1日〜退職日までの給与に基づいた「給与所得の源泉徴収票」が発行されます。 発行時期は原則、退職後1カ月以内となっています。 また、退職時に退職手当などが支給される場合、上記給与分とは別に「退職所得の源泉徴収票」が発行されます。 こちらは、退職手当に対する所得税額などが記載された書類になるため、転職先への提出は不要です。 そのほか、退職時に会社から受け取るものや返却するものの一覧は『』を参考にしてください。 年末調整後 退職・転職をしない場合は、年末調整後に源泉徴収票が配布されます。 そもそも「源泉徴収」とは、会社が従業員の年間所得にかかる税金(所得税)をあらかじめ差し引き、国に納めるという仕組みに基づいたものです。 所得税は、本来1年分の収入が確定してからでないと税額が分からないため、毎月の給与からは概算として源泉徴収額が天引きされています。 そして、その年の収入が確定する12月に、年末調整という形であらためて正確な所得税額の計算が行われ、過不足が清算されます。 源泉徴収票はその結果を記載した書類のため、配布が年末調整後になるのです。 見るべきポイントは4つ! 源泉徴収票の見方 聞き慣れない用語も多く、見方が難しいイメージのある源泉徴収票ですが、大事な「収入」や「所得」を確認するために、見るべきポイントは4つ。 1つずつ見ていきましょう。 だけでなく、残業代や賞与(ボーナス)、などの各種手当やインセンティブを含め、会社から支払われたお金の合計金額が記載されています。 (2)給与所得控除後の金額 2つ目は「給与所得控除後の金額」。 (1)の支払金額から「給与所得控除額」を引いた金額です。 給与所得控除とは、自営業でいう必要経費にあたるもの。 通常会社員に経費はありませんが、会社員でも仕事上必要なもの(例えばスーツやネクタイなど)を自費で購入しているという考え方のもと、年収から一定額差し引かれるものです。 給与所得控除額は、(1)の支払金額に応じた金額が国税庁によって決められています。 (3)所得控除の額の合計額 3つ目は「所得控除の額の合計額」です。 所得税の計算では、(2)給与所得控除後の金額から、更に個人的事情に応じたさまざまな所得控除が差し引かれます。 例えば、「社会保険料控除」「生命保険料控除」「基礎控除」「扶養控除」「地震保険料控除」など。 それら所得控除の合計金額が(3)に記載されています。 (4)源泉徴収税額 4つ目が「源泉徴収税額」。 その年に納めた所得税の金額です。 所得税率は課税される所得額によって異なりますが、源泉徴収票には記載がありません。 所得控除や所得税率について、詳しく確認したい場合は国税庁から出されている情報などを参照すると良いでしょう。 源泉徴収票は再発行できる? 無くした時の対処法 転職や住宅ローン審査で源泉徴収票が必要になったけれど無くしてしまった……。 そんな時は再発行してもらうことができます。 現職の源泉徴収票を無くした場合は現在の勤務先に、前職の源泉徴収票を無くした場合は以前の勤務先に再発行を依頼しましょう。 税務署や役所では源泉徴収票の再発行はできません。 再発行を依頼する際は、経理担当者などに「源泉徴収票を紛失してしまったため、お手数ですが再発行をお願いいたします」と連絡すれば問題ありません。 源泉徴収票は、作成と保管が義務付けられているため、基本的には依頼後すぐ発行の対応をしてもらえることが多いです。 しかし、忙しい時期などは再発行に時間がかかる可能性もあるため、会社によりますが、だいたい1〜3週間をみておくと良いでしょう。 円満退職ができなかったなど、何らかの理由で前職の勤務先に再発行を依頼しづらいという場合は、現職の経理担当者などから連絡を取ってもらう方法もあります。 まとめ 1年間の収入金額と所得税額が確認できる源泉徴収票。 配布されてすぐに使う書類ではないため、なんとなく自分には必要ないと思ってしまいがちです。 しかし、源泉徴収票は転職時などさまざまな場面で必要になる書類。 捨てたり紛失したりしないよう注意し、大切に保管するようにしましょう。 マイナビ転職 編集部 あした転機になあれ。 豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。 毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。

次の

年金の税金について

源泉徴収票 いつからいつまで

源泉徴収票を提出するのは所得税額を計算するため 源泉徴収票は給与を支払う会社が、その給与を受取る従業員に対して発行する書類の一つです。 そこには支払った給与等や徴収した所得税の額が記載されています。 会社はこの書類を従業員と税務署に提出しなければいけません。 この事から分かるように、同じ会社にずっと勤めていれば源泉徴収票を会社に提出する必要はありません。 なぜなら、その源泉徴収票は会社が管理しているからです。 では、どういう時に源泉徴収票を提出する必要がでてくるのでしょうか? 一番多いのは転職した場合です。 所得税というのは、その年に得られた総所得から各種の控除を差し引いた額に税率を掛けて算出します。 したがって、会社が転職してきた従業員の税額を算出するには、転職するまでに得られた給与所得や払った税額等が必要になってきます。 それを知るために前の会社の源泉徴収票が必要になるのです。 源泉徴収票が提出できないと会社は困ることになるので、早めに提出しましょう。 会社は提出された源泉徴収票で年末調整を行う 先に説明したように、会社は従業員から提出された源泉徴収票をもとにその従業員の最終的な税額を計算します。 具体的には、その年の1月1日から12月31日までの間に従業員が得た所得をすべて合計します。 転職する前の所得は、提出された源泉徴収票に記載されているので分かります。 そして、その総所得から各種の控除を差し引いた値が課税所得になります。 転職する前に控除された額も、同じく提出された源泉徴収票に記載されているので分かります。 その課税所得に税率を掛けて所得税額を確定します。 この事を年末調整といます。 ニュース等で耳にされた人も多いでしょう。 このように会社員は会社が年末調整して所得税を税務署に納めてくれます。 そのため、税のことに関心がない人も少なくありません。 しかし、自営業者はすべて自分で行わなければいけません。 年度末になると確定申告のニュースで女優などが税務署に並んでいる風景が映し出されます。 このように自営業者は、税務署に確定申告をしてその年の所得税額を確定させます。 いつまでに年末調整の書類を提出すれば良いの? 先に説明したように、年末調整というのは、その年の1月1日から12月31日までの所得から所得税額を算出するものです。 したがって、必要書類は12月分の給与計算をするときまでに必要です。 会社はそれらの書類がないと困ることになります。 もし、何らかの理由で必要書類が間に合わない場合は、その旨を会社に伝えておきましょう。 その場合、翌年に確定申告をすることになります。 面倒がらずに行ってください。 そうでないと損をする場合があります。 なお、所得税控除などは毎月の給与支払のときに行われています。 給与明細を見れば分かると思います。 しかし、中には年末調整でないと控除できないものがいくつかあります。 社会保険料控除、生命保険料控除、地震保険料控除、そして住宅取得控除です。 住宅取得控除については、住宅ローン減税という言葉を耳にいた人も多いでしょう。 なお、以前は火災保険料も控除されていましたが、先の税制改正で廃止になりました。 いつまでに源泉徴収票を提出すれば良いの? 源泉徴収票は、先に説明した年末調整に必要となる書類です。 したがって、提出期限は他の書類と同じく、12月分の給与計算をするときまでです。 給与の支給日は会社によって異なってきます。 したがって、一概に源泉徴収票は何日まで提出しなければいけません、とは言えません。 ここで注意しなければいけない点があります。 それは、給与の支給日が提出期限ではないということです。 給与支給日にはすでに給与の計算は済んでいます。 源泉徴収票が必要となるのは、給与を計算するときです。 したがって、提出期限は給与の支給日よりも前ということになります。 このことを忘れていると期限に間に合わなくなってしまうので注意しましょう。 心配な人は事前に会社に問い合わせをすると良いでしょう。 もし、なんらかの事情で源泉徴収票の提出期限を過ぎてしまったら、面倒くさがらずに確定申告をしましょう。 そうすれば、払い過ぎた税金が還付金として戻ってくる場合もあります。 源泉徴収票の提出期限を過ぎたら確定申告を 先に説明したように、源泉徴収票の提出期限を過ぎたら近くの税務署で確定申告をしましょう。 還付金が受けられることもあります。 必要となるのは次の通り。 ・会社に提出できなかった源泉徴収票。 ・控除対象となる各保険料の控除説明書。 ・給与からの天引きではなく、自分で支払った年金や健康保険の領収書。 なお、自分で支払ったことがなければ不要です。 ・押印する判子。 ネーム印ではダメです。 ・筆記具。 ・銀行通帳。 還付金を振り込むために必要になります。 ちなみに、確定申告を簡単にいえば、自営業者など年末調整を済ませていない人、年末調整を済ませたけれど再度計算する必要がある人がやるものです。 まとめ 源泉徴収票は所得税額を確定するために必要な書類です。 転職等で会社を替わった人は忘れずに期限内に新しい会社に提出しましょう。 もし、間に合わない場合は確定申告をしましょう。 還付金が受けられる場合がありますから。 検索: 今日の人気記事• 二の腕の筋肉がピクピクと痙攣した経験はありますか?痛みはなくても何とも気持ちの悪いものですよね。 どんな仕事でも電話の受け答えが発生しますが、この時、困るのが正しい敬語の使い方ですね。 特に難しいのが、... 紫外線の影響を防いで健康的に肌を焼くための日焼けオイル。 市販の日焼けオイルしかその効果はないと思ってい... ゴムだからといって安心していると、いつの間にか劣化ははじまっています。 それは加水分解によって引き起こさ... 朝食のラーメンと言われると、おデブ真っしぐらな印象がありますよね。 しかし、朝にラーメンなど高カロリーな... 大学によっては教員を公募しているところがあります。 その要綱を見て応募しようと考える人もいるでしょう。 ノリノリの音楽、美味しいお酒、気ままなダンス、カワイイ女の子!都会の出会いの場、クラブに男一人で行って、大丈夫... エアコンが冷えなくなったと思ったら室内機に霜がついていた。 そんな経験を持っている人も多いことでしょう。... 自分が履いている靴のサイズが何だか合わないと感じた時に、足のサイズが変わったかもしれないと感じることがあります... カテゴリー• その1クリックが励みになります.

次の

平成31年1月11日から順次「平成30年分公的年金等の源泉徴収票」の発送を行います|日本年金機構

源泉徴収票 いつからいつまで

源泉徴収票は、会社側に発行が義務付けられています。 なお源泉徴収はその1年間で支給した金額をベースに計算するので、従業員が転職して入社してきている場合には、前職と現職の2種類の源泉徴収票が必要になります。 基本的に源泉徴収票は年末調整や、従業員自身が行う確定申告に利用します。 多くの会社では経理処理を効率化するために、12月か1月の給与支払時に年末調整を行うので、その給与明細とあわせて源泉徴収票を交付するケースが多く見られます。 給与所得者から要請を受けても源泉徴収票を発行しないまま放置していると、所得税法によって懲役または罰金を受ける可能性があるので注意をしましょう。 また、法に触れない範囲でも、源泉徴収の発行や提出が遅れると税務署から指導が入ります。 年末調整後 法定調書のひとつである源泉徴収票は1月末までに税務署長に提出する必要があります。 万が一、源泉徴収票の発行を怠ると、退職者が新たな勤務先において年末調整ができないという事態に陥ります。 そうなると、退職者が「源泉徴収票不交付の届出書」という書類を税務署に提出する可能性があります。 万が一届出書が提出されると、税務署から会社に対して直接、源泉徴収票不交付に関する事実確認をされたり、最悪の場合税務調査に入られる可能性もあります。 源泉徴収票は、所得税法第226条で「翌年1月31日までに1通を税務署長に提出し、もう1通を本人に交付する」よう義務付けていますので、十分注意しましょう。 また、退職者が転職して入社する場合には、入社時の必要書類として、前職の源泉徴収票の提出を求めるケースが多いようです。 もしも間に合わない場合は、遅くとも年末調整の申告書を提出するまでが、提出期限の目安と考えましょう。 まとめ.

次の