街コン 体験。 【街コンで彼氏できた女性の体験型】付き合った人は本当にいる?

【体験談】28歳婚活女性が証言!婚活(街コン)で出会った男性の怖くて気持ち悪い話

街コン 体験

街コンは参加前の情報集めが大切 街コンに参加を考えているなら、 まずは情報収集からスタート!。 社会人になると、女性との出会いは極端に減りますよね? 慣れない仕事に毎日疲れ、合コンに参加する時間、体力ともに減少。 でも、独り身はやはり寂しいもの。 「彼女を作って充実した日々を送りたい!」と、出会いを求めて街コンに参加する男性が増えています。 ただし「街コンなら女性との出会いもあるし、彼女も簡単に作れるはず」と考えがち。 確かに街コンに参加する女性は多く、出会いがあるの事実。 しかし、 無策で街コンに参加して失敗する男性もまた多いんです。 その原因は、街コンへの無知に他なりません。 情報の多さが成否を決める 情報はまぎれもない武器。 知識が多ければ、それだけ不安や心配も少なくなります。 失敗した時も、対応策を知っていれば、心に余裕が持てますよね?仕事や勉強、街コン全てそれは同じ。 「街コンとはどんなものか?」「何をするのか?」「女性と、どう接すればいいか?」など、予備知識があれば不安を減らせます。 情報や知識が不足したまま街コンに参加すると、 女性を不快にさせたり、男性自身が孤立を招きます。 「 彼を知り己を知れば百戦あやうからず」 孫子の有名な言葉にもある通り、まずは街コンについて知り、自分の性格や知識量を増やしましょう。 そうすれば街コンで失敗せず、素敵な女性と巡り会えるはずです! 出会いを探すなら、マッチングアプリがオススメ!(R18) いつでも好きな時に好きな場所で、 異性との出会いを探せるマッチングアプリ。 数あるマッチングアプリの中でも、特にオススメなのが…… テレビや雑誌、インターネットなどで活躍中のメンタリストDaiGo氏が監修しているwith(ウィズ)。 アプリ内で利用者の 性格診断や相性診断を行ってくれるのがポイントで、心理学観点から自分と相性ぴったりの異性とマッチング可能です。 さらに、好きな食べ物や趣味が同じといった条件のお相手が探しやすいシステムになっているのもおすすめポイント。 緊急事態宣言の収束も発表され、出会いに積極的なユーザーが急激に増えているようです。 自分と相性の良い相手を探してデートを思う存分楽しみましょう! 東京周辺の人には「クロスミー」というマッチングアプリもおすすめです。 クロスミーはGPS機能を使って近くですれ違った異性とマッチング可能なため、活動圏内が一緒でデートなどもしやすい相手を探せるというメリットがあります。 首都圏以外では大阪、神戸、名古屋、福岡、札幌などでも利用者数は増えていますが、地方のユーザーはまだ少なくマッチングしにくいです。 他には、サイバーエージェントグループが運営する「タップル誕生」もまずは友達関係からスタートしてデートするのに適したマッチングアプリです。 withよりも会員数が多いので、首都圏以外の地方でもマッチングしやすいのがおすすめポイント。 こちらも合わせてチェックしておきましょう。 街コン参加男性の体験談で女性の気持ちが分かる 街コンに参加した人たちの体験談を知れば、女性の気持ちが理解できます。 男性と女性は同じ人間でありながら、考え方が正反対。 「 男女は永遠に分かり合えない」、なんて説があるほど。 でも、街コンで成功したければ、 女性の気持ちを理解するのはマスト。 例えば街コンで失敗した男性に対して、女性は何を思ったのか?それがわかれば、同じ失敗を避けられますよね? 街コン経験者の体験談は、女性の気持ちが分かる参考資料のようなもの。 男性に女性がどんな反応をしたかで、彼女たちの気持ちがわかります。 「なぜ失敗したか?」その理由を知り、対応策を考えましょう。 街コンに参加した男性の体験談5つ これから街コンに参加してみようかな?と考えているなら、まずは 経験者の体験談を参考にしてください。 実際に参加した人のノウハウと経験談ほど、為になるものはありません。 読み込めば女性の気持ちも分かるはず。 本番を迎える前に、シミュレーションしてみるのもいいでしょう。 昨日の街コンで、トイレから帰って来たら、先輩が相手の女性に連絡先聞いてたんだ。 で、もう一人 よくそっぽ向いてた方 に聞かないのも失礼かと思って連絡先聞いたら凄い嫌そうな態度とられて、「あ、嫌ならいいです」って言っちゃったよ。 街コンに初めて参加して、緊張していたのかも?照れてフットワークが重くなった可能性も無きにしもあらず。 もう少し 円滑に女性とコミュニケーションできれば、仲良く慣れたかもしれませんね。 ただ「男性嫌い」「あなたに興味がない」「友達のついでに連絡先を聞かれた」などの場合、街コン参加中に、なんとかするのは難しいでしょう。 同年代や年下と出会いたいのに、募集欄に20歳~40歳と書かれた街コンに参加するのはNG。 自分よりも年下の女性がいるかもしれません。 しかし、 年上の女性も参加する可能性が高いんです。 年下から同年代の女性と出会いたいなら、年下コンや同年代コンなど、 年齢制限のある街コンを選びましょう。 愛想笑いをしてくれるならまだマシ。 多くの場合は、 無視されてしまうのがオチです。 自分に興味がない女性を振り向かせるには、よほど会話テクが無い限り難しいでしょう。 どうしても仲良くなりたいとケース以外は、脈なしと割り切ってください。 こうした 切り替えが上手い男性ほど、女性にモテます。 参加するイベントや年齢層が違うと、街コンに望むことも異なります。 街コンは気軽に参加できるのがメリット。 しかし、参加者の年齢が高くなると、恋活や友活よりも、 婚活目的で参加している人が増加。 まだ結婚に興味がないなら、 学生や20代前半の女性が参加する街コンを探しましょう。 20代で参加する女性は、恋人作りか「人脈を広げたい」と考えている場合が多いもの。 「街コンで知り合い、彼女になったから即結婚」なんて話には、まずなりません。 いくらお互いに出会いを求めて参加していても、「女性なら誰でもOK!」では、ありませんよね? ある程度、条件を決めてのぞんでいるはず。 参加者の中に自分好みの女性がいないと、「仲良くなりたい」という気すら起きないもの。 これは女性も同じこと。 相性が合わない、顔が理想に届いていないなど、 自分の条件に合わないと、やる気はゼロに…。 街コンで女性と知り合えるかは、 相性や運も大切。 一度目で出会いがなくても、「よい経験を積めた!」と前向きに捉える人ほど、『恋の成長率』が高いです。 今度はあなたが街コン体験談を語る側へ 人間は過ちを繰り返す生き物。 街コンで失敗する男性のほとんどが、 同じミスをおかしています。 経験者の体験談から、失敗を洗い出せれば、事前回避が可能。 準備が整ったら、あとは街コンの雰囲気に慣れましょう。 心に余裕が持てれば、女性との会話時に緊張しなくなります。 それには経験あるのみ。 街コンに参加して、場数を踏むしかありません。 何度も街コンに参加して、 慣れてきた頃には彼女もできているはず。 初めの一歩を踏み出して、今度はあなたが街コンの体験談を語る側になりましょう!.

次の

【20代・30代女性のリアルな街コン】体験談や2chの口コミ、感想・評判をぶったぎり!

街コン 体験

参加した街コンの概要 店舗 名前は忘れましたが、ビストロっぽいカフェだったと思います。 カジュアルだけど色調がシックでお洒落な雰囲気でした。 オシャレすぎず、カジュアルすぎず、また駅からも徒歩10分程度で近く、わかりやすい場所にあったため魅力的に感じました。 14時スタートで16時終わり• 男性14名、女性10名の計24人程度 マッチング形式 一通り、話が終わると、気になる方の番号をプロフィールカードに記入し、スタッフへ渡しました。 スタッフは、マッチングしているかをその用紙に直接記入し、記入したものをそのまま本人へ返却してくれます。 公に発表されることなく、密かにマッチングしたかどうかがわかるので、恥ずかしいこともありませんでした。 街コン当日の流れ 店内の入り口付近で受け付け番号と名前、個人を特定できる証明を提示すると、席に案内されました。 席は男性2人、女性2人の4人席で、私は女性1人でそのテーブルにつきました。 また、テーブルにはプロフィールカードが置いてあり、名前、学歴、職業、趣味や性格を記入する欄がありました。 食事を軽く食べながら会話をし、お決まりのライン交換。 1組の男性方との話が終わると、次の席の組が回転寿司のように15分おきに私のテーブル席へ回ってきます。 どんなことを話したか?• 趣味はなにか• 仕事内容• 好きな映画• 好みの異性のタイプ• なぜ街コンに参加したか• 休 日の過ごし方• どういう性格か• 芸能人の誰に似ているか といったことを中心に話をしました。 趣味の話は、私は趣味をもたないタイプなので会話が辛かったです。 趣味よりも、仕事に対するプライドとか、最近あった面白い出来事とそれによってどう感じたかとか、価値観や考え方、思考タイプがわかるような話をしたかったなと思いながら、相手発信の会話を進めていました。 休日は、みなさんだいたいがドライブや映画・音楽鑑賞、読書、クライミング、フットサルといった内容でした。 好みのタイプ、芸能人の誰に似ている か、好きな映画の話になったときは結構盛り上がりました。 楽しく話せたのはよかったのですが、その芸能人に似ているかどうかという話から、恋愛に発展するには中身がないなーと感じましたし、結局その人のことをわかることができず、なんだかもったいない気もしました。 参加者の印象 良い男性• 服装がスマートワイシャツがベターかと思います。 タケオキクチの感じとか。 教養がある• 笑顔が多い• 初対面で性格をほめてくれる 外見を褒めてくれる方が多い中、性格を褒めてくれると非常に印象に残ります。 悪い男性• 服装がスマートでない。 だらしない。 歩き方がだらしない• 喧しい 他の参加女性について 街コンに参加していた同性の他の参加者の外見・雰囲気については、清楚系が多かった印象です。 スカートにパンプスといった服装で、パンツを履いている女性参加者はいなかったと思います。 今回の街コンについて感じたこと 女性の一人参加が多かったこと 女性の方が少なかった街コンでしたが、女性は一人参加が多く、 男性はむしろ友人同士とか職場の同僚という方が多かったです。 料理について 食事がビュッフェ形式だったのですが、わざわざ取りに行くのが面倒くさかったです。 テーブル席なら、テーブルごとに料理が置いてあるといいなと感じていました。 話に飽きる 街コンは、回転ずし形式はいいと思うのですが、正直なところ、話す内容が同じで飽きてしまいますし、会話のお題を考えねばならず、その点においてエネルギーを無駄に消費している感覚があり、疲れてしまいました。 司会の方がお題を出し、それについて話すとか、もっとゲーム感覚で楽しめるようにするのも面白いと思いました。 相手を飽きさせずに会話を展開できる人はとても魅力的に映りました。 マッチング結果とその後 結果はと言うと、同じく1人参加の男性とマッチングしました。 この方は特に「イケメン」というわけではありませんが、清潔感がある方で、会話も同じネタにならないようにと配慮してくれました。 正直、そこまでタイプ!というわけではありませんでしたが、バランスが取れていて好印象でした。 ですが、 住まいが離れていることとお休みが全く合わなかったこともあり、その後は会うことすらできず、お付き合いも発展することはありませんでした。 今回の街コン参加を踏まえて プロフィールカードみたいに会話に困らないようなツールがあるのは助かりましたが、それに固執してしまい、会話ネタに偏りが出てしまうことがデメリットに感じました。 むしろそれなら最初から無い方が良いかもしれません。 ただ、全体的には盛り上がりましたし、特別嫌な人という人もいなかったのでその場はすごく楽しめました。 また、アプリなどと違って安心して異性と会うことも出来ますし、私としてはまた参加したいと思います。

次の

【20代・30代女性のリアルな街コン】体験談や2chの口コミ、感想・評判をぶったぎり!

街コン 体験

街コンの種類 着席型パーティー 着席型の街コンは街コンが始まった時からある形式で、最も街コンらしい形式であるとも言えます。 特徴 申し込みは同性2人組が基本です。 男女2人ずつ4人1組で申し込むこともできますが、基本的に街コン開催時に2人組に分かれます。 着席型の流れは、最近ではお店と席が最初から決まっていて、20分くらい経ったらテーブルごとに連絡先交換タイムとなり、次の席へと移動するのを5回ほど繰り返します。 出会える人数は1回あたり10人くらいで、男女比が合わなくなってしまった時は4対2で話すこともあります。 参加費 参加費は女性が3,000円~4,000円、男性が6,000円~7,000円程度と食事とお酒が付いているだけあってやや高めです。 年齢層 年齢層は婚活を友達と行うという理由から、20代〜35歳までの比較的若い年齢の人が多いです。 運営会社 立食型パーティー 特 徴 立食型パーティーは1人参加でも複数で申し込んでもOKで、ずっとフリータイムで好きな相手に話しかけることができる街コンです。 参加費 料金は女性が1,500円~3,500円、男性は5,000円~7,000円です。 立食型のパーティーでは、中盤くらいから男女が交流しやすいゲームが行われることもあります。 食事やお酒が付いていることも多いですが、立食でたくさんの人を1店舗に入れられるので、料金は比較的安いと言えます。 運営会社 趣味コン 特徴 趣味コンの内容は幅広く、体験型の街コンとなっています。 趣味コンの内容は主にテニスやボルダリングのアウトドア系、陶芸や料理などのインドア系のものがあります。 学生の時に部活でガッツリやっていたという人ももちろんいますが、基本的に趣味コンは初心者OKの内容となっているので、初心者やブランクありの人でも安心して申し込めます。 趣味コンの流れはまず全員が自己紹介を行い、その後にスポーツではインストラクターからルールの説明、陶芸や料理では作業の手順などの説明があります。 それが終わってから本格的に男女が一緒に趣味を楽しむ趣味コンがスタートします。 グループに分けられるので必ず交流することはできますし、教え合いながら街コンが進行していくので話題がなくなるといったことはまずありません。 お互いが初心者でも指導をしてくれる先生やインストラクターもいるので、わからないことも気軽に聞くことができます。 参加費 費用は指導料やレンタル代も込みとなるので少し高めで、女性が3,500円~6,000円、男性が6,000円~9,000円程度となります。 運営会社 婚活バスツアー 特徴 婚活バスツアーは婚活パーティー+日帰りバスツアーを合わせたようなイベントで、街コンジャパンのサイトからも申し込むことができます。 婚活バスツアーの内容はだいたい3つのパターンに分かれていることが多いです。 1つ目は定番で、出発地から男女が一緒にバスに乗って少しだけ遠い観光地に行って、帰りまで同じバスに乗ります。 2つ目はバスには乗りますが遠出はしないで、都内出発で都内を巡るなど身近な場所でのバスツアーとなります。 その地域の男性の地元に行くので、行く時は女性だけでバスに乗って婚活必勝法を伝授されて、帰りも男性は早い段階で下車します。 婚活パーティーのようにイベント終了前にカップリングの発表もあります。 どの内容でもプロフィールカードを使って全員の異性と話した後、バスツアーで街の色々な場所に行き、一緒に観光や食事を楽しむことで距離を縮めていきます。 参加費 1つ目と2つ目のパターンの料金は女性が12,000円~15,000円、男性が13,000円~17,000円程度です。 3つ目のパターンでは上京していく人を減らして逆に女性を呼び込もうという街側の狙いがあるので、男性は無料で女性は5,000円~10,000円です。 運営会社 実際に参加してみた!私の街コン体験談 実は私はこの4つの街コンの全てに参加したことがあります。 それぞれの街コンに実際に参加した時の感想をお話しします。 着席型パーティー 参加費は3,200円で、3つのお店を回れる街コンに申し込みました。 席が決まっているので流れはとてもスムーズで、時間を無駄にしない点は良いと思います。 参加している人の年齢は20歳~32歳限定の街コンに参加したため、年齢はアラサーくらいの人が多かったです。 テーブルごとに盛り上がった街コンでしたが、和気あいあいとした雰囲気でした。 全部で5組と話しましたが、まずはグループで仲良くなりたいという人にはピッタリな内容でした。 特に難しいことも無く数時間程度で終了するので、街コン初心者はまず着席型から参加する事をオススメします。 この企画はのサイトを見ている時に発見しました。 着席型のように自動で相手が変わっていくことは無く、自分から話しかけるか相手に話しかけられる事で会話がスタートする形式でした。 好きな相手に積極的にアプローチをしかけることが出来るのは大きなメリットですが、タイミングが合わなかったり人見知りしたりすると話すタイミングを逃したりします。 その点では、着席型よりは少し上級者向けかも知れませんが、慣れれば行動制限が緩い分いい人を狙い撃ちできますね。 年齢は25歳~35歳限定のものにしましたが、見た目だけで言うとちょっとオーバーしてるかな?と思うような人もいました。 ただ、やはりある程度積極的に人に話しかけられる人で無いとそのまま立って時間を過ごしているだけの人もいました。 連絡先を交換してください」というアナウンスがある訳ではないので、お互いに合わないと思っている相手と社交辞令で交換することはなかったです。 立食型のパーティーは、そのパーティー全体の参加者の中できちんと相手を選びたい人には良い企画です。 この企画も街コンジャパンでした。 やはりは開催数が桁違いです。 趣味コン(ダーツコン) 趣味コンは種類が豊富ですが、私が参加したことがあるのはダーツコンと料理コンです。 ダーツコンは1,500円で投げ放題なので、単純にダーツだけでも楽しめました。 チーム戦をする流れだったので、協力しながらダーツをすることで初対面でも自然と会話が生まれ、仲良くなりやすかったです。 参加可能な年齢枠は男女ともに20歳~39歳まででしたが、女性はアラサー、男性は20代くらいの比較的若い人が多かったです。 ダーツの雰囲気の成果アクティブな人同士が集まったので、参加者同士でとても盛り上がって楽しかったです。 最後には連絡先交換タイムも設けられていました。 色んな街コンの中では割と気軽にコミュニケーションがとれて、恋愛に発展しやすいのかなという印象でした。 ダーツコンもの企画です。 趣味コン(料理コン) 料理コンはたこ焼き器を使って2種のたこ焼きとパンケーキを作るといった簡単な内容でした。 1つ作る度にグループを変えたので、たくさんの男性と交流することができました。 やっていること自体は簡単でしたが、たこ焼きだけでも普段料理をしている人かどうかがわかるのは面白かったです。 金額は3,900円でしたがキャッシュバックがあったため、実際には1,500円でした。 20歳~39歳まででしたが、30代前半の人が特に多かったです。 料理コンはダーツコンよりも相手の性格が滲み出てくるので、 家事をしっかりやってくれそうな相手を探している場合は相性が良いと思います。 こちらも最後に連絡先交換タイムがありました。 料理コンの申し込みは、というサービスを使いました。 料理合コンをメインに運営しているので内容がしっかりしていて、素材の下ごしらえが済んでいるなど細かい点の配慮もされています。 婚活バスツアー 私が参加した婚活バスツアーは、東京から栃木まで行くツアーでした。 料金は女性が12,800円です。 参加年齢枠は男女とも20歳~34歳だったので、20代後半~30代前半が圧倒的に多かったです。 普通の街コンのように数時間ではなく、一日中一緒にいるので急いで相手を決める必要はなく、相手の内面を知ってから選べるのも良いと思いました。 ただ、恋活・婚活メインの内容となっているので、観光に使われるリソースは少なめです。 観光はあくまでも会話の材料ですね。 行きのバスの中ではプロフィールカードを使った自己紹介タイムとなり、3分ごとに人が交代していきました。 行き先のフリータイムで色んな人と会話したり、仲良くなれたら時間内で一緒にディナーをしたり景色を見たりと、初対面でもいきなりデートっぽいことが出来ます。 もしこの人と付き合ったらこんな感じかな?ってのが最初からわかるのは婚活バスツアーの強みですね。 フリータイムを一緒に過ごすことが出来なくても、ツアーで用意されたアプローチカードというメッセージと連絡先を書いた紙を気になった相手に渡す事ができます。 私はツアー後に、アプローチカードを渡した相手から連絡を貰う事ができました。 この時に使ったのはというサービスです。 日数も利用者も多いですし、1人でも参加しやすい仕組みがあるのでオススメです。 まとめ 街コンには色々な種類がありますが、選ぶ時のポイントは自分が興味がある企画や自分に向いているものを選ぶことです。 例えば、自分から動けないタイプなら立食型パーティーよりも着席型パーティーの方が向いていますよね。 自分が楽しめる内容なら街コン自体が楽しめるはずですし、それがきっかけで上手くいく可能性も高くなりますよ。 まずはこの4つの中から、参加してみたいと思う企画を選ぶことから始めましょう。

次の