ピアノ 処分 com 評判。 タケモトピアノの買取価格は高い?口コミと評判を徹底調査!

ピアノ引き取り業者の善し悪しの判断基準について

ピアノ 処分 com 評判

大事なピアノだから粗大ごみにはしたくない。 ピアノを処分費用を掛けずにピアノを処分したい!いい方法は? ピアノの処分となると億劫になりませんか? 使わなくなったピアノって、リビングにあると場所をとってしまい、家族が通るのに邪魔になりますよね。 ピアノは、大きいし、重いしピアノを処分するとなると素人や独りではできそうにないし・・・ ピアノを処分したいと思っても、ピアノ業者にお願いするにしてもピアノの処分費用が掛かりそうだし、しかも大きくて重いピアノだと処分してもらうのに結構な金額がかかりそう。 こういったピアノを処分することに対して、不安を私も持っていました。 安くピアノを処分するなら粗大ごみとしてピアノを処分するのも手かなと思いました。 しかし、これまで大切に使ってきたピアノが雨風にさらされたり、乱雑に扱われるのは嫌だなぁという思いが・・・ 粗大ごみ置き場に、これまで20年近くもお世話になったピアノをポンと置くのはどうしても心理的な抵抗があります。 しかも、ごみの引き取りまでに自分でそこまで運ぶのも大変。 さらにゴミ置き場にピアノを粗大ごみとして置けたとしても、強い日光や雨風にあたって、さらにひどい状態になるのを見ることは、なんだか自分の子供がどんどん弱っていくような状態を見る気がして、見ていられないし、想像するだけでもイヤ。 今は使わなくったけど、最後も大切に始末をしたい。 わがままかもしれないけど、そんな思いがありました。 ピアノを処分したい!実は、古いピアノは処分費用を掛けなくても売れます ピアノを処分することしか頭になかった私に、ある日、夫からの一言が、私にヒントを与えてくれました。 「わざわざピアノを自分で処分しなくても、ネットでピアノを引き取ってくれるところを探してみては?」 確かに私だけの知識では、考えても良いアイデアが浮かばすもんもんとした日々を過ごしており、限界でした。 友人や知人や友達に相談しようにも、そもそもピアノを持っている人が周りにいません。 また、仮に持っていたとしてもピアノを処分したいと考えてはいないか、ピアノを処分した経験もありませんので、相談してもあまりいい回答が得られませんでした。 半ば諦め気味だった時の夫の思わぬ一言で、ハッと気づきました。 これまでピアノを引き取ってくれる業者なんてない、あったとしてもしつこい勧誘や、足元を見られて高い処分費を請求されるだけと思い込んでいたため、ネットで検索をしていませんでした。 ピアノを処分したいなら、いろいろな手段をしらべないといけないと思いました。 早速、ネットで調べてみました。 すると、沢山のピアノ買取業者が見つかりました。 最初はあまりにも、沢山ありすぎて何が何だかわかりませんでした。 ピアノを引き取ってくれるピアノ買取業者はこんなに沢山あるんだ!というのが最初に驚いたことです。 上から順番に丁寧に中身に見ていきました。 沢山あるだけに対応や費用、ピアノの査定額は、とにかく千差万別でした。 さらに読み進めると、ピアノを高値で買い取ってくれそうなピアノ買取業者をちらほらと見つけました。 最初に、ピアノを無料で処分やピアノの処分にかかる費用やピアノの処分の相場のことばかり考えていたため、ピアノの処分が可能かどうか?私の住んでいる地域の専門業者はどこか?ピアノの処分には費用がいくら掛かるのか?ばかりを気にしていました。 そのため、ピアノを買い取ってもらう事は、頭の中からすっかり抜け落ちていました。 また、20年前の古いピアノということあり売るなんて事は一切考えていませんでした。 古いピアノでも買い取ってもらえるんだ! 査定額を聞いた時に、何だか嬉しくなったのを覚えています! ピアノの処分費用が掛かるどころか、逆にお金をもらえる。 そう考えるとやる気が俄然出てきました。 ピアノを買い取ってくれる業者を探していると、こちらも条件は色々ありました。 買取価格も数千円から数万円まで業者によって本当に値段が違う。 さっきまでピアノの処分費を抑えたいと思っていたのに、今度は少しでも高く売りたいと考えるようになり、ちょっと自分でも厳禁だなあと思いながら探しました。 結局、一番高く買い取ってくれるところではなく、ピアノ処分の対応が丁寧で自宅の近くのピアノ買取業者に頼みました。 また、ピアノ買取後の使われ方も決め手となりました。 買い取り後のピアノ行く先 決め手となったのは、この買取後のピアノの行先です。 これまで大切な思い出がつまったピアノなので、やっぱり誰かに使ってもらいたい。 また、誰かの思い出になってくれたらと思いました。 そうすると、買取後のピアノは、修理して、海外の子供達に使って頂けるということを知りました。 私の使ったピアノがまた使って貰えるんだと、何だか安心に近い気持ちなりました。 一括査定を利用した人の声 私だけの感想だと物足りない人のために、他の方の声を集めてみました。 皆さんやはり私と同じようにピアノの処分には抵抗があったようです。 しかし、大切に使って貰えることを知ってからは、抵抗がなくなった方が多いです。 利用した人の声• このたびはお世話になりました。 とても愛着のあるピアノだったので、次の方に大切に使って頂ければと思っております。 運送会社の方ご苦労様でした。 古いピアノでしたがお引取頂き 誰かに使っていただけたら本当に嬉しいです。 処分に困っていたピアノを、お金をいただいて、持って行っていただいて、本当に感謝しています。 ピアノ買い取り業者 ピアノを専門で買い取ってくれる業者があることすら、最初は知りませんでした。 ところがネットで調べて初めてたくさんのピアノ買取の専門業者があることを知りました。 ピアノ買取と言っても色々な業者があるようです。 他の業者についてもまとめてみました。 出張買取のリサイクル業者はどう? ピアノを処分するとなると、個人ではなかなか難しいです。 そこで、プロの方にお願いすることになると思います。 身近なプロの方は、リサイクル業者の方ではないでしょうか? 確かに自宅まで取りに来てくれて、助かると思いきや。 リサイクル業者といえども、ピアノの処分は扱っていなかったり、また、どうやってピアノを搬出してよいか分からない業者も中にはあります。 しかも、買取どころか、搬出費用に高額な請求をされる場合もあるので、考え物です。 ハードオフはどう? 残念ながらピアノの買取は、取り扱っていません。 電子ピアノなら買取してくれるようです。 ただし、製造から5年未満の新しいものに限られています。 市役所への処分はどう? 市区町村ごとに異なると思いますが、私の地域では、2人で搬出が必要な大型の楽器は処分してくれませんでした。 不用品買い取り業者はどう? よく軽トラで、回っていたり、たまにポストにチラシが入ったりします。 基本的には、ピアノの搬出になれた方ではないため、大抵はピアノの引取は断られるようです。 引っ越し時にピアノを処分するのはどう? 引っ越しと同時にピアノの処分をされる方が多いようです。 新居にピアノを置くスペースがない、全く使わないのでピアノを処分したいなど理由は色々あるようです。 大手の引越し業者などは、不用品の引き取りも行ってくれているようです。 ただし、自社で行っているわけではなくあくまでも地元の業者と連携して対応しているため、先に紹介したリサイクル業者が来ることが多いようです。 そのため実際にはピアノを引き取ってくれることはあまりないようです。 一括査定のメリット ピアノ買取業者のホームページを最初は1社1社見ていました。 ところがこれが結構疲れる。 意外と多いんです。 査定額の価格の比較ばかりについつい目がいくのですが、大切なのは、自分の家の近くの業者かどうかと搬出可能かどうかです。 そのようなところまで気を付けてみていると、なかなか大変な作業になってきます。 その点、一括でピアノ買取業者の複数社の見積比較をできるサイトがあります。 これは便利でした。 地域ごとに分かれているため、無駄な調査をしなくて済みます。 ピアノの査定額が変わる理由とは? 同じピアノでも業者ごとに査定額が大きく異なります。 ピアノが古すぎたり、海外メーカーものだったりすると、ひどい場合は値段がつかなかったり、逆に10万円の買い取り額がついたりと千差万別です。 高すぎるとかえって疑ったりもしてなかなかネットだけの結果だと信用しにくいものです。 この辺りは、ピアノ買取業者さんの販売の得意不得意や、クリーニングにかかるコストの抑え方など影響してくるようです。 ピアノ買取後、そのピアノをクリーニングして、売れる販売経路を持っているかどうかで値段が変わってくるようです。 また、クリーニングも何台も一度に対応できるようなところでは、大量購入で安く洗剤等を仕入れていたりするので、その分1台当たりのコストを抑えれたりするようです。 電子ピアノも買い取れるの? 私が見た感じだと、電子ピアノを買い取ってくれる業者もあれば、そうでない業者もあります。 また、古い電子ピアノ、例えば5年以上前のものだと買い取ってくれる可能性はかなり下がりそうです。 電子ピアノは日進月歩で、毎年新しいモデルが出てくるため、年代物が貴重になるといったことがありません。 そのため古い電子ピアノは買い取ってもらえない、あるいは逆に電子ピアノの処分のための費用が掛かることがあります。 もし、電子ピアノを処分したいとお考えならば、早めの決断が良いかと思います。 ピアノの査定から処分の流れ ピアノの一括査定から実際の処分までの流れは、非常に簡単です。 一括査定• 条件を比較• 気に入った業者に連絡• 立ち合い見積もり• 引き取り といった流れです。 ピアノ買取のメリット ピアノの処分だけだと、費用が発生しますが、ピアノの買取だと処分費用、いわゆる搬出費用も含めて買い取ってくれるため手元にお金が入ることはとてもうれしいです。 また、専門のピアノ買取業者なので、搬出も丁寧で、なによりも買取後ピアノが再利用されることが、ただただつぶして終わりではないのが心理的にも安心できます。 ピアノの製造番号の表示箇所 ピアノの査定をするときには、かならずと言っていいほどピアノの製造番号を求められる場合があります。 これによりどのメーカーの何年前に作られたかを把握するためです。 非常に大事な情報ですので、ぜひ製造番号はわかるようにしましょう。 グランドピアノの場合• 本体内側高音部フレーム 安心して任すことができるピアノ買取業者の条件 私は電話での対応が良いところと、あとは搬出が丁寧かどうかを、つまり専門業者であり、搬出だけをほかで任せているような業者ではなく、何度も経験がある業者を選びました。 ピアノの搬出に関しては、専門の業者でないとひどい場合、搬出の際に家の壁や床を傷つけられたり、ピアノそのものに傷を付けられたりする場合があるからです。 そこは、丁寧な対応してくれるピアノ買取業者にしっかり事前に確認することをお勧めします。 古いピアノでも大丈夫か? 大丈夫です。 ただし、ピアノの買い取り額は低い可能性があります。 年代物ですと修理にお金がかかる場合とやはり人気がない場合があるため、買い取った業者も次に売ることができなかったりします。 そのため場合によっては、値が付かないことや最悪買取してもらえない場合があります。 こういったことに備えて、複数のピアノ買取業者に一括で見積もることで、1社でもピアノを買い取ってくれる可能性のある業者を探しやすくなります。

次の

不要になったピアノを無料(0円)で処分します 『ピアノ無料処分.jp』

ピアノ 処分 com 評判

粗大ごみとして捨てるにも、電子ピアノは重いものだと80kgくらいある大型重量物です。 アップライトやグランドピアノに比べてコンパクトとはいえ、いざ自力で運び出すとなると、なかなか持ち上げるだけでも一苦労でしょう。 下手すると腕や腰など、身体を痛めてしまうことにもなりかねません。 分解ができるタイプもありますが、まったく経験がない人は勿論のこと、もしも慣れていないスタッフが電子ピアノの引き取り作業を行うと、部屋からの搬出時に『壁や床にキズを付けてしまう』というトラブルの可能性も…。 また、自治体によっては、電子ピアノが粗大ごみの取扱い対象外という場合もありますので、確認する必要が出てきます。 電子ピアノ処分サービスは、東京・神奈川をはじめ、大阪や京都などで電子ピアノの処分・回収サービスを行っております。 弊社にご依頼いただければ、経験豊富な回収スタッフがお客様宅に伺い、製品が置いてある部屋からの運び出しを行うので、心配ご無用です!! 賠償保険にも加入しているので、万が一のトラブルにも丁寧にしっかりと対応。 お客様にお手伝いをお願いするようなこともございません。 電子ピアノ処分の大まかな流れは、以下のようになります。 お申し込み~お引き取りまでの流れ• 事前のご予約 お電話またはインターネットにて、お申し込み・お問い合わせください。 ご利用当日 専門のスタッフが、お客様の電子ピアノを引き取りに伺います。 引き取り完了 その場で現金にて処分料をお支払いください。 2階以上からの電子ピアノの運び出しは、ご相談ください。 階段からの搬出ができない場合は、窓からの吊り下げ搬出を行います。 その際には別途費用が発生しますが、事前にきちんと金額をお伝えいたします。 お手数ですが、詳細は弊社までお問い合わせください。 電気ピアノ(エレクトリックピアノ/エレピ)について 恐れ入りますが、弊社では電気ピアノのお取扱いはしておりません。 電気ピアノは物理的に出した音を電気で増幅させるアナログ楽器で、電源が入っていなくても小さな打弦音が鳴るのが特徴です。 生ピアノと同様に弦が張ってあるので、調律の必要があります。 見積もり無料ですので、引き取りについて何か疑問に思うことや不安などがありましたら、どんどんご相談ください。 今までお部屋のスペースを占領していた電子ピアノが簡単に片づきます! 古い電子ピアノは、悲しいことにリユースもリサイクルもされずに、今まではただの「粗大ごみ」として扱われ、処分されてきました。 冷蔵庫やテレビ等の家電製品のように、電子ピアノにもリサイクルできる仕組みが必要であると弊社は考え、きちんと素材ごとに分けて「再生資源」として有効活用したいと思っています。 お客様より引き取り回収後、再生品としてリユースが可能な中古の電子ピアノは、専門の技術者がメンテナンスを行い、生まれ変わります。 そして、新たに電子ピアノを必要としている方々の元へと届けられます。 残念ながらリユースができない製品については、解体をして、パーツごとに資源リサイクルするので、ただ廃棄処分をしてしまうということは決して致しません。 私たちは、1台でも多くの電子ピアノを完全リサイクルするため、ゴミとして廃棄処分させないようにするために、お客様負担となる回収リサイクル費用を少しでも軽減できるように努めてまいります。 電子ピアノは、製造から8年~10年ほどが経過してしまうと、買取査定価格が0円となることがほとんどです。 購入時にどれほど高価な電子ピアノだったとしても、年式が古くなれば買取の値段がつかないケースも多く、業者によっては処分や引き取りに高額な費用が掛かってくることさえあります。 メリット デメリット 不用品回収業者で処分• 大手で安心• 電子ピアノ以外の不用品の回収にも対応• 料金がわかりにくい• 現場トラブルが多い 弊社サービスでリサイクル• 専門スタッフによる回収作業• 賠償保険で万一の事故に対応• 対応エリアが限られる 関東/東京・神奈川・埼玉・千葉 関西/大阪・京都・兵庫・滋賀・奈良・和歌山 『もう誰も弾かないので片づけたい』『新しい機種かアコースティックピアノに買い替えるから、古い製品の引き取りをして欲しい』『引越のため処分がしたい』など、もしお持ちの電子ピアノの処分にお悩みでしたら、私たちにお任せください。 あっという間の引き取りで、とっても便利ですよ!• 電話受付/9:00~18:00(日曜除く)• お客様の声の一部をご紹介! 弊社サービスに関して、よく問い合わせいただく内容を以下に掲載していますので、ご参考になりましたら幸いです。 処分回収時に何か用意しておくものはありますか? いいえ。 特別に用意していただくものはございません。 気軽にご依頼ください。 処分料とは別に運搬費が掛かるようなことはないですか? 電子ピアノの運搬費用は弊社で負担いたしますので、お客様に運搬費を別途で請求するようなことはございません。 引き取り日時の指定はできますか? お客様の都合を伺い日時の調整をいたしますが、状況によってはご希望に添えない場合もございます。 余裕をもってご予約されることをお薦めします。 運び出し作業で建物が傷ついた場合などの補償はありますか? 弊社は、損保ジャパンに加入しておりますので、どうぞご安心ください。 大事なお客様のお家を傷つけることが無いように、万全な体制で電子ピアノの回収作業を行っておりますが、万が一の事故の場合にも「賠償保険」でしっかりと対応いたします。 かなり古い電子ピアノなんですが、引き取ってもらえますか? はい。 どんなに古いものでも、お引き取りいたします。 ただし、電気ピアノなど一部の製品は、お引き取りができない場合もございます。 見積もりは無料ですので、お気軽に一度ご相談ください。 その他にも、電子ピアノの処分について不明な点などがございましたら、どんなに小さなことでも構いませんので遠慮なくご連絡ください。 皆様からの電話・メールを心よりお待ちしております。 対応エリア 日本で初めて電子ピアノが造られたのは、1973年にRoland(ローランド)が発表したもので、ローランドの電子ピアノは高度な技術を誇るとされ、今でも多くの人が愛用しています。 ローランド以外にも、国内の代表的なメーカーとしてはYAMAHA(ヤマハ)やKAWAI(河合楽器製作所)、CASIO(カシオ)、KORG(コルグ)等が挙げられ、日本の電子ピアノメーカーは海外からも高い評価を受けています。 ヤマハなら「クラビノーバ」や「アリウス」、カシオだと「プリヴィア」といったブランド名でそれぞれ展開し、製品は何年かおきにモデルチェンジがなされ、電子ピアノはより豊かな音色を楽しめるようになりました。 アコースティックピアノは、鍵盤で動かしたハンマーが弦を叩いて音を出します。 それに対して電子ピアノは、弾く力の強弱をセンサーで感知し、ピアノの音を電子的に鳴らす仕組みの鍵盤楽器なので、調律の必要がありません。 中には、アコースティックピアノの鍵盤アクション機構を搭載した『ハイブリッドピアノ』と呼ばれる商品もあり、以前は生ピアノの代用品というイメージが強かった電子ピアノですが、今では生ピアノさながらの性能と電子ピアノならではの機能を兼ね備え、驚きの進化を遂げています。 しかし、電子ピアノは音源部が電子部品で構成されているため耐用年数に限りがあり、設計上の寿命は概ね10年と設定されているようです。 使わない電子ピアノを家の隅で眠らせていては、その製品の市場価値はどんどん下がってしまいます。 処分にお困りの不要な電子ピアノがありましたら、まずはご連絡ください。 無料査定を行います!.

次の

ピアノを売るならどこ?ピアノ買取業者のおすすめ評判ランキング5選

ピアノ 処分 com 評判

電子ピアノを処分する方法とは? 電子ピアノは 大型のごみに分類される。 そのため、どのような処分方法があるのかなかなか知らない人もいることだろう。 そこで下記では 3つの主な処分方法を紹介する。 処分方法は一人一人どれがいいとは言い切れない。 そのため、自分の現状から 一番最適なものを選んで処分してもらいたい。 粗大ごみであれば、処分方法も把握できている人も多いことだろう。 しかし、電子ピアノを粗大ごみとして出す際は 家の中から指定された場所まで運び出さなければならない点に注意が必要だ。 まず電子ピアノを 家の外に運び出せるだろうか。 他の家具が邪魔で運び出せないといったケースも見られる。 さらにマンションに住んでいる人で玄関までは運び出せたものの、 マンションの階段に引っ掛かり運び出せないといった場合もある。 粗大ごみの依頼をする前に、そういったことも確認してから依頼してもらいたい。 そうしなければ、 有料の粗大ごみシールを購入してから運び出せないことが分かっては元も子もないからだ。 不用品回収業者に依頼する 自分一人では電子ピアノを運び出せそうにない人には、 不用品回収業者に処分を依頼する方法がオススメである。 不用品回収業者は様々なものを回収してくれるので大変便利だ。 何よりも嬉しいのが 家から運び出してくれることだ。 回収日などもこちらの都合に合わせてくれるため依頼しやすい。 しかし、その分 費用が高くなる。 不用品回収業者ごとにこの値段もかなり ばらつきがあるため、 いくつかの業者に問い合わせをしてからどこの業者に依頼するか決めた方が得策かもしれない。 ピアノ処分業者に依頼する 電子ピアノの処分では、それを専門にしている「 ピアノ処分業者」が存在している。 こちらはやはり専門業者ということで、 運び出しなどももちろんしてくれる。 しかし、 その専門性に特化しているために費用がそれなりにかかってきてしまう。 費用をできるだけ抑えて処分したい人にとっては、向いていない方法かもしれない。 無料で処分したい人にオススメの方法 どうしても電子ピアノを処分する際には 費用が発生してしまう。 しかしこれはかなり痛い出費になる。 そのため、ここでは 少しでも費用を抑えたい人向きの処分方法を紹介していこう。 友人に譲る 電子ピアノを欲しいという人は結構いる。 そのため、 友人や 知人などに「電子ピアノが欲しい人はいないか」確認してみるといいだろう。 もしかしたらちょうど欲している人がいるかもしれない。 その場合は、 無料で引き取ってもらうことができるので費用はかからないだろう。 しかし、この場合も 自分たちで運び出して運搬できなければ成立しない方法になる。 寄付する 電子ピアノは、 寄付することもできる。 保育園などではピアノが必要なので寄付したい旨を伝えると、よい返事がもらえるかもしれない。 自分で探す手間を省きたいのであれば、 自治体に相談してみるものありだ。 自治体が情報を持っていれば教えてくれる。 愛着がある電子ピアノを処分という形に抵抗を感じている人がいるのであれば、 愛用してもらえるこの方法を考えてみるのもいいのではないだろうか。 買い取ってもらうことで処分も可能になる 電子ピアノを処分するとなると捨てるという固定概念にとらわれてしまう人もいるが、 買い取ってもらうのも処分には最適の方法になる。 なぜなら、電子ピアノを処分できるうえに お金に換金できるからだ。 良い電子ピアノを使っているのであれば、なおのこと捨てるより前に 査定に出してみることをオススメする。 下記では、電子ピアノ買取業者を紹介する。 MUSE 富士楽器は 40年という実績を持っている買取業者である。 富士楽器では ネットか 電話で申し込みを行う。 この時に電子ピアノの状態などを詳しく聞いてくる。 その話から、査定額を決定していく。 当日引き取りに来たときには、 事前に掲示された査定額に変更はされない。 ここが他店とは違う特徴である。 引き取りが完了したら、その場で 現金で支払われるようになっている。 電子ピアノ無料処分. com 電子ピアノ無料処分. comは、 電子ピアノの処分料を0円で処分をおこなってくれる業者である。 壊れていても音が出なくても無料で処分をしてくれる。 対応地域は 東北、 関東、 中部、 関西である。 1階の場合は配送料がかからないが、 大型クレーン車を使用しなければならないといったケースでは別途費用がかかってしまう。 買取業者に査定をしてみてもらい、 どこにも引き取ってもらえなかった際の処分先に便利な業者と言えるだろう。 申し込み方法は ネットのフォームからか、 電話からで依頼可能である。 電子ピアノを高く売るためのコツとは? 電子ピアノを買い取ってもらうのであれば、1円でも高く買い取ってもらいたいのではないだろうか。 高額買取にするには、それなりの準備が必要になってくる。 下記では 高額買取になるためのコツを紹介していく。 すぐに取り組めるものになっているため、実施してから査定依頼をしてもらいたい。 できるだけ早く売る 買い取ってもらうのであれば、 製造年からあまり日をおかないで売りに出す方が高く買い取ってもらえる可能性が高くなる。 やはり新しいものであればあるほど 需要は増す。 不要になったのであれば、すぐに行動に移して欲しい。 製造年からあまりにも時が経っていると買い取りすらしてもらえない場合もあるので、しっかり 製造年は把握しておいてもらいたい。 おそらく 大体10年が電子ピアノの限界と言えるだろう。 付属品はすべてそろえておく 電子ピアノには 付属品がついている。 たとえば、 椅子や ヘッドフォン、そして 取扱説明書などだ。 こうした付属品がそろっているかいないかでも査定額には影響を与える。 そのため、 すべて集めた上で査定依頼に出すようにしてもらいたい。 ホコリなどはとって綺麗な状態にしておく 電子ピアノを高く売りたいのであれば、 見栄えも重要になってくる。 中古品として売る際は業者も綺麗にするものの、ホコリをかぶった電子ピアノは査定額を低くする傾向にある。 ホコリの有無を見れば、 大切に使っていたのか最近は使っていないのかなどもわかる。 このように見た目も査定額に影響を与えてくるので、 できるだけ綺麗な状態にしてから査定には出した方が賢明といえる。 少し手間はかかるが、こうした ひと手間が査定額に影響を与えるのでしっかり行ってもらいたい。 複数の業者に査定依頼をする また、高額買取にあたって重要になるのが複数の買取業者を比較することである。 つい1社にのみ査定依頼をし、そこで買取を確定してしまうと、果たしてそこが本当に 一番高額で買い取ってくれる企業であったか判断ができない。 必ず最低3社には査定依頼をしてみてほしい。 一番いい方法として考えられるのが、まず 自分の持っているピアノを高額で買取している企業をリサーチし、その中から複数選び査定申し込みをし、 比較することである。 そして、 一番高額な査定額を提示してくれた企業にお願いする、または その査定額を他の業者に見せることで交渉するという手もある。 この方法が一番高額査定を狙える方法なのではないだろうか。 しかし、買取業者選びも、複数の業者に申し込みをすることも面倒だという人は、 無料一括査定サイトの利用がおすすめである。 無料一括査定サイトでは、そのサイトに登録されている複数の企業に一括で査定依頼をすることができる。 そのため、 企業を選び出す必要もなく、 フォームの入力も一回で済む。 さらに、無料一括査定サイトに登録されている業者は信頼ができる企業が多いと言える。 そのサイトも、人気を保つために業者選びをしないといけないため、人気のある、 信頼のできる業者が登録されていると考えられるからだ。 このように、無料一括査定サイトは非常に便利だが、1点 デメリットがある。 それが、 業者からの営業の電話などのしつこい連絡である。 複数の業者に査定依頼をしてしまうため、どうしても様々な業者から電話がかかってきたりしてしまう。 たとえ買取を他の業者で確定していたとしても電話がかかってくることがある。 しかし、もしそういった営業の電話が嫌なのであれば、 サイトによっては連絡手段を選ぶことができる仕様になっている。 そういったサイトを利用すると、電話での連絡を避けることができるため便利と言えるだろう。 無料一括査定サイトでおすすめのサイトが ピアノ買取センターである。 ピアノ買取センターには 22社の業者が登録されている。 査定依頼をするとその中から複数の業者が査定を行い、連絡をくれる形となる。 今までの総査定依頼は20万件を超えていて、 信頼できる一括査定サイトである。 オークションに出品する 電子ピアノは買い取ってもらうこともできるが、中には値段がつかないといわれるものもある。 その場合は粗大ごみなどとして捨てる前に、最終手段として オークションに出品することも検討してもらいたい。 電子ピアノはオークションに出品ができるので、買い取り手を見つけることができるかもしれない。 売却までに時間がかかることも しかし、有名ブランドのものであれば製造年から年月が経っていても買い手が現れるかもしれないが、一般的な電子ピアノであれば 長期戦になるかもしれない。 早く処分したい人には不向きな方法になってくるので、そこも含めてオークションに出品するかは判断してもらいたい。 利用者間でのトラブルになることもある また、 オークションではリスクがつきものである。 企業との契約でもなく、あくまで 素人が個人間で売買を行うため、買う側の場合は詐欺にあうことや、売る側であれば、 買う側とのトラブルが起きる可能性がある。 特に、売る側であれば、売る前に伝えていた内容に漏れがあった、または嘘をいっていたということで問題になりやすい。 特に、 電子ピアノの買取の場合は難しいと考えられる。 配送方法も難しく、人によってはこだわりも強い商品と言える。 最後の最後に キャンセルをされたり、 返金を要求されたりしては困る。 もしオークションを利用するのであればあらかじめお互いの認識が一致している確認をよくし、丁寧に、そして頻繁に連絡を取るようにしよう。 漏れがないよう、曖昧な言葉や返事も避け、 全て明確にするように心がけたほうが良いだろう。 まとめ 電子ピアノは 粗大ごみとして出すことができる。 しかし、どうしても家から運び出さなければならないため、一人暮らしやマンションなどに住んでいる人は難しい方法かもしれない。 その場合は、 不用品回収業者などに依頼するといいだろう。 さらに、電子ピアノは欲しいという人が案外いるので、知人やどこかの自治体などに 寄付することも検討の余地がある。 また、電子ピアノを 買い取ってもらうことで処分することもできる。 ブランド物であれば高額買取も期待できる。 まずは 買取業者に査定をお願いしてから粗大ごみに出すなどの流れが損を無くせるため、おすすめである。

次の