東海道新幹線 乗車率 リアルタイム。 東海道新幹線 来月以降 ほぼ通常どおりのダイヤに JR東海

【平日編】のぞみの自由席の混雑のレベル! 満席になる時間帯とは?

東海道新幹線 乗車率 リアルタイム

新型コロナウイルス感染防止に一層強力に取り組む中で、当社としましては、輸送機関としての使命を安定的、継続的に果たしてまいります。 東海道新幹線につきましては、以下の運転計画といたします。 ( 赤字:更新情報) 【東海道新幹線】(6月24日15:00時更新) 6月1日(月)より定期列車については運転本数を通常時に戻して、全列車を運転しておりますが、ご利用が緩やかに回復している状況であり、今後ご利用が徐々に回復した際にも十分な輸送サービスを提供するため、7月1日(水)以降は「のぞみ」号の臨時列車を設定する運転計画といたします。 《運転計画》 7月1日(水)から8月31日(月)までの運転計画はをご覧ください。 その際はTwitterアカウントにてご案内いたしますので、併せてご確認ください。 《運転する臨時列車の乗車券類の発売開始日》 ・6月24日(水)15:00以降、各列車の発車日の1カ月前の10時から全国のJRで発売します。 ・「エクスプレス予約」「スマートEX」の事前申込受付サービスは以下の通りとなります。 <7月中に発車する列車> 6月24日(水)15:00以降、各列車の発売開始日の7日前5:30から発売開始日当日の9:30までご利用いただけます。 <8月中に発車する列車> 6月27日(土)5:30以降、各列車の発売開始日の7日前5:30から発売開始日当日の9:30までご利用いただけます。 〇 その他 ・山陽新幹線につきましては、九州新幹線につきましてはをご覧ください。

次の

JRの決算が悲惨、コロナショックで今後どうなる?

東海道新幹線 乗車率 リアルタイム

乗車駅ごとの自由席に座れる確率 乗車駅が同じでも、実際には種別や時間帯によって異なる。 全体的にみると、東京駅に近い地域ほど自由席が埋まっていて座れない可能性が高い。 種別ごとでは、のぞみは途中駅はどこも座れる確率が低い。 ひかり号は品川~静岡間で確率が低い。 こだま号も比較するならば品川~熱海はやや乗車率が高く、相対的に確率が下がる。 <種別ごとの自由席の事情>• 種別ごと(のぞみ・ひかり・こだま)の混雑状況の事情に関してはこちらで詳細を説明する。 参照: 今回は東京~新大阪の東海道区間について取り上げる。 山陽区間の新大阪~博多間はこちらで説明する。 のぞみ号は東京駅こそは座れる確率が高いものの、品川駅、新横浜駅はかなり難易度が上がる。 名古屋駅は降りていく人がいるものの、乗ってくる人もかなり多く、座れない可能性が大いに残る。 京都駅は降車駅のため、乗ってくる人は少ない。 ひかり号は停車駅が列車ごとに違うため、一概には言えない。 とはいえ、静岡駅に停車する列車ならここで大量に降りていく。 静岡駅、名古屋駅は座れる確率が大きい。 一方の新横浜駅は利用者数そのものが多い区間に入ることもあって、ひかり号でも座れないリスクが残る。 こだま号は全区間にわたって空席が目立つ。 ただし、小田原駅までは新幹線通勤の圏内に入ることもあり、夕方・夜は自由席でも空席が少なくなりやすい。 新横浜~小田原に限り座れない可能性もゼロではない。 のぞみ号は新大阪駅こそは座れる確率が高いものの、その次の京都駅、名古屋駅はかなり難易度が上がる。 空席はかなり少ないか完全に無しになりやすい。 名古屋駅ではある程度降りていく人がいるものの、乗ってくる人の方が多い。 京都駅は降車駅のため、乗ってくる人は少ない。 ひかり号は停車駅が列車ごとに違うため、一概には言えないものの、新大阪駅に加えて京都駅も座れる確率は結構大きい。 米原駅・岐阜羽島駅にも停車する便だと、これら2駅も座れる確率がそれなりにある。 名古屋駅だと乗ってくる人が多いため、自由席だと座れる確率が低くなる。 完全に満席になることはそう多くはないが、不安材料が残ってしまう。 豊橋駅、浜松駅については、停車する列車は一部に限られるが事情は名古屋駅と同じである。 静岡駅はひかり号の上り列車で最も座れる確率が低い駅といえる。 そもそも静岡停車の便が少ない。 その上、静岡駅内では最も乗降客数が多い駅でもあり、大量の乗客が乗ってくる。 満席で座れない確率が高く、朝夕の混雑しやすい時間帯だと乗車率100%超になることも多い。 こだま号は下りと同じく全区間にわたって空席が目立つ。 小田原駅では新幹線通勤の圏内に入るため朝の時間帯だと自由席の空席が少なくなりやすい。 時間帯ごとの混み具合 時間帯 混雑度 時間帯 混雑度 6:00-7:00 1 14:00-16:00 3 7:00-8:00 3 16:00-17:00 4 8:00-9:00 5 17:00-18:00 5 9:00-10:00 4 18:00-19:00 4 11:00-12:00 3 19:00-20:00 2 12:00-14:00 2 20:00-21:00 1 各乗車駅を発車する時点での東海道新幹線の自由席の混雑度はこのような形になる。 時間帯ごとの混雑状況については、種別ごとの違いが少ない。 ピーク時を「5」としてこれと比較すると、それ以外の時間帯の混み具合の目安は全種別似たり寄ったりである。 午前中は8~10時と午後は16~19時頃の便が1日の中でも混んでいる。 つまり、この時間帯こそが自由席で座れる確率が低くなることを意味する。 在来線の通勤ラッシュと比べると朝は遅く、夕方の帰宅時間帯は早い傾向が見られる。 11~15時までの日中の時間帯では、あまり移動する人がいないこともあり、自由席が満席になりやすいのぞみ号でも空席が結構目立つ。 ただし、長期連休(年末年始、GW、お盆)はこの限りではない。 夏休み、春休みのシーズンもやや全体的に混み合うため、普段は空いている時間でも自由席が満席となっていることもよくある。 指定席も満席になる時とは? 自由席が満席のために座れないことはよくある現象だが、指定席が満席となることも決してレアではない。 指定席でさえも満席だと、どうしてもその便に乗りたい人はやむを得ず自由席に乗車する。 そんな時は自由席も当然座席は満席。 デッキや通路にも立っている人が乗っている状態になる。 「自由席の乗車率が100%超」というのはこうした状態のことを指す。 東海道新幹線では、のぞみ号の本数が圧倒的に多いものの、それでも輸送力が不足している時がある。 東京、名古屋、大阪という大都市を結んでいる以上、新幹線の需要はかなり大きいため、供給力が追い付いていないのも確かではある。 指定席でさえも満席になっている時は供給が需要に追い付いていない時と判断できる。

次の

新型コロナウイルスの影響による運転計画について[6月24日15:00時点]|JR東海

東海道新幹線 乗車率 リアルタイム

JR決算は「悲惨」だった いまだに新型コロナウイルスが猛威を振るっている中で、JR各社の決算の発表が続いている。 JR本州3社のほかにJR北海道も概要を発表しているが、ここでは本州3社についてみていこうと思う。 期末の3月には、新型コロナウイルスによって、各社とも新幹線・在来線、長距離・近距離を問わず、ほぼ旅客輸送量が壊滅状態である。 それによる旅客収入の減収が、かつて経験したことのない規模で起こっており、決算の内容も、悲惨の一語に尽きる。 ところで、新型コロナの一件で忘れられているが、去年は秋口から大型台風が東日本を襲い、JR東日本を中心に大きな被害をもたらした。 そういう意味で、去年の後半もJRにとって散々であった。 10月の台風19号で長野の新幹線の車両基地が水没した光景はショッキングであった。 それにより水没したJR東日本のE7系新幹線8本とJR西日本のW7系2本が全車廃車となった。 いずれも経年が浅いために、資産の除却損が巨額に上ることになったが、それに加えて運行の再開のための車両の転用や施設の復旧も大きな負担となった。 4月28日「昭和の日」で今年のゴールデンウィークは始まった。 いつもならば新幹線のホームには多くの旅客が列車の発車を待っているはずであった。 しかし、連休中の帰省でさえ避けなければならないという雰囲気である。 「緊急事態宣言」が5月31日まで延長されることにより、感染拡大を抑えるために不要不急の外出の自粛を求められ、移動自体が抑制されているために、観光や娯楽など到底できない状況である。 JR各社は、乗車率が大きく低下したために新幹線の臨時列車をすべて運休としたが、それでも自由席に乗客がいない列車が東京駅を発着しているという異様な風景が現出している。 例年大変な混雑の東海道新幹線でも、自由席の平均乗車率は1割を下回っていた。 JR東日本の決算内容 JR東日本の決算内容は、鉄道事業の営業収益が1兆9692億円で、前年より592億円減収であった。 新型コロナの感染拡大が期末近くであったので、この程度で済んだということもできる。 新年度に入っても感染の拡大はとどまらず、減収がどこまで進むことになるかを考えるにつけ恐ろしいことである。 一方、減価償却費の増加や台風被害により営業費用が486億円増えたので、営業利益は984億円減の2540億円と大幅な減益となった。 これを四半期ごとに見てみると、JR東日本単体の営業収益は、台風被害が大きかった第3四半期には前期 前年ではない より276億円減少、 続く第4四半期には新型コロナにより同じく626億円減少した。 第4四半期の営業利益の減少は1637億円と巨額に及ぶ。 台風被害も記録的な規模であったが、今回の新型コロナの影響額は今後もなかなか経験することのない大規模なものとなった。 最終利益は、連結が、前年より989億円少ない1984億円、単体で同じく921億円少ない1590億円となった。 JR東日本は、当面のキャッシュ不足をカバーするために、4月10日付で社債1250億円の発行を発表した。 募集期間は4月10日で、払込期日は4月22日である。 償還期間別の発行額は、3年500億円、10年200億円、20年100億円、30年100億円、40年150億円、50年200億円である。 有利子負債の償還資金などに充当するという。 権利を侵害する目的は一切御座いません。 何か問題がございましたら、お手数ですが、メールにてご連絡下さい。 確認次第、適切な処置を致します。 当サイト及びリンク先のサイトを利用したことにより発生した、いかなる損害及びトラブルに関して当方では一切の責任と義務を負いかねますので予めご了承下さい。 また当サイトに掲載されている情報は、教育や娯楽のための一般的な市場情報としてのみ提供されており、投資アドバイスではありません。 そのような情報の使用または引用、利用から発生する直接的または間接的な損失・利益に対して、一切責任を負うことはありません。

次の