沖縄 青 の 洞窟。 沖縄ダイビングと青の洞窟のシーモール

沖縄青の洞窟シュノーケル

沖縄 青 の 洞窟

青の洞窟• 慶良間諸島• カヌー・カヤック• シュノーケリング• ダイビング• 観光バスツアー• 観光タクシー• 日帰り離島ツアー・乗船券• 幻の島• 宮古島• パラセーリング・パラグライダー• SUP サップ• 水中観光船・グラスボート• ディナークルーズ• サンセット&ナイトツアー• リバートレッキング• トレッキング 山・洞窟• 西表島• マリンスポーツ• マンタ• イルカ体験 ドルフィンプログラム• 海水浴ツアー• 四輪バギー・セグウェイ• レンタサイクル• サーフィン• ガイド付き観光ツアー• ものづくり・体験• エステ・スパ• リムジンチャーター• クルーザーチャーター• ホエールウォッチング• 指定なし 開催地 出発地 所要時間.

次の

沖縄ダイビングと青の洞窟のシーモール

沖縄 青 の 洞窟

— 2019年 1月月6日午後5時30分PST 「青の洞窟」の場所 「青の洞窟」は沖縄本島の恩納村にあります。 【住所】恩納村真栄田469-1 那覇からだと車で1時間半ぐらい。 真栄田岬にある有名な洞窟。 洞窟の中に入ると、とても神秘的な光景が体感できます。 光が美しく昔からダイバーには人気でした。 ただし簡単には入れません。 岩場のダイバーズポイントなので気軽な装備ではケガする場所ですからね。 岩場も平たんではなくてバランスを取るのが難しかったです。 マリンシューズは履くべきでしたね。 時期 「青の洞窟」は時期により入れる確率が変わります。 ベストなシーズンは夏。 夏は北風も少なく、波が荒れる日も少ないです。 5月から8月が台風も少なくベストシーズン。 また、時間は早朝が空いてます。 駐車場にも行列せずに入れますし、「青の洞窟」自体も空いています。 私は夏の混雑がピークする時間に行きましたが、小さい洞窟周辺には100人以上の人でごった返しています。 洞窟の入り口も狭いですから、他の観光客とぶつかりながら入るのはストレス。 かなり嫌な気分になりました。 それを避けるなら早朝がいいですね。 混雑が苦手な人はなるべく朝に行きましょう! さん emiko. t226 がシェアした投稿 — 2018年 6月月26日午後7時31分PDT 3月から 4月の春はまだ寒いのでウェットスーツが必要です。 ただし、波が荒れる日が多いので、入れる確率が下がります。 11月以降は冬になります。 ウェットスーツが必須です。 夏以外でも入れますが、素人は個人では行かない方が良いでしょう。 マリンショップを利用してプロに手伝ってもらうのがベストかと思います。 ショップのツアーを利用すればボートで海から洞窟に入れます。 陸から行くと100段ぐらい階段を下りて海に入るので手間がかかります。 シュノーケリングやダイビングをよく知っているのであれば、個人で行っても大丈夫です。 せっかくの沖縄なのに明日のシュノーケリングが波高くて行けないかもしれない。 青の洞窟に探検に行きたかったなぁ…… 泳げないけど。 海に入ったことすらないけど。 器材もレンタルできるし、海が荒れていたら返金保証してくれるショップもあります。 手ぶらで行けるので初めての人にはおすすめです。 私も海が荒れて 「遊泳禁止」で真栄田岬に入れないことが何回もあります。 意外と入れる確率は低いと思いますね。 最後に 今回は沖縄の人気シュノーケリングスポット「青の洞窟」についてご紹介しました。 個人で行く場合は道具はちゃんと揃えていきましょう。 特に足は気を付けてください。 では良い旅を。 ありがとうございました。

次の

沖縄青の洞窟シュノーケル

沖縄 青 の 洞窟

沖縄本島で最も人気のある 「シュノーケリング」「体験ダイビング」スポットです! 『青の洞窟』とは、沖縄本島 恩納村「真栄田岬」にある半分海中にある洞窟で、外部から洞窟内に差し込む太陽の光の作用で、 洞窟内の水中と水面が神秘的な青色に輝く、沖縄本島マリンレジャーの大人気スポットです。 『青の洞窟』には、「シュノーケリング」や「体験ダイビング」のツアーに参加する事で、とても簡単に訪れる事が出来き、 「シュノーケリング」は2歳から、「体験ダイビング」は8歳以上からツアーに参加する事が出来ます。 ツアーには、『青の洞窟』のある 真栄田岬から歩いて海に入る「ビーチプラン」と、近隣の港から乗合の 船で現地に向かう「ボートプラン」があり、また 複数のグループで参加する「合同プラン」と、 1グループに1ガイドがつく「貸切りプラン」「ガイド専属」プランと呼ばれるプランがあり、 それぞれのスタイルによってツアー費用に差があります。 『青の洞窟』内は、洞窟内に差し込む光の変化によって、終日様々な青色に変化し、朝から夕方まで一時も同じ色合いがない、美しい癒しの空間を楽しむ事が出来ます。 また洞窟外の海には、人慣れしたたくさんの熱帯魚が生息しており、手で触れる事が出来る距離で、熱帯魚と触合う事が出来る、沖縄本島でおすすめのマリンアクティビティスポットです。 青の洞窟特集ページでは、真栄田岬「青の洞窟」の場所や行き方、格安・快適など様々な「おすすめショップ」のプラン、またカヤックとのセットプランなどをご紹介、また実際にプランに参加したお客様のご感想を口コミ形式で取りまとめて、ユーザーの皆様の今後のプラン選択にお役立ていただけるように構成しております。 沖縄本島で最も人気のあるダイビング・シュノーケリングスポット「青の洞窟」。 洞窟入口から差し込む日光が海水を青く輝かせ、その神秘的な空間の広がりが訪れた人を魅了します。 沖縄本島西海岸、恩納村の南に位置する真栄田岬(まえだみさき)。 東シナ海を眺望できる景勝地とも知られていますが、近年では岬から海へと続く階段も整備され、誰でも簡単に海へと入れるようになったこととシャワーやトイレ、コインロッカー、売店など施設も充実したことから、ダイバーのみならず、小さなお子様連れの家族旅行でも気軽に楽しめるシュノーケリングスポットとしても人気となっています。 その人気の最大の理由となっている通称『青の洞窟』は、奥行き約30~40mほど。 地元では古くは「クマーヤガマ」と呼ばれ、漁師たちが台風の時などに船の避難場所として利用していたそう。 『洞窟』といっても洞窟内は、懐中電灯などは不要で小さなお子様が暗くて怖がることはありません。 洞窟の入口から太陽の光が差し込み、海底で反射した光が洞窟内へと抜けてライトアップされたように青く光ることが『青の洞窟』の仕組み。 岬から海へは誰でも簡単に入れるといっても、水底の岩やウニ対策として安全面からマリンシューズやウエットスーツの着用は必須であること、海況によってはインストラクターの同行がないと遊泳不可となる日もあるので、やはり地形を熟知したショップに案内を依頼することを強くお勧めいたします。 真栄田岬の近くにある穴場の天然ビーチで通称『裏真栄田(うらまえだ)』『裏ビーチ』などと呼ばれています。 県道6号線から真栄田岬に向かい、真栄田岬の駐車場に突き当たって、駐車場に入らずに左折して細い道を下っていくと数分もせずにサトウキビ畑の奥にビーチが見えてきます。 水深も浅く、サンゴもあり青の洞窟周辺に劣らずカラフルなお魚も多く生息していることから、小さなお子様連れでも楽しめる穴場スポットとなっています。 干潮時にはあちこちに水たまりができて、流れに残された熱帯魚やヒトデなど海の生物を真近で観察することもできます。 北風の影響など海況によって真栄田岬が遊泳禁止でも、岬の南側にある裏真栄田では問題なく遊泳できることも多いことから、青の洞窟へ行けない日などの代替地として利用しているショップが多いです。

次の