ベビーカー 比較。 【コンビ】はじめてのベビーカーの選び方

【検証】ベビーカーの出張買取業者を5社徹底比較

ベビーカー 比較

By: ベビーカーを選ぶ際には折りたたみ時のサイズを確認することも大切です。 玄関などの収納スペースや、自家用車の後部座席やトランクの幅や高さに合っているかなど、収納場所をしっかりイメージして確認しておきましょう。 また、日常の移動手段に公共交通機関を使うことが多いのなら、軽量で持ち運びしやすいモノが便利。 それぞれのライフスタイルに合わせて扱いやすいサイズのベビーカーを選ぶのがおすすめです。 日除けの有無をチェック By: ベビーカーのなかには、赤ちゃんを直射日光や紫外線から守る日除けが付いたモノもあります。 日除けの大きさによって、頭部だけを覆うモノや足元まで体全体を覆うモノなどがあるので、移動距離や移動する時間帯などを考慮して選びましょう。 大きな日除けは風通しが悪くなる可能性もあるため、通気性のよい素材で作られた日除けがおすすめ。 赤ちゃんの様子が見えにくいというデメリットを解消するために、日除けに小窓が付いたタイプもあるのでチェックしてみてください。 ベビーカーのおすすめブランド コンビ combi By: 「コンビ」はベビーカーをはじめ、ベビーチェアやほ乳瓶など幅広いベビーグッズを製造・販売する国内のベビー用品メーカーです。 社名は「お母さんと赤ちゃんというコンビを応援する企業でありたい」との願いから付けられています。 コンビのベビーカーは、お母さんが赤ちゃんとのお出かけを楽しめるよう、持ち運びやすさや快適な乗り心地にこだわっているのが特徴です。 多くのモデルに搭載されている「エッグショック素材」もポイント。 上から卵を落としても割れない高性能な衝撃吸収素材により、赤ちゃんの頭を走行時の衝撃から守ります。 シンプルな超軽量モデルから多機能タイプまでラインナップも豊富です。 アップリカ Aprica By: 国内ベビー用品メーカー大手の「アップリカ」は1947年創業の老舗ブランドです。 早くからベビーカーを手がけており、開発は1949年からスタート。 赤ちゃん医学や育児工学について深く研究し、最適なベビーカーの構造を導き出して製品作りに活かしています。 ベビーカーのバリエーションが豊富にあるのが特徴で、トラベルシステム対応タイプや双子タイプなどのラインナップもあり、個人のライフスタイルや好みに合わせてぴったりのモノが選べます。 軽量モデルのB型ベビーカー「マジカルエアー」シリーズや、操作性が高い三輪型ベビーカー「スムーヴ」シリーズなどが人気の製品です。 マクラーレン Maclaren By: 1965年、イギリスで創業された大手ベビー用品メーカーです。 創業者であるオーエン・マクラーレン氏が世界で初めて折りたたみ式のベビーカーを発明しました。 現在では世界50ヵ国以上で販売されており、スタイリッシュで洗練されたデザインは英国王室をはじめ、世界中のセレブに愛されています。 また、ヨーロッパの厳しい安全基準をクリアしていることも人気の理由。 全製品に5点式安全ベルトを搭載し、赤ちゃんが立ち上がる危険性をなくすためにフロントバーを付けていません。 子供の安全を第一に考えるお父さんやお母さんにとって心強いブランドです。 ピジョン Pigeon By: ベビー用品全般を扱う日本の育児用品メーカーです。 1949年、母乳を与えることが難しいお母さんのためのほ乳瓶を開発したところからスタートしました。 現在の事業は、ベビー用品からマタニティ、介護用品まで多岐にわたっています。 「愛」を経営理念に掲げている同社は、子育て支援事業なども積極的に行っているのが特徴です。 真摯な取り組みが評価され、国内でさまざまな賞を獲得しています。 スムーズな走行性や、小回りのよさなどお母さんにとって使い勝手のよいベビーカーが豊富にラインナップ。 段差を乗り越えやすいように大きめのシングルタイヤやサスペンション、力が伝わりやすいフレームなどを採用しているのがポイントです。 頭部を守る「エッグショック」や全身を「点」で支える「3Dエッグショックシート」、足元から振動を吸収する「エッグサスペンション」の「トリプルエッグ」によって、赤ちゃんをしっかりと守りながら運べるのが特徴です。 また、片手でもベビーカーが持ちやすい「持ちカルグリップ」を採用しているのもポイント。 赤ちゃんを抱っこしたままでも体に密着して持てるので、バスや電車などの公共交通機関を利用する際にも便利です。 トータルバランスに優れたおすすめの1台です。 アップリカ Aprica カルーンエアーAB 丈夫で軽いフレームとタイヤ回りのサスペンションにより、走行中のベビーカーのぐらつきを抑えた両対面式ベビーカーです。 ワンタッチ操作により片手で折りたためるので、電車やバスでもストレスなく持ち運べます。 通気性の高いシートは丸洗いが可能で、こまめに洗濯が可能。 ダブルタイヤは走行性が高く、小回りがききやすいのがメリットです。 地面から52cmほどの高さがあるハイシートの下部には大容量のビッグバスケットを搭載し、荷物が増えやすい乳幼児期のお出かけをサポートします。 マクラーレン Maclaren テクノXT マクラーレンベビーカーのなかでもトップクラスの操作性と走行性で人気の背面式ベビーカーです。 片手で操作できるリクライニングシートにより新生児から25kgまで対応できるため、体格が大きい子供でも安心して使用できます。 人間工学に基づいてデザインされたハンドルは持ちやすく、子供の身長に合わせて高さを調節することも可能。 車体にある程度の重量を持たせることで安定感があり、前輪をシングルホイール、後輪をダブルホイールにすることで小回りと安定性を兼ね備えた作りになっています。 折りたたむと自立しませんが、フレームに持ち手が付いているので持ち運びに便利です。 長く使えるシンプルでおしゃれなベビーカーを探している方におすすめします。 スイスイと移動できるおすすめのベビーカー。 ヨーロッパで主流のシングルタイヤと日本仕様の軽量かつコンパクトな作りを採用しており、押しやすさを追求しているのが特徴です。 通気性に優れた3層のシートを搭載しています。 1層目では「ハグットシートSOFTON」で首が座っていない赤ちゃんやお座りができない赤ちゃんの体をしっかりとキープ。 2・3層目の「リバーシブルシート」「メッシュベースシート」は汚れにも強く、蒸れを防ぎます。 また、直進性が高く、ブレにくいのもポイント。 一方で、狭い道でも快適に曲がれる機動力の高さや静音性にも配慮しており、操作ストレスが少ないのも魅力です。 満足度の高い製品を求めている方はぜひチェックしておきましょう。 グレコ GRACO シティライトRアップ グレコはアメリカの大手ベビー用品メーカーです。 本製品は4. 8kgの軽量モデルながら、ハイシートで大容量カゴを備えていることが特徴。 両対面式なので月齢や天候に応じて使い分けでき、ワンタッチ開閉が可能でしっかり自立します。 シリーズ累計30万台を超えるロングセラー製品です。 シートの下に足カバーが収納されているので、必要時に取り出して防寒や雨よけにできるのがポイント。 自由な角度でリクライニング調節ができるうえに、大きな日除けには2つの窓が付いており、対面時も背面時も赤ちゃんの様子が確認しやすくなっています。 シートやカゴのフチを彩るラインや日除けに付いたロゴワッペンがスタイリッシュでおしゃれ。 かさばる荷物が気になる方におすすめのベビーカーです。 ジョイーはイギリス生まれのベビー用品メーカーです。 さまざまな走行テストや耐久性の実験など行い、安全性の高い製品を製造しています。 本製品は生後1ヶ月から36ヶ月頃の赤ちゃんに使用できる両対面ベビーシート。 対面と背面は、ハンドルを回して簡単に切り替えられます。 チャイルドシートのインナークッションを改良したソフトパッドを搭載しているので、走行中の衝撃や振動から赤ちゃんを守ります。 ソフトパッドは、取り外して丸洗いできるため、清潔に保てるのもポイントです。 シートの下には大容量のカゴが付いているため、おむつや着替えなどもすっきり収納でき便利です。 片手でも操作できる利便性が魅力の背面式ベビーカーです。 人間工学を参考にした、握りやすく疲れにくいワンハンドグリップを採用。 ワンタッチで開閉でき、片手で持ち運べるため、階段などでも困りません。 フレームはハンドルから前輪までが一直線につながる構造で、小さな力で押してもラクに動かせるのが特徴。 前輪が後輪よりも小さく小回りがきき、狭い曲がり角でも安心して使えます。 背もたれはフラットに近いポジションまで角度を調節できるフルリクライニング仕様。 また、角度調節が簡単なビッグサンシェードなども搭載し、ベビーカーに乗る子供が快適に過ごせる工夫が詰め込まれています。 生後1か月の赤ちゃんから遊びたい盛りの子供まで、長く使えるベビーカーを探している方におすすめです。 アップリカ Aprica マジカルエアー AE 持ち運びも開閉時も楽に取り扱える3. 2kgの軽さが魅力のベビーカー。 50cmのハイシート設計や通気性の高いメッシュシートと合わせて、赤ちゃんを日焼けや熱中症から守ります。 ダブルタイヤと独自の「ゆれぐらガード」で走行時の振動を軽減。 リクライニング機能が付いているので、赤ちゃんが寝てしまったら楽な角度まで倒してあげることも可能です。 大容量のバスケットは後ろに大きく突き出たデザインのため、赤ちゃんが使う小物も簡単に出し入れできます。 ポップなデザインやカラー展開のなかから好みのモノが選べるのもポイント。 赤ちゃんの成長や厚着する季節まで考慮した座席の広々設計も魅力です。 階段を上り下りするシーンが多い方や小柄な方など、ベビーカーの軽さを重視する方におすすめします。 ピジョン Pigeon ビングル お座りできるようになった赤ちゃんを乗せるベビーカーのポイントとなる、走行性と携行性にこだわったベビーカーです。 スイング式サスペンションを備えたシングルタイヤを搭載し、路面の凹凸に左右されないなめらかで快適な走行性を実現。 6kgと軽量なうえにワンタッチで折りたためるので、階段や公共交通機関での持ち運びのストレスを軽減でき、赤ちゃんとのお出かけをサポートします。 UVカット機能付きの日除けには、クリアなビニール製の小窓が付いているので赤ちゃんの様子が確認できて安心です。 ハイシートのため、座面下のカゴは大容量なのもポイント。 前からも後ろからも出し入れしやすい設計で、赤ちゃんのぐずりなど不測の事態にもスムーズに対応できます。 狭い道や凹凸のある道などでの押しやすさを重視する方におすすめのベビーカーです。 空気入れが不要でパンクもしないメンテナンスフリータイヤを使用。 でこぼこした路面でも衝撃を吸収して、赤ちゃんに負担を掛けることなく走行可能です。 手元のハンドルブレーキには手が離れると車輪がロックされる自動安心ブレーキが搭載されており、不意にベビーカーが動き出してヒヤリとする危険性を回避します。 さらに、スイッチひとつで通常モードに切り替えることも可能です。 座面に付いたベルトを引っ張るだけで簡単に折りたたみでき、自立するので外出先でも困りません。 安定した走行性と小回りのきく操作性、そしてなによりブレーキによる安全性の面でおすすめのベビーカーです。 エアバギー AirBuggy ココ ブレーキ エクストラ エアバギーは赤ちゃんと家族の理想を追求したモノづくりを目指す国内メーカー。 本製品は操作性と安定感に優れた生後3カ月から使用できる背面式ベビーカーで、どっしりとした重量感と頑丈なフォルムが印象的です。 ドリンクホルダー・ハンドル・フロントバーを美しい合皮素材で統一しており、高級感が漂います。 ハンドル部分に付いたブレーキが最大の特徴。 手元でスピード調節ができるので、坂道が多い地域に住んでいる方や砂利道を走行する機会が多い方などには特におすすめです。 エアタイヤによって振動を吸収し、スムーズな走行が可能なので、三輪型ベビーカーのメリットである小回りをスムーズにサポートできます。 レバー式で簡単に折りたため、自立スタンドで自宅や外出先でもコンパクトに収納が可能です。 窓付きの大きな日除けがあり、レインカバーも標準搭載しています。 軽い力で押せる走行性を重視したベビーカーを探している方におすすめです。 グレコ GRACO シティトレック 生後1ヶ月から3歳頃まで長く使える三輪ベビーカー。 大型エアタイヤにサスペンションを搭載しており、乗り心地に優れているのがポイントです。 前輪には安定性が高いダブルタイヤを採用。 三輪タイプに慣れていない方も、片手で簡単に操作できます。 また、収納性が高いのも魅力。 ベビーカー下部の収納スペースが広めに設計されており、お出かけ時にも荷物をたくさん積めます。 バーを下げれば、スーパーの買い物かごを搭載することも可能です。 ワンタッチで簡単にたためて、自立にも対応。 玄関などの限られたスペースにも置いておけます。 デザインがおしゃれなだけでなく、操作性や機能性にも長けたおすすめのベビーカーです。

次の

【検証】ベビーカーの買取価格を3社徹底比較してみた

ベビーカー 比較

ベビーカーの種類と特徴比較 A型、B型、バギータイプなど様々な種類におけるベビーカーのメリット・デメリットを徹底比較 ベビーカーと一口に言っても様々なタイプ・種類があります。 ここでは、大きくA型、B型といったベビーカーやバギータイプなど様々な種類があるベビーカーについて、それぞれのメリット・デメリットの他、利用者様のライフスタイルに応じてどんなベビーカーがおすすめなのかを分かりやすく説明・比較していきます。 ちなみに、ベビーカーの「A型」、「B型」というのはSG基準という日本のルールに沿ったものです。 そのため、海外ブランドのベビーカーは「A型相当」「B型相当」となっています。 育児用品の選び方・通販ガイド 各ベビーカーの種類(タイプ)とそれぞれの特徴 A型ベビーカーは、新生児の時期から使えるタイプのベビーカーです。 ほぼフラットにすることができ、首が据わっていない赤ちゃんを乗せることができます。 安定性・衝撃吸収などに優れます。 その一方で、B型ベビーカーと比較すると重みがありサイズも大きくなります。 昔は、首が据わるまではA型はレンタルで対応するという方が多かったようですが、近年のものは割りと軽量化されています。 使用できる期間はおよそ2年間(24ヶ月くらいまで)。 ハンドルを切り替えて向き合う形(対面)で乗せることができるものがほとんどです。 B型ベビーカーは一人で座ることができる乳児から幼児を対象にしたベビーカーです。 腰がしっかりと据わっていることが条件になります。 A型と比較すると軽量・コンパクトであるのがメリットです。 使用できる期間は生後7ヶ月くらいから24ヶ月くらいまで。 クッションなどはA型と比較して少ないので、連続して利用できる時間はちょっと短めです。 最近では、A型ベビーカーの軽量化がすすんでいますので、販売されているものは価格を抑えたコンパクトなタイプが主流です。 バギータイプのベビーカーは大きくB型よりもコンパクトという意味で使われる場合と走行性能を高めたベビーカーという意味の二つがある。 前者の場合はB型よりもコンパクトでセカンドベビーカーとしての意味が強く、後者の場合は三輪で車輪が大きくデコボコした道でも走らせやすく、動かしやすいという特徴があるベビーカーです。 トラベルシステムとは、ベビーカーの座らせる部分が着脱可能で、一般には「ベビーカー」「チャイルドシート」「ロッキングチェア」の1台三役を兼ねるタイプのものです。 チャイルドシートとして使った場合でもそのままベビーカーにしたり、そのまま自宅に連れて帰れたりする点が魅力的です。 AB型ベビーカー A型としてもB型としても使用できるベビーカーです。 2000年ごろに初めて登場して当時のSG基準においてA型、B型のどちらにも該当しないため、AB型と呼ばれています。 このタイプは今はほとんどの場合で「A型」として扱われています。 ちなみに今ベビーカーを購入する際における「A型」はこのAB型ベビーカーです。 (近年はあまりAB型ベビーカーという言葉は使われないようです).

次の

ベビーカー全商品比較~アップリカ、コンビ、ピジョン、エアバギーなど~

ベビーカー 比較

アップリカと言えば、コンビと並んで国内シェアの1位2位を争うとても有名なベビーカーメーカーです。 駅前に行くと毎回必ず見かけるほど、多くの方が愛用しています。 アップリカの特徴は、様々なタイプのベビーカーをバランスよく作っている点。 軽量B型の「マジカルエアー」と両対面A型の「ラクーナ」は人気の主力車種。 他に、3輪ベビーカーの「スムーヴ」、コンパクトに折り畳める「ナノスマート」、最高級の「オプティア」、両対面で4Kgを切った「カルーンエアー」等、それぞれのコンセプトが明快です。 実際に店頭で触ったら、スポンジみたいに弾力のある厚手のパッドでしたよ。 頭周りをぐるりと囲み込むクッションで、グラグラな赤ちゃんの頭を守るように設計されています。 すくすくッション設計 出典; すくすくッション設計は、ベビーカーに搭載された2〜3つのクッションで路面からの振動を大幅に軽減する快適安全性能です。 ゆれぐらガード 出典; ゆれぐらガードは、3輪のスムーヴ以外全てのベビーカーに搭載。 タイヤにサスペンションが仕込まれており全体的な振動を緩和。 また、高剛性フレームを溶接する事により、フレーム全体で振動を抑制する効果が得られます。 しなやかクッション 出典; 車種名に クッション が入るモデルは、座面がしなやかにしなるクッション設計になっています。 タイヤのサスペンションと合わせて、より路面からの振動を軽減します。 ダブルサスペンション 出典; ダブルサスペンションは最高級のオプティアに搭載。 座面にもサスペンションを搭載しており、更に路面からの振動を軽減します。 カプセルマルチフード 出典; アップリカのA型ベビーカーに採用されているカプセルマルチフードは、フロントガードまで覆う大型幌を採用。 近年はオゾン層の破壊により紫外線が強烈化しているので、生まれて間もない赤ちゃんの肌は出来るだけ紫外線から守ってあげたいですよね。 背面式の場合、後輪の横回転がロックされて前輪がフリー。 これが普通に押しやすい標準機構。 対面式に切り替えると逆になるので押しにくいんですね。 それを自動で切り替えてくれます。 トラベルシステム アップリカのトラベルシステムは、2つの方式がありますよ。 ベビーシート方式(トラベルシステム) 自動車のチャイルドシート(ベビーシート)をベビーカーに取り付けられる機能です。 別売りのインファンカーシートは、出産後の退院時から使えるので安心。 寝てしまった赤ちゃんを起こさずに移動できるので、とっても便利ですよ。 スムーヴトラベルシステムが対応しています。 抱っこ紐方式(キャリー トラベルシステム) 抱っこ紐をベビーカーに装着出来る機能。 アップリカ「コラン CTS」シリーズの抱っこ紐が装着可能で、赤ちゃんを包む部分を簡単に脱着可能です。 階段やエスカーレーターを上がる時に、赤ちゃんが暴れて落ちてしまう事故を防ぐ事が出来ますね。 キャリー トラベルシステムと呼ばれています。 カゴ 出典; ベビーカーの下カゴは、紙おむつや着替えなどちょっとした物を入れておくのに大変便利!容量が大きければ、お買い物にも役立ちます。 カゴの側面が浅い車種はバッグごと荷物を入れる方式。 小物の紛失には要注意。 側面が深い車種は、安心して小物も入れられますよ。 側面の深さは商品画像を見て判断しましょう。 両対面式 ハイエンドモデル オプティア アップリカの技術を全て集約した最高級ベビーカー オプティアはアップリカの技術を全て注ぎ込んで作られた最高級ベビーカー。 2019年5月、オプティアの最新モデル オプティア クッション プレミアムが発売されました! 座面下のしなやかクッションを新たに採用。 座面下とタイヤのダブルサスペンションに加えて、座面自体にもしなやかなクッション性を持たせる事で、徹底的に路面からの振動をシャットアウトする高性能モデルです。 9%カット!花粉やホコリ対策だけでなく、撥水性能も付いてます。 」がコンセプト。 赤ちゃんの快適性とママの操作性にこだわった最高級ベビーカーです。 1 6. 9 7 6. 8 6. 生後1ヶ月から使うベビーカーとして、赤ちゃんが快適に過ごすために必要な機能をバランス良く搭載。 オート4輪でより操作性もアップしています。 コンビのスゴカルと同クラスのベビーカーですが、ラクーナの方が若干重い傾向があります。 その分安定性に優れていますよ。 おすすめは2019年8月発売のラクーナ クッション ABと、2018年10月発売のラクーナ クッション。 共に同一スペックで、カラーバリエーション変更のみのモデルチェンジ。 座面下に振動吸収のしなやかクッション搭載で、オプティアに迫る振動低減が期待出来ます。 ラクーナ クッションとソファークッションの違いは、幌加工とカゴ。 ラクーナ クッションの方がカゴが少しだけ小さくなり、幌に撥水&花粉対応の加工が加わりました。 急な雨でも撥水なら安心ですね。 フレームやシートの形状も少し改良されています。 6 4. 6 5. 6 5. 5 4. 6 4. 6 5. 3 5. 7 5. 5 5. ハイシート対応でカゴも付いていますよ。 2019年モデルのマジカルエアークッションは、座面下にしなやかクッションを搭載!ゆれぐらガードのタイヤサスペンションと合わせて、振動軽減が期待できます。 重さは3. 8Kgで、旧モデルと比べると少し重くなりましたが、それでも4Kgを切るなら十分軽いですね。 座面にメッシュシート採用で、蒸れにくく乗り心地もアップしました。 ちなみに、よく比較されるコンビのF2シリーズは、重さ3. 7〜4. 2Kgとなっています。 軽さで選ぶならマジカルエアーですね。 6 6 3. 8 3. 6 3. 5 3. 4 9. 3 6. 9 9. 1 9. 5 2. 9Kg マルチハンドル搭載 — — — — — 300g重い3. 5Kg — — — 違い3 — — — — — — レザー調ハンドル 300g重い4. 8 7. その他にも、両対面で4Kgを切ったカルーンエアーも見逃せないベビーカーです。 ご購入の際は、各通販ページに記載の情報をきちんと確認してからご注文下さい。 当記事の記載ミスによって生じたいかなる損害も、当ブログでは責任を負わないこととします。

次の