アピタ 本庄 閉店。 ドンキnews|2020年のダブルネーム業態転換店第3弾発表/5月中旬に3店

MEGAドン・キホーテUNY本庄店,2020年5月19日オープン,アピタ本庄店

アピタ 本庄 閉店

ピアゴにアピタやドンキのタピオカ・焼き芋店も導入 PIAGOプラス妙興寺店の建物は地上5階建、直営フロアは1~3階、店舗面積は7,790㎡、直営売場面積は5,573㎡。 一宮市内の不動産会社である東洋繊維が所有する。 PIAGOプラス妙興寺店は「 個店経営を本格導入したNewピアゴ1号店」として、ストアコンセプトに「 すべては顧客の『楽しさ』につながる」」を掲げ、3フロアにユニー直営の食品・衣料・生活用品専門店を導入する。 1階にはユニー直営の生鮮食品スーパー「 PIAGOプラス(ピアゴプラス)」が出店。 従来通り、生鮮4品(青果・鮮魚・精肉・惣菜)を取扱うほか、冷凍食品・アイス・ドリンク・酒・お菓子の品揃えを2割から5割に拡充。 PIAGOプラス ロゴマーク。 2階にはユニー直営の大型衣料品店「 APITA CLOTHING(アピタクロージング)」が出店。 同業態としては 、に次ぐ3店舗目で、MEGAドン・キホーテUNY(UDリテール運営)以外の店舗への出店は初となる。 アピタクロージングでは、30代から40代の女性を対象としたナショナルブランドの衣料品やインポートバッグ、ブランドスニーカーに加え、PPIHグループが強みとする低価格コスメやアクセサリーを新たに展開。 メンズ衣料も品揃えすることで、地域のお客さまのニーズにお応えできる店舗を目指すとしている。 APITA CLOTHING ロゴマーク。 3階にはユニー直営の医薬品・家電・雑貨専門店「 デイリードラッグ」が出店。 医薬品・家電・雑貨の上手な組み合わせや使い方を提案する「 ソリューション型ドラッグストア」の創造に挑戦するとしている。 デイリードラッグ ロゴマーク。 PIAGOプラス妙興寺店には、業態転換前から引続き100円ショップ「 ダイソー」や一宮市内に本社を構える珈琲店「 MGコーヒー」、パン工房「 ブーランコ」、カネ美食品の総合惣菜店「 Kanemi」などのテナントが引続き営業を継続するほか、PPIHグループのタピオカ・焼き芋スイーツ店「 tapi-mo」やピザ店「 PIZZA ALBA」、生花店「 HANACHAN LAND」も新たに出店する。 ユニーへの「ドンキ流個店経営」移植成功なるか? PPIHグループ(旧・ドン・キホーテHD)は、業績不振が続くユニー運営店舗の再生を目的として、2017年11月にドンキとユニーの合弁会社「 UDリテール」(現在はPPPH完全子会社)を設立。 2018年2月には双方の屋号を冠したダブルネーム店舗「 MEGAドン・キホーテUNY」への業態転換を開始し、2019年6月にはユニー直営衣料品部門を「 」として、MEGAドンキUNY旗艦店(2万㎡前後)向けに専門店パッケージ化するなど、UDリテールへの経営資源移行、総合ディスカウントストアへの移行による事業再建を進めている。 MEGAドンキUNY。 ユニーでは、上記課題解決の一環として、2019年7月にドン・キホーテが成長戦略の柱としてきた「 個店経営(個店主義経営)」への完全移行を実施、現場スタッフへの権限委譲を進めていたが、今回業態転換したPIAGOプラスと同様な売場の抜本的リニューアルはこれまで行われてこなかった。 PPIHグループは、妙興寺店と同様の業態転換を複数の既存店で行い効果検証する方針を示しており、第一号店の「個店主義」の手法が成功するかどうか注目される。 PIAGOプラス妙興寺店 住所:愛知県一宮市大和町妙興寺字白山西3番地2 営業時間:午前9時~午後11時 関連記事: 関連記事: 関連記事: 関連記事: 関連記事: 関連記事:.

次の

フラワーショップラン・アピタ本庄店(本庄市南)|エキテン

アピタ 本庄 閉店

(愛知県名古屋市にあるアピタ千代田橋店) (岐阜県関市片倉町にあるピアゴ関店) 両スーパーを展開しているのは、サークルKサンクス等も運営している、ユニーファミリーマートホールディングス 9月1日に、コンビニファミリーマートとサークルkサンクスが経営統合した為に、ユニーファミリーマートホールディングスと会社名が変わったが、統合前は、ユニーグループ・ホールディングスとして、アピタピアゴなどの総合スーパー、サークルkサンクス(コンビニ)、ユーホーム(ホームセンター)等、主に総合小売業として活躍してきたユニーグループ。 国内の総合小売業としては、イオン、セブン&アイ・ホールディングスに次いで、国内第3位の売上高をほこる。 又財務体質も良いことから、社債格付けはセブン&アイホールディングス(イトーヨーカ堂)、平和堂、イズミに次ぐ高さを誇っている会社である。 そんな小売業界にとっての大型店が大量閉店をしてしまう理由について紹介します。 アピタ・ピアゴ大量閉店の理由 総合スーパーである、アピタ・ピアゴを運営するユニーファミリーマートホールディングスは、同事業の見直しを進めており、不採算店(利益が出ない店)の退去。 逆に高収益の店舗、収益が見込める店舗に対しては、投資をするという方針を示し、その一環で一部の不採算店が大量閉店という形で公表されました。 総合スーパーの大量閉店は、イトーヨーカドーも同じように進めています。 大手スーパー事業は、今後収益が見込めないと予想しているのでしょう。 このことは、ファッションビルを展開するPARCOや百貨店も同様の事を進めており、今後本格的な高齢化社会に突入する中、小売業の市場は、縮小の一途をたどることが想定されているのでしょう。 今まで経済の成長に合わせ、出店を繰り返してきましたが、今は踊り場を超え、下り坂に入っていく場面。 何か違う形で収益を確保することができない限り、今後も同様の事例が数多く出てくるものと思われます。 アピタ・ピアゴ閉店予定店舗と閉店が見込まれる店舗一覧 総合スーパーのアピタとピアゴについて、公表されている事実と、ネット上などで噂されている点を盛り込み、現店舗並びに閉店店舗、閉店予定店舗について一覧を作成しました。 9月1日にファミリーマートと経営統合する流通大手のユニーグループ・ホールディングス(GHD)が、不採算店に大ナタを振るった。 傘下のコンビニエンスストア、サークルKサンクス(CKS)約6250店のうち約1000店を、店舗移転も含めて2019年2月期末までに閉鎖すると8月9日に発表。 また、現在216店ある総合スーパー(GMS)も、19年2月期末までに約25店を閉鎖する。 ユニーGHDは、該当するCKSの店舗の詳細を明らかにしていないが、対象となるのは経営統合でファミマという新ブランドに転換しても、収益改善が難しいと判断された店舗だとしている。 ただ、CKSはここ数年にわたり、移転も含め毎年350店程度を閉鎖しており、「2年半で1000店の閉鎖は驚くようなペースではない」(ユニーGHD)。 このときと比べれば、今回発表された閉鎖店舗の割合は小さく、「経営統合しても、店舗数は減らさない」と強調してきた、統合新会社で社長に就任するファミマの上田準二会長の意向が反映された格好だ。 GMSに残る赤字店舗 ユニーGHDは今回のリストラに伴い、店舗の減損など総額720億円の特別損失と棚卸し資産評価損を、17年2月期上半期決算に計上する。 ただし、CKSに関連するものは約80億円で、大半はGMSに起因する損失である。 このうち閉店する約25店の閉鎖に伴う費用や固定資産の減損は120億円程度。 それを除いた430億円は、今回閉鎖対象とはならなかったものの売り上げや利益などの営業計画を下回る店舗の固定資産の減損に伴うものだ。 新規出店や改装など、直近2年の投資分が主だといい、「今のうちに減損しておけば、減価償却費などの固定費が減り、統合後にGMS事業の利益が出やすくなる」とユニーGHDの幹部は語る。 ここ2年のGMSの取り組みが失敗だったと半ば認めたユニーGHDだが、衣料品や住宅関連用品の売り場の圧縮や、食品の総菜部門の強化などの改革のため、今後3年で総額150億円を投じて75店を改装する計画だ。 つまりユニーGHDには、統合前に先手を打ってリストラ案を示すことで、祖業のGMS事業については統合新会社での主導権を握り、口を出されたくないという思惑があるのだ。 だが、今回閉鎖対象とならなかったGMSの中にも「赤字の店は残っている」(前出の幹部)という。 スーパーマーケット含む流通業は、もう完全に供給過剰状態になっているように感じます。 日本の人口もそうですが、消費が少ない割に、供給面が多い。 となると、今後は生き残りをかけて、壮絶なお客の奪い合いになると思います。 もう既にネットがある一定のお客を取ってしまっている中、今後は、家電業界のように、 大手しか残らない世の中になってしまうのかと思います。 そういう意味では、ドンキホーテという大きな傘の中に入れる分、 まだ良い位置にいるのではないかと思います。 今は時代のスピードが速いので、今後もどんどん変革がなされると思いますが、 アンテナ張って、前向きに、何とか生き延びていきましょう。 今後ともよろしくお願いいたします。

次の

【開店】MEGAドン・キホーテUNY本庄店

アピタ 本庄 閉店

アピタ本庄店が昨年 2012年秋 改装され、追加されたフードコート「garden court」に出来たお店です。 最近流行りの讃岐うどん店「丸亀製麺」ですね。 同じフードコートにはこの辺では初耳の「石焼専門店 上州ごはん屋」と、本庄駅北口から移転してきた「mister Donut」が一緒に開店です。 因みに「mister Donut」の跡地は現在も空き店舗となっており、内装外装が剥がされて工事中のような状態で半年近く放置されています。 本庄駅南口のトライアル跡地もずっと空き店舗です。 本庄駅前は寂しくなっちゃいましたね。 本庄早稲田に力を入れているのでしょうか。 そう言えば本庄早稲田に出来る「ベイシア本庄早稲田モール」は申請によると2013年5月12日にオープン予定です。 でも、建築現場によく掲示してある看板「労災保険関係成立票」によると事業の期間はH25. 20までだったりH25. 31までだったりです。 5月にオープンできるのか怪しそうです。 現在 2013年3月13日確認 は1Fの鉄骨が組み立て終わり、2Fを組んでる最中でした。 今から5月のオープンは無理なのではないでしょうか。 でも新しい食べ物屋が出店してくれると嬉しいですね。 話を元に戻します。 丸亀製麺は、私の徒歩圏内で3店目の出店となります。 こちらは一番近いお店になります。 もう何処にも在る馴染みのうどん店になりましたね。 今回は「とろろ醤油うどん 並 冷」 330円 を注文です。 食べてみると、今日の麺は当たりでした。 何時もよりコシがあって美味しかったです。 タイミング良く茹でたてだったのでしょう。 でも今日の店員さんはおっちょこちょいでした。 とろろ醤油うどんとおろし醤油うどんを間違えて、うどんの上に大根おろしを載せました。 載せた直後に気付いたようで「とろろ醤油うどんですよね?」と聞かれますが、返事も待たずにうどんはゴミ箱に直行です。 別におろし醤油うどんでも良かったので、勿体ないと思いましたが、原価的には大した事は無いので合理的とは思いました。 でも、客の目の前でやる事では無いですね。 それから丸亀製麺の店共通なのですが、青ネギはやめてほしいですね。 これ嫌いです。 ついトッピングしてしまいそうになるのですが、必ず後悔しますので最近は自制が利く様になりました。 ネギと言えばこの辺りは白ネギが標準。 ぜひ白いネギも置いて欲しい所です。 既に何回も利用していますが、こちらのお店に寄るのはパターンが出来ました。 天気が悪い日:歩きたくない日は車で傘を差す事もなく行けるので楽。 前の日に食べ過ぎた時:かけやぶっかけの並は500kcalくらいなので助かります。 ダイエット中です 前の日に飲み過ぎた時:二日酔いで食欲が無い時にはさっぱりのうどんは助かります。 他の店が休みの時:正月は開いてて助かりました。 最近は二日酔いが多く、寄る機会が増えてしまうのは困ったものです。 さて、こちらのお店はフードコートと言う事で、独立した店舗を構える店とは多少の違いがあります。 一番の違いは店舗規模が小さい事です。 この事が色々と影響します。 一番気になるのが天ぷらです。 特に平日は来客数が少ない為か回転が悪い。 その為に冷めている事が多いように感じます。 なので最近は遠慮しています。 そして待ち時間。 小さい店舗故に店員は少ない。 特に平日は。 店頭に二人のみなんて事もあります。 独立した店舗ならば複数の店員が注文を受けるのですが、こちらでは一人のみ。 4、5人並んでいるだけで待ち時間は10分を超える事もあり、そこまで待ってまでこちらで食べたいかと疑問に思う事も有ったり無かったり・・・です。 評価 標準3. 1 料理の味 うどんは普通に美味しい -0. 2 料理の味 冷めた天ぷら、青ネギ -0. 2 CP 総合3. 0 このHTMLタグをブログに貼り付けると、お店の地図や情報を掲載することができます。 丸亀製麺 アピタ本庄店 関連ランキング:うどん 本庄駅.

次の