あ なん もえ か。 伊織もえ 公式ブログ Powered by LINE

伊織もえ 公式ブログ Powered by LINE

あ なん もえ か

1992年生まれ。 神奈川県出身。 2009年にドラマ「小公女セイラ」で女優デビュー。 以降映画、ドラマ、舞台と様々な作品に出演、2016年、NHK大河ドラマ「真田丸」で主人公・真田信繁の側室・たかを演じ注目を集める。 2017年、映画『おじいちゃん、死んじゃったって。 』で映画初主演を務め、第39回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を 受賞。 同じく2017年の舞台「髑髏城の七人 Season風」の沙霧役も好評を博した。 主な出演作に映画『悪の教典』(2012)、『銀の匙 Silver Spoon』(2014)、『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』(2014)、『サムライフ』(2015)、『ピンクとグレー』、『森山中教習所』、『だれかの木琴』、『闇金ウシジマくん Part3』、『太陽を掴め』(すべて2016年)、『ここは退屈迎えに来て』(2018)など。 ドラマでは「99. 9-刑事専門弁護士-」(TBS)、「モンテクリスト伯-華麗なる復讐-」などに出演。 2018年連続テレビ小説「まんぷく」(NHK)では、主人公福子の姪・タカを演じ、登場時14歳の役を演じたことも話題に。 1993年生まれ。 埼玉県出身。 翌2014年フジテレビNEXT smartオリジナルドラマ「FLASH BACK」で俳優デビューを果たし、映画『飛べないコトリとメリーゴーランド』(2015)で映画初出演。 2019年も『チワワちゃん』、『翔んで埼玉』、『さよならくちびる』、『カツベン!(仮)』などが待機する。 1991年生まれ、静岡県出身。 「乃木坂46」の初期メンバーとして数多くのヒット作と共に活動してグループを牽引する存在となる。 女優業に専念するべく2016年にグループを卒業。 映画では、第30回東京国際映画祭特別招待作品となった今泉力哉監督の『パンとバスと2度目のハツコイ』(2018)で初主演。 第10回TAMA映画賞最優秀新進女優賞を受賞。 1989年生まれ。 東京都出身。 陰のある役から、アクの強い役まで幅広い演技力で、数多くの作品に出演。 2016年公開の映画『葛城事件』で、第8回 TAMA映画賞にて最優秀新進男優賞を受賞。 1980年生まれ。 兵庫県出身。 2002年映画『金融破滅ニッポン 桃源郷の人々』でスクリーンデビュー。 『ジョゼと虎と魚たち』(2003)、『スウィングガールズ』(2004)などで個性を発揮し、『月とチェリー』(2004)で映画初主演を果たした。 2006年『お姉ちゃん、弟といく』で第2回シネアスト・オーガニゼーション・大阪エキシビション女優賞を受賞。 映画、ドラマ、舞台とその出演作は膨大な量に及ぶ。 近作に映画『戦争と一人の女』(2012)、『横道世之介』(2013)、『ソロモンの偽証(前篇/後篇)』(2015)、『最低。 』、『あさひなぐ』、『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』、『彼らが本気で編むときは、』(すべて2017)など。 2019年は「唐版 風の又三郎」、「奇跡の人」の2本の舞台が決定。 山梨県出身。 早稲田大学在学中の1982年、第三舞台に在籍し初舞台を踏む。 1994年映画『男ともだち』で映画初主演。 近年の主な映画出演作は『希望の国』(2012)、『クロユリ団地』(2013)、『真夏の方程式』(2013)、『家族ごっこ』(2015)、『みんな!エスパーだよ!』(2015)、『淵に立つ』(2016)、『ANTIPORNO』(2017)、『3月のライオン』(2017)、『ウタモノガタリ Kuu』、『名前』、『散り椿』、『飢えたライオン』、『累~かさね~』、『jam』、『かぞくいろ』(すべて2018)など。 第69回カンヌ国際映画祭にて「ある視点」部門の審査員賞を受賞した『淵に立つ』では、第38回ヨコハマ映画祭主演女優賞、第31回高崎映画祭最優秀主演女優賞、第71回毎日映画コンクール主演女優賞などを受賞し高く評価された。 1971年生まれ。 愛媛県出身。 1993年映画『二十才の微熱』でスクリーンデビュー。 翌1994年『愛の新世界』での熱演が注目を集める。 1995年『KAMIKAZE TAXI』で第15回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞、1997年『鬼火』では第17回ヨコハマ映画祭最優秀助演女優賞を受賞。 スマッシュヒットとなった『ハッシュ!』(2001)では、キネマ旬報賞、第45回ブルーリボン賞主演女優賞を受賞するが、2002年に病に倒れ一時休業。 映画『帰郷』(2005)で女優復帰した。 以降の主な作品に『ぐるりのこと。 』(2008)、『ヘヴンズストーリー』(2010)、『まほろ駅前多田便利軒』(2011)、『武曲MUKOKU』(2017)、『榎田貿易堂』(2018)、『ミスミソウ』(2018)、『純平、考え直せ』(2018)など多数。 公開待機作に『楽園』(2019)。 角川文庫 520円(税抜) 1967 年神奈川県生まれ。 早稲田大学第一文学部卒。 90 年「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞を受賞しデビュー。 96 年『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞、98年『ぼくはきみのおにいさん』で坪田譲治文学賞、03 年『空中庭園』で婦人公論文芸賞、05年『対岸の彼女』で直木賞、06 年「ロック母」で川端康成文学賞、07 年『八日目の蝉』で中央公論文芸賞、11 年『ツリーハウス』で伊藤整文学賞 、12 年『紙の月』で柴田錬三郎賞、『かなたの子』で泉鏡花文学賞、14 年『私のなかの彼女』で河合隼雄物語賞受賞。 最新作は古典訳の『源氏物語』(上・中巻まで発売中)。 映像化された作品も多く、近年は社会派の小説も多数発表。 2003年刊行の『愛がなんだ』は純度100%の恋愛小説として注目を集めた。 京都を拠点に活動する4ピース・バンド。 2016年2ndフルアルバム『SALE OF BROKEN DREAMS』、2017年に5曲入りEP『SYMPHONY』をリリース。 【フィルモグラフィー】• たまの映画(2010)• 終わってる(2011)• こっぴどい猫(2012)• サッドティー(2014)• 鬼灯さん家のアネキ(2014)• 知らない、ふたり(2016)• 退屈な日々にさようならを(2017)• パンとバスと2度目のハツコイ(2018)• 愛がなんだ(2019) 1981年生まれ。 福島県出身。 数本の短編映画を監督した後、2010年『たまの映画』で長編映画監督デビュー。 2013年、こじらせた大人たちの恋愛群像劇を描いた『サッドティー』が第26回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門に出品。 『知らない、ふたり』(2016)、『退屈な日々にさようならを』(2017)も、それぞれ、第28回、第29回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門に出品されている。 他の長編監督作に『鬼灯さん家のアネキ』(2014)、深川麻衣を主演に迎えた『パンとバスと2度目のハツコイ』(2018)など。 新作に伊坂幸太郎原作&三浦春馬主演の『アイネクライネナハトムジーク』(2019年秋公開予定)が待機中。

次の

もえりんがGame8を退社!?プロフィール/性格/持病/大学を中退してるって本当?

あ なん もえ か

1992年生まれ。 神奈川県出身。 2009年にドラマ「小公女セイラ」で女優デビュー。 以降映画、ドラマ、舞台と様々な作品に出演、2016年、NHK大河ドラマ「真田丸」で主人公・真田信繁の側室・たかを演じ注目を集める。 2017年、映画『おじいちゃん、死んじゃったって。 』で映画初主演を務め、第39回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を 受賞。 同じく2017年の舞台「髑髏城の七人 Season風」の沙霧役も好評を博した。 主な出演作に映画『悪の教典』(2012)、『銀の匙 Silver Spoon』(2014)、『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』(2014)、『サムライフ』(2015)、『ピンクとグレー』、『森山中教習所』、『だれかの木琴』、『闇金ウシジマくん Part3』、『太陽を掴め』(すべて2016年)、『ここは退屈迎えに来て』(2018)など。 ドラマでは「99. 9-刑事専門弁護士-」(TBS)、「モンテクリスト伯-華麗なる復讐-」などに出演。 2018年連続テレビ小説「まんぷく」(NHK)では、主人公福子の姪・タカを演じ、登場時14歳の役を演じたことも話題に。 1993年生まれ。 埼玉県出身。 翌2014年フジテレビNEXT smartオリジナルドラマ「FLASH BACK」で俳優デビューを果たし、映画『飛べないコトリとメリーゴーランド』(2015)で映画初出演。 2019年も『チワワちゃん』、『翔んで埼玉』、『さよならくちびる』、『カツベン!(仮)』などが待機する。 1991年生まれ、静岡県出身。 「乃木坂46」の初期メンバーとして数多くのヒット作と共に活動してグループを牽引する存在となる。 女優業に専念するべく2016年にグループを卒業。 映画では、第30回東京国際映画祭特別招待作品となった今泉力哉監督の『パンとバスと2度目のハツコイ』(2018)で初主演。 第10回TAMA映画賞最優秀新進女優賞を受賞。 1989年生まれ。 東京都出身。 陰のある役から、アクの強い役まで幅広い演技力で、数多くの作品に出演。 2016年公開の映画『葛城事件』で、第8回 TAMA映画賞にて最優秀新進男優賞を受賞。 1980年生まれ。 兵庫県出身。 2002年映画『金融破滅ニッポン 桃源郷の人々』でスクリーンデビュー。 『ジョゼと虎と魚たち』(2003)、『スウィングガールズ』(2004)などで個性を発揮し、『月とチェリー』(2004)で映画初主演を果たした。 2006年『お姉ちゃん、弟といく』で第2回シネアスト・オーガニゼーション・大阪エキシビション女優賞を受賞。 映画、ドラマ、舞台とその出演作は膨大な量に及ぶ。 近作に映画『戦争と一人の女』(2012)、『横道世之介』(2013)、『ソロモンの偽証(前篇/後篇)』(2015)、『最低。 』、『あさひなぐ』、『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』、『彼らが本気で編むときは、』(すべて2017)など。 2019年は「唐版 風の又三郎」、「奇跡の人」の2本の舞台が決定。 山梨県出身。 早稲田大学在学中の1982年、第三舞台に在籍し初舞台を踏む。 1994年映画『男ともだち』で映画初主演。 近年の主な映画出演作は『希望の国』(2012)、『クロユリ団地』(2013)、『真夏の方程式』(2013)、『家族ごっこ』(2015)、『みんな!エスパーだよ!』(2015)、『淵に立つ』(2016)、『ANTIPORNO』(2017)、『3月のライオン』(2017)、『ウタモノガタリ Kuu』、『名前』、『散り椿』、『飢えたライオン』、『累~かさね~』、『jam』、『かぞくいろ』(すべて2018)など。 第69回カンヌ国際映画祭にて「ある視点」部門の審査員賞を受賞した『淵に立つ』では、第38回ヨコハマ映画祭主演女優賞、第31回高崎映画祭最優秀主演女優賞、第71回毎日映画コンクール主演女優賞などを受賞し高く評価された。 1971年生まれ。 愛媛県出身。 1993年映画『二十才の微熱』でスクリーンデビュー。 翌1994年『愛の新世界』での熱演が注目を集める。 1995年『KAMIKAZE TAXI』で第15回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞、1997年『鬼火』では第17回ヨコハマ映画祭最優秀助演女優賞を受賞。 スマッシュヒットとなった『ハッシュ!』(2001)では、キネマ旬報賞、第45回ブルーリボン賞主演女優賞を受賞するが、2002年に病に倒れ一時休業。 映画『帰郷』(2005)で女優復帰した。 以降の主な作品に『ぐるりのこと。 』(2008)、『ヘヴンズストーリー』(2010)、『まほろ駅前多田便利軒』(2011)、『武曲MUKOKU』(2017)、『榎田貿易堂』(2018)、『ミスミソウ』(2018)、『純平、考え直せ』(2018)など多数。 公開待機作に『楽園』(2019)。 角川文庫 520円(税抜) 1967 年神奈川県生まれ。 早稲田大学第一文学部卒。 90 年「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞を受賞しデビュー。 96 年『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞、98年『ぼくはきみのおにいさん』で坪田譲治文学賞、03 年『空中庭園』で婦人公論文芸賞、05年『対岸の彼女』で直木賞、06 年「ロック母」で川端康成文学賞、07 年『八日目の蝉』で中央公論文芸賞、11 年『ツリーハウス』で伊藤整文学賞 、12 年『紙の月』で柴田錬三郎賞、『かなたの子』で泉鏡花文学賞、14 年『私のなかの彼女』で河合隼雄物語賞受賞。 最新作は古典訳の『源氏物語』(上・中巻まで発売中)。 映像化された作品も多く、近年は社会派の小説も多数発表。 2003年刊行の『愛がなんだ』は純度100%の恋愛小説として注目を集めた。 京都を拠点に活動する4ピース・バンド。 2016年2ndフルアルバム『SALE OF BROKEN DREAMS』、2017年に5曲入りEP『SYMPHONY』をリリース。 【フィルモグラフィー】• たまの映画(2010)• 終わってる(2011)• こっぴどい猫(2012)• サッドティー(2014)• 鬼灯さん家のアネキ(2014)• 知らない、ふたり(2016)• 退屈な日々にさようならを(2017)• パンとバスと2度目のハツコイ(2018)• 愛がなんだ(2019) 1981年生まれ。 福島県出身。 数本の短編映画を監督した後、2010年『たまの映画』で長編映画監督デビュー。 2013年、こじらせた大人たちの恋愛群像劇を描いた『サッドティー』が第26回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門に出品。 『知らない、ふたり』(2016)、『退屈な日々にさようならを』(2017)も、それぞれ、第28回、第29回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門に出品されている。 他の長編監督作に『鬼灯さん家のアネキ』(2014)、深川麻衣を主演に迎えた『パンとバスと2度目のハツコイ』(2018)など。 新作に伊坂幸太郎原作&三浦春馬主演の『アイネクライネナハトムジーク』(2019年秋公開予定)が待機中。

次の

【古市憲寿×押切もえ】 もしプロ選手じゃなくなっても、寄り添っていきたい。と思えた―結婚の正体をさがして― 古市憲寿「結婚の正体をさがして」

あ なん もえ か

今回ご紹介するのは、モンストの実況ややってみた・ドッキリ動画など、様々なジャンルの動画を投稿している美人YouTuberの 「もえりん」。 大手ゲーム攻略サイトの契約社員という肩書があったもえりんだが2018年3月31日に社員契約を終了したことを発表した。 今回はもえりんの詳しいプロフィール、そして大学を中退した理由やGame8と社員契約を終了したことについてもじっくりと観察していこう。 性格が「暗い」と話題に? 出典: 本名 非公開 名前は「もえ」? 生年月日 1994年11月25日 射手座 年齢 23歳 2018年4月現在 血液型 O型 身長 168㎝ 出身地 兵庫県 もえりんはテンション低めYouTuber・・・? もえりんは、モンストや白猫プロジェクトなどの ソシャゲ実況をはじめ、女の子のための メイク・スキンケア動画や、男性YouTuberのように 「デスソースを飲んでみる」という身体を張った企画など様々なジャンルをこなすマルチなYouTuberである。 以上の文章だけを見ると、なんとなく元気で明るい女の子を想像するが、それとは裏腹に性格はおとなしめで、テンションの上がり下がりが極端にないことから 「元気ない」「テンション低い」と勘違いされてしまうこともしばしば。 本人もその事については自覚しており、常にテンションが低い件についての回答動画を投稿したことがある。 この動画によると、テンションが低く見える原因は 「カメラが回っていてもキャラを作らず素の自分で友達に話しかけるよう撮影しているから」とのこと。 無理をしてキャラ作りをしても不自然になってしまうため、 諦めて素のままで撮影をしているそうだ。 なので、決して 「楽しくない」「動画を撮りたくない」という気持ちからの低いテンションでは無いので「気楽に動画撮影を楽しんでいる」という、見る側も「YouTubeの動画を見ている」というより 「友達と雑談している」という気軽な気持ちで動画を視聴すると良いだろう。 持病持ち? 大学中退?? Game8退社!? もえりんの秘密に迫る! もえりんの持病とは? 実は、もえりんは2017年末から2018年始めにかけての約1ヶ月程動画活動を休止していた時期がある。 動画だけでなく、TwitterなどのSNS活動も全て更新がなくなってしまったので多くのファンも心配したことだろう。 現在は動画に復帰したが、復帰直後の動画で休止の理由について詳しく説明している。 動画を休止していた理由は 「持病の関係で療養していた」からとのこと。 持病について詳しく語ることはなかったが 「これからも持病のせいで動画を数日休むことがあるかもしれない」という部分から、なにか 慢性的に体調を崩す病気を持っていることが推測される。 しかし、日常生活において支障が出るような深刻な病気でもなさそうなので、これからもあまり無理をせず、マイペースで動画投稿を続けてもらいたいところである。 何で大学を中退したの? もえりんは MARCH・成成明学のいずれかの大学に在籍していた才女としても有名。 しかし、残念ながら卒業することができず 2年生の秋に中退をしているそうだ。 理由についてはっきりと述べている動画は無いのだが大学で失敗したと思ったエピソードで ・仲の良い友達が作れなかったため、授業内容の確認や課題について友達と話ができず、授業についていけなかった ・課題が多く、サボりがちになってしまい、進級が危うくなり自信を無くしてしまった ・アルバイトに没頭しすぎて課題に割く時間が深夜になってしまい、次の日の一~二限目に寝坊で出席できなくなってしまった ということを語っていたことから、恐らく以上のことが原因で大学を退学してしまったのだろうということが推測される。 大学中退については かなり後悔をしているようで、以上の動画でも現役大学生たちに「絶対これだけは気をつけたほうが良い! 」と呼びかけている。 これからも 大学を中退したことについてまた動画で話すことができれば、と概要欄に書かれているので、あまり中退のことについては隠すつもりは無いようだ。 現在はほとんどが推測でご紹介をしているが、いつか 動画でもえりん本人の口から詳しい退学の理由について聞くことができる日が来ることだろう。 もえりんがGame8を退社? もえりんは大手ゲーム攻略サイトである 「Game8」のライターという肩書も持っている もともと人気ゲームである「白猫プロジェクト」が大好きだったもえりん。 Game8の求人広告を見て 「白猫をやってお金がもらえる」という気持ちから入社。 そしてGame8の白猫攻略チャンネルでガチャ動画や攻略動画などを投稿し知名度を上げ、個人チャンネルを持つこととなったのだ。 しかし、もえりんは 2018年3月31日にGame8との社員契約を終了。 Game8所属のYouTuberとして活動をしていくことを決めたそうだ。 社員契約終了の理由は 「もっとYouTube活動に全力を注ぎたい」と思ったからとのこと。 収入が不安定になる事やサポートをしてもらえないなど、様々な理由から不安も沢山感じているそうなのだが、それよりも 「多くの視聴者を楽しませたい」「もっと動画活動を頑張りたい」という気持ちの方が強く 「ワクワクする方を選んで退社した」と動画で語っている。 いつも暗くネガティブ気味に感じられるもえりんからはあまり聞けないようなポジティブ発言のため、どれだけ個人での活動に情熱を滾らせているのかはお分かりいただけるだろう。 もちろん、クビやブラック企業だったなどという理由ではなく 「巣立ち」のためであるため、Game8、及びもえりんがなにか不祥事を起こしたということではないのでご安心を。 これから、更に動画投稿に力を入れていくであろうもえりんちゃんねる。 最近、なんだか動画でのテンションが以前よりも 少々 高めになってきたので、もしかしたらいずれ 超ハイテンションなもえりんを見れる日が来る可能性も・・・? ソロ活動で新たなスタートを切るもえりんにこれからも目が離せない!

次の