三菱ufjフィナンシャル・グループ 配当。 三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)の株価は下値リスクが少なく、今後の配当性向の向上やコストカットなどで投資家に利益をもたらす!|超成長株投資で資産10倍計画!|ザイ・オンライン

三菱UFJフィナンシャル・グループ|株配当と株主優待の権利確定日はいつ? (TYO:8306)

三菱ufjフィナンシャル・グループ 配当

スポンサーリンク 三菱UFJフィナンシャル・グループ MUFG のビジネスモデル 三菱UFJフィナンシャル・グループは、銀行業務、信託銀行業務、証券業務を中心に、クレジットカード・貸金業務、リース業務、資産運用業務及びその他業務を行う。 【事業内容】同社は7つの事業セグメントを通じて事業を行う。 法人・リテール事業は、国内の個人、中堅・中小企業に対する金融、不動産及び証券代行に関するサービスの提供を行う。 コーポレートバンキング事業は、国内外の日系大企業に対する金融、不動産及び証券代行に関するサービスを提供する。 グローバルコーポレート&インベストメントバンキング(CIB)事業は、非日系大企業に対する金融サービスの提供を行う。 グローバルコマーシャルバンキング事業は、海外の出資先商業銀行における個人、中堅・中小企業に対する金融サービスの提供を行う。 受託財産事業は、国内外の投資家、運用会社等に対する資産運用・資産管理サービスを提供する。 市場事業は、顧客に対する為替・資金・証券サービスの提供、市場取引及び流動性・資金繰り管理業務を行う。 その他事業は、ほかの事業セグメントに属さない管理業務等を行う。 銀行業は非常にシンプルに言うと金貸しですね。 原資となるのは利用者からの預金です。 そのお金を又貸しすることによって銀行は利ザヤを手にしています。 オススメの証券会社について記事にしました! キャッシュレス化で銀行はどう変わる キャッシュレス化が日本ではあまり進んでいないのが実状ですが、世界的には大きくキャッシュレスが進んでいます。 しかし、キャッシュレスにおいて主導しているのが、銀行の場合もあれば、IT企業の場合もあります。 特に中国ではIT企業がキャッシュレス市場を先導しています。 しかし、北欧では銀行主導でキャッシュレスが行われています。 日本は古くから財閥が銀行業を支配していますので、キャッシュレスを先導するのは銀行業かもしれません。 しかしこの覇権争いがどちらの業界に転ぶかは現時点では難しいですね。 国内だけでなく世界でどれだけ売上拡大できるかが今後の鍵 日本はマイナス金利の影響もあり、銀行の経営はますます厳しくなっています。 しかし、グローバル化における現代では銀行業も日本市場のみならず世界に打って出なくては成長は見込めません。 その中で三菱UFJが目指しているのはアジアNo. 1のグローバル戦略です。 元々世界5位の超大型銀行企業である三菱UFJは市場が拡大するアジアに狙いを定めています。 事業規模• 時価総額:78,890億円• 従業員数:連結141,073人• 設立:2001年 三菱UFJフィナンシャル・グループの業績チェック ここからはMUFGの業績をみていきたいと思います。 これまで同様、5段階評価(1〜5)の通信簿形式です。 指標としては、売上高、当期利益、ROE、ROA、EPS、財務健全性、割安性から考察していきたいと思います。 各指標の右側の数字が評価値となっています。 売上高【4】 売上高は素晴らしく右肩上がりですね!! ビジネスは逆風ですが海外に打って出ている成果が出ているのでしょうか。 当期利益【3】 利益に関してはここ数年横ばいが続いています。 ROE【2】 【ROEの推移(%)】 総評【3. 25】 売上高は右肩上がりであるが、世界的な金融緩和と日本のマイナス金利の影響もあり、銀行のビジネスモデルは厳しいのが実状。 それでもPERとPBRを見てみると非常に割安で、高配当株であるので長期的保有には向いている銘柄かもしれない。 銀行はオワコンと悲観的に思われ過ぎているところも逆にチャンスかもしれない。 持ってみて面白い銘柄の一つ。 ということで今回の銘柄分析の三菱UFJはいかがでしたでしょうか。 金貸しという業態は金の経由地点でもあるので、古くから儲かる仕事の一つでありました。 今後のMUFGに目が離せませんね! よければ参考にしてみてください。 また、全ての投資は自己責任ですので、投資する前はご自身で是非分析してみてください。 今回は以上です。 最後までお読みいただきありがとうございました。 投資先が決まれば、オススメの証券会社についても記事にしていますので是非ご覧ください! またブログを始めるならでドメイン登録が安くてお得です!.

次の

日本最大メガバンク高配当株! 三菱UFJフィナンシャルグループ(8308) 配当利回り6.1% 【資産株お勧め102.】

三菱ufjフィナンシャル・グループ 配当

権利確定前後の株価の傾向 2019年(株分割がある場合は勘案) 9月02日 511. 8円 9月19日 565. 1円(権利付最終売買日1週間前) 9月26日 567. 1円(権利付最終売買日) 9月27日 554. 1円(権利落ち日) 10月28日、権利付最終売買日の567. 1円まで回復 2018年(株分割がある場合は勘案) 9月03日 668円 9月18日 692. 4円(権利付最終売買日1週間前) 9月25日 727. 7円(権利付最終売買日) 9月26日 716. 3円 (権利落ち日) 10月5日、 権利付最終売買日 の727. 7円まで回復 2017年(株分割がある場合は勘案) 9月01日 675. 6円 9月19日 708. 9円(権利付最終売買日1週間前) 9月26日 719. 7円(権利付最終売買日) 9月27日 720. 6円 (権利落ち日) 9月27日、 権利付最終売買日 の719. 7円に回復 過去3年共に、半月以内に権利付最終売買日の株価まで回復してます。 株主優待・配当狙いの短期売買に最適の銘柄でしょう。

次の

三菱UFJフィナンシャルグループ(8306)株主優待・配当利回りおすすめ

三菱ufjフィナンシャル・グループ 配当

資産株紹介シリーズ第102弾! 過去記事一覧は 日本最大の民間金融グループ 三菱UFJフィナンシャルグループ 8306 です。 配当利回りは6. 1円前提 です。 株主優待はありません。 100株4万円台から買える手頃な高配当株です。 元々は三菱銀行とUFJ銀行があったのですがそれが合併してこの名前になりました。 メガバンクはみずほも合併しているので合併合戦ですね。 10年後には三菱三井住友UFJ銀行とかになってるかもしれません。 銀行業は固定費があまりかからないイメージです。 自己資本比率は常に資産運用しているためか基本的に一桁です。 最近では、総資産に占める現金等比率が向上してきているので財務内容は健全になっているのでは?と思います。 2年ほど前から500円台で200株持ってましたが、コロナショックで少しずつ買い増しをして現在2000株ほどです。 ネオモバでもコツコツ買ってます。 400円台は買いやすく手良いですね。 庶民にお勧めの株です。 三菱UFJフィナンシャルグループの魅力は以下!• 配当利回り6. リーマンショック時は当期利益が赤字になりましたが、以降は順調に業績を伸ばしています。 20年はコロナショックで減益予想ですが25円配当目標• 株価は5年来安値水準。 5年来高値は900円ほどで底値伺い。 値上がるまでは高配当を享受し続けるのが堅い戦法かと 資産株については以下をレギュラー分析・紹介していきます。 事業概要• 財務分析 高配当、優待を維持できる体力がどれだけあるか?• 業績分析 安定して稼げる利益はどれほどか?• 過去 10 年配当の推移 大きく減配していないか• 10年間で資産価値を2. 5倍にした! 資産株ノウハウに従っています。 株式会社三菱UFJ銀行• 1919年設立• 東京証券取引所第一部上場• その部分はリテールやバンキング事業の一部でしかないのですね。 資産運用相談や市場でのトレード業務が収益力が高い部分に思えます。 低金利で普通預金で預かった資産を使って市場でトレードして収益を挙げるイメージ。 そういえば、銀行預金は1000万までしか担保されないペイオフという制度がありましたね。 銀行もリスクを負って投資をしているので返せないかもしれない時があるってことですね。 より抜粋 MUFGの強み 法人、個人への貸し出しやローン融資。 海外への出資事業、資産運用コンサルティング、市場でのトレード業務が事業概要であることはおおよそ分かりました。 事業は他メガバンクとあまり大差はないと思います。 サイトを見ると強みが見受けられたのでそこを掘り下げます。 これがグループ会社と具体的な事業内容ですね• 消費者金融のアコムやジャックスは馴染のある名前です。 東京クレジットも聞いた事ありますね。 クレジットカードの三菱UFJニコス、証券のモルガン・スタンレーも金融広告や新聞でよく見かけます• auカブコム証券、じぶん銀行あたりも聞いたことはあります• 銀行は 預金を使って資産運用をすると考えられるので預金残高が収益源です。 ここが大きい場合、単純に収益額が増やしやすいとみていいでしょう• メガバンク3社で比較すると秀でています。 法人、個人預金残高共にTOPですね。 これは自社基準で設定されたものかもしれませんが、このような指標を設定して管理しているのは手堅い三菱いらしいですね。 データが無い 僕は調べる術を知らないです ので想像ですが、1990年にバブルがはじけました。 この時、銀行の不良債権が多発して銀行まで倒産の危機に陥ったのは話としてはご存じかと思います。 多分、大半の企業はこのリスク管理債権残高比率が非常に高かったのではないか?と想像します。 預金残高ランキングの海外版です• 中国強いですね!もう時代は中国ですか。 お?と思ったのは6位のゆうちょ銀行。 確かにゆうちょは巨大な現金預金を保有しており魅力的でした。 日本の預金の大半を集めると世界6位になるのですか。 米国のJPモルガンより多いのが凄いですね。 三菱UFJは10位以内に食い込んでいます。 株主通信に載っていました。 自社株買いを定期的に実施してきているので長い目で見れば株式価値が向上していくという事を意味します。 仮に利益額が横ばいで推移したとしても、自社株買いを続ける限り発行済み株式数が減り1株利益は増加していきます。 長期的には伸びているので三菱はコツコツ買って長く持つのが手堅いと理解しました• ここは有言実行ですかね• 業績は伸びています。 なので増配し続けていますね。 自社株買いも14年度から1000億、2000億と巨額がほうりこまれています。 20年度は減益ですが21年、22年以降は19年なみの利益が戻るとみる。 ESG投資関連です• クリーンエネルギー関係の投資額で世界ランキング1位を奪取しているようです• 対外的に魅力ある出資実績ですね より抜粋 決算説明• 最新決算を掘り下げます• アジア関係の出資先の株式価値下落でのれんを一括償却したため純利益は未達 キャッシュ流出じゃないのでよしか?• 配当は維持で切る見込み• 経常利益はほぼ期初目標通りじゃないですか。 悪くないですね• のれん主要要因はバンクダナモンとアユタヤ銀行の影響だそうです。 ここに三菱の稼ぐ力が詰まっています• 市場取引、リテール、グローバルバンキング辺りが強めですが非常にセグメントのバランスよく稼いでいます。 不況に強そうです• これを見て気づきました。 そうか、僕らの預金は三菱にとっては借入金か。 だから負債かと。 負債を使って借入利率よりも高い利率で貸し出し利率を設定して貸し出す。 その利ザヤで儲ける仕組みです。 65兆の保有有価証券の内訳です• なんちゅう、手堅いポートフォリオでしょうか。 流石三菱!• 大半が国内債権と外国債権という償還までの元本割れが少ないものの比率が高いです• これは不良債権になる可能性は相当低いですね。 この堅さが好きです。 のれん一括償却した会社の連結化でこの資産がリスク管理可に置かれたので比率上昇です• これは興味深い見通し• 三菱の見立てでは、コロナショックの回復時期は先進国では21年末頃と読むそうです• 取組施策の一部です• 店頭取引を減らしてアプリバンキングの比率を着実に高めています より抜粋 2. 各種指標 配当 利回り6. 各種指標 以下の指標を表にまとめています。 過去3年利益に対する今期配当金予想の配当性向• 1株配当、優待金• 配当利回り• 優待利回り• 今期は減益予想なので配当性向は絶賛上昇中ですが気にしてはいけないでしょう• PBR0. 3倍は激安水準です。 資産の半分ほどは貸出金や8割元本保証が堅い債権なのでここは全額回収できるとみて、 他はゼロになるとみてもPBRは0. 6倍は堅いでしょう 総資産の半分は取り返せると見込む 三菱なのでそんなことは絶対にありませんが。 今の株価水準は激安です。 コツコツ買い、他が上がって買うところがなければとりあえず突っ込むか!の水準に思えます。 株主優待 なし 株主優待はありません。 昔はピーターラビットのタオルなどやってくれていたのですが廃止したそうです。 5年株価チャート• 素晴らしい!僕の一番好きなチャートの形です• 5年来安値を更新!380円ぐらいまで確か落ちてました。 過去は900円の時もありました。 そこまで高望みせずとも600円ならば今後もありそうです。 今の水準は絶好の買い場と個人的には捉えています• 10年、20年までさかのぼるともう少し安い水準がありますが、この配当利回りなら突っ込みでしょう。 よりチャート転載 3. 財務分析 配当 利回り6. 高配当や優待を維持できる体力がどれほどあるのか• 体力は過去から増え続けているか 高配当と優待を維持しながら体力増強しているか を確認していきます。 株主資本の増加と利益剰余金の増加を見る事で財務体質の強化具合を把握します。 現金等の金額推移をみる事で短期的な配当余力や支払い能力がどれほどあるかも把握します。 から抜粋して独自に加工ています。 業績、配当・自社株買いの項目も同様 財務分析• 順調に利益剰余金、現金等、自己資本を積み上げてきています• 15年に何かパラドックスがあったようです。 現金等がけた違いに増えています• その後、の現金等の伸びが凄まじいですね。 理由が分かりませんが手元キャッシュが相当に潤沢だという事が分かりました。 配当利回り6. 業績 配当利回り6. 売上高• 営業利益• 経常利益 の推移を見ていきます。 黒字を維持できるか を第一に見ます。 次いで、効率的な経営が出来ているかを見るために• 営業利益率、経常利益率 を見ます。 リーマンショック時は流石に当期純利益が赤字。 でも経常利益は黒字ですね。 15年が最高状態だったようです。 以降は伸び悩んでいます。 ここ5~6年は踊り場状態です。 株価がさえないのもその理由でしょう。 でも、現金等が積み上がっていく状態なので気にしません。 黒字で財務体質が強化されているからいいのです。 体力が回復し続けるならばいずれ挽回できるときは必ず来る。 配当利回り6.

次の