草笛光子 若い頃。 草笛光子さんは若い頃から演技も歌も完ぺきでした!納得

岸恵子の若い頃は超美人!華奢で体重が軽いのはコンプレックスだった!

草笛光子 若い頃

草笛光子の元夫は芥川龍之介三男・芥川也寸志!2人の間に子供は 草笛光子は若い頃、作家芥川龍之介の三男芥川也寸志と結婚していた 草笛光子がかつて結婚し、また離婚していたことは、今ではあまり知られていません。 その結婚相手とは、作曲家の芥川也寸志。 かの文豪、芥川龍之介の三男にあたります。 草笛光子と芥川也寸志の結婚は1960年。 しかし、その結婚生活はわずか2年あまりで終わり、二人の間には、子どももできなかったようです。 当時、草笛光子はまだ30歳になっておらず、結婚生活よりも女優という仕事を選んだということでしょう。 その後、草笛光子は、これといった噂もなく女優業に邁進し、今日を迎えています。 草笛光子が今これほど人気なのは、高齢化社会を迎えた今、いまだ現役で仕事をこなし、健康的でポジティブな彼女の生き方が、同世代だけでなく団塊世代や若い独身女性たちの大きな共感を得ているからでしょう。 草笛光子は、82歳で再ブレークしたご長寿女優 草笛光子は、昨年の朝のNHKテレビ小説「まれ」、そして今年の大河ドラマ「真田丸」と、とても82歳には見えない美貌と元気さで活躍しています。 松竹歌劇団出身で、テレビ創成期の音楽バラエティ「光子の部屋」で人気者となり、日本のミュージカルの草分け的存在です。 また映画・演劇・テレビドラマと、1953年デビューしてから今日に至るまで、これほどコンスタントに活躍してきた女優は他にいません。 また最近では、その美しい白髪を活かしたモダンな老婦人役でひっぱりだこ。 草笛光子人気は、新たにピークを迎えているといってもよいでしょう。 草笛光子、母親が17歳時に出産!年齢を感じさせない若さの秘訣は? 草笛光子独自の健康法は、特製健康ジュースで便秘知らず 草笛光子の健康な美しさは、一日で築かれたものではありません。 草笛光子は、80歳を期に自伝を出版しています。 草笛光子の母は17歳で彼女を出産したそうで、虚弱体質だった草笛光子を、小さい頃から健康に気を使って育ててきたのだそうです。 自伝の中でも、草笛光子は独自の健康法を披露しています。 それは、朝1杯の水を飲んでから特製健康ジュースを飲み、食物繊維豊富なセロリを毎朝1本食べること。 特製健康ジュースは、小松菜・キャベツ・にんじん・セロリ・レモン・りんご・バナナ・ごま・きな粉・ヨーグルトをミキサーにかけて作ります。 この特製健康ジュース、美容の大敵の便秘解消にもってこいだとか。 あとは、森林浴、40度のお風呂などに入ったりと、心と体のリラックスに努めているそうです。 草笛光子の究極の美容法は、「きれいな生き方」をすること 草笛光子は健康法だけに固執するだけでなく、ドラマや舞台の若いスタッフたちと食事に出かけ、焼肉なども食べると言っています。 そこでみんなと大いに飲んで食べ、世代を越え、コミュニケーションを深めることも忘れません。 草笛光子は、若い頃から自分の目標を明確にし、その目標を実現するために必要な努力を怠らなかったようです。 さらに草笛光子は、このような方法論だけでなく、もう1つ大切なことがあると説いています。 それは、常にきれいな生き方をめざすこと。 そうすれば困った時もきっと誰かに救われる、という信念です。 まさに、美人とローマは一日にして成らず、ということでしょう。 草笛光子は80歳を越えての筋トレで、「1に筋肉、2に筋肉、3、4が無くて、5に筋肉」 草笛光子は、2016年度の大河ドラマ「真田丸」で、真田信繁(後の幸村)の祖母・とり役を演じており、早くもその存在感を発揮しています。 出演者たちとも和気あいあい。 ドラマの中で早く死にたくない、とプロデューサーに懇願しているそうです。 その演技からも、気丈な元気ぶりがうかがえますが、草笛光子は、体力作りにも並々ならぬ努力をしています。 昨年、阿川佐和子の「佐和子の朝」に出演した時、草笛光子は自宅の稽古場に、定期的にトレーナーを招いて筋トレを行い、トレーナーが来ない日は決められたメニューを自分でこなしていると、阿川佐和子を驚かせていました。 これには理由が。 草笛光子は、2013年に左腕が上がらなくなったことがありました。 その時、手術をしなくても治るという医師の診断を受けいれて、毎晩、水の入ったペットボトルを手に持ち、筋トレを行ったそうです。 その結果、スムーズに上げ下げできるまで左手は回復した草笛光子。 この経験から、いかに普段の筋トレが大事であるかを痛感したと語っていました。 そして最後に、「1に筋肉、2に筋肉、3、4が無くて、5に筋肉」と、62歳になった阿川佐和子に、はっぱをかけていた草笛光子。 まさに「健在な肉体には、健全な精神が宿る」という生き方。 これもまた草笛光子が目指す、「きれいな生き方」のためのトレーニングといえましょう。

次の

草笛光子の徹子の部屋

草笛光子 若い頃

草笛光子さんのプロフィール 名前:草笛光子 くさぶえ みつこ 出生名:富田光子 とみた みつこ 本名:栗田光子 くりた みつこ 出身地:神奈川県横浜市神奈川区 生年月日:1933年10月22日 年齢:84歳 執筆時 身長:158cm 血液型:B型 学歴:神奈川県立横浜第一高等女学校 現・神奈川県立横浜平沼高等学校 中退 職業:女優 所属事務所:草琇舎 草笛光子さんは1933年神奈川県横浜市生まれ。 父親は三菱重工業の造船所勤務、母方の祖父は鉄道関係の仕事に就いていました。 高校は当時「県下一の才媛学校」と呼ばれ、神奈川県内各地から優秀な女学生が集った「神奈川県立横浜第一高等女学校」に通います。 もともとは身体が弱かったそうですが、戦時中の疎開先でたくさん歩かなければならなかったことや、高校進学後の片道1時間の徒歩通学などで、みるみる丈夫な身体になったといいます。 高校時代は水泳やテニス、ソフトボールなどの運動、そして舞踊サークルに夢中になるなど、一転して体育会系少女になったみたいですね。 草笛光子さんご本人は、そのときの生活が、後の舞台での基礎体力を培ったと考えているようです。 そんな草笛光子さんの芸能界入りのきっかけは、仲の良い女の子がしきりに松竹歌劇団(SKD)への入団を勧めたことだったそうです。 高校生当時の草笛光子さんは、舞踊サークルに夢中になってはいたものの、SKDのことは全く知らず、最初はまったく興味がなかったそうですが、あまりにも熱心に勧めてくるので、とりあえず受験することにしたのだとか。 そして、見事競争率60倍の難関を突破。 高校は中退し、松竹の音楽舞踊学校を経て、1950年にSKDに5期生として入団します。 入団後は深草笙子さん、淡路恵子さんと「スリーパールズ」として並び称せられます。 (左から草笛光子さん、深草笙子さん、淡路恵子さん) 草笛光子さんのSKD退団、東宝専属~現在 1953年、SKD在籍中に松竹映画『純潔革命』で銀幕デビューを果たし、翌年SKDを退団。 1956年から東宝専属女優となり、数多くのドラマ、映画に出演。 成瀬巳喜男監督作品の常連として知られ、また市川崑監督の「金田一耕助シリーズ」では、76年の『犬神家の一族』をはじめ、全作品に出演しています。 こちらが若い頃の草笛光子さんです。 こちらは上に比べ、少し年齢を重ねているでしょうか。 とても綺麗ですね。 その容貌から、ハーフ説もあるようですが、実際には両親とも日本人のようですね。 また、女優以外にも、1958年からは、音楽バラエティ『光子の窓』で司会を担当するなど、幅広く活躍。 なお、同番組では洋窓越しに草笛光子さん自らテーマ曲を歌うオープニングが注目を集め、好評を博しました。 (『光子の窓』より) 日本ミュージカル界の草分け的存在としても知られ、芸術祭賞を3度受賞し、紀伊國屋演劇賞個人賞、菊田一夫演劇賞特別賞ほか、紫綬褒章、旭日小綬章など受賞・受章多数。 80代を迎えた現在も、 『殿、利息でござる!』(2016年) 『ばぁちゃんロード』(2018年) などの映画、 『まれ』(2015年) 『真田丸』(2016年) 『定年女子』(2017年) などのドラマをはじめ、数多くの作品に出演。 女優として第一線で活躍を続けています。 次ページ:草笛光子さんの結婚馴れ初め、夫は芥川也寸志さん。 子供は?母親、美と健康の秘訣についても!.

次の

まだ結婚できない男・草笛光子、前作や若き頃との比較画像【奇跡の80代】

草笛光子 若い頃

58年(25歳)テレビ「光子の窓」出演。 76年(43歳)映画「犬神家の一族」出演。。 戦時中は軍需工場で働いていた。 ・母親は洋裁屋。 ・母親が17歳の時に産まれた。 ・妹が2人、弟が1人いる。 ・おばあちゃん子だった。 ・母親は身長が高かった。 ・子供の頃、極度の内弁慶で家族としか話せなかった。 幼稚園で出席を取る時に返事ができなかった(隣の子がかわりに返事をしてくれた)。 ・小学校低学年の頃、体が弱かった。 1週間登校しては1週間休んでいた。 登校する時は祖母についてきて貰っていた。 虚弱児童を集めてサンルームで勉強させる特別組に入っていた。 ・小学校時代、母親の影響で歌が好きだった。 誰もいない所でひとりで歌を歌った。 ・超偏食で卵焼きとチョコレートしか食べられなかった。 ・小5の時、学童疎開の集団生活になじめなかったので家に戻り、 群馬県富岡市に縁故疎開した。 ・疎開中に4歳だった下の妹が疫病で他界。 骨壷を入れた箱を風呂敷で背負って空襲下を逃げた時に妹の骨が背中でカタカタ鳴っていた (その音は大人になった後も忘れられない)。 ・住んでいた家は戦時中の空襲で跡形もなく焼けた。 ・戦後、父親が失職した為、母親が洋裁学校に通って自宅の敷地内に洋裁店を開業した。 ・父親に「なぜ横浜で一番の学校を選ばない」と促されて横浜第一高等女学校を受験。 ・高等女学校時代、人と一緒にいるのが苦手だった。 電車通学が我慢できなくて片道1時間を毎日歩いて登校した(それで身体が丈夫になった)。 ・高等女学校時代、創作ダンス部。 ・高等女学校時代、陸上と水泳をやっていた。 ・高等女学校時代、先輩(女性)からラブレターを貰った。 ・母方の長男が戦死した為、戸籍上母親の実家の養女になり、家族で母親の実家に転居した。 肉(大好物)。 芋(大好物)。 梅干し。 ピーナッツバター。 あんまん。 煎茶(大好物、梅干しを入れて飲む、海外に行く時に必ず持参する)。 ・嫌いな食べ物…缶飲料。 インスタント食品。 ・朝からすき焼きを食べる事がある。 ・食事の支度は全てひとまかせ。 ・酒が好き。 ・健康法…生理食塩水で鼻うがい。 野菜ジュース(毎朝)。 セロリ(毎朝食べる)。 マッサージ。 足の裏のツボ押し(毎日)。 ストレッチ(毎日)。 スクワット。 パーソナルトレーニング(1回2時間、週1ペース=18年現在)。 加圧トレーニング。 バランスボール(座りながら食事)。 散歩(毎日寄り道を加えて3時間以上)。 ・蝸牛型メニエルによる聴力低下で出演予定の舞台「港町十三番地」を降番(=03年)。 ・便秘になった事が殆どない。 ・身体が柔らかい。 ・ハンドパワーで腹痛を治す事ができる。 ・夜更かしが大好き。 ・新聞を隅から隅まで読む。 ・毎朝お経を読む。 ・昔の洋服をたくさんとっておいてある。 ・パンツルックが好き。 スカートは殆どはかない。 ・ペット…犬(名前はマロ、牡14歳=18. 03現在)。 ・住んでいる所…東京都世田谷区(=14. 05現在)。 ・いきつけ… 中華「富筵」(横浜中華街、体調に合わせた料理を出してくれる=14. 05現在)。 ホテルニューグランド(横浜、港を見ながら台本を読む=14. 05現在)。 洋菓子・喫茶「パーラー ローレル」(20年通っている、スイートポテト=14. 04現在)。 九品仏浄真寺(散歩コース、40年通っている=14. 04現在)。 焼肉「喜福世(きっぽよ)」(恵比寿、10年以上通っている=12. 04現在)。 ・よくニューヨークでミュージカルを観る。 ・豪華客船クルーズでギリシャ、トルコ、モンテネグロ、イタリアを廻った事がある。 ・現金や宝石が入っていたバッグをひったくられた事がある。 ・座右の銘…「元気ならなんでもできるはず」。 ・他人と一緒に入浴するのが苦手。 ・人見知り。 ・お手伝いさんがいる。 ・ペットの犬と一緒に散歩をして近所つきあいが出来るようになった。 ・人と一緒に食事をするのが大好き。 ・母親は92歳で他界。 ・岸恵子…横浜第一高等女学校創作ダンス部の1年先輩。 ・淡路恵子、深草笙子…SKD時代に草笛を加えた3人でスリーパールズとして売り出された。 ・森繁久弥…多くの映画で共演。 ・菊田一夫…菊田が手掛けた東宝ミュージカルに多数出演。 ・市川崑…市川が監督した映画「金田一耕助」シリーズ全5本に出演。 ・ジュディ・リンチ…高名なブロードウェイミュージカル俳優。 ・伊藤幸太郎…パーソナルトレーナー。 最低週に1回自宅に来て貰う。 」に出演(=14年5月4日放送分) ・母親…約30年間マネージャーをやってくれた。 若い頃から大変な読書家で台本を読む眼を持っていた。 12現在) ・富田恵子…妹。 ・芥川也寸志…作曲家。 不倫交際の末に60年結婚、62年離婚。 芥川龍之介の三男。 前妻と離婚が成立して草笛との婚約を発表する直前に愛人が自殺した。 挙式の朝に祖父(戸籍上は父親)に「おじいちゃん、ちょっと行ってきます」と挨拶して、 本当にすぐ離婚して戻ってきた。 友人に誘われて受験して60倍の倍率を突破して合格。 ・SKDの研究生になった当初は譜面を読めず、バレエの基本を知らなかった。 寝る間をおしんで勉強・練習して卒業成績はトップだった。 ・SKDのトップスターとして活躍。 ・SKD時代、帰宅すると母親の洋裁を手伝った。 大晦日に夜なべした事があった。 ・SKDの試験で3階級特進して「10年に1人の大型新人」と呼ばれた。 ・舞台「リオ・グランテ」でSKD史上初の新人で主演、「脅威の新人」と評判になった。 ・SKD在籍中にNHKと出演契約を結んdな。 ・シングル「赤い恋の花」をリリース(=53年)。 ・テレビ「光子の窓」は日本初の本格的ミュージカルバラエティ。 多才なゲストをスタジオに呼んでの生放送が話題を呼んだ。 早着替えであわててバストを出してしまって他の出演者に見られた事があった。 ・テレビ「アフタヌーンショー」の司会を務めた(=65年)。 ・アメリカで観たミュージカル「ラ・マンチャの男」に言葉を失う程感動、 アルドンナ役に女優生命をかけようと決意して、東宝に上演権を取るように自ら交渉した。 ・「わたしはシャーリー・ヴァレンタイン」で2時間15分のひとり舞台に挑戦。 ・紫綬褒章を受章(=99年)。 ・舞台「ウィット」で末期がん患者を演じる為に髪の毛を剃った(=02年)。 ・主な著書…「光子の扉をあけて」「いつも私で生きていく」。 ・「最年長ミュージカル女優」と呼ばれる。 ・万が一に備えて色々なモノを持って行くので荷物が多い。 1ヵ月公演の荷物は大きなスーツケース7個になる。

次の