大変 恐縮 なの です が。 お忙しいところ恐縮ですがのメール例文!ご多忙中などの類語や英語も

謝罪や感謝を伝える言葉「恐縮です」の意味、類語、ビジネスでの使い方

大変 恐縮 なの です が

Contents• 「お忙しいところ」といった言葉はどういったシーンで使うのか? ビジネスメールやビジネスのあいさつの場面なので、 「 お忙しいところ」といった言い回しをすることは多いかと思います。 そもそも 「お忙しいところ」という言葉は、 相手に仕事を頼むときや 質問や問い合わせの回答を頼む時など、 相手の負担になることをこちからからお願いするときに使います。 ビジネスメールなどで添付した資料の確認をしてほしい時などには、 「お忙しいところ大変恐縮ではございますが、 添付させていただいた資料のご確認のほどよろしくお願いいたします。 」 といった言葉になりますね。 といったことから、「お忙しいところ」は、 相手にこちらから要求することが多いビジネスメールなどではよく使うフレーズなのです。 ・お忙しいところを申し訳ございません。 ・お忙しいところお時間をいただき、ありがとうございました。 ・お忙しいところ、大変失礼致しました。 ・お忙しいところ、申し訳ありません。 ・お忙しいところ、お手数かけますが、どうぞよろしくお願いいたします。 ・お忙しいところ、恐れいります。 このよように「お忙しいところ」 のうしろに続くことばを変えることによって さまざまなビジネスシーンで使えます。 また、ビジネスメールで「お忙しいところ」などを使った場合の 締めくくりは 「よろしくお願いいたします」 にするといったことも忘れずにしましょう。 スポンサードリンク 「恐縮」の意味と使い方 「恐縮」といった言葉もビジネスシーンで意外とよく使うことがある言葉です。 これをつかいこなせれば、とても重宝しますのでその意味と使い方をまとめてみます。 「恐縮」(きょうしゅく)の意味は、 相手に迷惑をかけたり、 相手の厚意を受けたりして申し訳なく思うこと。 おそれいることといったことといったことです。 そして 「恐縮」の使い方ですが、 「すみません」の代わりによく使われるのが「恐縮です」 特に ビジネスシーンでは「すみません」ではなく 「恐縮です」が使われるのが一般的です。 ・お電話をいただき恐縮しております。 ・お手数をおかけし恐縮ではございますが~ ・お急ぎのところ恐縮ですが、 ・お忙しいなか大変恐縮でございますが、お返事をいただきたく、お待ち申し上げます。 ・手取り足取り、ご教示いただきまして大変恐縮しております。 といった感じですね。 」 といったことを入れると相手に失礼にならないような 心づかいを感じさせるので物事が円滑に進みます。 また、 断りを入れる際にも使えます。 多くのご提案をいただいておきながら、たいへん恐縮ですが~ といった感じですね。 同じ意味として使えます。 相手に謙遜な気持ちをあらわす言葉ですので それぞれのシーンに応じて使っていきましょう。 ご多用、 ご多忙、 お忙しいところ等の使い分け ご多用、 ご多忙、 お忙しいところ といった言葉の違いと使い分けは 「お忙しい」よりも「ご多忙」の方が相手に対して硬い表現であり、 ビジネスのシーンではこういった言い回しの方が適切です。 ですので、 お忙しいよりも硬い言葉遣いを使用する必要がある ビジネスのシーンでは 「ご多忙のところ恐縮でございますが」などと書くことが多いです。 また、「ところ」というこどばに置き変えて 「の折」とつけたり、「の中」とつけたり、 「のみぎり」とつけたりすると丁寧さをより増した表現になります。 「ご多用」と「ご多忙」の使い分け方ですが、どちらを使っても意味合いは同じなのです。 ただ、 多忙の「忙」の字が 「心を亡ぼす」 という意味の文字の 偏(へん)と旁(つくり)からできているため その文字を嫌う人が、 受け取り手によってあるかもといった配慮により 「ご多様」といった言葉を使うといったことがあります。 「忙」という字のエピソードが一般的に知れ渡ってきたため、 この文字を使うことに神経質になる人が昔よりも増えているのですね。 「ご多忙」も間違った使い方ではないので 気にしすぎないようにするといいのではないかと思います。 それでも もし気にされるのでしたら、 受け手にとって印象が悪く取られかねない「多忙」を最初使わず、 「多用」という表現を始めから使ってもいいですね。 ま と め 『お忙しいところ恐縮です』といった言葉は、 本題に入る前置きの心をほぐすような作用も持っている言葉です。 基本的な使い方と意味を考えて相手の気持ちになって書くことがもっとも大切です。 相手が忙しいかどうかは把握していなくても、忙しくない状況だと分かっていても使うのが心遣いです。 このような言葉を書面やメールでも一言添えることで、 より行き届いた文章になるのでそれぞれの言葉を使い分けて 相手や状況に応じて選ぶようにすると本題の部分もスムーズに進むことになるのではないでしょうか。

次の

「お忙しいところ恐縮ですが」の意味と使い方・言い換え

大変 恐縮 なの です が

「恐縮の限り」という言葉は「恐縮」と「(の)限り」という部分に分けることができます。 恐縮と言うのは「恐れて身がすくむこと、相手に迷惑をかけて申し訳なく思うこと」を指しています。 また「限り」の意味は「そのことの限度いっぱい、限界まで」となります。 総合すると「限界までおそれて身がすくむほど相手に迷惑をかけて申し訳なく思う」という常軌を逸した状態という意味になります。 しかし実際に使われている意味合いとしては「迷惑かけてすみません」といった程度の言葉です。 ビジネスの世界では飾った言葉が好まれる 「恐縮の限り」という言葉は、主にビジネスの場面で使われます。 ビジネスの世界では過剰に粉飾した意味の言葉を使う風潮があるのです。 例えば「貴社のご発展とご隆盛を心より祈念致しております」といった挨拶は過剰な意味の表現ですが様々なところで使われています。 そのため、こういった場面では、「恐縮の限り」といった極端にへりくだった言葉も好んで使われているのです。 「恐縮の限り」は手を煩わせた謝罪の場面で使う 「恐縮の限り」は実際にどのような場面で使う言葉かと言うと、主に「相手の手を煩わせた場合の謝罪」の場です。 「恐縮の限り」という言葉の意味において最も重要な部分は「相手に迷惑をかけてしまって申し訳なく思う」という点です。 例えば相手に余計な手間をとらせてしまった場面で、「今回の件で多大なご迷惑をおかけしてしまい誠に「恐縮の限り」です」というように使います。 謙遜の意味で使えばやり取りがスムーズになる また、もっと軽い場面でも「恐縮の限り」を使うこともあります。 例えばある商品やサービスの不備について報告する際、直接その原因となる人へ連絡できない場面も多々あります。 会社の窓口へ報告するなら、報告を受け取る人はおそらく、そのトラブルに関係の無い人です。 そのため、本来では過度な謙遜を意味するのですが、あえて「お手を煩わせてしまい恐縮の限りです」というように述べると良いでしょう。 相手もこちらへ迷惑をかけている気持ちになっていれば互いに謙遜しあいながら連絡を取ることができ、気分良くやり取りは進んでいきます。 「恐縮の限り」は日常的な謝罪の言葉ではない 「恐縮の限り」という表現を使わない方が良い場面も存在します。 それは日常的な場面です。 「恐縮の限り」というのは一大事や丁寧な応対の際に使う表現であって、日常の謝罪に使うと違和感が生じてしまいます。 例えば上司に「ここ間違えてるよ」と指摘を受け「「恐縮の限り」でございます」と返答したなら妙な目で見られるかもしれません。 基本的には過度な謝罪表現なので日常で使うものではありません。 謙遜の意味で使用するときは言葉に見合う対象が必要 「恐縮の限り」には謙遜の意味も含まれていますが、使わない方が良い場面は色々とあります。 例えば上司に「このグラフの書き方いいねえ」と褒められたときに「「恐縮の限り」でございます」と言ったならキョトンとされるかもしれません。 大きな仕事を達成したときに「よくやった」と言われたら「恐縮の限りでございます」と返答するのは妥当です。 この表現にはその言葉に見合う大きな対象が必要なのです。 「恐縮の限り」には謝罪と謙遜の意味がありビジネスの場面での使用が好まれる 「恐縮の限り」の意味と使う場面について見てきました。 「恐縮の限り」というのは「限界までおそれて身がすくむほど相手に迷惑をかけて申し訳なく思う」という極端な表現です。 ですがビジネスの場面ではこのような飾った表現が好まれるので、良く使われます。 主な意味としては謝罪と謙遜となり、特に「相手の手を煩わせた際」に使う表現です。 大きな失敗の謝罪時や、大きな仕事を達成して褒められたときの謙遜時の表現として使うのが相応しい表現です。

次の

お忙しいところ恐縮ですがのメール例文!ご多忙中などの類語や英語も

大変 恐縮 なの です が

ビジネスシーンでは、丁寧な言葉遣いや敬語で話すことが、マナーだとされています。 丁寧な言葉遣いや敬語となると、堅苦しいイメージがあり、覚えたり使ったりすることが、難しいと思われがちです。 そのため、ビジネスシーンで使われる言葉やフレーズ、挨拶などに対して、苦手意識を持たれている方も、少なくないでしょう。 「大変恐縮ですが」という言い回しも、ビジネスシーンで頻繁に使用されるフレーズの1つです。 意味や使い方を理解したで使いこなせると、何かと便利なフレーズですが、上記でも挙げたように、複雑そうなイメージや苦手意識を抱いている方も、少なくないでしょう。 そこで今回は、「大変恐縮ですが」というフレーズをテーマにして、意味や使い方、類語や言い換え表現などについて、考察・ご紹介していきます。 「早速ですが」を正しく使っていますか? まずは、「大変恐縮ですが」という言い回しに、どのような意味が含まれているのか、基本的な意味について確認するところから、始めましょう。 また、文章や会話において、「大変恐縮ですが」というフレーズを使用したい場合、具体的にどのような使い方をすれば良いのか、使い方や例文についても、考察・ご紹介していきます。 「大変恐縮ですが」の意味 早速、「大変恐縮ですが」という言い回しに含まれている、意味やニュアンスについて、考察していきましょう。 「大変恐縮ですが」という言い回しは、「大変」と「恐縮」と「ですが」に、わけて考えることができます。 今回は、特に意味や解釈に戸惑いやすいと考えられる、「大変」と「恐縮」の意味について、考察していきます。 「大変」の意味 まずは、「大変」という言葉について、意味を確認していきましょう。 「大変」という言葉は、日常生活でも非常に頻繁に使用されている、とても身近な言葉の1つです。 「大変恐縮ですが」という言い回しの場合は、どのような意味やニュアンスで使われているのか、知っておきたいところです。 「大変」という言葉の意味について、「goo辞書」では、以下の引用のように説明しています。 引用の内容から、「大変」という言葉には、さまざまな意味が含まれていることが読み取れます。 名詞や形容動詞として、「大変」が使用されている場合は、重大な事件や物事の程度が深刻であること、苦労などが大きいことを意味しているとされています。 一方で副詞として使用されている場合は、程度がはなはだしい様子を意味していると言われています。 [名・形動] 1 重大な事件。 大変事。 一大事。 2 物事が重大であること。 また、そのさま。 3 苦労などが並々でないこと。 また、そのさま。 [副] 程度のはなはだしいさま。 非常に。 たいそう。 「恐縮」の意味 続いて、「恐縮」という言葉の意味について、考察していきます。 「大変恐縮ですが」というフレーズに対して、難しそうなイメージや複雑そうな印象を抱いている方の中には、「恐縮」という言葉の意味がわからないために、上記のように感じているという方も、いらっしゃるでしょう。 この機会にぜひ、「恐縮」の意味について、確認してみて下さい。 「恐縮」の意味について、「goo辞書」では、以下の引用のように解説しています。 引用の内容から、「恐縮」とは恐怖や恐れで身が縮まったりすくむことを意味していることが、読み取れます。 また、相手に迷惑を掛けてしまったり、相手からの厚意を受け取ったりした際に、申し訳なく感じたり、おそれ多いと感じたりすることを意味するケースもあります。 1 おそれて身がすくむこと。 2 相手に迷惑をかけたり、相手の厚意を受けたりして申し訳なく思うこと。 おそれいること。 また、そのさま。 使い方【1】:お忙しいところ大変恐縮ですが 「大変恐縮ですが」という言い回しの意味を理解したところで、続いては使い方について、考察していきます。 「大変恐縮ですが」という言い回しを、文章や会話で使用したい場合、どのような形で使えば良いのか、さまざまなフレーズを使用した例文をご紹介していきます。 例文を通して、「大変恐縮ですが」という言い回しの実践的な使い方について、考えてみましょう。 「大変恐縮ですが」を使用したフレーズの中でも、特に頻繁に使用されるのが、「お忙しいところ大変恐縮ですが」というフレーズです。 以下の例文のような使い方ができると考えられます。 ・お忙しいところ、大変恐縮ですが、〇〇様はいらっしゃいますでしょうか。 ・お忙しいところ大変恐縮ですが、ご確認お願いいたします。 ・お忙しいところ大変恐縮ですが、本日中にご返信いただけますよう、お願い申し上げます。 使い方【2】:大変恐縮ですが宜しくお願い致します 上記でご紹介した、「お忙しいところ大変恐縮ですが」という言い回しと並んで、「大変恐縮ですが」を使用した言い回しの中でも、特に使用されることが多いのが、「大変恐縮ですが、よろしくお願いいたします」というフレーズです。 相手に何かを依頼したり、やってもらったりする際に、使用されることが多いと考えられます。 ・大変恐縮ですが、時間厳守ということで、よろしくお願いいたします。 ・急なお願いで大変恐縮ですが、よろしくお願いいたします。 ・大変恐縮ですが、明日までにご回答頂きますよう、よろしくお願いいたします。 社会人として働いていると、クライアントや顧客、消費者などから、クレームや苦情が入ることもあります。 そのような場合の対応として、相手に事情を理解するよう、お願いしなければならないケースもあるでしょう。 上記のようなシチュエーションで、使い方を覚えておくと何かと役立つ可能性がある言い回しが、「大変恐縮ですがご理解」というフレーズです。 ・大変恐縮ですが、納期の件についてはご理解頂きますよう、お願い申し上げます。 ・大変恐縮ですが、ご理解頂けますと幸いです。 ・ご迷惑をお掛けしているところ、大変恐縮ですが、ご理解頂きますよう、お願い申し上げます。 使い方【4】:大変恐縮ですが何卒 ビジネスシーンでは、日常的な会話では、あまり使用しない言い回しや言葉も、使用することになるケースがあります。 「何卒」という言葉もまた、日常の会話では使用しないものの、ビジネスシーンや公の場ではよく使われる言葉の1つと言えるでしょう。 そこで続いては、覚えておくと何かと役立つ、「大変恐縮ですが何卒」というフレーズについて、例文を通して見ていきましょう。 ・大変恐縮ですが、何卒よろしくお願い申し上げます。 ・お忙しいところ大変恐縮ですが、ご検討いただきますよう、何卒お願い申し上げます。 ・大変恐縮ですが、契約の件につきましては、何卒よろしくお願い申し上げます。 「大変恐縮ですが」の類語・言い換え表現 続いては、「大変恐縮ですが」という言い回しの、ビジネスにおける使い方について、考察していきます。 「大変恐縮ですが」という言い回しは、ビジネスシーンや公の場で使用されることが多い言い回しです。 「大変恐縮ですが」という一言を加えるだけで、相手への気遣いなどを表現できるケースもあり、相手からの印象も変わる可能性があります。 ですから、この機会にぜひ、ビジネスにおける適切な「大変恐縮ですが」の使い方についても、考えてみましょう。 ビジネスでの使い方【1】:メール ビジネスにおける「大変恐縮ですが」の使い方の1つとして、メールで使用する方法が考えられます。 最近では、ビジネスメールにおけるやり取りをする会社も増えており、重要なやり取りなどもメールで行うケースがあります。 しかし、メールの場合は文章なので、直接会って話している時や、電話で会話をしている時に比べると、感情や考えなどが伝わりにくいこともあります。 そのため、必要な内容のみを淡々と記入しただけのメールだと、事務的で冷たい印象を相手に与えてしまう危険性があります。 そのようなときに、「大変恐縮ですが」などの一言を付け加えて挨拶をしたり依頼をしたりすると、文章にあたたかみが出たり、相手への気遣いが表現できたりする可能性があると言われています。 ビジネスでの使い方【2】:依頼 「~していただけますと幸いです」という言い回しもまた、「大変恐縮ですが」という言い回しと同様に、よく使われている表現の1つです。 「幸い」という言葉には、「ありがたい」「助かる」といった表現が含まれているため、依頼などをする際に、不躾な印象や強引なイメージを、緩和することができると考えられます。 ・可能でしたら、明日までにご返信いただけますと、幸いです。 ・間違いなどございましたら、ご指摘しただけますと幸いです。 ・お手数ですが、ご連絡いただけますと幸いです。 別の表現【2】:申し訳ありませんが 「恐縮」という言葉には、申し訳ない気持ちを表現する意味が含まれています。 ですから、「大変恐縮ですが」という言い回しは、「大変申し訳ありませんが」といったフレーズと、文脈や内容によっては、置き換えて使用できると考えられます。 ・申し訳ありませんが、時間厳守でお願い申し上げます。 ・申し訳ございませんが、先程の回答について、ご理解いただけますと幸いです。 ・申し訳ございませんが、本日中にご返信いただきますよう、お願いいたします。 「大変恐縮ですが」は便利な表現.

次の