焼売 グリンピース 理由。 シュウマイにグリーンピースが乗せられている意外な理由とは?

冷凍食品と侮るなかれ! 冷凍シュウマイ8商品を食べ比べてみた

焼売 グリンピース 理由

7754• 564• 416• 19377• 1743• 496• 387• 885• 10846• 400• 1258• 878• 684• 638• 1229• 2404• 659• 2197• 1636• 1210• 583• 222• 4031• 569• 998• 838• 179• 147• 339• 884• 199• 107• 495• 237• 189• 1 過去ログ 1143 2040 2103 1796 2681 1719 1232 1233 1797 1859 1799 1848 1843 1783 1854 1796 1708 904 728 621 580 601 601 629 773 829 822 788 715 688 795 732 713 761 778 763 690 645 672 634 665 565 600 629 615 654 662 720 655 649 671 631 518 491 515 532 601 676 648 667 662 652 642 576 578 497 502 533 516 563 553 528 429 152 18 199 350 241 60 なんJ・野球のアンテナ様.

次の

【シュウマイのグリーンピース】意味は?チコちゃんとタモリ倶楽部が解決!

焼売 グリンピース 理由

日本では当然のように付いている理由とは… 答えは、学校給食にありました。 どうやらショートケーキをマネして作られたらしいのです。 ケーキの上にイチゴ、 シュウマイの上にグリーンピース。 これで給食が楽しく…なるの? 実用的な理由としては、「数えやすくするため」です。 給食用の大きな蒸し器にシュウマイを並べたときに器の中がすべて同一の色だと数えるのが大変です。 グリーンピースがあれば この小さな緑色を数えれば間違いがありません。 もうひとつの理由は、 蒸し加減の目安となることです。 グリーンピースのふやけ具合で シュウマイの出来上がり具合を知るそうです。 この熟練のワザは、 給食づくりを何年も経験することで培われるのでしょう。 理由は下記の通り グリンピースの正体 このシュウマイの頭の部分にはグリーンピース? が乗っていて、その緑の色は色添えの意味でワンポイントになっていたりします。 しかしこの何気ないグリンピースにも意味があります。 その1の理由:シュウマイの中に何が入っているかを知る目印として、色分けしているケースがある。 その2の理由:そのまま彩りの意味で、あの緑色のグリンピースがないと、真っ白なシュウマイはのぺっとした物になってしまって、美味しそうに見えないからと言われています。 その3の理由:学校給食に使われるようになったときに「いちごのショートケーキ? みたいに楽しい気分で食べてほしい」との思いから。 本場中国では、シュウマイにグリーンピースは乗っていません。 日本では当然のように付いている理由の答えは、学校給食にありました。 どうやらショートケーキをマネして作られたらしいのです。 ケーキの上にイチゴ、シュウマイの上にグリーンピース。 これで給食が楽しく…という意図があったようです。 実用的な理由としては、「数えやすくするため」です。 給食用の大きな蒸し器にシュウマイを並べたときに器の中がすべて同一の色だと数えるのが大変です。 グリーンピースがあればこの小さな緑色を数えれば間違いがありません。 もうひとつの理由は蒸し加減の目安となることです。 グリーンピースのふやけ具合でシュウマイの出来上がり具合を知るそうです。 この熟練のワザは、給食づくりを何年も経験することで培われたのでしょう。

次の

しゅうまいの上についてるグリンピースは何で乗っかっているのでしょうか?

焼売 グリンピース 理由

シュウマイにグリーンピースを乗せるようになった理由 実は、シュウマイにグリーンピースを乗せているのは日本だけです。 中国では乗せていません。 グリーンピースを乗せるようになった理由として、 「給食で数を数える際わかりやすくするために目印として」や 「彩りのため」など 色々な説があるのですが、ここでは最も有力な説を取りあげます。 それは昭和30年代のこと。 当時、大手冷凍食品会社「ニチレイフーズ」の開発担当者であった小野寺さんという方が始めたのです。 学校給食のメニューを考えていた時、「子供たちにシュウマイを食べてもらおう」と グリーンピースを乗せることにしたのです。 それは、ショートケーキから発想を得たのです。 子供が好きなショートケーキ。 上には必ずイチゴが乗っていますよね。 同じように「シュウマイの上にも何かを乗せたら子供達が喜んで食べてくれるだろう」 と小野寺さんは考えたのです。 なので子供達に出すシュウマイには、ニュージーランドから輸入した甘くて食べやすい グリーンピースを使ったそうですよ。 近年ではグリーンピースを乗せなくなった理由 ところが最近は、グリーンピースが乗ったシュウマイ、 そこまで見かけないような気がしませんか? その理由が気になりますね。 グリーンピースを乗せるきっかけを作った「ニチレイフーズ」は、 「乗せる必要がなくなった」からだと言います。 どういうことでしょう? それは、シュウマイのバリエーションが増えたことにより認知度が高まったためです。 もともとは「馴染みのないシュウマイを子供達に食べてもらおう」 という目的で乗せられたグリーンピース。 今ではシュウマイの認知度が高まったので、わざわざグリーンピースを乗せる必要がなくなった、 ということですね。 確かにエビやカニなど、豚肉以外にも色々な具材が入れられたりしますよね。 私はエビシュウマイが好きです! プリプリとした食感がシュウマイの皮とマッチするんですよね。 ああ食べたくなってきた・・・ また、シュウマイといえば・・・ 崎陽軒の「シウマイ」も有名です。 こちらも美味しいですよね〜 リンク 崎陽軒では、グリーンピースを上に乗せているのではなく、具材と一緒に中に混ぜ込んでいます。 これは、食感や味を考慮してこのように至ったと。 ただ、グリーンピースが嫌いな人も多いわけで、これには賛否両論あるようです。 「タネと一緒に混ぜ込んであるのでグリーンピースだけを取り除くのが大変」、 という声もある一方で 「一緒に混ぜ込んであるからグリーンピースが苦手でも食べられた!」 という声もあるみたいです。 シュウマイにグリーンピースは必要? では結局のところ、シュウマイにグリーンピースは必要でしょうか。 グリーンピースがあることで、シュウマイのモッタリ感とはちょっと違う、 プチッとした食感を与えることができますよね。 味に変化をもたらすということです。 また、彩りも良いですよね。 シュウマイはいわゆる「茶色いおかず」・・・ 食卓でも、お弁当でも正直あまり見栄えは良くありません。 でも、上にちょこんとグリーンピースがあることで、 小さな豆ですがそれでも一気に華やかさを与えてくれます。 それだけ緑色はよく映えます。 ただ、一方で・・・ グリーンピースが嫌いな人も少なくありません。 その人たちにとっては、グリーンピースは邪魔な存在であり、 毎回わざわざ取り除かなければいけません。 また、「グリーンピースは果たして本当に必要なのか?」 という声も多いです。 あっても良いけど、別になくても不便は感じないということですよね。 ということでまとめると、.

次の