クワガタ 飼育 ケース。 クワガタの飼育ケースの自作に挑戦!必要なものと作り方は?レイアウトはどうする?

飼育ケースの選び方。飼育目的にあったケースサイズを選ぼう!

クワガタ 飼育 ケース

生体は到着当日中、用品は到着日を含む7日以内に必ずご連絡下さい。 生体は死着・欠損の場合のみの対応になります。 商品到着当日、用品到着後7日以降の返品・交換には、応じかねる場合がごございますのでご注意ください。 尚、お返事は翌営業日に順次対応させて頂きます。 *休業日は右上のカレンダーに表示していますのでご確認下さい。 プロバイダーやメーラー等による、なんらかの原因で、メールが不着になることもあります。 メールをご確認いただけないことで、大切なお客様にご心配・ご不便をおかけいたしますことは当店にとっても、とても不本意なことですが、残念ながら不着になることを当店側では完全に防ぐことが出来ません。 また、メールの不着により、お客様にご注文内容を確認していただく事が出来なくなり結果、お振り込みが出来ないため、ご注文が無効になりご迷惑をおかけしてしまうことになる可能性もございます。 お急ぎの場合やメールが不着になってしまった場合でも、確実に商品届く必要がある場合は、クレジットまたは代引きにてご注文下さいますよう、よろしくお願い致します。 Copyright c 2020 e-kuwa All Rights Reserved. このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの 無断転載を禁じます。

次の

失敗しないクワガタの飼育方法まとめ!必要な物は?~成虫編~

クワガタ 飼育 ケース

白い小さなダニがいる マットや菌糸瓶が発生源になります。 マット、菌糸瓶をエサにして繁殖しますので、マット、菌糸瓶が高栄養のため、ダニにとっても最適な環境になってしまいます。 クワ・カブの成虫、幼虫にとっては無害ですので心配はありません。 ただ、見ていて気持ちの良いものではありませんので、どうしても気になる場合は、頻繁な交換は成長を阻害しますのでお勧めは出来ませんが、新しいマット、菌糸瓶に交換をして下さい。 水分が多すぎると。。 水分が多すぎるとマットが腐敗をして黄土色に変色します。 マットは幼虫にとってのエサですので、腐敗をしていては 食べることが出来ません。 また、マットとマットの間に水が入りますので、マットの 中は通気を確保出来なくなる場合もあります。 マットは、幼虫にとって居住空間でもあります。 居住空間に通気がないとマット上部に上がって酸素を 確保するか中で我慢をするしか有りません。 白いカビのようなものやキノコがが出てきた。 細い線状に発生することも有ります。 これは、栄養分の一つになりますので安心してください。 特に低温下で管理をすると良く発生し、成長をするときのこが出てきます。 マットにはキノコの菌が幼虫のための栄養分として入っています。 冬期になるとキノコの発生時期になりますので、どうしても良く発生をしてきます。 幼虫がケース内で動きマットを攪拌してくれるとキノコの発生を押さえてくれます。 しかし、有る程度幼虫が成長していたり、飼育温度が低いとマットを攪拌しないので、キノコが出てきてしまいます。 キノコが出てきましたら、取り除いていただければ問題有りません。 ただ、マット内にも出てくることがありますので、あまりにもひどい場合は、マット自体を全て交換してください。 マットに小さなコバエが発生している このコバエは、朽ち木ハエ、と言って朽ち木に発生いたします。 昆虫用のマットが丁度このコバエにとっても良い繁殖環境になりますので、どうしても発生してしまいます。 クワガタ、カブトの幼虫にとっては害はありませんのでご安心下さい。 ただ、ごく希になりますので、さほど心配をしていただくことはありませんが、蛹室 蛹から成虫になるための部屋 の中に大量発生をすることがあります。 この場合は、蛹が落ち着きませんので人工蛹室に移していただく必要があります。 蛹室内に数匹いるだけの場合は、そのままでも大丈夫です。 マットの交換時期について マットは、ゼリーの食べこぼしやバクテリアの発生等で土状になってきます。 その前に、鼻につく臭いが出てきますので ゼリーの食べこぼしや、糞が原因 、飼育をしていて不快な状態になりましたら交換をして下さい。 成虫用マットの水分量ですが、採卵目的でない場合は、ハサッとしている程度の方が持ちが良くなります。 強く握ってやっと固まる程度ですね。 黄土色に変色してきます マットが腐敗しています。 新しいマットに交換をして下さい。 水分過多になっていると腐敗をして黄土色に変色してきます。 この状態になりますと、成長を妨げるだけではなく、羽化不全 蛹 で死んでしまう、羽が閉まらない等 の原因になります。 感覚的には、軽く握って団子になり突いて崩れる程度です。 強く握っても水がしみ出なければOKです。 マットは、4ヶ月を目安に交換をしてください。 きつく握って水がしみ出るようですとかなり水分過多になっています。 水がしみ出るほど多湿にすると 採卵時は、せっかく産んでくれた卵が腐ってしまう。 幼虫飼育時は、羽化をしたら凹みが出来てしまう、羽が閉まらない等の弊害が出る場合が多くなります。 使わないマットの保管は? 未使用のマットは、直射日光をさけて涼しい場所に保管をして下さい。 保管出来る期間は、保管場所の温度で大きく変わります。 期間で判断されるよりマットの状態で判断をするのが一番間違い有りません。 マットは、バクテリアの分解によって徐々に土状になってきます。 お届けさせて頂いたときと同じ手触りと粒子の大きさを保っていれば安心してご使用頂けます。 完全に土状になってしまっていたら残念ですがご使用出来ません。 クワガタ用のマットで少しだけしっとり 土状 している場合は、カブトムシに使用して頂いても良いです。 ・卵が腐る、幼虫が潜らない、成長した幼虫が瓶交換後死んでしまう!と言ったことの原因は、ほとんどガス抜きをせずに使用すると起きる事故です。 ・ガス抜きの方法は、バケツ、コンテナケース等へ入れ、良く攪拌してください。 3日に一度ほど攪拌し直し、臭い臭いが、おが屑の臭いに変われば大丈夫です。 ガス抜き開始後、約1週間から10日程で完了です(^^) 線のように細くて、白い小さいミミズ(?! )のようなものが これは線虫になります。 マットの水分が多い、またはマットが土状になると発生しやすくなります。 発酵マットから、放射線状に白い胞子のようなものが 白い線状ののもは糸状菌で、キノコの根みたいなものです 幼虫を飼育するためのマットにとって有効なものになりますので 安心してそのまま飼育をして下さい。 ゼリー各種の保存法法、賞味期限は? ゼリーは、常温で保管をしていただけます。 【昆虫ゼリー交換の目安】 3〜4日程で食べきる量がコバエが沸いたりせずお勧めです。 長くても1週間程で食べきる量の昆虫ゼリーを与えた方が良いです。 コバエの幼虫が気にならないようなら2週間引っ張ってもOK。 かなり気持ち悪い。。。 自然界では、朽ちた木にバクテリアが繁殖してカビの発生を押さえています。 しかし、人工飼育用として使用する朽ち木 一部エサ皿等に使う生木を含む はバクテリアの発生していないものを乾燥させて使用しますので、湿気が加わると空気中で一番強い青カビ菌と白い菌が発生してきます。 白い菌はカビではありません。 朽ち木は椎茸のホダ木 栽培後の木 を使用しています。 湿度か加わることによって、この椎茸菌が再生して出てきたものになります。 白い菌は、クワガタカブトにとって無害です。 むしろ有効な成分でもあります。 青カビの方は、バクテリアの繁殖と共に徐々に消えていきます。 2週間ほどの辛抱なのですが、ひどい場合は、ティッシュ等で拭き取っておけば全く問題ないので安心して下さい。 カビが出てきました。 セット後にカビがでると心配ですよね。 でも、冷静に考えると材を加湿して置いておけばカビがでてしまうのは自然なことで防ぎようがありません。 でも、1本では産まないかというとそう言ったこともありません。 材の質が良く産卵に適した材なら径7cm程の材1本でも5〜10以上はちゃんと産みます。 少しでも効果的に、かつたくさん採卵したいときは可能な限り多数材を入れ、少数で良い場合は、状態の良い材を少し入れる選択方法が良いと思います。 使わない産卵木の保管は? 加湿していない状態で保管をして下さい。 保管は湿気のない場所にして下さい。 春先からは害虫の混入、また衣装ケースでの保管は蒸れる可能性があります。 幼虫に害を与える虫は、コメツキの幼虫になります。 コメツキを今まで生活している中で見つけたことがない環境でしたら滅多に混入することはないはずです。 また、蒸れた場合は、カビが出ます。 カビ自体は、乾燥をすると消えていきますが、蒸れたままの状態ですとバクテリアが発生して 有害では有りません 材をゆっくりと分解していきます。 材が分解をしてしまうと、柔らかくまた変色してして産卵に最適状態から遠ざかってしまいます。 クワガタ、カブトは、朽ちた木が生活環境になり、それが幼虫にとってのエサにもなります。 自然界では、朽ちた木にバクテリアが繁殖してカビの発生を押さえています。 しかし、人工飼育用として使用する朽ち木 一部エサ皿等に使う生木を含む はバクテリアの発生していないものを乾燥させて使用しますので、湿気が加わると空気中で一番強い青カビ菌と白い菌が発生してきます。 白い菌はカビではありません。 朽ち木は椎茸のホダ木 栽培後の木 を使用しています。 湿度か加わることによって、この椎茸菌が再生して出てきたものになります。 白い菌は、クワガタカブトにとって無害です。 むしろ有効な成分でもあります。 青カビの方は、バクテリアの繁殖と共に徐々に消えていきます。 2週間ほどの辛抱なのですが、ひどい場合は、ティッシュ等で拭き取っておけば全く問題ないので安心して下さい。 生体は到着当日中、用品は到着日を含む7日以内に必ずご連絡下さい。 生体は死着・欠損の場合のみの対応になります。 商品到着当日、用品到着後7日以降の返品・交換には、応じかねる場合がごございますのでご注意ください。 尚、お返事は翌営業日に順次対応させて頂きます。 このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの 無断転載を禁じます。

次の

よくある質問 各種クワガタの飼育方法 / クワガタムシ・カブトムシ専門店 イークワ

クワガタ 飼育 ケース

クワガタの日々の世話は? 飼育環境を整えたら、あとは湿度を保ちながら餌を切らさないようにするだけです。 クワガタの大きさによって変わりますが、専用ゼリーは週に1~2個消費します。 1週間を超えても残っているゼリーはそのままにせずに取り除いてください。 オスの場合、アゴの突起が邪魔をして容器のままでは食べにくそうであれば容器から取り出して、のぼり木の上などに置いてあげてください。 飼育環境が乾燥にしないよう、週に一回ほどマットや止まり木の湿り具合をチェックし、乾いていたら霧吹きをします。 あまり湿らせすぎると腐食の原因になり、クワガタが弱ってしまうので、軽く湿らせる程度で構いません。 のぼり木にダニがついたら熱湯をかけて死滅させます。 コバエの進入防止にはケースと蓋の間に新聞紙を挟んでおくと便利ですよ。 飼育のポイントは? 一つのケースに複数飼育すると激しいケンカの元になり、時には命を落としてしまうこともあります。 1匹ずつ飼育してくださいね。 繁殖を望む場合でも常にペアを一緒にしているとメスが弱ってしまうので、交配の時以外は別のケースで飼育します。 カブトムシとクワガタを一緒に入れることも避けてください。 温度管理の必要のない種類であっても、直射日光の当たらない30度以下の場所にケースを置くようにして下さいね。 クワガタの飼育環境を整えるには、それほど初期費用と手間はかかりません。 気軽にはじめられて、スペースをあまりとらないところもクワガタ飼育の魅力のひとつですね。 種類別の飼育の注意点は? 種類によって飼育する際に注意する点は異なります。 コクワガタ コクワガタは気温が下がると冬眠する習性があります。 十分な栄養を摂取しないまま冬眠してしまうと死んでしまうこともあるので、10月半ばになったら栄養価に優れたゼリーを与えることも忘れないようにします。 冬眠から目覚めた時に食事ができるように昆虫ゼリーを飼育箱に入れておくことも大切ですよ。 コクワガタについて詳しく知りたい方は ノコギリクワガタ 冬を感じていない幼虫は夏になってもサナギにならないこともあります。 ミヤマクワガタ 冷涼で湿潤な環境を好むので、温度管理が大切です。 幼虫の飼育に際しては、成長に合わせて餌を変更する必要があります。 最初は産卵時と同じ黒土マットで飼育しますが、半年を経過したら少しずつ黒土マットに栄養価の高いきのこマットを混ぜるようにします。 黒土マット7に対してきのこマット3の割合から始め、徐々にきのこマットの割合を増やし最終的に5対5の割合になるようにすることがポイントですよ。 ミヤマクワガタについて詳しく知りたい方は ヒラタクワガタ ヒラタクワガタはメス殺しをするため、同じ飼育ケースで飼育する場合は注意が必要です。 大型のヒラタクワガタの飼育を考えている場合は、メスとは別の容器で飼育するようにしてくださいね。 幼虫が成長する速度は温度に左右されるため、適温で飼育しなければ成長が鈍化しサナギから羽化することができなくなってしまいますよ。 産卵や冬眠時、幼虫の飼育の注意点は? 産卵 成熟していないオスとメスで交尾をさせても失敗することがほとんどです。 また、オスとメスを一緒のケースで飼育することも避けたほうがいいですね。 オスがメスを殺してしまったり、卵の孵化率が低下するなど様々なリスクが高まってしまいます。 冬眠 全てのクワガタが越冬するわけではありません。 「オオクワガタ」「ヒラタクワガタ」「コクワガタ」などが越冬をするクワガタ種で、「ノコギリクワガタ」「ミヤマクワガタ」などは越冬をしません。 注意点 水分が多いマットだと発酵によって温度が高くなることもあります。 発酵期間として3日ほどは幼虫を入れないようにすることをおすすめします。 クワガタの幼虫の育て方について詳しく知りたい方は.

次の