おへそ の ごま。 へそのごまの正体が判明!!その取り方と臭いの原因も徹底解説!! | 高齢者のための役立ち情報ブログ〜3歩進んで2歩下がる〜

「へそのゴマ」は取るべき? 医師が明かす正体&影響&ケア方法

おへそ の ごま

Contents• おへそのごまって何? では、おへそのごまの正体は一体何なのでしょうか? その答えは、「体から出るアカ」と「服の繊維」と「ホコリ」が混ざったものです。 つまり、ゴミです。 これだけゴミが混ざっているので、おへのには2300種類以上のバクテリアがいます。 もうこの上の3行を読んだだけでも、汚い感じがしますよね。 そのため、おへそのごまは取った方がいいのです。 しかし、おへそのごまを取る時に、ゴシゴシするとお腹が痛くなってしまいます。 それはおへそのすぐ裏側は、たくさんの神経が集まっている場所なのです。 そのため、力づくでゴシゴシ洗い、刺激を与えすぎてしまうと 神経が反応して腹痛を引き起こすのです。 こういう風にして腹痛を引き起こすため、力任せにゴシゴシとおへそのごまを取ることは おすすめしていません。 おへそのごまの色、白と黒ではどう違う? おへそのごまは一般的には、黒いと言われていますが、中には白い人もいます。 どうして色の違いがあるのかというと おへそのごまの溜まり始めは白いけど、それを放置するとどんどん黒くなるのです。 つまり、みんな始めは白色のおへそのごまなんです。 しかし、これ以外の理由も考えられます。 それには、着ている服の色が関係しています。 先ほど、おへそのごまは 『「体から出るアカ」と「服の繊維」と「ホコリ」が混ざったもの』とお話しました。 その中の服の繊維が白い場合、白いおへそのごまになります。 カンタンに言うと、白い服や白っぽい服の繊維は白いため、 それを多く着ていると、おへそのごまは白くなるということです。 ちなみに、青い服を多く着ている人のおへそのごまは青くなるそうです。 おへそのごまが青かったら、ちょっとびっくりしますよね。 スポンサーリンク おへそのごまが臭い!原因は? おへそのごまを見たり、取ったりしたことがあるという人は多いと思いますが、 おへそのごまの匂いを嗅いでみたという人は少ないのではないでしょうか? 実は、わたしはおへそのごまの匂いを嗅いだことがあります。 嗅いだ瞬間、想像以上の匂いにびっくりした記憶があります。 これはわたしだけが臭いのではなく、一般的におへそのごまは臭いと言われています。 では、どうしておへそのごまは臭いのでしょうか? 理由はカンタンです。 先ほどもお話しましたが、おへそのごまは 『「体から出るアカ」と「服の繊維」と「ホコリ」が混ざったもの』つまり「ゴミ」なのです。 思い出してください。 ゴミって捨てた瞬間は、そんなに臭くないのですが、 ゴミ箱の中で放置されると匂いが強くなりますよね? ましてや、あたたかいところに置いておいたゴミの匂いはどうでしょう? 想像したくないくらい、臭いですよね。 おへそのごまもそれと一緒なのです。 溜まった瞬間は臭くないのですが、それを体温が伝わるあたたかいところに放置されているため 匂いが強くなるのです。 まとめ いかがでしたでしょうか? おへそのごまについてお分かりいただけましたでしょうか? これを読むと、おへそのごまを取ろうと思う方は多いと思います。 そこで、お腹が痛くならない取り方を最後にお伝えしておきますね! まず、タイミングはお風呂上がりがいいです。 湯船に使って十分に柔らかくした後に、綿棒にオリーブオイルかベビーオイルを付けます。 それで優しくこすってみましょう。 ポイントとしては、1回で全部取りきろうとしないことです。 少しずつ取っていくと、お腹は痛くなりません。 ぜひ、試してみてください! あわせてこちらもどうぞ.

次の

へそのごまの正体が判明!!その取り方と臭いの原因も徹底解説!! | 高齢者のための役立ち情報ブログ〜3歩進んで2歩下がる〜

おへそ の ごま

あなたは、へそのゴマの正体が何かをご存知ですか? 実はとっても汚いあれなんです。 今回は、へそのゴマのにおいの正体や原因、そしてへそのゴマを簡単に落とすための洗い方のコツなどをお伝えします。 へそのゴマにはオリーブオイル!? いつの間にかおへそに溜まっている黒い汚れ、通称 『へそのごま』。 放っておくとどんどん増えていきますし、このへそのゴマが発するにおいはかなりきついものですよね。 高齢者の方の中には、ごまが溜まりすぎて塊になり、更にそれが皮膚に癒着してしまったというケースも毎年のように耳にします… そして 遂には、病院で除去してもらわなければならなくなってしまう事態にも発展しかねません。 しかも、 へそのごまが溜まるとおへそが黒ずんでしまい見た目にも悪く、更には言いようのない悪臭までもはなってしまいます。 私たちを困らすこの へそのごま。 今回の記事では、へそのごまの正体や、取りすぎるとおなかが痛くなるメカニズム、さらには安全に取り除くための驚きの方法について詳しく説明していきます。 へそのごまの正体は!? 放っておくといつの間にか溜まってしまっているへそのごま… 黒々としており、嫌なにおいを放ってしまいますよね。 そんな迷惑なへそのごま、その正体は 『体から出る垢』 だったのです!! へそに徐々に溜まっていった垢や体からはがれた皮膚や皮脂、更には着ている服の繊維や空気中に漂うホコリ等が混ざってできたものこそが、へそのごまの正体だったのです。 人間の垢なんだろうな、というのはなんとなく想像できましたが、まさか服の汚れまで混ざっているなんて驚きです。 においの原因 強烈なにおいを発生しているへそのごまですが、そのにおいの原因はいったい何なのでしょうか? 先ほど説明したように、 へそのごまは私たちの皮膚や体から出た垢・さらにはホコリなどが混ざってできたものです。 これらのものに、皮膚に付着している雑菌が混ざり合うと強烈なにおいを放つがガスが発生するのです。 このガスこそが、へそのごまの悪臭の正体です。 ちなみに、 このにおい発生のメカニズムは、私たちの体臭と同じだそうです。 においの防ぎ方 では、この悪臭が発生するのを防ぐにはどうしたらいいか… それは、 とにかく丁寧に洗うしかありません。 私たちの体には、必ず雑菌がついているものです。 仮にお風呂に入って体をピカピカに磨いたとしても、この雑菌は完全にとることはできませんし、外に出れば目に見えない雑菌がうようよと飛んでいます。 つまり、 においの発生要因となる雑菌を、体から完全に除去することは残念ながら不可能なのです。 私たちにできることは、へそのごまがたまらないようにこまめに磨いていくことです。 これを怠ってしまうと、いつのまにかへそのごまが溜まっていき、雑菌と混ざり合うことで悪臭が発生してしまうのです。 へそのごまの取り方とコツ では、どうやってへそのごまを取るといいのでしょうか? 「へそのごまを取ろうとしてごしごし指やタオルでこすったところ、急におなかが痛くなってしまった…」 こういった体験をしたことのある方は、少なからずいるのではないかと思います。 おへそは、私たちが思っている以上にデリケートな部分です。 力任せに磨いているとすぐに赤くなってしまったり、おなかが痛くなってしまいます。 ですが、 洗わなければどんどんへそのごまは溜まって黒ずんでいきますし、何より悪臭が周囲に漂ってしまいます… 集団生活が基本のげんだいしゃかいにおいて、そんな事態は絶対に避けたいところですよね。 ここからは、正しいおへその洗い方について説明していこうと思います。 そもそも何故洗うとお腹が痛くなるの? おへその洗い方を説明する前に、 おへそを力を入れて洗ったり、へそのごまを取りすぎると何故お腹が痛くなるのかを説明しておきます。 おへその中には薄い皮膚があるのですが、そのすぐ下には腹膜という場所につながっています。 この腹膜、実は腸や内臓といった人間にとって重要な器官を包んで保護してくれているのです。 腹膜は沢山の神経が密集している場所でもあります。 そのため、 力づくでへそを洗おうとして強い刺激を与えてしまうと、神経が過敏に反応しお腹が痛くなってしまうというわけです。 いまでも時々聞く「へそのごまを取ってはいけない」という言い伝えは、この腹痛が原因ではないかと言われています。 一回でとらない それでは、いよいよおへその洗い方についてです。 よく聞く話が、 「へそが汚れてるから、石ケンをつけてごしごしこすった」 「黒くなってしまったから、急いで溜まってへそのごまを取り除いた」 といったものですが、これはいけません。 へそのごまも、長い間溜まっていると徐々に周りの皮ふにくっついてしまうことがあります。 そのような状態で急に力を入れて磨いたり、溜まったへそのごまを全部取り除こうとすれば皮膚を傷つけてしまう可能性がかなり高くなります。 実際、こういったケースでおへそからの出血や痛みを訴える場合も少なくありません。 残念ながら、積もりに積もったへそのごまを一度に全部きれいにする方法はありません。 こればかりは、地道にきれいにしていくしかないのです。 ちなみに、 力を入れてみがいたためにおへそが出血し、そこから雑菌が入り炎症を起こすというのはよくある事例だそうのですので、くれぐれもおへそは傷つけないように洗ってください。 油を使う それでは、実際のへそのごまの取り方について説明していこうと思います。 出来る限り力を入れず、優しくへそのごまを取り除くためには、 オリーブオイルなどの油の使用がオススメです。 やり方は、まず おへそに少量の油を差します。 その後、 少し時間を置くと水ではなかなか溶けなかったへそのごまが、自然に溶けていきます。 あとは、 溶けて取りやすくなったへそのごまを、綿棒を使って優しくこすり、取り除いて、最後にきれいに水で流したら完了です。 この時、 指などでこすると折角溶けた汚れが取り切れずおへその中に残ってしまったり、さらに奥の方に入り込んでしまいます。 面倒に感じるかもしれませんが、必ず綿棒を用いましょう。 ちなみに、在宅生活を長い間していた方が施設入所した際には、本当に驚くほどの大きさのへそのごまに遭遇することがあります。 僕が遭遇したのは、 ビー玉よりももっと大きい真っ黒なかたまりと化した物でした… こういった時は、くれぐれも一度でとろうとはせず、数回に分けて少しづつ取り除いていってあげてくださいね。 まとめ いかがだったでしょうか? 意外と知らないへそのごまと、それにかかわるちょっとした豆知識。 少しはお役に立ちそうでしょうか? 今回この記事で伝えたかったことをまとめると、• おへそはこまめに洗う• 優しく丁寧に洗う• へそのごまを取るときは、油と綿棒を忘れずに! の三点です。 おへそも当たり前ですが私たちの大切な体の一部です。 正しい洗い方をして、優しくいたわってあげてくださいね。

次の

へそごまの正しい掃除方法は?臭い・でかい場合や腹痛になる原因も

おへそ の ごま

スポンサーリンク へそのごまの掃除はオリーブオイルでスルンと取れる へそのごまのケア方法はベビーオイルやワセリンなども良いですが、 一番おすすめはオリーブオイルです。 この" オレイン酸"は、人の皮脂と似た成分です。 このためにオリーブオイルは肌にとてもなじみやすく乾燥からお肌を保護する効果があるといわれています。 病院で開腹手術の処置を行う際、感染症を防ぐため患者さんのおへそを掃除するようなのですが、 その掃除の際には医療用のオリーブオイルが使用されているようです。 このような事からも、 オリーブオイルは安全で安心して体に使えるとわかりますね。 できればラップなどを使っておへそに蓋をして、 数分から数時間置いて、へそのゴマに油を滲み込ませます。 オリーブオイルパックですね。 こうやって滲み込ませていくことで、かなり取れやすくなります。 どの程度の時間滲み込ませていくかは、汚れ具合や大きさなどによって加減してください。 ふやけてきたらガーゼや綿棒を使って、また、その先にもオリーブオイルを少しつけて、 おへその中をそっと拭い取ります。 ぬぐい取るときは、優しく大きくぐるっと動かすようにしておへそを傷つけないようにしてくださいね。 使うオリーブオイルは食用でも医療用でもどちらでも大丈夫です。 綿棒を使うときは、おへそを傷つけないように、なるべく先が大きく丸くなっているものを使いましょう。 拭い切れずおへそにオイルが残っていても、無理に取ろうとしないように気を付けて下さいね。 スポンサーリンク へそのごまの掃除お風呂も有効活用しましょう オリーブオイルで掃除する以外でも、お風呂を使ってケアするのも安全でおすすめです。 お風呂でバスタブにゆっくり浸かりましょう。 ゆっくり浸かっていると、そのうち指の先もふやけてきますがおへその中の汚れもふやけた状態になります。 こうすることで、おへその中にしつこくこびりついた汚れが取れやすくなっているので、 お風呂上がりに柔らかいカーゼやタオルなどで、そっと拭い取るだけでも綺麗になりますよ。 また石鹸で体を洗うときにも、おへそをぐるっと大きくなぞるように洗うだけでもかなり綺麗になります。 奥の汚れまで取れない場合は、無理にゴリゴリ洗わないでくださいね。 痛みや、おへその皮膚が赤くなるようだったら中断しましょう。 へそのごまは日常的にケアしていきましょう おへそのゴマは長期間溜めてしまうと、皮膚に張り付いたり、カチカチに固まって取りにくくなってしまいます。 「塵も積もれば山となる」という有名なことわざがありますが、 へそのごまに関しては積もってほしくないものだなと筆者は思います。 積もる前の予防策として、おへそ掃除は日常的にしていくことが良いと思います。 オリーブオイルで週に一回でもクルクルとふき取るのもいいですし、 お風呂で体を洗うときのついでにクルクルとおへそ部分も綺麗にするのもいいですね。 日常的にこまめにしておけば、汚れも大量に溜まる事はありません。 お部屋の掃除と一緒ですね。 ただし! 毎日掃除をするのはやりすぎになってしまい、おへその皮膚を傷つけてしまうので、週一程度にしておきましょう。 巷には、手軽にへそのゴマを掃除できる商品も販売されています。 そういう商品を使って日常ケアするのも手軽で簡単なので、おへそケアとしておすすめです。 まとめ おへそのごまの掃除には、人間の皮膚と似た成分が含まれているオリーブオイルがおすすめですよ。 へそのゴマが溜まっていくと、感染症を引き起こしてしまう可能性もあると言われています。 ついつい忘れてしまいがちなおへそ部分ですが、日常的にケアをしていって汚れをためないようにしていきましょう。

次の