森・濱田松本法律事務所。 濱田松本法律事務所

森・濱田松本法律事務所

森・濱田松本法律事務所

森・濱田松本法律事務所のウェブサイト 12月6日にオリンパスの第三者委員会が発表した185ページに及ぶ調査報告書に続き、1月10日には取締役責任調査委員会が添付資料を含め全190ページの報告書で19人の現旧取締役の責任を認定した。 が、そのボリュームに圧倒されて、肝心な点が見落とされている。 オリンパスの法律顧問の責任である。 事件発覚まで同社の法律顧問は、国内4大法律事務所のひとつで300人以上の弁護士を抱える森・濱田松本法律事務所だった(事件後辞任)。 年収が優に1億円を超えるであろうパートナーの宮谷隆弁護士が総会対策などのガバナンス(企業統治)、同じく高谷知佐子弁護士が労務を担当していた。 彼らは何をしていたのか。 逆提訴ちらつかす用心棒 社長を解任されたマイケル・ウッドフォードは、日本で一番有名なウィッスルブロワー(内部告発者)になったが、オリンパスにはその元祖がいる。 検査機の販売担当だった浜田正晴である。 07年に取引先の人材を引き抜こうとした上司を「企業倫理に悖(もと)る」と社内通報した。 不正競争防止法違反のリスクを訴えたのに、露骨な人事での報復だ。 昨春、社長就任早々のウッドフォードに会ってその体験を明かしたが、新社長はキョトンとしていた。 半年後にまさか自分が同じ目に遭うとは思っていなかったのだ。 内部通報制度は、雪印食品の牛肉偽装など企業不祥事を受けて施行された公益通報者保護法に先駆けたはずだったが、実態は「ゲシュタポ機関」。 10月14日の取締役会でウッドフォードがあっさりクビになった事件とともに、底流には経営側の陰湿な企みを正当化する会社側顧問弁護士の「法テク」がある。 不当な左遷だと裁判所に訴えた浜田には、高谷弁護士が業務上の必要性といった企業の配転命令権から営業の自由まで、憲法や民事訴訟法を繰り出して対抗した(昨年8月、東京高裁で浜田側が逆転勝訴)。 ウッドフォードの場合も宮谷弁護士らが取締役罷免を定めた会社法を盾に、「内部情報の漏洩」と逆提訴をチラつかせたのである。 「経営トップによる処理および隠蔽」「企業風土、意識に問題」「監査法人が十分機能を果たさなかった」「外部協力者の存在」……第三者委報告では10項目にわたって事件の原因を分析するが、弁護士責任については意図的にか、指摘がない。 「189回もヒアリングした」と豪語しながら、11項目の再発防止提案でも森・濱田に触れていない。 第三者委報告に目を凝らすと、法令順守違反の兆しともいえる「レッドフラッグ」を森・濱田が看過していた傍証が浮かぶ。 例えば英ジャイラス買収をめぐるファイナンシャル・アドバイザー(FA)への成功報酬。 損失の穴埋めにジャイラスの優先株で報酬を支払うカラクリだったが、6億ドル超と買収価格の3割を超す法外な額のうえ、優先株引き受けの契約書にジャイラス側として森久志前副社長が署名するなど利益相反が濃厚。 大手渉外事務所の間では「アドバイザリー報酬の契約書を作成した米大手法律事務所も森・濱田の親密先」との評判だ。 10月11日、当時のウッドフォード社長が菊川会長に送ったPwC報告書のファイルを添付したメールのccリスト(丸印が森・濱田の宮谷弁護士) にもかかわらず、08~10年の取締役会でジャイラス関連は毎回10~30分程度で終わるシャンシャン会議だった。 米国などの海外企業なら「取締役として十分に情報を収集しなかった」と善管注意義務違反で取締役責任が問われるだろうが、森・濱田が指導した形跡はない。 報告書で一方的にヤリ玉にあげられたあずさ監査法人は99年から「飛ばし」の事実を指摘していた。 09年4月にも巨額のアドバイザリー報酬や支払先を問題視して通知書をオリンパスに送っている。 監査役会も、中村・角田・松本法律事務所の松本真輔弁護士など外部専門家に調査を依頼しているが、こうしたやり取りが法律顧問だった森・濱田の耳に入っていないわけがない。 現にあずさが09年6月に監査法人を降りる事態となったことが黄信号だった。 同業のかばい合いでは 1月発表の報告書第2弾では、委員会の使命は取締役の責任を問うことに限定されている。 損失先送りを目的としたM&Aに関連した注意義務違反や違法配当の可能性などの取締役責任を吟味したのはいい。 その結果、19人が「責任あり」、25人が「責任なし」と分かれた。 だが、当の取締役責任調査委員会を構成する3人はいずれも弁護士であり、同業である森・濱田の関与と責任に言及しないのは、弁護士同士のかばい合いと見られかねない。 のれんに腕押しの経営陣に業を煮やしたウッドフォードは解任前の昨年10月11日、プライスウォーターハウスクーパース(PwC)の知人に個人的に頼んだ不正調査書をメールに添付して、菊川剛前会長ら役員はもとより、同報(cc)で森・濱田の宮谷弁護士にも送信している。 だが、「宮谷弁護士は問題を直視するどころか、菊川前会長が率先したウッドフォードの解任を黙認した」とウッドフォード自身が周囲に漏らしているという。 取締役責任調査委員会が、解任の責任を十分に追及していないのは、宮谷弁護士に配慮したためだろうか。 たった9分で解任を決めてしまう取締役会では「事実認識の過程に不注意」があったとしか思えない。 本誌の質問状に森・濱田は「守秘義務」を盾に「具体的な質問には答えられない」と答えた。 ただ、「顧問弁護士であっても、依頼者からの具体的な委任を受けてはじめてその業務を遂行する立場にある」とし、会社法に基づく権限・責任を有する取締役・監査役・会計監査人とは違うという。 依頼がない限り、M&Aなどでアドバイスを行うことはなく、法律顧問を辞したのも会社との信頼関係がなくなったのが理由ということらしい。 されど「弁護士は、基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とする」。 弁護士法第1条1項を森・濱田はもう一度読み返すがいい。 (敬称略)•

次の

森・濱田松本法律事務所 高谷知佐子弁護士 : 蒼穹 -そうきゅう-

森・濱田松本法律事務所

弁護士が業務をスムーズに進められるよう、一つ一つの作業において、何が求められているのか常に考えながら行う姿勢が大切です。 周囲に対する気配りが求められます。 書類の内容、量、期限は様々で、一度に複数の案件を並行して担当することもあります。 案件によっては複数の翻訳者でチームで作業を行なったり、弁護士に確認を取りつつ進めたりもしますので、コミュニケーションも大切にしています。 数多くの資料を読み込み、的確に理解するには、法的な知識が不可欠です。 デューディリジェンスの他にも、各種法令や許認可等に関するリサーチや、それに伴う文書の作成等の業務も行います。 金融……不動産投資信託(REIT)に関する各種書面や、現地での調査結果をレポートにまとめ、問題点を抽出します。 不動産に関する法的知識は多岐にわたるため、日頃から知識を高める姿勢が必要です。 パラリーガルが知識を増やし的確な指摘を行うことが、弁護士のより迅速な対応に繋がることもあります。 その他、流動化・証券化に関連する業務として、金融商品取引法等において必要とされる書面の作成補佐を行っています。 個別面接でじっくり話せる• 選考でグループワークなし• 専門職採用あり• 一般職採用あり• 海外留学経験のある学生を積極採用 提出書類 履歴書、成績証明書、健康診断書(内定後)、卒業見込証明書(内定後) 英語力 渉外秘書 : TOEIC750点 英文翻訳 : TOEIC860点 パラリーガル : TOEIC600点程度 上記点数に満たない場合もご応募は可能です。 筆記試験の結果により判断いたします。 基本給 大卒・大学院了 月給220,000円 (2018年度実績) 試用期間6カ月間、試用期間終了時の雇用条件の変更なし• 試用期間あり• 年間休日120日以上• 福利厚生が充実• 教育・研修制度が充実• 時短勤務制度あり• 産休・育児休暇取得実績あり• 平均残業時間が月20時間以内•

次の

濱田松本法律事務所

森・濱田松本法律事務所

概要 [ ] に、当時の大手渉外事務所の1つであった森綜合法律事務所が、渉外金融法務において著名なを統合して設立された。 その後、に知的財産法において著名なマックス法律事務所を統合。 や金融法務、、、などを主要な業務分野とする。 主要な前身である森綜合法律事務所は、森良作により設立された個人事務所を起源とする。 四大法律事務所のうち当初からであった他の3つとは異なり、当初はや等の国内案件を中心としていた。 その後も主に訴訟や国内企業法務を扱う事務所として拡大し、一方で渉外案件にも業務範囲を拡大し、大手渉外事務所と呼ばれるようになった。 その後、濱田松本法律事務所、マックス法律事務所との統合により、渉外金融法務や知的財産法務を拡充してきた。 昨今では、他のと同様、日系企業の進出拡大に伴い、[中国、、さらに、、といったでの業務展開にも注力する とともに、国内においても地方への進出を図っている。 基本理念として、"Firm of Choice. "を掲げる。 主要案件 [ ]• による日本テレコム(現・)買収(ソフトバンクを代理)• (MTFG)との統合(MTFGを代理) 沿革 [ ]• 1949年 - 森良作、牛込米甲良町に森良作法律事務所を設立。 1950年 - 丸ビルに移転。 1965年頃 - 丸の内八重洲ビルに移転。 1970年 - 森良作、福田浩、及び古曳正夫による共同事務所に改組し、森綜合法律事務所(Mori Sogo Law Offices)に改称。 1974年 - 同和ビルに移転。 1993年10月 - NKKビルに移転。 1998年 - オフィスを開設。 1998年4月 - 、及び、分離して(Hibiya Park Law Offices)を設立。 2002年12月 - 濱田松本法律事務所を統合して、森・濱田松本法律事務所に。 2004年9月21日 - 東京オフィスを()に移転。 2005年 - オフィスを開設。 2005年3月1日 - マックス法律事務所との提携開始。 2005年7月1日 - 森・濱田松本法律事務所がマックス法律事務所を統合。 2009年5月8日 - 東京オフィスを(丸の内)に移転。 2012年2月1日 - 事務所開設。 2013年10月 - 弁護士法人森・濱田松本法律事務所を設立、同法人の従事務所としてオフィスを開設。 2014年3月 - 弁護士法人森・濱田松本法律事務所の従事務所として大阪オフィスを開設。 2014年3月 - 従事務所としてヤンゴンオフィスを開設。 2015年3月 - 従事務所としてバンコクオフィスを開設。 2015年9月 - 従事務所として名古屋オフィスを開設。 2015年11月 - 関連事務所としてMHM税理士事務所を開設。 税理士事務所の開設は大手法律事務所で初となる。 2016年1月 - AKSET法律事務所内にジャカルタデスク設置。 日本国内の法律事務所が海外事務所を買収するのは初となる。 濱田松本法律事務所の沿革 [ ] の項を参照。 マックス法律事務所の沿革 [ ]• 1981年6月 - 、松田政行法律特許事務所を設立。 1990年 - 松田政行法律特許事務所、マックス法律事務所(Max Law Offices)に改組。 2005年3月1日 - 森・濱田松本法律事務所との提携開始。 2005年7月1日 - 森・濱田松本法律事務所に統合される。 所属弁護士等 [ ] パートナー [ ]• - 教授• - 元教授• - 金融法学会理事• - 特任教授• - 金融審議会専門委員• - 元非常勤講師 客員 [ ]• - 教授• - 教授• - 元• - 元部総括判事 オブ・カウンセル [ ]• - 元付、元経営支援部商業課長 顧問 [ ]• - 前委員長、元、元• - 元理事長・青山学院大学教授 かつて所属していた者 [ ]• - 元パートナー、元会長• - 元客員、元、元副会長• - 元特別顧問、元松本法律事務所代表• - 元パートナー、元日本弁護士連合会副会長、元第二東京弁護士会会長• - 元パートナー、『』弁護士ランキング一位常連• - 元パートナー、元日本弁護士連合会副会長、第二東京弁護士会会長• - 元パートナー、青山学院大学教授• - 元パートナー、潮見坂綜合法律事務所所属• - 元パートナー、日本弁護士連合会副会長、第二東京弁護士会会長• - 元客員。 東京大学名誉教授、名誉教授、新堂・松村法律事務所所属• - 元オブ・カウンセル。 元、元判事補• - 元パートナー、元本部事務局長、理事長• - 元パートナー、元日本弁護士連合会副会長『ロイヤーズマガジン』(09年5月号)• - 元アソシエイト、元、弁護士(現在は登録を外している)、薬剤師 脚注 [ ]• この項目は、分野に関連した です。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の