お腹 が 痛い 時 の ツボ。 腹痛を和らげる!簡単ツボマッサージ

カイロの貼る場所とその効果を徹底解説|カンポフルライフ

お腹 が 痛い 時 の ツボ

ツボは全身に分布しており、東洋医学ではエネルギーを全身に循環させ、生命活動をつかさどるものだと考えられています。 人間には12の主要な経絡があるといわれ、その上に点在しているのがツボ。 心身のバランスが崩れると、特定のツボに「ズン」とした圧痛の反応が現れます。 ツボは不調を改善する施術点でもあるので、そこに刺激を与えると症状を緩和したり体を調整したりすることができるとされているのです。 紀元前から行われてきた歴史のある治療法で、WHO(世界保健機関)でもツボの治療効果は認められています。 東洋医学では「気・血・水」の3つがスムーズに全身をめぐることで心身のバランスが保た れると考えます。 「気」は元気など心身のエネルギーのこと。 ゙神経系とも関連します。 「血」は血液の循環機能やホルモン分泌にかかわること、「水」は汗やリンパ液など血液以外の体液のことで、皮膚や粘膜などの免疫機能にもかかわります。 この3つのいずれかが不足したり、過多したりすると体に不調が現れます。 「ツボ押し」で気をつけること 「ツボ押し」は一定時間圧をかける「持続圧」が基本です。 10秒程度の持続圧を3回ずつおこなってみましょう。 下記の点に気をつけてみてください。 ツボの位置 ツボの位置はあくまで目安です。 体格や体調によって位置が若干ずれるので、指標に沿って押してみても「ズン」とこなかった場合は、少しだけ指をずらして重い圧痛を感じる部位を探してみましょう。 押す強さ ツボはを「心地よい」と感じる程度で押してください。 強い力で長く押すと青アザになってしまうので注意しましょう。 朝晩の1日2セット 1日に何度もツボ押しをしていると翌日筋肉痛のような痛みが出ることがあります。 10秒間の持続圧を3回繰り返すのを1セットにして、朝晩の2セットおこなうのが適度な回数です。 便秘に効果的なツボ ツボのなかでも、便秘に効果的なツボは「大巨(だいこ)」「上巨虚(じょうこきょ)」「大腸兪(だいちょうゆ)」です。 それぞれの場所を参考にツボ押しをしてみましょう。 「大巨(だいこ)」 へそから指3本分左右に移動したところから指3本下の部分 「上巨虚(じょうこきょ)」 膝の皿のくぼみから指8本下のすねの外側 「大腸兪(だいちょうゆ)」 骨盤の高さで背骨中央のでっぱりから左右指2本分移動した部分 効果的に便秘のツボを刺激する方法 便秘のときはツボ刺激とお腹のマッサージを組み合わせるのがおすすめ。 アロマテ ラピーで用いるトリートメントオイルを使うとより効果的です。 お腹マッサージとツボ刺激法 1. 仰向けに寝て、お腹の筋肉を緩めるために膝を曲げる 2. 左下腹部の股関節上付近を少しずつずらして「大巨」のツボを押す。 便秘のときはこのあたりに溜まって固くなっているものに触れるので、少し力を入れて指全体でゆっくりもみほぐす 下痢に効果的なツボ 腸活に効果的なツボ 腸活には「足三里(あしさんり)」「大腸兪(だいちょうゆ)」「小腸兪(しょうちょうゆ)」のツボが効果的です。 「足三里(あしさんり)」 膝の皿の外下角から指4本下 「大腸兪(だいちょうゆ)」 骨盤の高さで背骨中央から左右指2本分移動した部分 「小腸兪(しょうちょうゆ)」 仙骨上にあり大腸兪から指2本下の部分 効果的に腸活のツボを刺激する方法 大腸兪から小腸兪にかけては近距離の直線上なので、同時に刺激するとより効果的です。 両手を腰にあてて、両親指で上から下に押しながらスライドさせてみましょう。 マッサージボールやゴルフボールを使って、転がして刺激を与えるのもおすすめです。 まとめ.

次の

カイロの貼る場所とその効果を徹底解説|カンポフルライフ

お腹 が 痛い 時 の ツボ

ダイエット中は食事を制限することによる空腹感や、寝る前に食べたい気持ちを我慢するなど、空腹とのたたかいがツラいところでもあります。 その空腹を乗り越えるのにツボ押しが有効ということをご存じですか? 今回は、空腹感をおさえるツボをご紹介します。 よく目が疲れたらこめかみや目頭を押したり、肩がこったら首の筋をマッサージしたりするのも、実は無意識にツボを押しているんです。 今回はたくさんあるツボの中でも空腹をまぎらわせてくれるツボを紹介していきます。 もちろん内臓系もありますし、空腹を紛らわすツボも耳にあります。 くわしいツボはあとで紹介しますが、めんどくさい人におすすめなのは、空腹を乗り越えたいならとりあえず「耳をさわる」ことです。 ひとつめは、左右の耳の穴の前にある、少しふくらんだところの少し下の位置にあるツボ「飢点」です。 その漢字のとおり、飢えを解消するツボです。 このツボは30秒~3分ほど指で押したり、親指と人差し指でつまんだり、軽くたたくなどして刺激しましょう。 お腹が空いたときに刺激するのはもちろんですが、食事の15~20分ほど前に刺激することで、食べ過ぎを防いでくれる効果も期待できますよ。 いわゆる鼻の下ですね。 ここを人差し指でゆっくりじんわりと指圧していくことで空腹をやわらげることができます。 注意する点は、強く押しすぎないこと。 強く押しすぎると、内出血をおこして血行が悪くなってしまう可能性があります。 押すときはゆっくりと痛くない程度に刺激するようにしましょう。 でも何もせずにただ我慢するのは、なかなか耐えられるものではありません。 今回紹介したツボ押しを利用して、上手に空腹を乗り越えて、ダイエットを成功させてくださいね!(ほっそんママ/ライター) (ハウコレ編集部).

次の

お腹のガス抜きができるツボは?手で押せる4カ所

お腹 が 痛い 時 の ツボ

ダイエット中は食事を制限することによる空腹感や、寝る前に食べたい気持ちを我慢するなど、空腹とのたたかいがツラいところでもあります。 その空腹を乗り越えるのにツボ押しが有効ということをご存じですか? 今回は、空腹感をおさえるツボをご紹介します。 よく目が疲れたらこめかみや目頭を押したり、肩がこったら首の筋をマッサージしたりするのも、実は無意識にツボを押しているんです。 今回はたくさんあるツボの中でも空腹をまぎらわせてくれるツボを紹介していきます。 もちろん内臓系もありますし、空腹を紛らわすツボも耳にあります。 くわしいツボはあとで紹介しますが、めんどくさい人におすすめなのは、空腹を乗り越えたいならとりあえず「耳をさわる」ことです。 ひとつめは、左右の耳の穴の前にある、少しふくらんだところの少し下の位置にあるツボ「飢点」です。 その漢字のとおり、飢えを解消するツボです。 このツボは30秒~3分ほど指で押したり、親指と人差し指でつまんだり、軽くたたくなどして刺激しましょう。 お腹が空いたときに刺激するのはもちろんですが、食事の15~20分ほど前に刺激することで、食べ過ぎを防いでくれる効果も期待できますよ。 いわゆる鼻の下ですね。 ここを人差し指でゆっくりじんわりと指圧していくことで空腹をやわらげることができます。 注意する点は、強く押しすぎないこと。 強く押しすぎると、内出血をおこして血行が悪くなってしまう可能性があります。 押すときはゆっくりと痛くない程度に刺激するようにしましょう。 でも何もせずにただ我慢するのは、なかなか耐えられるものではありません。 今回紹介したツボ押しを利用して、上手に空腹を乗り越えて、ダイエットを成功させてくださいね!(ほっそんママ/ライター) (ハウコレ編集部).

次の