ラジオヤジ。 RadiOyazi

ラジオヤジ (RadiOyazi) の評価・評判は?

ラジオヤジ

記事の目次• ラジオヤジの経歴 サラリーマン経験無しの投資家 ラジオヤジさんはYoutubeで、自身を「老Tuber」と名付け活躍しています。 老Tuberになるまでの経歴はなかなか興味深いですね。 本名 長谷川雅一 はせがわまさかず 年齢 64歳 1956年生まれ 出身地 岐阜県 出身校 日本ギター専門学校卒業 経歴 20代:音楽教室・学習塾・パソコン教室を経営 40代:投資分析・助言会社を運営 60代:Youtuberとして活躍 若い頃から会社経営をしており、民間企業への就職経験はないようです。 そのため、 ラジオヤジさんは投資ノウハウを独学で学んだのでしょう。 40代になってから投資助言・代理業の会社経営を開始、2015年10月からを登記しました。 FX、日本株、225先物の投資顧問サービス・投資教室・株の自動売買ツールのサービス提供を行う会社です。 しかし、 2020年4月末をもって全てのサービスを停止予定。 廃業理由は不明ですが、業績が芳しくなかったもしくはラジオヤジさんがYoutubeに専念するため、サービス停止の判断を下したのかもしれません。 ラジオヤジ 当てにならない相場予測でYoutube炎上 ラジオヤジさんはYoutubeを1日2~3本更新。 タイムリーな日経平均株価やNYダウ動向、為替相場などを独自分析して動画解説しています。 ただ、 動画閲覧者の評価は辛辣で、情報の信ぴょう性が低いようです。 私もラジオヤジさんの動画を複数拝見したため、世間の評判を度外視して評価をさせていただきます。 ラジオヤジさんは 株価上昇・下落どちらとも取れる解説をします。 はっきりと自論を述べません。 結論がないわけですから、配信情報の捉え方が分からず参考にならない動画が多いように思えます。 買われすぎ、売られすぎを判断するための指標 移動平均線はトレンド傾向や転換点の予測に使えますし、RSIは相場の過熱感を掴むことができるので便利な指標です。 私も2つのテクニカル指標を組み合わせながら活用して、相場分析を行っています。 ただ、ラジオヤジさんの指標の活用方法は少し異なるようです。 2つの指標を組み合わせず、1つの指標だけで判断することが多いです。 これでは先読みが不十分。 有識者として情報発信するには、分析力の物足りなさを感じますね。 また、現在のコロナ相場はテクニカル分析が通用しない局面が目立ちます。 ラジオヤジさんはもっと要人発言 ようじんはつげん に目を向けるべきでしょう。 日本政府や日銀の政策、トランプ大統領の発言などを加味した上で、自身の見解と合わせて動画配信をしていただきたいものです。 コロナ相場によって株価急落、ラジオヤジさんは世界の株価を紹介しています。 私が引っかかったのは日経平均株価の解説部分。 移動平均線 5MA・25MA・200MA を用いて動向予測をしているのですが、解説時によって ラジオヤジさんは真逆の発言をしています。 4:55:「 日経平均株価は 21,000円までの下落はないと思います」 6:35:「24,000円からの3,000円の下落は十分にありえる」 現在の相場はリーマンショック級の下落相場と呼ばれるほど、日々変動幅が激しく異常事態です。 数年・数十年に一度の現象が起きており、相場の先読みは非常に困難でしょう。 だからこそ、有識者からの情報を個人投資家は求めるわけです。 期待して動画を再生したにもかかわらず、無責任な発言をされては今後の投資戦略も立てられません。 解説者としての責任感を感じられない動画投稿が目立ちます。 ただ現在の不安定相場を人間の分析力で判断するのが難しいのは事実です。 もし、乱高下する相場でも勝てる銘柄を知りたいのであれば、AI分析に頼るのもおすすめです。 最近ではテンバガー銘柄のテラ 2191 を動意前に抽出。 機関投資家がこぞって活用しているように、に目を向けて見るのも一つの手だと思います。 ラジオヤジ Youtubeの配信目的は広告収入? 結論、 ラジオヤジさんの相場予測を参考にするのはおすすめしません。 動画から得られるのは「上昇も下落もありえる」という、どちらとも取れる見解です。 結局自分自身で相場予測する必要があります。 動画を見る際は、あまり期待感を持たずに閲覧するのがいいでしょう。 また、動画に貼られている広告数が多いです。 広告を載せること自体は問題ないですが、おそらくラジオヤジさんも、現在の不安定相場で思うような投資ができていないのでしょう。 炎上を受けても動画を公開し続けることで、広告収入を狙っているようにも思えます。 そうでなければ、回答のない動画を毎日収録する理由がありませんからね。

次の

ラジオヤジの評判から経歴を調査!このオヤジは何者なのか?

ラジオヤジ

記事の目次• ラジオヤジの経歴 サラリーマン経験無しの投資家 ラジオヤジさんはYoutubeで、自身を「老Tuber」と名付け活躍しています。 老Tuberになるまでの経歴はなかなか興味深いですね。 本名 長谷川雅一 はせがわまさかず 年齢 64歳 1956年生まれ 出身地 岐阜県 出身校 日本ギター専門学校卒業 経歴 20代:音楽教室・学習塾・パソコン教室を経営 40代:投資分析・助言会社を運営 60代:Youtuberとして活躍 若い頃から会社経営をしており、民間企業への就職経験はないようです。 そのため、 ラジオヤジさんは投資ノウハウを独学で学んだのでしょう。 40代になってから投資助言・代理業の会社経営を開始、2015年10月からを登記しました。 FX、日本株、225先物の投資顧問サービス・投資教室・株の自動売買ツールのサービス提供を行う会社です。 しかし、 2020年4月末をもって全てのサービスを停止予定。 廃業理由は不明ですが、業績が芳しくなかったもしくはラジオヤジさんがYoutubeに専念するため、サービス停止の判断を下したのかもしれません。 ラジオヤジ 当てにならない相場予測でYoutube炎上 ラジオヤジさんはYoutubeを1日2~3本更新。 タイムリーな日経平均株価やNYダウ動向、為替相場などを独自分析して動画解説しています。 ただ、 動画閲覧者の評価は辛辣で、情報の信ぴょう性が低いようです。 私もラジオヤジさんの動画を複数拝見したため、世間の評判を度外視して評価をさせていただきます。 ラジオヤジさんは 株価上昇・下落どちらとも取れる解説をします。 はっきりと自論を述べません。 結論がないわけですから、配信情報の捉え方が分からず参考にならない動画が多いように思えます。 買われすぎ、売られすぎを判断するための指標 移動平均線はトレンド傾向や転換点の予測に使えますし、RSIは相場の過熱感を掴むことができるので便利な指標です。 私も2つのテクニカル指標を組み合わせながら活用して、相場分析を行っています。 ただ、ラジオヤジさんの指標の活用方法は少し異なるようです。 2つの指標を組み合わせず、1つの指標だけで判断することが多いです。 これでは先読みが不十分。 有識者として情報発信するには、分析力の物足りなさを感じますね。 また、現在のコロナ相場はテクニカル分析が通用しない局面が目立ちます。 ラジオヤジさんはもっと要人発言 ようじんはつげん に目を向けるべきでしょう。 日本政府や日銀の政策、トランプ大統領の発言などを加味した上で、自身の見解と合わせて動画配信をしていただきたいものです。 コロナ相場によって株価急落、ラジオヤジさんは世界の株価を紹介しています。 私が引っかかったのは日経平均株価の解説部分。 移動平均線 5MA・25MA・200MA を用いて動向予測をしているのですが、解説時によって ラジオヤジさんは真逆の発言をしています。 4:55:「 日経平均株価は 21,000円までの下落はないと思います」 6:35:「24,000円からの3,000円の下落は十分にありえる」 現在の相場はリーマンショック級の下落相場と呼ばれるほど、日々変動幅が激しく異常事態です。 数年・数十年に一度の現象が起きており、相場の先読みは非常に困難でしょう。 だからこそ、有識者からの情報を個人投資家は求めるわけです。 期待して動画を再生したにもかかわらず、無責任な発言をされては今後の投資戦略も立てられません。 解説者としての責任感を感じられない動画投稿が目立ちます。 ただ現在の不安定相場を人間の分析力で判断するのが難しいのは事実です。 もし、乱高下する相場でも勝てる銘柄を知りたいのであれば、AI分析に頼るのもおすすめです。 最近ではテンバガー銘柄のテラ 2191 を動意前に抽出。 機関投資家がこぞって活用しているように、に目を向けて見るのも一つの手だと思います。 ラジオヤジ Youtubeの配信目的は広告収入? 結論、 ラジオヤジさんの相場予測を参考にするのはおすすめしません。 動画から得られるのは「上昇も下落もありえる」という、どちらとも取れる見解です。 結局自分自身で相場予測する必要があります。 動画を見る際は、あまり期待感を持たずに閲覧するのがいいでしょう。 また、動画に貼られている広告数が多いです。 広告を載せること自体は問題ないですが、おそらくラジオヤジさんも、現在の不安定相場で思うような投資ができていないのでしょう。 炎上を受けても動画を公開し続けることで、広告収入を狙っているようにも思えます。 そうでなければ、回答のない動画を毎日収録する理由がありませんからね。

次の

ラジオヤジ(長谷川雅一)のR式ショボトレ投資 2

ラジオヤジ

記事の目次• ラジオヤジの経歴 サラリーマン経験無しの投資家 ラジオヤジさんはYoutubeで、自身を「老Tuber」と名付け活躍しています。 老Tuberになるまでの経歴はなかなか興味深いですね。 本名 長谷川雅一 はせがわまさかず 年齢 64歳 1956年生まれ 出身地 岐阜県 出身校 日本ギター専門学校卒業 経歴 20代:音楽教室・学習塾・パソコン教室を経営 40代:投資分析・助言会社を運営 60代:Youtuberとして活躍 若い頃から会社経営をしており、民間企業への就職経験はないようです。 そのため、 ラジオヤジさんは投資ノウハウを独学で学んだのでしょう。 40代になってから投資助言・代理業の会社経営を開始、2015年10月からを登記しました。 FX、日本株、225先物の投資顧問サービス・投資教室・株の自動売買ツールのサービス提供を行う会社です。 しかし、 2020年4月末をもって全てのサービスを停止予定。 廃業理由は不明ですが、業績が芳しくなかったもしくはラジオヤジさんがYoutubeに専念するため、サービス停止の判断を下したのかもしれません。 ラジオヤジ 当てにならない相場予測でYoutube炎上 ラジオヤジさんはYoutubeを1日2~3本更新。 タイムリーな日経平均株価やNYダウ動向、為替相場などを独自分析して動画解説しています。 ただ、 動画閲覧者の評価は辛辣で、情報の信ぴょう性が低いようです。 私もラジオヤジさんの動画を複数拝見したため、世間の評判を度外視して評価をさせていただきます。 ラジオヤジさんは 株価上昇・下落どちらとも取れる解説をします。 はっきりと自論を述べません。 結論がないわけですから、配信情報の捉え方が分からず参考にならない動画が多いように思えます。 買われすぎ、売られすぎを判断するための指標 移動平均線はトレンド傾向や転換点の予測に使えますし、RSIは相場の過熱感を掴むことができるので便利な指標です。 私も2つのテクニカル指標を組み合わせながら活用して、相場分析を行っています。 ただ、ラジオヤジさんの指標の活用方法は少し異なるようです。 2つの指標を組み合わせず、1つの指標だけで判断することが多いです。 これでは先読みが不十分。 有識者として情報発信するには、分析力の物足りなさを感じますね。 また、現在のコロナ相場はテクニカル分析が通用しない局面が目立ちます。 ラジオヤジさんはもっと要人発言 ようじんはつげん に目を向けるべきでしょう。 日本政府や日銀の政策、トランプ大統領の発言などを加味した上で、自身の見解と合わせて動画配信をしていただきたいものです。 コロナ相場によって株価急落、ラジオヤジさんは世界の株価を紹介しています。 私が引っかかったのは日経平均株価の解説部分。 移動平均線 5MA・25MA・200MA を用いて動向予測をしているのですが、解説時によって ラジオヤジさんは真逆の発言をしています。 4:55:「 日経平均株価は 21,000円までの下落はないと思います」 6:35:「24,000円からの3,000円の下落は十分にありえる」 現在の相場はリーマンショック級の下落相場と呼ばれるほど、日々変動幅が激しく異常事態です。 数年・数十年に一度の現象が起きており、相場の先読みは非常に困難でしょう。 だからこそ、有識者からの情報を個人投資家は求めるわけです。 期待して動画を再生したにもかかわらず、無責任な発言をされては今後の投資戦略も立てられません。 解説者としての責任感を感じられない動画投稿が目立ちます。 ただ現在の不安定相場を人間の分析力で判断するのが難しいのは事実です。 もし、乱高下する相場でも勝てる銘柄を知りたいのであれば、AI分析に頼るのもおすすめです。 最近ではテンバガー銘柄のテラ 2191 を動意前に抽出。 機関投資家がこぞって活用しているように、に目を向けて見るのも一つの手だと思います。 ラジオヤジ Youtubeの配信目的は広告収入? 結論、 ラジオヤジさんの相場予測を参考にするのはおすすめしません。 動画から得られるのは「上昇も下落もありえる」という、どちらとも取れる見解です。 結局自分自身で相場予測する必要があります。 動画を見る際は、あまり期待感を持たずに閲覧するのがいいでしょう。 また、動画に貼られている広告数が多いです。 広告を載せること自体は問題ないですが、おそらくラジオヤジさんも、現在の不安定相場で思うような投資ができていないのでしょう。 炎上を受けても動画を公開し続けることで、広告収入を狙っているようにも思えます。 そうでなければ、回答のない動画を毎日収録する理由がありませんからね。

次の