摂食障害 ブログ アメーバ。 摂食障害が「治る」ことと、摂食障害から「回復した」状態

摂食障害ブログ10選 / 拒食症・過食症でお悩みの方へ

摂食障害 ブログ アメーバ

自分の内部に潜む原因と向き合って根本的な治療をしていく人達のトラコミュ。 良い事だけ見て悪い事を忘れようなどの「臭い物には蓋をする」考え方や、投薬などの対症療法が溢れ、それが当たり前とされています。 ですが、臭い物自体をどうにかしなければ、蓋の隙間からもれる匂いでその存在がいつまでも自分を脅かします。 いくら対症療法で症状を和らげても、元を絶たねば一生継続的に対症療法を手放せなくなるでしょう。 原因療法で根本を改善してしまえば、もう対症療法も要りません。 管理人は境界線人格障害・特定不能の解離性障害・摂食障害・睡眠障害・抑鬱などを患っていましたが、原因療法を始めて3年で、根本の原因だったアダルトチルドレンのスライバーになりました。 アートセラピー・認知行動療法・暴露療法・ヒプノセラピー(催眠療法) ・年齢退行療法・インナーチャイルド療法・森田療法・論理療法 私が長い間こころのなかで思いつづけ、わたくしの仲のいい友達が集まって始めることができました, この運動は、わたくし自身が、乳がんの患者さんを知る医師であるとともに、たったひとりの姉を乳がんで亡くした患者の家族であったからです。 乳がんになられた患者さんにふだんの生活のなかで接する方は、あまりおられないかもしれません。 ですから、乳がんを取り巻く状況がどんなものであるかは、あまりピンとこないかもしれません。 しかし今、乳がんが増え続けていて、女性の癌の中で一番多い現実からすれば、案外他人事ではないかもしれません。 癌の告知を受けたその日から、乳がんの患者さんは、想像を越える絶望感や悲壮感にさいなまれ常に悩み、常に死に対する恐怖心と闘わなくてはなりません。 患者さんの家族にとっても、辛く重くるしい日々が続きます。 しかし、医療の現場では、体は治しても心のケアーができる体制は、残念ながら未熟と言わざるを得ません。 患者さんは、いまでもひとりぼっちなのです。 私の姉は、46才の時に乳がんを発病し、49 才の時にこの世を去りました。 短い人生でした。 姉は、聡明でやさしく、頼りがいのある人でしたが、後には夫と二人の息子が残されてしまい ました。 他の乳がん患者さんの家族の方と同様に、姉を亡くした後は、私を含めて家族のみんなのこころには、悲しさと空白感と寂しさが残りました。 家族もまた深く傷ついたのです・・・私は思いました。 みなさまのご理解とエールをください。 For the future generation! よろしくご支援のほど、お願い申し上げます。 NPO法人J. POSH 日本乳がんピンクリボン運動 理事長 乳腺専門医 田中完児.

次の

摂食障害(拒食症)のさくらちゃんはアメブロで体重を公表しているのか?

摂食障害 ブログ アメーバ

こんにちは。 初めまして。 4年生の田邊すずと申します。 私は以前、(拒食症、、)、それに伴う鬱を患っていました。 現在は完治し、毎日楽しく過ごしています。 回復の課程で、に関する沢山の本やブログを読んでいく中で、感じていたことがありました。 それは… を抱えて苦しんでいる人は世の中にたくさんいて、治った人もたくさんいるはずなのに、なんでこんなに、どう治っていったかが公表されていないんだろう…、どう治していけばいいのか参考になるものが少なすぎる… 公表されているブログなども、なんとなくネガティブで暗い雰囲気のものが多くて、なんか見たくない…自分が治ったときにこうなりたいみたいな、明るい内容のものがない… そこで… 完治のを提供するものが必要だ!!それもとってもポジティブなものが必要!! と思い、今回このブログを立ち上げることにしました。 完治した人がどのように治って行ったか、現在はどのように過ごしているのかにスポットライトを当て、紹介していきたいと思います。 今と戦って、苦しんでいる人のヒントに少しでもなったらいいなと思います。 eatingdisorderrolemodel.

次の

摂食障害 人気ブログランキングとブログ検索

摂食障害 ブログ アメーバ

自分の内部に潜む原因と向き合って根本的な治療をしていく人達のトラコミュ。 良い事だけ見て悪い事を忘れようなどの「臭い物には蓋をする」考え方や、投薬などの対症療法が溢れ、それが当たり前とされています。 ですが、臭い物自体をどうにかしなければ、蓋の隙間からもれる匂いでその存在がいつまでも自分を脅かします。 いくら対症療法で症状を和らげても、元を絶たねば一生継続的に対症療法を手放せなくなるでしょう。 原因療法で根本を改善してしまえば、もう対症療法も要りません。 管理人は境界線人格障害・特定不能の解離性障害・摂食障害・睡眠障害・抑鬱などを患っていましたが、原因療法を始めて3年で、根本の原因だったアダルトチルドレンのスライバーになりました。 アートセラピー・認知行動療法・暴露療法・ヒプノセラピー(催眠療法) ・年齢退行療法・インナーチャイルド療法・森田療法・論理療法 私が長い間こころのなかで思いつづけ、わたくしの仲のいい友達が集まって始めることができました, この運動は、わたくし自身が、乳がんの患者さんを知る医師であるとともに、たったひとりの姉を乳がんで亡くした患者の家族であったからです。 乳がんになられた患者さんにふだんの生活のなかで接する方は、あまりおられないかもしれません。 ですから、乳がんを取り巻く状況がどんなものであるかは、あまりピンとこないかもしれません。 しかし今、乳がんが増え続けていて、女性の癌の中で一番多い現実からすれば、案外他人事ではないかもしれません。 癌の告知を受けたその日から、乳がんの患者さんは、想像を越える絶望感や悲壮感にさいなまれ常に悩み、常に死に対する恐怖心と闘わなくてはなりません。 患者さんの家族にとっても、辛く重くるしい日々が続きます。 しかし、医療の現場では、体は治しても心のケアーができる体制は、残念ながら未熟と言わざるを得ません。 患者さんは、いまでもひとりぼっちなのです。 私の姉は、46才の時に乳がんを発病し、49 才の時にこの世を去りました。 短い人生でした。 姉は、聡明でやさしく、頼りがいのある人でしたが、後には夫と二人の息子が残されてしまい ました。 他の乳がん患者さんの家族の方と同様に、姉を亡くした後は、私を含めて家族のみんなのこころには、悲しさと空白感と寂しさが残りました。 家族もまた深く傷ついたのです・・・私は思いました。 みなさまのご理解とエールをください。 For the future generation! よろしくご支援のほど、お願い申し上げます。 NPO法人J. POSH 日本乳がんピンクリボン運動 理事長 乳腺専門医 田中完児.

次の