マリン エアリス。 【Aerith and Marine ~FF7 Remake~】エアリスとマリン~FFリメイク~,Healing,癒し音楽

エアリス・ゲインズブール

マリン エアリス

スポンサーリンク マリンのプロフィール マリンとバレットは冒頭に書いたように全く血縁関係がない。 元々はエレノアという女性とバレットの親友であったダインとの間に出来た子供であった。 ダインは過去に魔晄炉の建設に一人だけ反対しており、その魔晄炉の設置に関して親友であったバレットとも音信不通になっている。 本編スタートの段階ではバレットは反神羅組織のリーダーという立ち位置ではあるが、過去には魔晄炉に対して全く否定的な立場ではなかった。 結果的に故郷の魔晄炉はメルトダウンを起こしてしまいマリンの実の母であるエレノアは死亡し、ダイン自身はコレルプリズンに送られた。 バレットは死んだものとして遺されたマリンを引き取り育てていたが、コレルプリズンでは再度戦うことになる。 ここで、1つ不思議なポイントは 『ダインは魔晄炉の実体を知っていたのか?』 スポンサーリンク というところ。 いわゆる『星命学』についての知識があったのかもしれないという話です。 マリンの能力はダイン譲り? 本編のエンディングでホーリーの中にあるエアリスの意識を最初に感じ取っているキャラクターがマリン。 他にも、アドベントチルドレンでは幻影を直接見ていないクラウド以外では一番最初に星の意識 エアリスの存在 を感じ取っているなど、この手の場面では非常に反応が早い。 星命学はコスモキャニオンの発祥であり、ダインやバレットの故郷であるコレルとは直接的な関係はなかった筈ではあるものの、これを感じ取っているマリンを考えると、ダインは元々星について多少の知識を知っていたのかもしれません。 もしそうであれば、頑なにコレルへの魔晄炉建築に反対した理由にも辻褄が合うし、マリンの能力にも納得が行く気が…。 エレノアの出身地などは詳細が書かれていないので、どのような人物であったのかがわからないが、マリンの親であることを考えると、実は星命学に触れていた人間だったのかもしれない。 やはりというか、マリンにはなにかしら特別な力が生まれているような気がしてしまう。

次の

【マリンとエアリス】

マリン エアリス

の発動時、そしてACでのクラウドとセフィロスの戦いの最中にクラウド達以外でいち早くの気配を察知したのは、の養女・でした。 彼女は七番街プレート落下直前にエアリスと出会って以来、エアリスを「お花のお姉ちゃん」と呼ぶ程に慕っていますが、二人はこの時の出会いが最初で最後だったため、特別親しい間柄とは言い難いように思えます。 にも関わらず、マリンはエアリスとこの短期間で親しくなり、尚且つエアリスの気配を二度に亘り察知しています。 もしこれらの疑問について考案(できればなるべく真面目な考案)があるのでしたら、ぜひ投稿してください。 ACでも大いなる福音?らしきものが発動したとき、「お姉ちゃん?」とマリンだけが気づいている。 ティファも「ずっと、いてくれたんだよね。 ・・・ありがとう・・・うん」と感謝の言葉を述べていたよ。 おそらくティファもエアリスの気配には気づいていたと思う。 というより、皆気付いているが口にしないだけだと思う。 あの状況でエアリスエアリスと連呼すると空気的におかしくなるし、 死んでしまった人の事をメンバーが話題にすれば、 FF7の悲しみの意味が完全になくなって、ACは駄作になってしまうだろう。 ただ、マリンを通してエアリスもクラウドの傍にいると視聴者に伝えるために上記のセリフを口にしたと思う。 マリンは非常に薄くだが古代種の血を引いている、っていう説は? エアリスが自分と同じ種族だったから本能的に親近感を覚え、あっという間に懐いたんじゃないかな。 いくら人懐っこい感じの子だとはいえ、あそこまで懐いて慕うとなると、やはり何かを感じ取ったのでは。 もちろん、マリンはエアリスのように星の声を聞けるほどの力はないし、古代種としての力を発揮できるほどの力は持たないが、同族の存在感知やライフストリームの流れを感じ取るぐらいは(エアリスが星の声を聞けるように)「当たり前のこと」として成長してきたのではないだろうか。

次の

なぜFF7Rはエアリスの出番が少なくなったのでしょうか。。

マリン エアリス

「ここ 分かれ道だから」 結果、ストーリー上この運命の壁を壊す事になるので運命が変わった事を意味するのだと思います。 FF7Rとしてはエアリスがストーリーのガイドのような役割になっており、プレイヤーも「エアリスは何を知ってるの?」とテイファと同じようにツッコみたくなるような場面が多いのです。 スポンサードリンク FF7R エアリスは未来を知ってる理由は2周目の未来人?【リメイク】 FF7Rのエアリスは未来予知、未来視ができるのかな?という仮説にとどまりません。 もっと言えば、既にFF7の世界を丸ごと知ってるような・・・ あたかも一度シナリオを経験があったんじゃないか?という 2週目説も考えられます。 「でもね 好きにならないで」 原作FF7のエアリスの行動はクラウドをデートに誘ったりグイグイ来るタイプで恋愛には積極的と言った印象でした。 ところがFF7Rでのエアリスは「好きにならないで」と寂しそうに告げるのです。 エアリスが2週目の未来人だった場合、自分の役割、そして死亡する未来を知っているのでクラウドを悲しませないように、優しさを込めて言ったセリフにも受け取れます。 もし、エアリスの言葉のまま受け取ってしまうと まるでクラウドが自分を好きになると勘違いしてる自意識過剰女になってしまいます。 開発者インタビューでもこの「好きにならないで」の描写については、話し合いも多く行われたとの裏情報が書かれています。 思えば初対面だった時にエアリスが「 花言葉は再会」として黄色い花をクラウドに渡しました。 ところが2週目のエアリスとしては「 FF7Rの序盤でクラウドに会う時点が既に再会」という意味でもあるのかなとも受け取れます 迷子になってるの解釈 エアリスが自身は迷子になっていると打ち明けるシーンの考察をしてみました。

次の