久留里 線 運行 状況。 JR内房線・久留里線|千葉県木更津市公式ホームページ

JR内房線・久留里線|千葉県木更津市公式ホームページ

久留里 線 運行 状況

東武線運行情報 現在 本線 日光線特急 平常どおり運転しています。 伊勢崎線特急 平常どおり運転しています。 THライナー 平常どおり運転しています。 東武スカイツリーライン 〜久喜・南栗橋 平常どおり運転しています。 伊勢崎線 久喜 以北エリア 平常どおり運転しています。 日光線 南栗橋 以北エリア 【鬼怒川線】 6月6日(土)から当面の間、野岩鉄道線内では新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う「計画運休」を行います。 その影響により、鬼怒川線内の次の列車について、行き先および始発駅が変更になりますのでご注意下さい。 〈下り列車〉 ・下今市駅7時34分発会津田島行を新藤原行に変更。 ・下今市駅13時20分発会津田島行を新藤原行に変更。 ・下今市駅14時33分発会津田島行を新藤原行に変更。 〈上り列車〉 ・下今市駅13時45分着の始発駅を会津田島駅から新藤原駅に変更。 ・下今市駅17時31分着の始発駅を会津田島駅から新藤原駅に変更。 ・下今市駅18時14分着の始発駅を会津田島駅から新藤原駅に変更。 野岩鉄道線内の運転時刻については、「野岩鉄道ホームページ」をご確認ください。 亀戸線・大師線 平常どおり運転しています。 東武アーバンパークライン 平常どおり運転しています。 東上線 TJライナー 平常どおり運転しています。 東上本線 10時13分頃、みずほ台〜鶴瀬駅間で発生した人身事故の影響により、志木〜川越市駅間の上下線で運転を見合わせていましたが、11時40分に運転を再開しました。 このため一部列車に運休および遅れがでています。 振替輸送は、下記の区間で実施しています。 注1 伊勢崎線 久喜以北エリアは伊勢崎線 久喜〜伊勢崎 、佐野線、桐生線、小泉線となります。 注2 日光線 南栗橋以北エリアは日光線 南栗橋〜東武日光 、宇都宮線、鬼怒川線となります。 あくまでも 目安としてご利用ください。 ただし、この時間外に支障が発生した場合には臨時に情報を更新することがあります。 機械翻訳のため、日本語の原文と異なることがありますのでご注意ください。

次の

JR内房線・久留里線|千葉県木更津市公式ホームページ

久留里 線 運行 状況

概要 [ ] かつて王国と呼ばれたに残る数少ない路線で、千葉県内のJR線では唯一のものである。 が整備されていないため、乗務員との連絡や運転規制の通告は、駅社員を介すか、衛星携帯電話や業務用携帯電話にて行われている。 集客イベントとして、や「駅から」などのイベントをJR東日本や沿線自治体の木更津市・君津市・袖ケ浦市などが開催している。 より全線がの定める「」に指定されたが、久留里線内では「」などのの利用はできない(も同様)。 東京都内からはJR線で一番近いSuica未対応路線である。 なお、馬来田駅スタートの『うまくたハイキング』開催の折には簡易機が設置された。 一方、全線において、「」を利用できる(「のんびりホリデーSuicaパス」はSuica未対応のため利用不可)。 路線データ [ ]• 路線距離():32. 2km• 管轄(事業種別):東日本旅客鉄道()• :1,067mm• 駅数:14(起終点駅含む。 うち、無人駅11駅)• 久留里線所属駅に限定する場合、内房線所属の木更津駅 が除外され、13駅となる。 複線区間:なし(全線)• 電化区間:なし(全線)• 可能駅:横田駅・久留里駅• 保安装置:• :千葉総合指令室(内房指令・非)• 運転取扱駅(駅が信号を制御):木更津駅・横田駅・久留里駅• :(木更津駅)• :全線(東京近郊区間)• 対応区間:なし 全線がの管轄である。 久留里線所属駅には設置されていない。 歴史 [ ] 久留里線は、千葉県が道路事情の悪さをカバーするため、県内各地に建設した の一つで、建設当時は軌間762mmのであった。 建設工事はによって、訓練の一環として行なわれた。 に制定された別表第48号の予定線に「千葉県木更津ヨリ久留里、大多喜ヲ経テ大原ニ至ル鉄道」があげられたことから、に国へ無償譲渡され、の 久留里線となった。 には、1067mmへのが完成し、には上総亀山まで延伸されたが、その先へ伸びることはなかった。 この延伸区間は、中のにとして休止され、のに復活するという経過をたどっている。 戦後はの通勤客が増えるが、それでも閑散線区の域を出ない。 しかし将来性が認められてによるを免れる。 なお、予定線の大原側は、木原線(現在の)として1930年に開業した。 (元年): 千葉県営鉄道久留里線として木更津駅 - 久留里駅間が開業。 清川駅・中川駅・馬来田駅・小櫃駅・久留里駅が開業。 (大正4年):中川駅が横田駅に改称。 (大正10年):俵田駅が開業• (大正12年):国有化され、 久留里線になる。 清川駅が上総清川駅に改称。 (5年):木更津駅 - 久留里駅間の軌間が762mmから1067mmに改軌される。 小櫃駅 - 俵田駅間で改キロが実施 -0. 1km。 1934年(昭和9年)9月15日 :運行開始(木更津-久留里間)• (昭和11年):久留里駅 - 上総亀山駅間 9. 6km が延伸開業し、久留里線が全通。 平山駅・上総松丘駅・上総亀山駅が開業。 気動車運転開始(久留里 - 上総亀山間)。 (昭和12年):東横田駅・下郡駅・上総山本駅が開業。 (昭和19年):久留里駅 - 上総亀山駅間が休止。 平山駅・上総松丘駅・上総亀山駅が休止。 (昭和22年)• 月日不明:上総山本駅が休止。 :東横田駅・下郡駅が休止。 :久留里駅 - 上総亀山駅間の営業再開。 平山駅・上総松丘駅・上総亀山駅の営業再開。 (昭和31年)• 7月1日:下郡駅の営業再開。 上総山本駅が廃止。 (昭和33年)4月1日:東横田駅の営業再開。 (昭和36年):祇園駅が開業。 (昭和43年)7月:千葉駅直通列車廃止。 (昭和49年):久留里駅 - 上総亀山駅間の貨物営業廃止。 (昭和51年)10月1日:木更津駅 - 久留里駅間の貨物営業廃止。 (昭和53年):東清川臨時乗降場が開業。 (昭和62年)4月1日:により東日本旅客鉄道が継承。 東清川臨時乗降場が駅になる。 (21年):全線がに編入される。 (平成24年)• :ダイヤ改正に合わせ、をに変更。 :キハE130系気動車を導入。 (平成25年)• :全線でを導入、これを持ってJR東日本千葉支社管内の全線にATS-Pの整備完了。 :一部の列車でワンマン運転を開始。 :の影響で、上総松丘駅 - 上総亀山駅間にて道床流出・路盤崩落が発生したため全線運転見合わせとなる。 :木更津駅 - 久留里駅間の運転が再開。 :久留里駅 - 上総亀山駅間の運転が再開。 (令和元年)• :(台風15号)の影響で全線運転見合わせとなる。 東横田駅と横田駅での屋根損傷、久留里駅 - 平山駅間におけるのり肩の一部崩壊、その他倒木などの被害を受けており 、10日間以上に渡って全線不通となる。 :木更津駅 - 久留里駅間の運転が再開。 :昼以降、久留里駅 - 上総亀山駅間を含む全線の運転を再開。 翌12日から通常ダイヤで運行される予定であったが 、(台風19号)の接近に伴う計画運休により12日始発から運転を見合わせた。 13日昼頃まで運休する予定としていたが 、実際には14日午後8時48分に運行を再開した。 :の影響で久留里駅 - 上総亀山駅間で不通となる。 :17時50分過ぎ、1週間ぶりに全線での運転を再開。 運行形態 [ ] 平日・土曜・休日ともダイヤは共通である。 木更津発着の列車のほか、久留里駅 - 上総亀山駅間の区間列車も設定されている。 運転本数は木更津駅 - 久留里駅間が1時間に1本程度で1日17往復、久留里駅 - 上総亀山駅間は日中に5時間以上運行がない時間帯がある。 一部列車は久留里駅で乗り換えとなる。 日中は1 - 2両、朝夕ラッシュ時は2 - 4両で運転される。 土日祝日および学校の長期休暇シーズンは、ラッシュ時間帯に減車が行われるが、ハイキングのシーズンの休日は日中でも4両で運転される。 3両以上で運転される時は下郡駅 - 上総亀山駅間のホームが短いため進行方向、前寄り2両のみ扉扱いし3両目以降はされる。 このため上総亀山駅では折り返しの際、降車終了後いったんドアを閉め、車両を1両半位前方へ移動し客扱いを再開する。 2013年3月16日のダイヤ改正より、一部の列車でが実施されている。 2014年3月15日のダイヤ改正では、上総亀山駅発着列車の一部が久留里駅折り返しとなり、日中時間帯の列車が減便された。 2017年3月4日の改正からは、上総亀山発の一番列車が5時台から6時に、木更津発上総亀山行きの最終が21時台から20時台(久留里発は21時台後半)に変更され、5時台の木更津行き一番列車は久留里始発に短縮となり、久留里駅 - 上総亀山駅間は下り8本、上り9本の運転となった。 臨時列車や観光列車については、現在は観光シーズンに久留里止まりの定期列車が上総亀山まで延長されるのみで、や他線所属の気動車を使用した臨時列車はほとんど運転されない。 2019年からは上総亀山までの臨時の延長運転がゴールデンウイークや夏休み期間にも拡大された ほか、同年7月27日には実施に向けた関係自治体向けの試乗モニター調査でを運行することになった。 過去には4月に「ちば」の一環として「」を使用した臨時普通列車「風っこくるり号」が運転された。 にはをが牽引する「のんびりくるり号」が運転された。 ワンマン運転 [ ] 2013年3月16日のダイヤ改正時より、が開始されている。 対象編成は1・2両編成の列車(土休日に減車されて2両編成となる列車を除く)であり、2両の場合、後部に連結された車両のドアは締切扱いとなっている(ただし、木更津駅・横田駅・久留里駅ではすべてのドアが開く)。 なお、ワンマン化がなされた列車であっても、それが困難な場合や一部区間では車掌が乗務することもあるとされる。 ただしその場合でも改札は運転士が行う。 なお、(動労千葉)はワンマンによる運転を批判しており、これを取りやめるよう主張している。 使用車両 [ ] 2012年12月1日からはに所属するが使用されている。 かつて使用されていた首都圏色(朱色5号)のキハ30形 沿線概況 [ ] 木更津駅を出発するとすぐに大きく東方にカーブする。 しばらくは農地と住宅地が点在する平地を走る。 に付かず離れずという感じでしばらく路線は続く。 東横田駅からは南方にコースを変える。 徐々に標高は高くなり、起伏が目立つようになる。 久留里駅からは山間地に入り、小櫃川沿いの急な流れや、急な崖などを進み、また上総松丘 - 上総亀山間では当線には2か所しかないが現れ、終点上総亀山駅に到着する。 駅一覧 [ ]• 全列車普通列車(全駅に停車)• 全駅内に所在 駅名 駅間営業キロ 累計営業キロ 接続路線 線路 所在地 - 0. 6 2. 6 | 1. 6 4. 2 | 1. 9 6. 1 | 3. 2 9. 5 10. 8 | 3. 1 13. 9 | 木更津市 1. 3 15. 2 | 3. 0 18. 2 | 1. 8 20. 0 | 2. 6 22. 1 25. 7 | 2. 6 28. 3 | 3. 9 32. 2 | 廃駅 [ ]• 木更津駅 - 久留里駅間• 久留里駅 - 上総亀山駅間• 房総半島の非電化路線は、他には(旧・木原線)とがある。 貨物専用路線も含むとも入る。 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』 1998年• 『ちばの鉄道一世紀』p149• (国立国会図書館デジタルコレクション)• (国立国会図書館デジタルコレクション)• 休止期日は、で1944年10月31日限りと告示されたが、で11月30日限りに延長され、さらにで12月15日限りに変更された。 (国立国会図書館デジタルコレクション)• 今尾恵介『日本鉄道旅行地図帳 3号 関東1』新潮社、2008年、p. - 東日本旅客鉄道千葉支社 プレスリリース 2011年12月16日• 交通新聞2013年2月27日• - 、2013年10月16日• - 、2013年10月18日• - レスポンス、2013年11月13日• 朝日新聞デジタル. 2019年9月9日閲覧。 レスポンス. 2019年9月18日時点のよりアーカイブ。 2019年9月18日閲覧。 , , JR東日本千葉支社, 2019年9月19日 , 2019年9月19日閲覧。 東日本旅客鉄道千葉支社(2019年9月20日作成). 2019年9月20日閲覧。 東日本旅客鉄道 2019年10月11日. 2019年10月11日時点のよりアーカイブ。 2019年10月11日閲覧。 東日本旅客鉄道千葉支社 2019年10月8日. 2019年10月11日閲覧。 日本放送協会 2019年10月11日. 2019年10月11日閲覧。 NHK NEWS WEB. 日本放送協会 2019年10月14日. 2019年10月14日閲覧。 - レスポンス、2019年10月28日• - NHKニュース、2019年11月1日• - 東日本旅客鉄道千葉支社 プレスリリース 2016年12月16日• 延長運転は2018年までは秋の亀山湖オータムフェスタの開催時のみだった。 - 東日本旅客鉄道千葉支社 プレスリリース 2019年6月28日• - 東日本旅客鉄道千葉支社• - 日刊 動労千葉 No. 7542• - 日刊 動労千葉 No. 7479• 『』2012年12月号、 車内写真あり• jp 2012年12月1日• 2019年10月4日時点のよりアーカイブ。 2019年11月6日閲覧。 2019年7月7日時点のよりアーカイブ。 2019年11月6日閲覧。 参考文献 [ ]• 『ちばの鉄道一世紀』、1996年7月10日 第1刷発行、1996年10月15日 第2刷発行、• (監修)『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』31号 内房線・外房線・久留里線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、〈週刊朝日百科〉、2010年2月21日、17・24-26頁。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - かつて該当。 - 単行本第1集第1旅に登場。 「新・鉄子の旅」でも単行本第1集第1・2旅に登場し、ともに最初の路線となっている。 外部リンク [ ]• - 東日本旅客鉄道(JR東日本)千葉支社.

次の

久留里線

久留里 線 運行 状況

概要 [ ] かつて王国と呼ばれたに残る数少ない路線で、千葉県内のJR線では唯一のものである。 が整備されていないため、乗務員との連絡や運転規制の通告は、駅社員を介すか、衛星携帯電話や業務用携帯電話にて行われている。 集客イベントとして、や「駅から」などのイベントをJR東日本や沿線自治体の木更津市・君津市・袖ケ浦市などが開催している。 より全線がの定める「」に指定されたが、久留里線内では「」などのの利用はできない(も同様)。 東京都内からはJR線で一番近いSuica未対応路線である。 なお、馬来田駅スタートの『うまくたハイキング』開催の折には簡易機が設置された。 一方、全線において、「」を利用できる(「のんびりホリデーSuicaパス」はSuica未対応のため利用不可)。 路線データ [ ]• 路線距離():32. 2km• 管轄(事業種別):東日本旅客鉄道()• :1,067mm• 駅数:14(起終点駅含む。 うち、無人駅11駅)• 久留里線所属駅に限定する場合、内房線所属の木更津駅 が除外され、13駅となる。 複線区間:なし(全線)• 電化区間:なし(全線)• 可能駅:横田駅・久留里駅• 保安装置:• :千葉総合指令室(内房指令・非)• 運転取扱駅(駅が信号を制御):木更津駅・横田駅・久留里駅• :(木更津駅)• :全線(東京近郊区間)• 対応区間:なし 全線がの管轄である。 久留里線所属駅には設置されていない。 歴史 [ ] 久留里線は、千葉県が道路事情の悪さをカバーするため、県内各地に建設した の一つで、建設当時は軌間762mmのであった。 建設工事はによって、訓練の一環として行なわれた。 に制定された別表第48号の予定線に「千葉県木更津ヨリ久留里、大多喜ヲ経テ大原ニ至ル鉄道」があげられたことから、に国へ無償譲渡され、の 久留里線となった。 には、1067mmへのが完成し、には上総亀山まで延伸されたが、その先へ伸びることはなかった。 この延伸区間は、中のにとして休止され、のに復活するという経過をたどっている。 戦後はの通勤客が増えるが、それでも閑散線区の域を出ない。 しかし将来性が認められてによるを免れる。 なお、予定線の大原側は、木原線(現在の)として1930年に開業した。 (元年): 千葉県営鉄道久留里線として木更津駅 - 久留里駅間が開業。 清川駅・中川駅・馬来田駅・小櫃駅・久留里駅が開業。 (大正4年):中川駅が横田駅に改称。 (大正10年):俵田駅が開業• (大正12年):国有化され、 久留里線になる。 清川駅が上総清川駅に改称。 (5年):木更津駅 - 久留里駅間の軌間が762mmから1067mmに改軌される。 小櫃駅 - 俵田駅間で改キロが実施 -0. 1km。 1934年(昭和9年)9月15日 :運行開始(木更津-久留里間)• (昭和11年):久留里駅 - 上総亀山駅間 9. 6km が延伸開業し、久留里線が全通。 平山駅・上総松丘駅・上総亀山駅が開業。 気動車運転開始(久留里 - 上総亀山間)。 (昭和12年):東横田駅・下郡駅・上総山本駅が開業。 (昭和19年):久留里駅 - 上総亀山駅間が休止。 平山駅・上総松丘駅・上総亀山駅が休止。 (昭和22年)• 月日不明:上総山本駅が休止。 :東横田駅・下郡駅が休止。 :久留里駅 - 上総亀山駅間の営業再開。 平山駅・上総松丘駅・上総亀山駅の営業再開。 (昭和31年)• 7月1日:下郡駅の営業再開。 上総山本駅が廃止。 (昭和33年)4月1日:東横田駅の営業再開。 (昭和36年):祇園駅が開業。 (昭和43年)7月:千葉駅直通列車廃止。 (昭和49年):久留里駅 - 上総亀山駅間の貨物営業廃止。 (昭和51年)10月1日:木更津駅 - 久留里駅間の貨物営業廃止。 (昭和53年):東清川臨時乗降場が開業。 (昭和62年)4月1日:により東日本旅客鉄道が継承。 東清川臨時乗降場が駅になる。 (21年):全線がに編入される。 (平成24年)• :ダイヤ改正に合わせ、をに変更。 :キハE130系気動車を導入。 (平成25年)• :全線でを導入、これを持ってJR東日本千葉支社管内の全線にATS-Pの整備完了。 :一部の列車でワンマン運転を開始。 :の影響で、上総松丘駅 - 上総亀山駅間にて道床流出・路盤崩落が発生したため全線運転見合わせとなる。 :木更津駅 - 久留里駅間の運転が再開。 :久留里駅 - 上総亀山駅間の運転が再開。 (令和元年)• :(台風15号)の影響で全線運転見合わせとなる。 東横田駅と横田駅での屋根損傷、久留里駅 - 平山駅間におけるのり肩の一部崩壊、その他倒木などの被害を受けており 、10日間以上に渡って全線不通となる。 :木更津駅 - 久留里駅間の運転が再開。 :昼以降、久留里駅 - 上総亀山駅間を含む全線の運転を再開。 翌12日から通常ダイヤで運行される予定であったが 、(台風19号)の接近に伴う計画運休により12日始発から運転を見合わせた。 13日昼頃まで運休する予定としていたが 、実際には14日午後8時48分に運行を再開した。 :の影響で久留里駅 - 上総亀山駅間で不通となる。 :17時50分過ぎ、1週間ぶりに全線での運転を再開。 運行形態 [ ] 平日・土曜・休日ともダイヤは共通である。 木更津発着の列車のほか、久留里駅 - 上総亀山駅間の区間列車も設定されている。 運転本数は木更津駅 - 久留里駅間が1時間に1本程度で1日17往復、久留里駅 - 上総亀山駅間は日中に5時間以上運行がない時間帯がある。 一部列車は久留里駅で乗り換えとなる。 日中は1 - 2両、朝夕ラッシュ時は2 - 4両で運転される。 土日祝日および学校の長期休暇シーズンは、ラッシュ時間帯に減車が行われるが、ハイキングのシーズンの休日は日中でも4両で運転される。 3両以上で運転される時は下郡駅 - 上総亀山駅間のホームが短いため進行方向、前寄り2両のみ扉扱いし3両目以降はされる。 このため上総亀山駅では折り返しの際、降車終了後いったんドアを閉め、車両を1両半位前方へ移動し客扱いを再開する。 2013年3月16日のダイヤ改正より、一部の列車でが実施されている。 2014年3月15日のダイヤ改正では、上総亀山駅発着列車の一部が久留里駅折り返しとなり、日中時間帯の列車が減便された。 2017年3月4日の改正からは、上総亀山発の一番列車が5時台から6時に、木更津発上総亀山行きの最終が21時台から20時台(久留里発は21時台後半)に変更され、5時台の木更津行き一番列車は久留里始発に短縮となり、久留里駅 - 上総亀山駅間は下り8本、上り9本の運転となった。 臨時列車や観光列車については、現在は観光シーズンに久留里止まりの定期列車が上総亀山まで延長されるのみで、や他線所属の気動車を使用した臨時列車はほとんど運転されない。 2019年からは上総亀山までの臨時の延長運転がゴールデンウイークや夏休み期間にも拡大された ほか、同年7月27日には実施に向けた関係自治体向けの試乗モニター調査でを運行することになった。 過去には4月に「ちば」の一環として「」を使用した臨時普通列車「風っこくるり号」が運転された。 にはをが牽引する「のんびりくるり号」が運転された。 ワンマン運転 [ ] 2013年3月16日のダイヤ改正時より、が開始されている。 対象編成は1・2両編成の列車(土休日に減車されて2両編成となる列車を除く)であり、2両の場合、後部に連結された車両のドアは締切扱いとなっている(ただし、木更津駅・横田駅・久留里駅ではすべてのドアが開く)。 なお、ワンマン化がなされた列車であっても、それが困難な場合や一部区間では車掌が乗務することもあるとされる。 ただしその場合でも改札は運転士が行う。 なお、(動労千葉)はワンマンによる運転を批判しており、これを取りやめるよう主張している。 使用車両 [ ] 2012年12月1日からはに所属するが使用されている。 かつて使用されていた首都圏色(朱色5号)のキハ30形 沿線概況 [ ] 木更津駅を出発するとすぐに大きく東方にカーブする。 しばらくは農地と住宅地が点在する平地を走る。 に付かず離れずという感じでしばらく路線は続く。 東横田駅からは南方にコースを変える。 徐々に標高は高くなり、起伏が目立つようになる。 久留里駅からは山間地に入り、小櫃川沿いの急な流れや、急な崖などを進み、また上総松丘 - 上総亀山間では当線には2か所しかないが現れ、終点上総亀山駅に到着する。 駅一覧 [ ]• 全列車普通列車(全駅に停車)• 全駅内に所在 駅名 駅間営業キロ 累計営業キロ 接続路線 線路 所在地 - 0. 6 2. 6 | 1. 6 4. 2 | 1. 9 6. 1 | 3. 2 9. 5 10. 8 | 3. 1 13. 9 | 木更津市 1. 3 15. 2 | 3. 0 18. 2 | 1. 8 20. 0 | 2. 6 22. 1 25. 7 | 2. 6 28. 3 | 3. 9 32. 2 | 廃駅 [ ]• 木更津駅 - 久留里駅間• 久留里駅 - 上総亀山駅間• 房総半島の非電化路線は、他には(旧・木原線)とがある。 貨物専用路線も含むとも入る。 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』 1998年• 『ちばの鉄道一世紀』p149• (国立国会図書館デジタルコレクション)• (国立国会図書館デジタルコレクション)• 休止期日は、で1944年10月31日限りと告示されたが、で11月30日限りに延長され、さらにで12月15日限りに変更された。 (国立国会図書館デジタルコレクション)• 今尾恵介『日本鉄道旅行地図帳 3号 関東1』新潮社、2008年、p. - 東日本旅客鉄道千葉支社 プレスリリース 2011年12月16日• 交通新聞2013年2月27日• - 、2013年10月16日• - 、2013年10月18日• - レスポンス、2013年11月13日• 朝日新聞デジタル. 2019年9月9日閲覧。 レスポンス. 2019年9月18日時点のよりアーカイブ。 2019年9月18日閲覧。 , , JR東日本千葉支社, 2019年9月19日 , 2019年9月19日閲覧。 東日本旅客鉄道千葉支社(2019年9月20日作成). 2019年9月20日閲覧。 東日本旅客鉄道 2019年10月11日. 2019年10月11日時点のよりアーカイブ。 2019年10月11日閲覧。 東日本旅客鉄道千葉支社 2019年10月8日. 2019年10月11日閲覧。 日本放送協会 2019年10月11日. 2019年10月11日閲覧。 NHK NEWS WEB. 日本放送協会 2019年10月14日. 2019年10月14日閲覧。 - レスポンス、2019年10月28日• - NHKニュース、2019年11月1日• - 東日本旅客鉄道千葉支社 プレスリリース 2016年12月16日• 延長運転は2018年までは秋の亀山湖オータムフェスタの開催時のみだった。 - 東日本旅客鉄道千葉支社 プレスリリース 2019年6月28日• - 東日本旅客鉄道千葉支社• - 日刊 動労千葉 No. 7542• - 日刊 動労千葉 No. 7479• 『』2012年12月号、 車内写真あり• jp 2012年12月1日• 2019年10月4日時点のよりアーカイブ。 2019年11月6日閲覧。 2019年7月7日時点のよりアーカイブ。 2019年11月6日閲覧。 参考文献 [ ]• 『ちばの鉄道一世紀』、1996年7月10日 第1刷発行、1996年10月15日 第2刷発行、• (監修)『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』31号 内房線・外房線・久留里線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、〈週刊朝日百科〉、2010年2月21日、17・24-26頁。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - かつて該当。 - 単行本第1集第1旅に登場。 「新・鉄子の旅」でも単行本第1集第1・2旅に登場し、ともに最初の路線となっている。 外部リンク [ ]• - 東日本旅客鉄道(JR東日本)千葉支社.

次の