ファルコ巨人。 進撃の巨人の原作漫画は現在どこまで進んだ?これまでのストーリーの流れ

【進撃の巨人】129話ネタバレ感想 ファルコの顎の巨人登場フロック死亡?

ファルコ巨人

「マーレ編」は彼の描写から始まる。 大陸に残った人の一族・グライス家の次男。 内気な性格だが深い愛情、思いやりがある。 敵味方問わず弱っている相手には心に寄り添い温かい言葉を投げかけるなど他者への感情移入が出来る尊い心の持ち主。 かつて楽園送りにされたエルディア復権派の幹部をに持ち、潔白を示すために兄・共々「」に志願した。 「任期」の期限が迫るから「」を継承する権利を得るため、や、らと共に戦士候補生として日々訓練を積んでいる。 コルトが見事「」の継承権を獲得した一方で、同じ戦士候補生内ではガビの成績が圧倒的だったため、自らが「鎧の巨人」を継承することは半ば諦めているように見られた。 だが想いを寄せるガビが本当に巨人を継承した場合、わずか13年しか生きられないことを案じており、それを見抜いたライナーから 「ガビを守りたいならお前がガビを超えるしかない」と言葉をかけられ、彼女を守るために自らが巨人を継承する決意を固める。 今まで以上に訓練に励み、ガビとの差を縮めていく傍ら、 との交流を深めていく。 その負傷兵は心的外傷と偽り病院に滞在していた。 収容区のポストに投函された手紙は中身を確認されてしまい仮病であることが露呈してしまう為、彼の家族宛の手紙を収容所外のポストへ投函する依頼を何度も引き受けていた。 そしてレベリオでの祭事の日、クルーガーがライナー・ブラウンと古い友人であり会わせてほしいとの彼の依頼によりステージ裏側の住居の地下での対面の仲介を行うが… クルーガー「よう…」「4年振りだな ライナー」 ライナー「…エレン」 クルーガー「よかったな 故郷に帰れて」 ライナー「…ありえない」 ライナーの怯える様子に違和感を覚え、そして古い友人ということから彼こそがであり手紙のやりとりの相手がパラディ島勢力の仲間であったことを知る。 騙され自身が敵に加担してしまったことを悲しみ、ショックを受ける。 の演説中にエレンの巨人化の爆発に巻き込まれそうになるもライナーの身を挺した鎧の力による庇護を受け事なきを得る。 しかしライナーが生きる意志を喪失したことにより気絶してしまいに彼の救助を求めるが、その直後にことが戦闘不能になった為彼女を庇護しガビと共に避難する。 復讐そしてパラディ島の悪魔に成敗をと燃えるガビを諫めるも彼女は止まることなく、敵の飛行船に乗り込もうとする彼女にしがみつく形で飛行船に乗り込む。 ガビがを殺害しの報復の弾丸を向けられるが彼女を身を挺して守る。 そしてそこでと対面し彼がマーレを裏切りパラディ島勢力に加担していた事を知る。 そのまま飛行船はパラディ島に到着しガビと共に捕虜となり牢に投獄される。 ガビが看守を殺害し共に脱獄する。 辺境な田舎まで逃走するもいくあても無くガビと口論になってしまう。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

【進撃の巨人】ファルコの性はグライス!!橋渡しとなるのか!?

ファルコ巨人

エレンはジークに近づき、接触しようとします。 接触すれば座標が発動し、「地鳴らし」が起きてしまうのでしょうか。 オニャンコポンの決意でアルミン、コニー、ミカサ、ジャン達が脱獄? 新生エルディア帝国を建てようとしているエレン・イェーガー派によって、アルミンたちは牢獄に入れられています。 脊髄液入りのワインを飲んでしまったファルコも一緒に収監されています。 そんな中、オニャンコポンが鍵を持ってきて、アルミンやミカサたちを出してくれます。 オニャンコポンはエレンを助けるために協力を求めましたが、コニーは激怒して突っかかります。 ただ、オニャンコポンの話によると、本当にオニャンコポンはイェレナの信奉するジークの「エルディア人安楽死計画」は知らなかったとのこと。 確かにエレンの考えの急変はおかしなところがありますが、始祖の巨人の記憶をたどっていって、そういう結論に達してしまったという可能性も高いです。 アルミンはまだエレンを信じていて、エレンがイェレナに逆らうと危ないと思ったためにウソをついているという希望的観測を述べています。 アルミンだけがエレンから明かされている真実の言葉とは? アルミンはエレンがジークに同調して、とりあえず小規模な「地鳴らし」を起こしてみせることで、パラディ島を世界の侵略から守ろうとしているんだと考えています。 ミカサはアルミンになぜ「エレンがミカサのことを嫌いではない」のか、問い詰めますが、アルミンは答えません。 アルミンは以前、海に初めて着いたとき、エレンからいろいろ聴いていたようです。 私の推測では、巨人化をはたして寿命があと数年しかないため、エレンはミカサに自分を諦めて欲しいと思っているのではないでしょうか。 エレンがミカサに言っていた、「アッカーマン一族特有の頭痛」というのは、同じアッカーマンのリヴァイ兵長には見られないような気がします。 ということは、やはりアルミンのいうように、ミカサの頭痛はまた別の原因があるのかもしれません。 でも、ミカサはエレンからもらった大切な思い出のマフラーはおいていくことにしていて、かなり気にしているようです。 ジークとエレンが接触して、地鳴らしが起こってしまうのか アルミン、ミカサ、ジャン、コニーは立体機動装置をつけてエレンを援護することになりました。

次の

進撃の巨人129話ネタバレと感想!ライナーとアニをファルコが助けガビがフロックを倒す!|ワンピース鬼滅の刃ネタバレ考察ガジライフ

ファルコ巨人

進撃の巨人119話 最新話 のネタバレ考察:ファルコ死亡!? 前回の118話でファルコはガビに今まで好きだったことと、ガビに鎧の巨人を継承してほしくなかったから戦士候補生になったということを告白します。 『おれは巨人になっちまうかもしれねぇから…もう言い残すことはねぇ』 ファルコの突然の告白にガビは照れますが、ファルコを死なせたくない一心で、ジークの元へ急ぎます。 「ファルコが脊髄液を飲んだことをジークが知れば叫びを阻止できるかもしれない」 ファルコは脊髄液を飲んでいるため、ジークが『叫び』をした場合、巨人になってしまいます。 なので、ジークに現状を伝えることで阻止しようとしているわけですね。 しかしその頃、マガト元帥の知略によりジークは死に追いやられていました。 肩を射抜かれ、壁の上から落下します。 マガトは「奴に少しでも命があるなら叫ぶはずだ」と発言し早急に殺そうとしています。 意識も朦朧とする中、ジークが取る行動とは…?!そして、ファルコの命運はいかに…? 118話はここまでで終わっています。 ファルコの今の状況って「これが終わったら俺結婚するんだ」的な感じですよね…。 なんとな~く、嫌な予感がします…。 進撃の巨人の過去のストーリーからして、重要人物でも容赦なく殺しますし『役目を終えた』キャラクターというのは比較的すぐ死なせる傾向にあります。 実際、作者のインタビューでもそのようなことをコメントされており、ガビに想いを伝えたファルコもそのパターンに該当する可能性が…? また、過去のシーンで、コルトが背負っている対巨人ライフルの説明をしていました。 まだこのライフルは使われていませんが、必ずどこかで使う場面がでてくるでしょう。 そして、その使うタイミングはコルトにとって何らかの因縁がある相手になるはずです。 そう考えると現状では巨人化したファルコ…?と考えてしまいますね。 ただ、ジークが壁の下に落下したことでガビ・ファルコ・コルトがジークの元にたどり着く可能性がでてきました。 彼らがジークに合った時にジークがどんな態度をとるのか楽しみですね。 もし叫びの力が使われれば、ファルコが近くにいるガビとコルトに襲い掛かるでしょうから、コルトがファルコを…という確率が高そうです。 仮にジークが叫びの力を使ったとして、無垢の巨人に命令する内容とは…!?

次の