テレビ インターネット 接続。 テレビをインターネットに接続する方法!Wi

便利なの?液晶テレビにインターネット接続するメリットって何?

テレビ インターネット 接続

液晶テレビをインターネットに接続すると、視聴できるものが大幅に増えることになります。 そのひとつが、動画です。 インターネットに接続していれば、YouTubeなどのさまざまな動画を大画面で見ることができるのです。 そうした動画は、通常のテレビ番組とは違った魅力があり、さらに楽しみが広がります。 最近はHD画質の動画も多くあるので、大きな画面で見ることができれば、動画の魅力を存分に堪能することができるのです。 また、液晶テレビで動画を視聴する人が多くなったことで、そのための便利な機能を備えた商品も増えてきました。 商品によっては、声で動画を検索できたり、ボタンひとつでサイトにアクセスしたりすることもできるのです。 使いやすい機能がある商品なら、動画の視聴がより楽しくなります。 VODとは、ビデオオンデマンドの略称であり、有料で映画やドラマ、アニメなどを視聴できるサービスです。 このサービスは、レンタルよりも使いやすいことがメリットになります。 まず、動画配信であれば、借りたり返却したりするために店舗へ出向く必要がありません。 すべて自宅で完結するため、気軽に利用することができるのです。 そして、レンタルではないため、見たい作品が貸し出し中になっていることもありません。 レンタルだと、目当ての作品が貸し出し中であれば、返却されるのを待たなければならず、連続もののドラマやアニメなどの場合、とても不便に感じてしまいます。 しかし、VODは動画配信なので、そうしたデメリットとは無縁なのです。 また、最新の話題作や過去の名作、VODでしか視聴できないオリジナル作品など、品揃えも充実しています。 このVODは、パソコンやスマートフォンで視聴するのが主な使い方でしたが、4K動画の提供も増えた現在では、液晶テレビでの視聴がおすすめです。 定額制を選択すると、月額で動画が見放題になるので、さまざまな作品を大画面で楽しみましょう。 液晶テレビをインターネットに接続すると、大きな画面でインターネット検索をすることもできます。 リモコンによる簡単操作で検索できるので、ともて便利です。 もしリモコンでの検索に慣れないようなら、キーボードを接続すれば、パソコンと同じ感覚で文字を入力することもできます。 こうした液晶テレビによる検索では、表示される画面も大きいので、検索結果が見やすくなることもメリットです。 インターネット検索は、主にスマートフォンやパソコンで行うことが多いですが、狭い画面に使いづらさや違和感を覚えている人は、テレビだと快適に検索できます。 また、普段使用しているテレビでも検索できるようになれば、より気軽に調べ物をすることもできるのです。 液晶テレビでインターネット検索ができれば、パソコンで場所をとることがなくなります。 パソコンで作業がしたい場合、机のスペースが狭くなってしまい、他の作業もしたいときは困ってしまうものです。 例えば、何か調べながらメモをとる場合は、ノートを広げておく場所も欲しくなりますが、机が小さかったりすると、パソコンだけで場所が埋まってしまい、他のものを置けなくなってしまいます。 しかし、液晶テレビでインターネット検索ができるなら、机のスペースを圧迫することはありません。 テレビの画面を見ながら、机の上で別の作業を進めることもできるのです。 また、テレビの視聴と検索が同時にできる商品もあるので、テレビ番組を見ながらニュースのチェックをしたいときなども、テレビさえあれば事足ります。 このように、液晶テレビでインターネット検索ができると、普段の生活はより楽になるのです。 液晶テレビのインターネット接続には、有線LANと無線LANのどちらかを必ず使うことになります。 インターネット接続に対応した商品は、背面か側面にLANポートが備わっているので、利用するなら、まずはこの点を確認しましょう。 どちらかひとつ、もしくは両方に対応していれば、接続は可能です。 ただし、有線LANを利用するのであれば、そのためのケーブルも揃える必要があるので、注意してください。 無線LANの場合は、ケーブルを使う必要がないため、そのまま使用することができます。 また、もし無線LANがなかったときは、USBの無線LANアダプターを購入することで接続できます。 その場合は、液晶テレビにUSBポートがあることも確かめておきましょう。

次の

テレビでインターネットを楽しむ 接続方法やおすすめコンテンツを解説

テレビ インターネット 接続

テレビをインターネットに接続する 最近は、テレビをインターネットに接続して利用することが多い。 たとえば、Youtubeをテレビで楽しむこともできる。 パソコンより大きな画面で見る事ができるので、大迫力だ。 ここでは、テレビを簡単にインターネットに接続する方法を紹介しよう。 【目次】• インターネットへの接続は依頼すると手数料が…… とある量販店でTVを購入した。 配送の書類を書いていると、以下のような記述があった 「インターネットへの接続を依頼する(手数料 税込:3,000円)」 配達員の方にインターネットへの接続を依頼すると、結構な手数料が必要だ。 ここは、自分で接続してみよう。 また、人任せにすると何か不具合があって再接続したいときにも、お店に連絡しなくてはいけない。 テレビをインターネットにWiFiで接続する 有線の環境があったら後述のように有線の方がよいが、通常はWiFiで接続する場合が多いだろう。 ここでは、WiFiによる接続方法を紹介する。 接続方法は、TVによってまちまちなので、共通する項目を紹介することにしたい。 設定には、暗号化キーを手動で入力する方法をお勧めしたい。 ここは、同室内であっても確実に接続できる暗号化キーを手動で入力する方法をお勧めする。 無い場合は、「設定」がどこにあるかを探そう。 LAN設定の中の「WiFi」をoffにすると有線での接続になる。 なお、余談だが有線で接続しているのに、WiFiの設定を行うとエラーになる場合があるので2重の設定にならないように注意したい。 4K8Kの電波漏えいとWiFiへの影響 総務省から「」というPDF文書が発表されている。 従って、もし左旋円偏波が漏れるとWiFiに影響を及ぼすことになる。 影響でインターネットの接続が切れたり、設定ができなかったりするだろう。 筆者の家にあった昔のTV機器で悪影響を与える機器の写真を下に挙げる。 WiFiの設定が正常に行われない可能性も高いので注意したい。 SHマークのあるアンテナ分波器。 Wi-Fiが8Kに及ぼす影響 Wi-Fiで利用している周波数帯と8K放送が利用している周波数帯には、重複する部分がある。 次の表はそれぞれの利用する周波数帯を示す。 ・8K放送:2454. 57MHz~2489. 07MHz ・Wi-Fi(2. 4GHz帯):2401MHz~2495MHz Wi-Fiは、1~14chまであり、7chが2431~2453MHzとなっているので、8ch以上が利用する周波数帯が8Kと重複することになる。 8Kに適合するアンテナケーブルや機器は、シールドされているので、同じ部屋の中にTVと無線LANルータ Wi-Fi があるような場合でもWi-Fiが8Kに影響を及ぼすことはない。 しかし、無線LANルータのアンテナが8Kのケーブルや機器に接しているような場合は、想定外の状況で動画が一瞬止まったり、音声が途切れたりする。 8K関連の機器は、分配器とV-ONU 光ファイバーを使ってテレビ放送を行うために使われる光受信機)およびその電源だ。 もちろんアンテナケーブルもある。 無線LANルータの裏にTV関連の機器がある。 現在は、アルミホイルでシールドしてある。 対策は、まず写真のようにアルミホイルで8K関連の機器をシールドする。 次に、利用するchを7ch以下に固定しよう。 通常は、電波利用状況から判断して最適なchが自動で選択される「自動」になっている。 自動の場合、7ch以下が選択されていればよいが、8ch以上が選択されると8Kの放送視聴に支障が発生する。 常時影響がでる訳ではないので、原因がつかみにくい。 チャンネルの固定方法は、まず無線LANルータのマニュアルを参照して、無線LANの設定画面を表示する。 次に、チャンネルを「自動」から、たとえば「1ch」に変更する。 ガイドは、8Kの利用する周波数帯と一番離れている1chを指定してある。

次の

テレビをWi

テレビ インターネット 接続

TVでインターネットを楽しむ。 ご自宅にあるテレビには、インターネットを楽しむ機能はありませんか。 最近のテレビであれば、ほとんどの機種がインターネットの接続に対応しています。 テレビをインターネットに接続すると、コンピュータと同じようなブラウザ機能のほかに、テレビ専用のコンテンツを集めた「アクトビラ」などのサービスに接続することができます。 地デジのデータ放送でも、インターネットに接続しないと利用できないサービスもあります。 たとえば、視聴者アンケートなどはインターネットに接続していないと投票しても集計に入りません。 【目次】• 無線LANでテレビをインターネットに接続しよう 最近では無線LAN対応のテレビも増えてきましたが、無線LANに対応していないテレビもあります。 リビングに設置してあるテレビの近辺に有線ルータがあればよいのですが、ない場合は無線LANを利用し、離れた部屋にある無線ルータにテレビを接続しましょう。 無線LANでテレビをネットにつなぐ「イーサネットコンバータ」とは 無線LANでテレビをインターネットに接続するには、イーサネットコンバータという機器を利用します。 イーサネットコンバータは、テレビなどの端末をインターネットに接続するための無線LAN子機です。 コンピュータにUSBで接続する通常の子機は、ドライバやユーティリティをインストールして無線ルータと接続するのですが、イーサネットコンバータはドライバもユーティリティも必要ありません。 テレビとイーサネットコンバータを、LANケーブルを使って接続するだけです。 Buffalo WLI-UTX-AG300をLANケーブルで接続。 この機種は、TVのUSB端子にも設置できる優れもの。 もちろん暗号化の設定は必要となりますが、AOSSなどの機能を利用すればボタンを押すだけで設定が可能です。 テレビなどの家電製品は、コンピュータのように子機の設定ができないので、ほぼ設定がいらないイーサネットコンバータは家電製品に最適な無線LAN子機といえるでしょう。 ただ、1つ注意することがあります。 なるべく手持ちの無線LANルータと同じメーカーのイーサネットコンバーターを用意してください。 異なるメーカーの場合は、無線LANを簡単に設定する機能が対応しないこともあります。 イーサネットコンバータを実際に使ってみる 今回はバッファロー社のイーサネットコンバータ「WLI-UTX-AG300」を利用して同社の無線LANルータ「WZR-S1750DHP」とテレビを接続してみました。 WLI-UTX-AG300 USB端子は給電のためだけに利用される。 まずは、無線LANルータをインターネットに接続し、WLI-UTX-AG300をテレビのUSB端子に接続します。 さらに、WLI-UTX-AG300とテレビの有線LANポートを付属のLANケーブルで接続します。 設置が完了したら、以下の操作を行います。 イーサネットコンバータのAOSSスイッチを3~4秒押す• 無線LANルータのAOSSスイッチを3~4秒押す イーサネットコンバータの(SECURITY)ランプが点灯または消灯したら、無線の設定は完了です。 というのは、SECURITY ランプは、無線LAN に接続後、約1分間点灯し、その後消灯するからです。 もし、5分以上経ってても、SECURITY ランプが点滅している場合は、設定に失敗しています。 再度手順1から設定をやり直してください。 設定後、実際にアクトビラに接続し、ハイビジョン映画を鑑賞しましたが、接続が途中で切れてしまったり、コマ落ちすることもなく非常によい画質で鑑賞することができました。

次の