コスタリカ 国旗。 世界の国旗の色【中央アメリカ】

コスタリカの国章

コスタリカ 国旗

ナバス。 常に琵琶を手放さず、常に弾き鳴らしている。 また、とても友好的な性格で誰とでもすぐに打ち解けることができるが、それは人間のみならず動物においても同様で、彼が琵琶を弾き鳴らすと不思議と動物が集まってくる。 争いを好まないため、琵琶の演奏によって、味方の能力を上げるという旗本の中でも非常に稀有な力を持つ。 現在は姿を隠しているという幻の鳥を探していおり、珍しい鳥を見た、という報告があれば世界中どこへでも訪ねていく。 日本を訪れた際に「代々木公園」と呼ばれていた場所で見つけた、鳥の神を模した像がお気に入り。 大好きなのはコスタリカコーヒー。 一日食後に飲むのは例え戦闘中でもかかせない習慣。 コスタリカコーヒーの素敵な香りを漂わせる香水を部屋で開発しているそうで、部屋の近くにくるとおいしいコーヒーの香りが漂ってくる。 口癖は「プーラ・ビーダ!」 横に1:1:2:1:1の割合で青:白:赤:白:青のストライプ。 赤地の左よりにある円いマークが「国章」です。 「国章」の盾には、イラス山・ポアス山・アレナス山の3つの火山がもくもく噴煙を吐き、 辺りに広がる海は国を東西から挟むカリブ海と太平洋、そしてその両海に1隻ずつ浮かぶのは、この地域の発見を表すガレオン船(大航海時代ごろに大活躍!)。 よく見るとともに船尾にコスタリカ国旗が掲げられておりますね。 その彼方には新興独立を意味する太陽が今まさに上ろうとしており、さらにその上には国内7つの州を表す星が、描かれております。

次の

世界の国旗一覧(50音順)

コスタリカ 国旗

1 面積 51,100平方キロメートル(九州と四国を合わせた面積) 2 人口 約499万人(2018年 世界銀行) 3 首都 サンホセ(標高1,200メートル) 4 民族 ヨーロッパ系及び先住民との混血が多数,中南米系,アフリカ系,ユダヤ系,中国系,先住民系 5 言語 スペイン語 6 宗教 カトリック教(国教,但し信教の自由あり) 7 略史 年月 略史 1502年 コロンブスにより「発見」 1821年 グアテマラ総督府(中米),スペインより独立 1823年 中米諸州連合結成 1848年 中米諸州連合より分離独立 1949年 現行憲法制定(軍隊の保有を禁止) 1987年 アリアス大統領ノーベル平和賞受賞 1990年 カルデロン大統領就任 1994年 フィゲーレス大統領就任 1998年 ロドリゲス大統領就任 2002年 パチェコ大統領就任 2006年5月 アリアス大統領就任 2010年5月 チンチージャ大統領就任 2014年5月 ソリス大統領就任 2018年5月 アルバラード大統領就任 1 政体 共和制 2 元首 カルロス・アンドレス・ アルバラード・ケサダ大統領 (2018年5月~2022年5月,任期4年,8年以上の間隔を置けば再選可能) 3 議会 一院制(57名)(任期4年,連続再選禁止) 4 政府• (1)首相名 首相職無し• (2)外相名 ロドルフォ・ ソラーノ・キロス 5 内政• (1)中米で最も安定した民主主義国(1949年制定の現行憲法により1953年から15代の大統領が民選),高い教育水準(識字率96%(2013年UNESCO))を誇る。 常備軍の不保持,比較的整った福祉制度が特徴。 (2)コスタリカでは従来国民解放党(PLN)及びキリスト教社会統一党(PUSC)が交替で政権に就いてきたが,両政党出身の政治家が関与する汚職事件が続いたこともあり,国民の伝統政党に対する信頼が大きく揺らいだため,PLNとPUSCの二大政党制から多党化傾向が顕著となっている。 (3)2010年2月の大統領選挙では,与党PLNのチンチージャ候補が選出され,コスタリカでは初の女性大統領(2010年5月就任)となった。 (4)2014年4月の大統領選挙決選投票で市民行動党(PAC)のソリス候補が選出され,5月8日に就任。 ソリス政権は政治の透明性の強化,格差是正を目指し,改革を進めた。 (5)2018年4月の大統領選挙決選投票で与党市民行動党(PAC)のアルバラード候補が選出され,5月8日に就任。 税制改革や歳出削減による財政健全化や,国内の格差是正などを主な目標に掲げている。 1 主要産業 農業(バナナ,パイナップル,コーヒー等),製造業(医療器具),観光業 2 GDP(名目) 60,100百万ドル(2018年 中銀) 3 一人当たりGDP 12,026ドル(2018年 中銀) 4 経済成長率 3. 2%(2017年 中銀) 5 物価上昇率 2. 57%(2017年 中銀) 6 失業率 9. 3%(2017年 中銀) 7 貿易総額• (1)輸出(FOB) 11,068百万ドル(対前年比7. 0%増)• (2)輸入(CIF) 16,574百万ドル(対前年比0. 4%増) (2017年 貿易振興機構) 8 主要貿易品目• (1)輸出 医療機器,熱帯フルーツ,コーヒー,医薬品等• (2)輸入 自動車,石油製品,携帯電話,医薬品,とうもろこし等 (2017年 貿易振興機構) 9 主要貿易相手国• (1)輸出 米国,パナマ,オランダ,ニカラグア,グアテマラ• (2)輸入 米国,中国,メキシコ,日本,グアテマラ (2017年 貿易振興機構) 10 通貨 コロン(¢) 11 為替レート 1米ドル=567. 5¢(2017年平均) 12 外貨準備 7,150百万ドル(2017年 中銀) 13 対外債務残高 26,885百万ドル(2017年 中銀) 14 経済概況• (1)コスタリカは2010年以降おおむね3~5%の安定的な成長を続けており,物価上昇率も-2. 57%と抑制されており,マクロ経済環境は安定的である。 一方,対GDP比6. 2%の財政赤字を抱え,財政改革は最優先課題となっている。 (2)コスタリカは,伝統的にコーヒーやバナナといった農業を中心とした経済であったが,1998年に米国インテル社がマイクロチップ製造工場への投資を行って以降,外国企業の進出が相次ぎ,経済成長に寄与してきた(その後,インテル社製造部門は撤退)。 近年は,ソフトウェア開発やコールセンターなど,サービス業の成長が著しく,エコツーリズムを中心とする観光業と並んで外貨獲得の重要な手段となっている。 また,近年は義肢やカテーテルなどの医療器具の開発や生産,生命科学産業の成長が著しく,農産品についても,パイナップルやメロン等の輸出品目の多様化を図っている。 (3)自由貿易協定がメキシコ,旧中米共同市場加盟国(グアテマラ,エルサルバドル,ホンジュラス,ニカラグア),ドミニカ共和国,チリ,カナダ,カリブ共同体,パナマ,米国(2009年に中米・ドミニカ共和国・米国自由貿易協定(DR-CAFTA)が発効),中国,ペルー,シンガポール,コロンビア,欧州自由貿易連合との間で発効。 また,2013年に中米・EU連携協定が発効。 2016年に韓国・中米FTAに大筋合意し,2019年に発効。 2013年より,太平洋同盟にオブザーバー(加盟前提オブザーバー)参加。 1 政治関係• 1935年2月 外交関係樹立。 1941年12月 外交関係中断。 1952年8月 外交関係再開。 2 経済関係 (1)貿易額(2018年,財務省貿易統計) 日本への輸出 427億円 日本からの輸入 407億円 (2)主要品目 日本への輸出 医療機器,電子部品,パイナップル,コーヒー等 日本からの輸入 自動車,鉄鋼,電子部品等 3 文化関係• 一般文化無償資金協力累計(2016年度まで) 22件 9. 971億円• 草の根文化無償累計(2016年度まで) 5件 4,844万円 4 在留邦人数 386人(2016年10月現在) 5 在日コスタリカ人数 189人(2018年6月現在) 6 要人往来 (1)往訪(1990年以降) 年月 要人名 1990年 森喜朗衆議院議員(大統領就任式特派大使) 中山正暉衆議院議員,猪木寛至参議院議員 1991年 宮沢弘参議院議員,杉浦正健衆議院議員 渡海紀三郎衆議院議員,二階俊博衆議院議員 矢田部理参議院議員 1994年 愛知和男衆議院議員(大統領就任式特派大使) 1996年 橋本龍太郎総理大臣(第1回日本・中米首脳会談) 1998年 相沢英之衆議院議員(大統領就任式特派大使) 高円宮同妃両殿下 1999年 真鍋賢二環境庁長官,渡部恒三衆議院副議長 2000年 自見庄三郎衆議院議員,鈴木宗男衆議院議員,堀込政雄衆議院議員,北橋健治衆議院議員 2002年 中川昭一衆議院議員(大統領就任式特派大使) 松あきら経済産業大臣政務官 2003年 市川一朗議員,本田良一議員,小泉親司議員,大脇雅子議員(参議院議員憲法調査会) 2004年 泉信也経済産業副大臣 土井たか子衆議院議員 東門美津子衆議院議員 大田昌秀参議院議員 2005年 有馬龍夫政府代表(日・中米交流年記念行事) 2006年 大野功統衆議院議員(大統領就任式特派大使) 山際大志郎衆議院議員 2007年 西村康稔衆議院議員 横路孝弘衆議院副議長,泉健太衆議院議員 2009年 伊藤信太郎外務副大臣 2010年 武正公一外務副大臣(大統領就任式特派大使) 2011年 秋篠宮同妃両殿下 2012年 牧野聖修経済産業副大臣 2014年 石原宏高外務大臣政務官(大統領就任式特派大使) 梶山弘志議員,望月義夫議員,西村明宏議員,若井康彦議員,井上英孝議員,伊藤渉議員,杉本かずみ議員(衆議院国土交通事情等調査議員団) 中西祐介議員,高橋克法議員,石橋通宏議員(参議院ODA調査団) 2015年 土屋品子衆議院議員 中山泰秀外務副大臣(FEALAC外相会合) 2016年 関芳弘環境副大臣 2017年 薗浦健太郎外務副大臣 樋口尚也文部科学省政務官 平将明議員,福田昭夫議員,江田康幸議員,高橋ひなこ議員,玉城デニー議員(衆議院環境委員会議員団) 2018年 武井俊輔衆議院議員(大統領就任式特派大使) 2019年 衆議院公式派遣団(赤松広隆衆議院副議長(団長)他) (2)来訪(1990年以降) 年月 要人名 1990年 セラーノ次期副大統領 ロッハス貿易相 アリアス前大統領(JICA主催国際シンポジウムにおける基調講演者として訪日) ファージャス経済企画相 カルデロン大統領夫妻(即位の礼) ニーハウス外相(即位の礼) フェルナンデス情報相 ロッハス貿易相(花博賓客) 1991年 ヴァルガス蔵相 ロペス副大統領(外務省賓客) エレーラ文部相 1993年 ニーハウス外相(「民主主義と開発のためのパートナーシップ」東京特別会合) チャベリ国会議長 1994年 ナランホ外相 1996年 フィゲーレス大統領 ナランホ外相(第2回日・中米フォーラム) 1997年 ナランホ外相 フィゲーレス大統領(気候変動枠組条約第3回締約国会議) 2000年 ドゥエニャス貿易相(JETRO招聘) フィチェル第一副大統領(WHOシンポジウム) 2001年 ロドリゲス大統領(非公式),ロハス外相,バランテス経済産業商業相,パルド厚生相(随行) バランテス経済産業商業相(JETROセミナー) 2002年 パチェコ観光相 2003年 ロドリゲス環境エネルギー相 トレホス貿易相 2004年 サエンス文化相 アリアス元大統領(五井平和財団招聘) 2005年 バランテス経済相 ゴンサレス貿易相 パチェコ大統領(日本・中米首脳会談出席/博覧会賓客),トバル外相(随行) ポリナリス国家企画・経済政策相 2009年 フローレス農牧相 2010年 スタニョ外相(FEALAC第4回外相会合出席) カストロ外相 2011年 チンチージャ大統領,カスティージョ外相,ゴンサレス貿易相,クルス科学技術相(随行) 2012年 カストロ環境・エネルギー相(FEALAC環境ビジネス会合) 2013年 ゴンサレス貿易相 カストロ環境・エネルギー相 モンヘ住宅相 オブレゴン文化青年相 2015年 グティエレス環境・エネルギー相 2017年 モラ貿易相 ゴンサレス外相 2018年 モラ貿易相 2019年 ドブレス大統領夫人(即位の礼) 7 二国間条約・取極• 1973年 青年海外協力隊派遣取極• 1974年 査証相互免除取極• 1985年 技術協力協定.

次の

コスタリカの旗 🇨🇷

コスタリカ 国旗

コスタリカの国旗の意味や由来とは? コスタリカの国旗は、かつての中央アメリカ連邦の旗に、フランス革命にちなんだ自由を象徴する赤を加えてデザインされました。 赤は自由を勝ち取るために流された血、白は平和、青は澄みわたる空を表わしています。 左隅に描かれているのは国章。 国章にはコスタリカの7つの州を表す7つの星と、観光資源にもなっている3つの火山(イラス火山、ポアス火山、アレナル火山)、カリブ海と太平洋、この地域の発見を表すガレオン船と親交独立を意味する日の出が描かれています。 コスタリカは、独立以前は中央アメリカ連邦に入っていて、分離独立した後もしばらくは中央アメリカ連邦の国旗の名残で、青と白の旗を使っていました。 1848年に正式に独立した時、フランス国旗からインスピレーションを得て旗の中央に赤いラインを加えました。 国旗から見るコスタリカの歴史とは? 国旗の赤が意味する「自由を勝ち取るために流された血」の観点から歴史を見てみましょう。 ヨーロッパ人がこの地に初めて上陸したのは1502年。 1524年には征服者フランシスコ・エルナンデス・デ・コルドバにより、内陸部もスペインの支配下に入りました。 1789年にフランス革命が起こると、ヨーロッパの政情が不安定な状態に陥りインディアス植民地にも影響が及びました。 1808年にナポレオンのフランス軍がスペイン本国に進駐、国王フェルナンド7世を退位させ、フランス皇帝ナポレオンの兄がスペイン王に即位すると、スペインでは反フランス暴動がスペイン独立戦争へと発展し、インディアス植民地は偽王への忠誠を拒否しました。 その後、各地のクリオーリョ(スペイン領植民地においてスペイン人を親として現地で生まれた人々)達がラテンアメリカ解放のために立ち上がりました。 解放戦争が続けられ多くの共和国が独立すると、中米でも1821年にグアテマラ総監領は中央アメリカ連合州として独立しました。 この国家は第一次メキシコ帝国により、1822年に他の中米諸国と共に併合されました。 しかし、1823年にメキシコ帝国が崩壊すると旧グアテマラ総監領の5州は再び中央アメリカ連邦として独立しました。 連邦においては自由主義のエル・サルバドル派と保守主義のグアテマラ派の内戦の末 1838年に諸州が独立を宣言。 中米連邦は崩壊しました。 この地も1839年にコスタリカ共和国として再独立を果たしました。 このように自由、独立を勝ち取るまでには様々な困難があり、多くの争いがあったことがわかります。 コスタリカの概要 コスタリカの人口 人口は約481万人(出典:)です。 人口は毎年増え続けており、1980年に約230万人だったのが1990年は約305万人、2000年には約381万人、2010年には約453万人となっています。 ちなみに面積は51,100平方キロメートルで九州と四国を合わせた面積とほぼ同じです。 コスタリカの首都 コスタリカの首都はサンホセです。 サンホセはコスタリカの中央に位置しているこの国最大の都市で、標高約1170mの山岳地帯にあります。 2015年の人口は、33万3981人。 1950年の8万6900人から、20世紀後半を通じて急速に増加しました。 サンホセは、かつては小さな村でした。 1824年に国家元首のフアン・モラ・フェルナンデスがスペインの植民都市だったカルタゴからサンホセに政庁を移すことを決定し、それによって町は急成長しました。 未だにカトリック教会の政治力が強く社会に大きな影響を与えています。 コスタリカの気候 コスタリカの気候は 5~11月の雨季と12~4月の乾季に分けられます。 サンホセ周辺の高原部では6~11月の雨季にも午後スコールが降る程度ですが、カリブ海沿岸では7月と12月をピークに1年中雨が多いのが特徴。 カリブ海沿岸とパナマ国境の低地地帯は、1年を通して蒸し暑い気候です。 コスタリカの治安 司法警察が発表した犯罪統計によると、コスタリカの主な罪種別は殺人が446件、強盗が12,009件、強姦が471件、侵入盗(住宅)が7,149件など依然として犯罪率が高くなっています。 特に1990年代以降は不法滞在者が増加したり犯罪組織が流入したりしたほか、 銃所持者の増加等により治安が悪化し、サンホセ市及びリモン市を中心に犯罪が多発しています。 コスタリカの国旗と似ている国旗や関連のある国 コスタリカの国旗と似ている国旗はいくつかありますが、パラグアイもそのひとつ。 赤・白・青の配色は、 コスタリカ同様フランスのトリコロール旗をモデルにしたもので、1842年の国会で国旗が制定されました。 パラグアイの国旗は中央に紋章が描かれていますが、裏にはまた別の国庫の国章が描かれており、世界でも珍しい表裏のデザインが違う国旗になっています。 表の国章には独立記念日の1811年5月14日を象徴する「5月の星」、勝利を意味するヤシの葉と平和を示すオリーブの葉が配され、その周囲をスペイン語の公式国名が囲んでいます。 裏にはフランス革命のシンボルである赤い帽子を守るライオンが座っており、リボンにはスペイン語で国章の標語である「平和と正義」と書かれています。 民間では裏の国章はよく省かれます。

次の