青タン 湿布。 内出血の治し方、処置方法!湿布や薬は効果がある!?

目の周りの青あざ(内出血)を早く消すには、どうしたらよいですか?

青タン 湿布

RICEをすると、打撲の治りが早い! 例えば、交通事故により打撲した場合、打った直後はあまり症状を感じないことが多いようです。 しかし、2~3日後、あるいは、1週間後に痛みなどの症状が出てくる場合が多々あります。 では、打撲にはどのような応急処置が適切なのでしょうか? 打撲したときはRICE(ライス)と呼ばれる4つの応急処置を行いましょう。 お米ですね。 お米を思い浮かべながら読んでいきましょう。 それぞれ詳しく見てみましょう。 患部を動かさず、痛みのない姿勢で安静にしましょう。 打撲した部位を中心に、氷などを入れたビニール袋や冷却パックで、15~20分を目安に冷やしてください。 なお、冷やし過ぎると凍傷になる恐れもあるため、氷は患部に直接当てないようにしましょう。 伸縮性のある包帯やテーピングで、打撲部位を適度に圧迫しながら巻いて固定しましょう。 なお、圧迫が強すぎると、血流が悪くなったり神経を圧迫したりすることがあるため、強さを加減して行うようにしましょう。 椅子や枕、クッションなどを利用し、患部をできるだけ自分の心臓より高いところに持ち上げましょう。

次の

青あざが出来たときは温シップですか冷シップですかどちらがいいのでょうか?

青タン 湿布

皮膚の近い場所で起こったものは青くなり、「 青タン」と呼ばれているものです。 皮膚の深い場所で起こったものは 黒いあざとなって起こります。 内出血を伴い、さらに熱を持っている状態になるのは治癒力を高めるために酸素などを運ぶために血流が良くなります。 そのため出血も広がりやすくなっていますので内出血が広がっていくこともあります。 腫れや熱というのは 治癒力を高めるための防衛反応だと考えられます。 受傷後は 赤、もしくは紫ですが徐々に青へと色の変化があります。 これは血液中のヘモグロビンが壊れて赤い色素が失われていくため変化します。 スポンサーリンク さら に青が緑になって次第に茶色、もしくは黄色に変わっていきます。 そこから完全に消えて皮膚の色へと戻ります。 このことから 黄色へ変わってきたら治るサインだと言えます。 【色が変わるときの注意点】 おおよそ1週間〜2週間ほどの期間を経て完治へと向かいますが、 色の変化が見られない場合には注意が必要です。 赤、紫などの色で治らない場合には出血が続いている可能性があります。 この場合には早めに病院へ行きましょう。 また 黄色や茶色などの色が残ってしまうことがあります。 これは 色素沈着するために起こります。 原因は詳しくはわかっていませんがまれに起こる場合があります。 【対処方法・治し方】 対処方法はあざが出来た場合には内出血を起こしていますのでまずは 冷やすことが重要です。 炎症や腫れが引いた後は自 然治癒力を高めるために温めましょう。 血行を良くすることで治癒に必要な酸素や栄養素を運ぶことができます。 自然治癒を促すためには温めることも大切です。

次の

打撲は放置しておけば治る?打撲で病院に行くべき判断基準とは?

青タン 湿布

RICEをすると、打撲の治りが早い! 例えば、交通事故により打撲した場合、打った直後はあまり症状を感じないことが多いようです。 しかし、2~3日後、あるいは、1週間後に痛みなどの症状が出てくる場合が多々あります。 では、打撲にはどのような応急処置が適切なのでしょうか? 打撲したときはRICE(ライス)と呼ばれる4つの応急処置を行いましょう。 お米ですね。 お米を思い浮かべながら読んでいきましょう。 それぞれ詳しく見てみましょう。 患部を動かさず、痛みのない姿勢で安静にしましょう。 打撲した部位を中心に、氷などを入れたビニール袋や冷却パックで、15~20分を目安に冷やしてください。 なお、冷やし過ぎると凍傷になる恐れもあるため、氷は患部に直接当てないようにしましょう。 伸縮性のある包帯やテーピングで、打撲部位を適度に圧迫しながら巻いて固定しましょう。 なお、圧迫が強すぎると、血流が悪くなったり神経を圧迫したりすることがあるため、強さを加減して行うようにしましょう。 椅子や枕、クッションなどを利用し、患部をできるだけ自分の心臓より高いところに持ち上げましょう。

次の