木村 ふじこ 鑑定。 【無料占い】木村藤子に人生相談!人生の転機をお教えします

木村藤子さんに実際に会われて鑑定して頂いた方いますか?どんな感じ...

木村 ふじこ 鑑定

あなたが生きているその一瞬一瞬が、問題の原因になりうるのです。 金スマやオーラの泉で話題になった、青森の神様と呼ばれる木村藤子さん。 元キャバ嬢S子が言うには、自分で自分のことを「本当の私の姿は 絶世の美女」だと自画自賛するほど 本に書いてるそうです。 「苦悩」、「絶望」、「家族問題」、「不倫」といった、人生のあらゆることを鑑定してくれる霊能者。 透視 霊視 という能力があるのですが、その人の 過去・現在・未来を視た上で助言を下すようです。 幸せの極意とは、「 気づきにある」というキャッチフレーズが有名。 もう生きるのが嫌なくらい深い悩みを抱えている人達が、わざわざ遠くから訪問するくらい、ほぼ毎日予約が入ってるそう。 ネット上の評判では悪い噂もよく聞くけれど、実際はどうか。 2018年になっても木村さんが生きている限りは、 藁にすがる思いで、木村藤子さんに未来改善のアドバイスを求めに行く人はまだまだ多い模様。 透視してもらった元キャバ嬢のS子について ゆっくりでいいので質問したい内容をどうぞ。 という感じで、 先に質問したい内容を電話で予約するっていう流れ。 訪問できる日は、だいたい 2、3ヶ月後になるんだそうです。 まだまだ木村さんの予約したい人は多いです。 その準備として、S子は質問内容をノートにまとめて、お金の用意。 ちなみに現地での 鑑定料は「気持ちによってお任せします」という言われています。 その場で財布からお金を出すのは無作法だというらしいので、 「3000円用」「1万円札用」「2万円用」に三つの封筒を用意をしたんだとか。 「どれぐらいタメになったか」によって、鑑定料を封筒で分けれるようにするってことですね。 もしかしたら、S子は参考にならないと思ったら、全く鑑定料を出さないつもりだったんじゃないかと。 鑑定日の二日前から、東北某県から青森の下北半島のむつ市まで、1泊2日かけて訪問してきたって話だとさ。 余談ですが、木村藤子さんはかなり昔、「家出人探し」の依頼も受け付けていたようですが、今はもう無いみたいです。 木村藤子さん出版の本を購入するよう促されたという 本人は鑑定終了後に買わされた?と言ってました。 でも待合室で待っている間は、 木村さんの書籍を読んでいたほうがいいという暗黙のルールがあるみたいで。 待合室には、鑑定を受けに来る他のお客さんも見られるんですが、 待ち時間中に、 木村邸宅にいる係員に一人一人、木村藤子さんの書籍を読んでるかどうかチェックされたって言っていた。 待合室では本を持ってるか聞かれるし、鑑定中でも木村さんに「本は読みましたか?」って聞かれるんだそう。 買わされるっていうのは大げさかもしれないですが、持ってきてない場合、その場で 「買ったほうがいいです」みたいに促されるっていう。 「家で読みました」と言っても、「では他の書籍を読んでください」と言われるかもしれません。 でも仮にもし、読んでもないのに「家にありますし、もう全部読みました!」って言っていたらどうなるんだろう。 木村さんに透視で過去を覗かれるから、読んでないのがバレバレになるのか。 まぁ「書籍を読んで学んだことを述べてみてください」って言われて終わるオチになるかもしれない。 木村藤子さんと出会ってS子は何か変わったのか? 「傷つける言葉を使わない」 「人の話を聞くように」 シンプル単純なことなんだけど、この二つを意識して生活するようにしたんだと。 今でもそのメモしたノートを取っていると。 彼女にとってはそれが「気づき」になったかどうかはわからない。 でも グサッと来たことは頭の中に強く残るもんですよ。 とりあえず僕が思うには、 木村藤子さんと出会う前の頃のS子よりは、少しずつだけど、人当たりというか口調が柔らかくなってきた気がします。 性格っていうのは本質的に変えられるものじゃないけど、 「知ること」で人に対する対応は変えていくことはできるんだなと思ってます。 ネット上の木村藤子さんの評判と比較して ネット上には賛否両論の噂が飛び交ってます。 もちろん 悪い評判の方が多いです。 S子の体験談とネット上で言われていることと共通点はあったなと。 テレビで見たときの態度と違う 木村さんの昔は、もっと紳士的な態度でお客さんに接していたらしい。 細木数子さんほど迫力があるってわけじゃないですが、青森の地元では 怒ったような口調で人を酷評することがよくあるっていうこと。 また、木村さんは自分に 非があることを認めない態度もあるんだとか。 例えば、予約していたはずなのに訪問当日になってから「予約をした覚えはないはずだけど?」みたいな対応された人もいるようです。 明らかに「木村さん本人が忘れているんじゃないか?」っていうのとか。 抽象的な回答をされる 抽象的と言われればそうなんですが、 核心的なものにズバッとストレートに突くってとこでしょうか。 木村藤子さんは、家族構成や細かい事柄まで言い当てれるわけではないようです。 噂によれば、体調などによって 透視ができる日とできない日もあるんだとか。 S子が「この人はなんで私の質問に答えてくれないんだろう」と抽象的に思うこと。 木村さんは質問がどうのこうのよりも、もっと奥の向こうにある、さっさとコアとなるものに訴えかけたいんからじゃないかと。 例えば、 「私は病気が完治して、いつか仕事ができていますか?」 に対して、 「まずあなたのそういう性格がダメだから上手くいかない」 という否定的な答え。 具体的に「どうすればいい」の部分が抽象的なんでしょう。 自分で 「自分の欠点に気づきなさい!」ということなのかもしれない。 S子からすれば「前向きになれるための助言」が欲しかったそうだけど。 金額で相手の対応を変えるらしい 本にも書いてるので、よく木村さん書籍をよく読書している人ならわかると思います。 鑑定終了後に鑑定料を支払う人も普通ですが、木村さん曰く、 鑑定前に支払うのが礼儀だと言います。 でも、鑑定前に支払ったからといって、その金額の低さかわからないけど、機嫌の悪いような対応されることもあるんだそうです。 木村藤子さんの透視を受けても本当に大丈夫? 100%信じれるかわからないですが、実力については、あくまでも 「本当かもしれない」と思うぐらい。 僕自身、鑑定してもらったことないですが、少なくとも自己紹介もしてないのに、 S子の 「性格を言い当てられた」という部分には本当っぽいかなと思ったぐらい。 ネット上に賛否両論があるように、 神様とか霊的なものを信じる人や、素直になれる人は訪問してまで受けてもいいんじゃないかと思います。 一番ためになるなぁと感じれる人は、何を言われようと素直になれる人。 心から素直に受け取れる人達に対しては、木村さんの態度が柔らかく変わったとも聞きます。 ダメ出しを指摘することで、ヒントとして与えてるんじゃないでしょうか。 先ほども言いましたが、ダメ出しをヒントを元に 「自分で気づきなさい」の意味として、抽象的な答えを下しているのかもしれません。 自分で気づかないと意味がないってことなんでしょう。 それで木村さんから聞いた発言で、「大してタメにならなかった」という人もいれば、「今の自分は幸せだ」って感じる人もいるようです。 なので 相談者次第ってことでしょう。 木村藤子さんの他にも、透視ができる有名占い師は多くいる 「家庭の悩みが増してきてすごく辛い。 もうどうすればいいかわからない! もうこうなったら透視ができる霊能者に、鑑定してもらうか!」 という人も、世の中にはけっこういますし、 「でもわざわざ青森の遠くまで行って、納得のいかない答えをもらったらどうしよう・・・」 って不安になる人もいますね。 もし鑑定を受けてみようと思うなら、他の霊能師にあたってみることも考えてもいいんじゃないかなと。 占い師に 「占ってもらうこと」とそんな変わりないので、 電話占いというのを受けてみるのもいいかと思います。 電話占いなら、自宅から電話かけて電話機越しに未来を視えてもらえたり、アドバイスをもらえます。 何より、交通費と時間の節約になるので。 実力のある霊能師や占い師というのは、全国的に見るとたくさんいます。 例えば、けっこう前から雑誌やテレビでも話題になった、あのヴェルニ。 この ヴェルニのサイトの中でも、透視・霊視占いとか、透視を行える占い師がいます。 1分300円~400円以上の占い師となると、予約の数が多いってことになるので、実力はベテランの域という認識で間違いないです。 あと納得のいく答えをもらえるかどうかは、ホントに、占い師との相性によるものなので、 「人による」としか言えない。 なので、自分で実際に受けたほうが話が早いってことです。 ちなみにヴェルニの体験談もあるので、「電話占いってどのような感じか」興味あったら、ぜひこちらも読んでみてください。

次の

メール鑑定

木村 ふじこ 鑑定

木村藤子さんに実際みてもらって当たった人っていますか? 木村藤子さんのネガティブな感想はネットでよく見かけます。 そこで、 木村藤子さんにみてもらって実際当たっていた人っていますか? そのことによって、人生が良い方向に変わっていったとか、 具体的にどういう所があたっていて、 びっくりしたとか具体的な話を聞かせてください。 補足そうなんですよね。 私も実際会ったんですけど、回答が抽象的すぎて。。 人間関係が問題とか言われても、どこでもそういうのありそうだし。 ものすごく私の顔色みて、「はい」と頷かせようとしてきて、そして不幸な事いわれて完全にやる気なくして日常生活に支障でてきたんですよね。 木村さんの言葉を気にしすぎて余計に私の場合不幸になってきてしまっています。 本当はこういうことを書くのはやめた方がいいのかもしれませんが、恐らく視えておられません。 私の性格に関する指摘ではなく、私の過去の成育歴を全く読み違えてアドバイスなさったので、霊視できていないと見て間違いないです。 私が置かれている状況について間違えて解釈していらっしゃるところを指摘しようとすると、自分の話した内容を受け入れて感謝して帰ってゆく人もいれば反発して何も得ずに帰ってゆく人もいるというような内容のことを言い、無理やりにでもご自分の鑑定を受け入れさせようとなさいます。 そして、こちらが言われるがままにうなずくようになると態度ががらりと変わり、絶対に幸せになれるから頑張ってねと部屋から送り出されます。 また、今の仕事では賃金も少なく暮らしてゆくことが経済的に苦しいのでという理由で「経済的に安定したい」という項目も相談項目に入れたのですが、「今の仕事が社会的地位が低すぎてプライドが許さないからもっと社会的に地位の高い仕事に就きたい」と思っているという内容に勝手に木村さんの中で変換されてしまっており、自分の思ってもいないことでたいそう怒られました。 私は、飯島愛さんの件で木村さんを人間的に信用できる方だと思い好感を持っていまして、この方ならと思い、非常に遠い道のりを片道2日間かけてむつへお会いするために行かせていただきました。 なので、木村さんを信じるということを決めて自分が行動を起こした以上は、その決断をした自分に責任があると思うので文句を言うべきではないと思います。 ただ、私もそうですが、木村藤子さんはあまりにも有名になりすぎてしまったため、全国から窮地に追い込まれた方々が藁にもすがる思いで木村さんに視てもらいに行かれます。 時には命に関わることもあるのではないかと思います。 それなのに、このような鑑定のやり方をなさるのは、視えているか否か以前の問題だと思います。 木村さんにとってこのようなことを書かれるのは本意ではないでしょうし、本当に木村さんを信じていらっしゃる人の中には誹謗中傷ととらえて憤られる方もいらっしゃるのではないかと思いますが、こうしてあえて声を上げさせていただきました。 あなたも、あまり木村さんに言われたこと全てをとりいれようと言われたことにがんじがらめになりすぎないで、もう少し肩の力を抜いて、どの言葉を信じて自分の意識の中に取り入れるのかをよく吟味してゆかれることをお勧めいたします。

次の

木村藤子に予約して占ってもらう金額(鑑定料)、電話番号などの連絡先

木村 ふじこ 鑑定

地元で有名な、不思議な能力を有していた母親のもとで育つ。 30代のとき特殊能力を授かって以来、日々多くの人の悩みを救っている。 1990年、地元で行方不明になっていたニシキヘビが現れる場所・時間を言い当てたことから「ヘビの神様」「青森の神様」と呼ばれるようになり、知名度を全国に広げた。 その的中力は圧倒的で、各界の著名人をして ""この人はホンモノ""と言わしめるほど。 著書に『「気づき」の幸せ』『幸せの風が吹いてくる』『気づき暦』などがある。 拝殿には老若男女さまざまな人が訪れます。 持ち込まれる相談事も百人百様。 神の部下として働くようになってから、私の胸のうちにあった 「人はなぜ、苦しみから抜けられないのか」「幸不幸の分かれ目はどこにあるのか」 といった疑問に、ひとつの明確な答えが出たのです。 それが「気づき」です。 「気づき」とは自らの運命を乗り越え、魂のあるべき姿を理解すること。 幸せへと続く道は、過去・現在・未来のことまで考え、自身の持つカルマを知った先にあります。 私の鑑定がきっかけとなり、あなたがひとつでも多くの「気づき」を得られることを、心より願っております。

次の