履歴書送付状例文。 履歴書を提出するときの送付状・添え状の書き方【テンプレート付き】|転職ならdoda(デューダ) |転職ならdoda(デューダ)

パート履歴書を郵送するときの《添え状の書き方と例文》手書き?

履歴書送付状例文

履歴書の送付状(添え状)とは? 履歴書を郵送する時は送付状(添え状)を同封するのがマナーデジ。 とはいえ「マナーだから同封しておくか」では、何となく納得いかないデジよね。 やっぱり同封する意味を知っておきたいところじゃないデジか? たしかに。 「決まりだから」で終わってしまうのはモヤモヤするね。 送付状には「挨拶状」的な役割があるデジ。 みんなも誰かと会話する時に挨拶から入るデジよね?ところが、履歴書や職務経歴書には挨拶を書くスペースが無いデジ。 そこで、送付状が代わりに挨拶をしてくれるわけデジね。 親しい人ならともかく、初対面の人に「いきなり本題だけど~」じゃ失礼だからね。 また、 送付状には「誰が」「どんな書類を送ったか」を知らせる役割もあるデジね。 詳しくはあとで紹介するデジが、送付状には添付書類の内容を書くのが基本デジ。 これで、ちゃんと意味のある書類だってわかったね! ちなみに、送付状の未添付で評価が著しく下がることは無いと言われてるデジが、転職サイト「」が採用担当者300人にアンケートをとったところ、31%もの回答者が「履歴書の送付状が評価に影響する」と答えたデジ! 約3割もか!これは正しい書き方を知っておくべきだね。 送付する日付• 氏名・連絡先• 同封する書類内容• 以上 それぞれの詳しい情報は下記で掘り下げるデジよ。 ちなみに、日付は書いた日ではなく、履歴書を郵送する時の日付デジよ。 今回のサンプルでは西暦になってるデジが、和暦(平成〇〇年など)でも大丈夫デジよ。 この時、(株)は使用せず、きちんと「〇〇株式会社」または「株式会社〇〇」と記入しようね。 ちなみに、採用担当者の名前が分からない時は「採用ご担当者様」と書いておけば大丈夫だよ。 基本的な要素としては「住所」「名前」「電話番号」「メールアドレス」あたりデジね。 電話番号は携帯のもので問題ないデジ。 本文は下記の要素で構成することが多いね。 本文の構成• 書き出し 拝啓~時候のあいさつ• 応募の経緯 〇〇の掲載を見て~• 簡単な自己PR 前職の経験を活かし~• 面接の申し込み文 面接の機会を~ 基本は拝啓~挨拶とはじめて、応募したきっかけ(〇〇に掲載されていた~)、簡単な自己PR(前職の経験など)、面接の申し込み文(面接の機会を~よろしくお願いいたします)と続けていくよ。 自己PRはあくまでも簡単に。 長くなりすぎると送付状の役割と外れてしまうから、長くても5行以内には収めるのがおすすめデジ。 本文の後、右下に「敬具」と記入するデジ。 これは、相手に伝える内容を箇条書きする時に使うものなんだ。 「記」の後には同封する書類の内容を箇条書きしていくのさ。 今回のサンプルでは「履歴書」と「職務経歴書」デジけど、他にも同封する書類があれば記入するデジ。 逆に、職務経歴書が必要なければ履歴書のみの記載になるデジね。 「記」と記入した後は「以上」で締めるのが基本なんだ。 というわけで、文章の最後、右下に「以上」と記入しておこう。 履歴書の送付状のマナー 履歴書の送付状の基本的な書き方は分かってもらえたデジ?ここからは同封する際のマナーなどを紹介していくデジ! 手書きではなくパソコンで作成しよう 送付状の手書きも無しではないデジが・・・ ビジネス文書だからパソコン作成の方がいいデジよ。 手書きの方が熱意が伝わるイメージもあるデジけど、手書きの方が時間がかかりやすいことから「送付状に時間をかけるのはビジネスパーソンとしてどうなんだ?」とマイナス評価を受ける可能性もあるデジ。 送付状(添え状)はPC作成推奨だけど、履歴書自体は手書きでもOK。 次の記事で履歴書・職務経歴書の手書き・パソコン作成、それぞれのメリット&デメリットを紹介しているよ! サイズはA4、枚数は1枚 送付状はA4用紙1枚でまとめるのが望ましいデジ。 あくまでも挨拶や同封内容を伝えるのが目的デジから、2枚、3枚と量が増えるのはよくないデジね。 本来の役割を考えれば1枚が妥当ってことか。 サイズがA4なのは、多くのビジネス文書がA4で作成されるためデジ。 また、職務経歴書のサイズが基本的にA4デジから、重ねた時にまとまりが良いというメリットもあるデジね。 送付時は一番上に! 送付状は履歴書や職務経歴書と一緒にクリアファイルに挟んで、封筒に入れて郵送するデジ。 この時、 送付状は全ての書類の一番上に置いておくデジ。 送付状は「挨拶」「何が同封されてるか」を伝える書類デジから、一番最初に目に留まるのが好ましいデジよ。 送付状は一番上に入れるのさ!次の記事では履歴書(応募書類)の封筒の郵送方法や宛名の書き方、切手の料金なんかを詳しく紹介しているよ。 テンプレートそのままはNG テンプレートを用意しておいて何デジが、テンプレートそのままに送付状を作成するのはNGデジよ。 送付状には簡単な自己PRも書くデジからね。 その部分だけでもオリジナルにしないと違和感が出ちゃうデジ。 それに、テンプレートまんまだと、他の人と被って・・・なんてこともありそうだ。 自己PRは自分だけのもの。 そして志望先の企業だけに通用する内容を心がけ、自分で作成した場合も使いまわしはやめておくのがおすすめデジ! 長く書きすぎない 送付状の目的はあくまでも、 同封書類の内容を伝えたり、挨拶の代わりデジから、長くなりすぎるのはよくないデジね。 中には延々と自己PRや志望動機を書いてしまう人もいるデジが、それは履歴書や職務経歴書に任せておくデジ! その書類の目的にあった内容を心がけることが重要ってことさ。

次の

履歴書を送るときの送付状(添え状)の書き方【無料テンプレート】|転職Hacks

履歴書送付状例文

履歴書の送付状は郵送するときに「必要」 送付状(添え状/カバーレター)とは、 封筒の内容物を一覧で記したあいさつ状のことです。 履歴書を企業に 郵送するときは、送付状をつけるのがマナー。 企業の担当者は「どんな書類が、誰から送られてきたのか」をひと目で把握できます。 ただし、書類を直接企業に持参する場合、送付状は必要ありません。 履歴書の送付状の書き方【無料テンプレート】 【すぐできる】送付状の無料テンプレート 送付状は、Wordなどの文書作成ソフトを使って PC 上で作成するのが一般的です。 以下に送付状の 無料テンプレートを用意しましたので、ダウンロードしてお使いください。 <基本のルール>• 横書きで作成する 【1】宛名は左上に記入する 1行目に会社の正式名称、2行目に担当部署や担当者の名前を書きましょう。 【2】日付は右上に記入する 日付は西暦・和暦どちらでもOK。 履歴書を ポストに投函する日を記入します。 【3】自分の署名は日付の下、もしくは用紙の一番下の右端に記入する 自分の住所と名前、電話番号を上から順に1行ずつ記入します。 電話番号は連絡のつきやすいものを書いておきましょう。 【4】頭語と結語を忘れない 頭語と結語は2つでセットになっています。 表「頭語と結語の例」を参考に、いずれかを使うようにしましょう。 「前略」はNGです。 【5】時候の挨拶と結びの挨拶を入れる 送付状の最初に入れる挨拶としては、次のようなものがよく使われます。 「時下、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます」 「時下、貴社におかれましてはますますご清栄のことと心よりお慶び申し上げます」 「時下」とは手紙の冒頭に良く使われる、時候の挨拶です。 一年中使える便利な言葉ですが、さらに丁寧な印象を与えたい場合、「時下」の代わりに以下の言葉を入れても良いでしょう。 1月:初春の候 7月:盛夏の候 2月:晩冬の候 8月:残暑の候 3月:早春の候 9月:初秋の候 4月:春暖の候 10月:秋涼の候 5月:新緑の候 11月:晩秋の候 6月:初夏の候 12月:初冬の候 結びの挨拶は以下のような「面接の機会を設けてほしい」という思いが伝わるものでも良いでしょう。 「何卒ご高覧の上、面接の機会をいただければ幸いでございます」 「ご検討のほど、何卒よろしくお願い申し上げます」 【6】同封する書類を箇条書きに記載 中央揃えで「記」と一文字記入し、その下に 箇条書きで同封書類の名称と枚数(部数)を記載しましょう。 同封する書類をすべて記載した後、右下に「以上」と記入すれば送付状は完成です。 「手書き」送付状の書き方と注意点 送付状は「手書き」しなくてOK 送付状はわざわざ手書きで用意する必要はありません。 PCで作成した場合、履歴書を送るたびに新しい送付状を書く手間が省けますし、書き損じの心配もありません。 PCがない(使えない)場合など特段の事情がない限り、手書きはおすすめしません。 「手書き」送付状の書き方 〈基本ルール〉• 用紙は、無地の白い便箋(縦書き)を用いる。 罫線が入っていても可。 筆記用具は黒のボールペンを使用する。 修正液はNG。 書き損じた場合は書き直すこと。 1頭語:1行目の一番上から始める 「拝啓」などの頭語は、1行目の一番上から書きましょう。 頭語の後は1文字あけて、時候の挨拶を書き始めます。 頭語と時候の挨拶は、最初の1行におさめると見栄えが良いでしょう。 2本文:各段落の一文字目を下げて書く 本文は、1文字下げてから書き始めます。 文章がいくつか続いてしまうと読みづらいので、2文ごとなど、こまめに段落を変えることを心がけましょう。 3結語:下を1 文字分空けて書く 結語は本文と同じ行に書きましょう。 位置は行末から1字分空けるぐらいでOK。 本文が行末ギリギリで結語が書けない場合、1行ずらしましょう。 4日付:漢数字・和暦で書く 行の一番上から書き始めます。 結語を書いた次の行に、元号を用いる和暦で 履歴書をポストに投函する日を記入しましょう。 5自分の名前:下を1 文字分空けて書く 日付の次の行に、下寄せで自分の名前を書きましょう。 この時、名前の最後の文字の後に1文字分のスペースを残しておくことを忘れないようにしましょう。 6宛名:「会社名」「部署名」「担当者の名前」を1 行で書く 会社名と部署名、担当者の名前を、1文字分ずつスペースを空けながら1行で書きましょう。 送付状の封筒への入れ方・順番 送付状が完成したら、応募書類を以下の順番で封筒に入れましょう。 送付状は一番上に重ねます。 送付状/カバーレター• 履歴書• 職務経歴書• その他の応募書類 送付状に自己PRはいらない 送付状に履歴書で書ききれなかった 自己 PR を書くことはおすすめしません。 送付状は本来、封筒の内容物を知らせるあいさつ状です。 テンプレート通りに作成し、不必要な文章は控えましょう。 また、封筒を開封した担当者以外が 送付状に目を通すことも考えにくいため、渾身の自己PRを書いたところで、 ほとんど読まれないのが現実です。 自己PRはあくまで履歴書の中で完結させ、送付状に記入する内容は最低限の情報に留めましょう。 まとめ 送付状は履歴書の郵送時に必要ですが、役割はあくまで封筒の内容物を知らせるあいさつ状。 最低限の情報を間違いなく記入すれば問題ありません。 送付状よりも履歴書や職務経歴書など、選考に関わる応募書類の内容を充実させましょう。

次の

メールで履歴書を送る場合のマナーとポイント

履歴書送付状例文

送付状とは、ビジネスシーンで相手へ書類などを送るとき、一緒に送る文書のことです。 「送り状」「添え状」「カバーレター」とも呼ばれており、何かを送るときに送付状をつけることは、重要なビジネスマナーのひとつです。 送付状は、「横書き」「パソコンで作成」「サイズはA4」が一般的です。 稀に縦書きで作成することもあります。 縦書きの場合は、横書きとはフォーマットが異なりますので注意が必要です。 しかし、いざ送付状といっても何と書けば良いのでしょうか。 下手な敬語はイメージダウンに繋がりますし、いざ格調高い言葉を使おうと思うと、戸惑う方も多いでしょう。 ここでは送付状の基本的な書き方とポイント、使える例文などをお伝えします。 送付状をつける意味 送付状って何? そもそも送付状とは何でしょうか。 何のためにつけるのかを知っておくと、今後説明する送付状の書き方や、押さえておくべきポイントも理解しやすくなります。 送付状の役割は、主に3つです。 1、挨拶をする 2、内容の通知をし、ミスを防ぐ 3、補足の説明をする もっとも重要なのは2の役割です。 送付状をつけることで、本来送られるべき枚数がはっきりと相手方に伝わり、万が一不足がある場合には、先方から連絡がきます。 またFAXの誤送信が起こった場合、送付状を見た第三者から送り主へ連絡がつけやすくなります。 送付状は、そう言った人為的なミスの被害を最小限に抑える役割も担っているのです。 送付状・書き方の心得 これだけは押さえておくべき7か条 お互いの会社名、担当者名を書くのも当然のことですが、気をつけたいのは敬称のつけ方です。 送付状の書き方でまずつまずくのは、ここではないでしょうか。 まず書く場所ですが「横書きの場合:左上」です。 相手先の会社名や担当者名は、名刺を参照するのが最も正確で安全です。 また「株式会社」を(株)と略すことは失礼にあたるので避けましょう。 会社名、部署名には「御中」をつけ、個人名には「様」をつけます。 しかし、両方つけてしまうとマナー違反になりますので、気をつけましょう。 どちらかのみを使用します。 位置的には相手の会社名などよりも下になるように書きましょう。 書類に何か不備があったり、先方がこちらに質問をしたいときに、連絡先が書いてあると便利ですね。 jp なお、請求書や見積書など、金銭が関わる文書では印鑑を押すこともありますが、通常の送付状に押印する必要はありません。 送付状 書き方のポイントその4 頭語と結語 「拝啓」の後から、一文字あけて続けるのが「挨拶の言葉」です。 時節に沿った言葉を添えると印象も良くなりますが、書き方や使う時期を間違えてしまうと台無しに。 時節の挨拶は、日本の季節や行事によって細かく分かれているため、注意しないと逆効果になります。 一番お手軽で、なおかつ失礼がないのは時節に関係のない言葉を使うことです。 このような言葉で幾つかテンプレートを作っておくと、いざという時に慌てずに済みます。 ・時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 ・貴社におかれましては益々のご清祥のこととお慶び申し上げます。 ただ、いつも同じ相手に同じ書き方、同じ言葉で挨拶を送るのも気まずいものですね。 季節に沿った挨拶の言葉には、1年のカレンダーに合わせて以下のようなものがあります。 「〜の候」の部分は「〜のみぎり」「〜の折」と言い換えることができます。 1月:初春の候 2月:春寒の候 3月:早春の候 4月:陽春の候 5月:新緑の候 6月:梅雨の候 7月:盛夏の候 8月:晩夏の候 9月:初秋の候 10月:錦秋の候 11月:霜降の候 12月:師走の候 送付状では、短くはっきりと内容を伝えることが求められますので、あまり長い挨拶文は、むしろ読みづらくなることもあります。 短い言葉にも季節を感じられる心配りがあると良いでしょう。 目上の方などへ宛てて季節に応じた挨拶文をつけたいときには、カレンダーをよく見て、きちんと書き方を調べてからつけることをお勧めします。 同じ1月の言葉でも、初旬であれば「あけましておめでとうございます」が使えますが、中旬になれば「寒中お見舞い申し上げます」に変わりますね。 日本の旧暦や二十四節気などに関連して、移り変わっていくものなのです。 失礼のない挨拶文の例 季節の言葉の後に続く「貴社におかれましては、ますますご清栄のことと…」という文章は、挨拶文の中でもよく見かけます。 挨拶の言葉にはいろいろなものがありますが、使いやすく代表的なものを以下に挙げてみました。 【相手の繁栄や健康を喜ぶ挨拶の言葉】 ・貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 ・貴社におかれましては、いっそうご繁栄の由、何よりのことと存じます。 ・貴社にはいよいよご清祥のご様子、拝察申し上げます。 ・貴社におかれましては、一段とご隆盛の段、大慶に存じます。 【日頃お世話になっていることを感謝する挨拶の言葉】 ・平素は何かとお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。 ・いつも格別のご愛顧をいただき、心より御礼申し上げます。 ・この度は、ひとかたならぬご高配を賜りまして、深く感謝いたしております。 ・常々、多大なご支援にあずかり、感謝申し上げます。 送付状の場合は、挨拶文は長さよりも、上記の例のように簡潔で明快なものが求められます。 礼儀を尽くす必要がある文書と、そうでない文書を見極めて、使い分けるようにしましょう。 ビジネス文書で使われる「記」と「以上」の組み合わせは「記書き」と呼ばれ、ビジネス文書独自のものです。 これは伝えたい内容をはっきりと示すために使われます。 1、今までの流れを踏まえ、挨拶文と趣旨を書き、一度文書を完結させます。 文書の末尾は、送付状の場合 「下記の通り送付いたします」となります。 この後、下を一行空けます。 2、行の中心に「記」を書き、また下を一行空けます。 3、送付する内容を箇条書きにします。 4、最後は「以上」と締めくくります。 「以上」を書く位置は「横書きの場合:右下」です。 「記」で始まった部分は「以上」で締めるのがルールです。 「以下の通り」「次のように」という言葉を用いる場合、記書きは使いません。 送付状 書き方のポイントその7 送付内容について ここでは、様々な場面で使える送付状の例文を載せていきます。 まずは鉄板のものから。 最低限必要な部分を抑えた、シンプルな形です。 このような形でテンプレートを作っておき、送る相手に応じて少しずつ変化を持たせるようにすると、手間がかからなくて良いですよ。 なお()内は、横書きで作成するときの文字の位置です。 ビジネス文書の典型的な例ですので、間違えないよう、見栄え良く作成するようにしましょう。 jp (自分の情報は右寄せ) 拝啓 時下ますますご清栄のことと、お慶び申し上げます。 下記の通り、書類をお送りいたします。 ご査収下さいますよう、お願い申し上げます。 拝啓 貴社におかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 私は、**大学 経済学部 ***学科 山田太郎と申します。 この度、**大学の就職支援課で、貴社の採用について拝見し、応募させていただきました。 下記の通り、応募書類をお送りいたします。 是非ともご高覧の上、面接の機会をいただけますと幸いに存じます。 何卒、よろしくお願いいたします。 敬具(結語は右寄せ) 記(中央) 送付書類 ・エントリーシート 1枚 ・履歴書 1枚 ・卒業見込証明書 以上(右寄せ) 送付状の書き方例文 〜インターンシップの申し込み〜 就活の一環として、インターンシップに参加する方も多いと思います。 インターンシップは「社会人として働くとはどういうことか」を実体験できる場です。 となれば、当然ビジネスマナーも重要になってきます。 インターンシップ参加のために書類選考を行う企業もありますし、エントリーシートなどの提出を求められるケースも多々あります。 このようなときにも、送付状を忘れずにつけておきましょう。 拝啓 初春の候、貴社におかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 私は、**大学 経済学部 ***学科 山田太郎と申します。 この度、貴社のインターンシップの情報を拝見し、是非参加させていただきたく、応募させていただきました。 下記応募書類を送付いたしましたので、ご高覧の上、是非受け入れをご検討いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。 敬具(結語は右寄せ) 記(中央) 送付書類 ・エントリーシート 1枚 ・履歴書 1枚 以上(右寄せ) 送付状の書き方例文 〜転職〜 転職活動中に履歴書や職務経歴書などを送るときにも、もちろん送付状が必要です。 転職活動では、新卒採用のとき以上に、自分の経験を積極的にアピールしていきたいもの。 是非、送付状を活用しましょう。 新卒採用の就活で送る送付状と異なる点は「何の媒体を見て応募したのか」「前職での経験」などを書く点です。 jp 山田 太郎(自分の連絡先は右寄せ) 拝啓 春寒の候、貴社におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 この度、求人サイト「マヨネーズ」に掲載されておりました求人情報を拝見し、応募させていただきました。 これらの経験を生かし、貴社の業務にてお役に立てればと考えております。 下記書類を同封いたしましたので、ご高覧の上、面接の機会をいただけますと幸いに存じます。 何卒、よろしくお願い申し上げます。 敬具(結語は右寄せ) 記(中央) 【送付書類】 ・履歴書 1枚 ・職務経歴書 2枚 以上(右寄せ) 送付状の書き方例文 〜病院宛〜 看護師の転職などで、病院へ宛てて書類を送ることもありますね。 でも、その際の敬称はなんとつけるべきでしょうか? この場合、送る相手は病院ですので「貴社」ではなく「貴院」「貴病院」となります。 jp 山田 太郎(自分の連絡先は右寄せ) 拝啓 早春の候、貴院におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 この度、貴院の看護師採用試験に応募いたしたく、ご指定の書類を下記の通りお送りいたします。 ご査収下さいますよう、お願い申し上げます。 敬具(結語は右寄せ) 記(中央) 1、履歴書 2、職務経歴書 3、資格取得証明書 以上(右寄せ) 請求書を送るときの書き方としては、通常の挨拶の他に、日頃お世話になっていることについて一言お礼を添えるなどすると良いでしょう。 jp (送付元の情報は右寄せ) 拝啓 時下ますますご清栄のことと、お慶び申し上げます。 平素は何かとお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。 下記の通り、請求書をお送りいたします。 ご査収下さいますよう、お願い申し上げます。 尚、ご不明な点がございましたら弊社担当山田までお問い合わせください。 jp (自分の情報は右寄せ) 資料送付のご案内(中央) 拝啓 いつも格別のご愛顧をいただき、心より御礼申し上げます。 早速、お問い合わせのありました商品のパンフレットをお送りいたします。 ご確認いただけますよう、お願い申し上げます。 ご不明な点がございましたら、遠慮なく弊社までお問い合わせください。 jp (自分の情報は右寄せ) サンプル及び取扱説明書送付のご案内(中央) 拝啓 平素は何かとお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。 お問い合わせのありました商品のサンプルと、取扱説明書を下記の通り送付させていただきます。 ご確認いただけますよう、お願い申し上げます。 ご不明な点がございましたら、遠慮なく弊社担当・山田までお問い合わせください。 jp (自分の情報は右寄せ) 資料送付のご案内(中央) 拝啓 常々、多大なご支援にあずかり、心より感謝申し上げます。 ご査収いただけますよう、お願い申し上げます。 ご不明な点がございましたら、何なりと小職までお問い合わせください。 官公庁に宛てた書類の場合、通常の送付状と異なる点は「<貴社>は使わない」「挨拶文は不要」というところになります。 官公庁は会社ではありませんので「貴社」という表現は使えません。 また「用件のみ」とし、シンプルな文面となります。 以下が例文になりますので、書き方の参考にしてみてください。 jp (自分の情報は右寄せ) 資料送付の件(中央) 前略 先日お問い合わせいただきました資料を、以下の通り送付いたします。 ご査収下さいますよう、お願いいたします。 草々 記(中央) 送付書類 ・資料 1枚 以上(右寄せ) FAXで書類を送るときにも、送付状をつけるのが正式な方法です。 FAXは、メールと違い、誤送信などミスが起こった場合の被害も大きくなります。 送り間違いなどの事故を防ぎ、被害を最小限に抑えるためにも、必ずつけるようにしましょう。 FAXでの送付状は、通常のものと書き方が変わります。 以下を参照してみてください。 1:まず、タイトルを書面の上部中央に書きます。 例:FAX送付のご案内(FAX送付状、FAX送信状などでも良い) 2:その後、通常のビジネス文書と同様に、右寄せで「送信年月日」を書きます。 3:日付の下に「送信枚数」を書きます。 FAXでは重複やページが飛ぶなどのシステム上のミスも起こりがちです。 「送信枚数」は必ず書くようにしましょう。 例:送信枚数3枚(本送付状を含む) 4:左寄せにして、送信先を書きます。 マナーや敬称の書き方は、通常のビジネス文書と変わりません。 5:右寄せにして、差出人側の連絡先を書きます。 こちらも、書き方は通常のビジネス文書と変わりませんが、電話番号とあわせて「FAX番号」も書いておきましょう。 6:記書きではなく「件名」をつけます。 何のための書類なのか、一目瞭然の分かりやすいタイトルをつけてください。 メールの件名と同じです。 例:2月11日(水)の合同会議の会場につきまして 7:本文を書きますが、FAXの場合、頭語と結語は不要です。 時節の言葉や挨拶もいりません。 つけるとしても「いつもお世話になっております」程度に、簡潔なもので構いません。 本文には、要件を手短にまとめて書きましょう。 jp (自分の情報は右寄せ) 2月11日(水)の合同会議の会場につきまして (件名は中央) お世話になっております。 先ほど、お電話にてお知らせいたしました2月11日(水)15:00からの合同会議の会場につきまして、連絡先と地図をお送りいたします。 ご確認のほど、よろしくお願いいたします。 縦書きで書くときにも、時候の挨拶や敬称のつけ方など、基本的な書き方は変わりません。 ただ、それぞれを書く順番などが変わってきます。 縦書きの手紙の書き方は「前文」「主文」「末文」「後付」の順番で成り立っています。 【前文の書き方】 前文には挨拶文が入ります。 通常縦書きの文章では一字下げますが、頭語の上は一字下げずに書きます。 「拝啓 初春の候、貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 」 【主文の書き方】 一字下げし、要件を書きます。 また「下記の通り」ではなく「左記の通り」になります。 「 この度、ご連絡いただきました件につきまして、左記の通り、書類をお送りいたします。 」 【末文の書き方】 結語は、下揃えに書きます。 最後の一文の行に余裕があれば同じ行に書き、余裕がなければ改行して下揃えにします。 「 ご査収下さいますよう、お願い申し上げます。 」 「敬具」 【後付の書き方】 後付に書くのは「日付」「差出人名」「宛名」です。 「日付」は行の頭から2字くらい下げて書きます。 「差出人名」は下揃えにします。 「宛名」は次の行に、文頭を下げずに書きます。 宛名には敬称をつけ、先方の担当者の名前がわかる場合は、その名前を少し大きめに書くと敬意を表現することができます。 「職場の人間関係に悩んでいるが、転職は逃げるようで躊躇してしまう…」と思われる方も多いのではないでしょうか? じつは、転職の理由として「職場の人間関係」をあげる人は多く、転職理由としてもポピュラーなものなんです。 「転職すれば解決するのか分からない」「自分に原因があるかも…」 そう考えてしまうあなたには、マイナビエージェントに相談することをおすすめします。 マイナビエージェントならあなたの悩みが本当にあなたに原因があるのか、それとも環境にあるのかを判断してくれるでしょう。 また、あなたの性格にあった職場の情報も教えてくれることもあります。 もちろん、利用や登録は無料なので、悩みを相談するだけでも大丈夫! まずは無料会員登録してみましょう!.

次の