アクション カメラ おすすめ 2019。 アクションカメラのおすすめ人気ランキング13選【2020年最新版】

【2020年版】YouTuberデビューにおすすめカメラ機材 厳選26選

アクション カメラ おすすめ 2019

アクションカメラはどんなカメラ? アクションカメラは、別名「ウェアラブルカメラ」とも呼ばれる小型サイズのカメラになります。 すべての付属品をケースに入れて持ち歩いてもかさばらず、いつでもどこでも気軽にカメラをセットして撮影可能です。 アクションカメラは防水性能も高く、水場のスポーツやシュノーケリングをしながらでも写真や動画の撮影ができます。 防塵・防水機能のあるケース(ハウジング)が付属するもの以外に、カメラ本体に防水機能が備わったモデルもあるので、水に接する場面を撮影することが多い方はハウジングなしのモデルを購入してもいいかもしれません。 人の体や自転車のハンドルなど、いろんな場所に装着して使えるところもアクションカメラの魅力です。 アクションカメラのレンズは普通のカメラより視野が広くなっているため、ダイナミックで臨場感溢れる映像になります。 こうした利点を備えたアクションカメラは、いろいろなシーンで活躍することでしょう。 綺麗な映像を残そう!アクションカメラの選び方 アクションカメラを購入する際にはどんなポイントにこだわればいいのか、いくつか紹介していきます。 欠かせない要素は解像度とフレームレート アクションカメラの用途は、写真より動画の撮影がメインになるでしょう。 そこで、最初に注目するポイントは解像度とフレームレートになります。 最近のアクションカメラは、4Kや1080p(フルハイビジョン)対応のモデルが主流です。 4Kで撮影した動画は、当然ですが4Kに対応した機器と繋いで映すことで真価を発揮します。 現状最高の4Kに対応していれば、将来話題の8Kに対応したカメラが普及するようになっても、しばらくの間は見劣りしない綺麗な映像を残しておけるでしょう。 フレームレートは動画のコマ数のことで、動画を構成する1枚1枚の静止画を、1秒間に何枚撮影するかの数字になります。 フレームレートは通常「~fps」と表記され、30fpsなら1秒間に30コマ、60fpsなら1秒間に60コマ撮影可能です。 当然コマ数が多い動画のほうが滑らかな動きで、コマ数が少なければ動画はカクつきます。 使った紙の枚数が多いパラパラ漫画をイメージすると分かりやすいかもしれません。 フレームレートの高さは、スロー再生した動画の滑らかさで比べてみると違いが実感できます。 動きが激しい動画を撮影するアクションカメラでは、フレームレートは60fps以上あると便利です。 動画のコマ数が多い分だけデータ容量は膨んでいくので、撮影した動画の保存には注意しましょう。 自分だけが鑑賞する動画がヌルヌル動いても、あまり意味はないかもしれません。 データ容量も圧迫しますから、臨機応変に設定を変えて撮影してください。 ちなみに写真撮影で重要な静止画の画素数は、1200万画素を備えたモデルなら十分に使えます。 現在アクションカメラのトップメーカーといえるGoProの製品でも、画素数は1200万画素です。 動画ほどではないにせよ、画像も高画質になるとファイルサイズが大きくなります。 撮影のし過ぎで、記録媒体の容量がいっぱいにならないように気をつけましょう。 使い勝手は必ずチェック アクションカメラは主に野外撮影で使いますから、充電が難しい環境でも長時間使用可能なほうが望ましいでしょう。 予備バッテリーの用意はもちろん、モバイルバッテリーの充電に対応できるモデルが便利です。 アクションカメラのメインの記録媒体であるmicroSDカードは、なるべく容量が大きいと安心できます。 4Kで撮影した動画は保存容量が大きくなるので、すぐに中身がパンパンになってしまうからです。 高画質設定で長時間撮影するなら、大容量のmicroSDカードを認識できるモデルを買っておきましょう。 Wi-Fi機能は、スマホアプリとの連携やSNSへのアップロードで活躍します。 今はWi-Fi対応のモデルが大半なので、スマホユーザーには欠かせない機能です。 他にも上位機種には音声コントロールなどもありますが、使いやすさを考えて必要な機能を取捨選択していきましょう。 スタビライザーは必要か 綺麗な動画を撮影したいときに厄介な手ブレですが、アクションカメラ本体の手ブレ補正機能は全体的に弱めになっています。 手ブレ補正を強化したモデルはありますが、きちんと手ブレを抑えた動画を撮影したいなら「スタビライザー」が必要になるでしょう。 おそらく見たことない方はイメージしづらいと思われるスタビライザーは、以前に流行った自撮り棒のような形状(全長は短いです)になっていて、先端にアクションカメラを取り付けて使用します。 スタビライザー最大の特徴は、グリップの向きが前後左右に振れてもカメラ位置が水平に保たれることです。 スタビライザーの種類は、機械式(アナログ)と電動式(デジタル)の2種類があります。 重りで重心を調整してカメラの水平を保つ機械式スタビライザーは価格が安いものの、重心の調整にはある程度の慣れが必要で、重りを増やすと少し重たいです。 また、あまり激しい動きの撮影にも向きません。 調整作業が面倒な方や体力に自信のない方は、電動式のジンバルを使ったスタビライザーを使うといいでしょう。 電動式スタビライザーの使い勝手は、ジンバルというモーター駆動でカメラを水平に保つ部位の性能に左右されます。 このジンバルは1軸、2軸、3軸の3タイプがあり、3軸はグリップをどう動かしても魔法のようにカメラが水平になりますが、1軸は回転(ロール)への対応のみです。 最近は2軸モデルが少なく、3軸か1軸の商品が多くなっています。 3軸ジンバルを使ったスタビライザーの価格はかなり高く、最上位モデルともなるとアクションカメラ本体より高い商品が多いです。 プロも愛用しているので効果は抜群ですが、完全に趣味のアイテムといえるでしょう。 スタビライザーの動きが分かりやすいレビュー動画や、実際にスタビライザーを使って撮影した映像は、ネットを検索するとすぐ見つかります。 安くない買い物になりますから、きちんと仕様を把握してから購入を検討してください。 今すぐ撮影を楽しもう!アクションカメラのおすすめランキングTOP30 ここからは、アクションカメラで人気の上位30機種をランキングで紹介していきます。 バッテリーの駆動時間については、動画撮影時のものです。 設定を変えれば録画可能時間も変化しますから、あくまで目安としてください。 30位:Sanato アクションカメラ 最大解像度 1080p バッテリー駆動時間 90分 防水性能 30m Wi-Fi 未対応 手頃な価格のアクションカメラ 30位の商品は、Sanatoのアクションカメラ(型番なし)です。 解像度1080p、レンズの画角は110度と、最近のアクションカメラの中では少し見劣りする性能といえますが、価格は手頃で扱いやすくなっています。 撮影した写真や動画を、PCに保存して楽しむシンプルな使い方におすすめのカメラです。 Wi-Fi機能には対応していないので注意してください。 4K対応に加え、遠隔操作可能なリモコンとWi-Fi連携で快適に撮影ができます。 撮影した映像をHDMIケーブルでテレビやモニターに出力できるので、4K動画の魅力を余すことなく体験できるでしょう。 付属のマウントで車のダッシュボードに取り付けることで、ドライブレコーダーとして活躍させられます。 万が一の備えにもなるカメラは、持っておくと便利なアイテムです。 1440p、つまり2Kの解像度を活かした撮影ができます。 フルハイビジョン以上の高画質で撮影できるので、かなり綺麗な動画になるでしょう。 最大64GのmicroSDカードを認識するため、録画時間にも余裕が持てます。 上位モデルの性能には及びませんが、4Kは過剰スペックという方におすすめです。 21位:GARMIN VIRB 360 最大解像度 5. 全天球カメラは本体の前後に魚眼レンズを搭載していて、全方向360度を丸ごと撮影できます。 全方位をカバーしたパノラマ映像なら、その場にいなかった人とも臨場感を共有することが可能です。 両手が塞がった状況でも操作を可能にするボイスコントロール機能で、より快適な撮影が楽しめるでしょう。 7Kの超高画質で大自然の風景を余すことなく撮影できるだけでなく、みんなが集まるパーティーなどにも大活躍します。 価格の高さがネックですが、VR動画の撮影に興味がある方にもおすすめです。 離れた距離から撮影をコントロールできるリモコンが付属するので、本体に触れることなく動画撮影を開始できます。 リーズナブルなモデルにリモコンが付属するのは、なかなか珍しいのではないでしょうか。 収納ケースも付属して、アタッチメントの整理もスマートにできます。 リモコンを活躍させて、いろいろな写真や動画を撮ってみてください。 4K対応、広角レンズ、Wi-Fi機能搭載で、旅行でもスポーツでも活躍させられます。 価格とのバランスが取れた性能になっているので、最初のアクションカメラとしていかがでしょうか。 この商品にもリモコンが付属します。 GoPro HERO5 Black本体とデュアルバッテリーチャージャー、予備バッテリー、自撮り棒など多彩な使い方ができるオプションの「GoPro 3way」がセットになっています。 GoProカメラの高性能もさることながら、純正のオプション品は使い勝手が段違いです。 ちゃんと国内正規品になっているので、GoProのアクションカメラの購入を考えている方なら検討する価値があります。 4K画質と170度広角レンズを備え、撮影機能も手堅く押さえられています。 各マウントも使いやすいものが揃っており、どこにでもマウントして撮影可能です。 1050mAhのバッテリーがふたつ付属して、撮影時間の延長に一役買います。 シンプルな4Kカメラとしておすすめです。 高感度CMOSセンサーを搭載した4Kアクションカメラは、高画質・高品質の動画を残せます。 マウントの組み合わせで、生活のちょっとした場面を綺麗に捉えることが可能です。 お買い得なアクションカメラには、収納ケースとリモコンも付属します。 このモデルでは4K60fpsでの撮影が可能になり、動画の滑らかさと高画質を両立しました。 細かいパフォーマンスも前モデルからアップデートされ、操作性なども強化されています。 このモデルの新機能として、画面にタッチするだけで被写体にズームする「タッチズーム」、風景の明暗差を画面端まで的確に表現する「HDR(ハイダイナミックレンジ)撮影」があり、屋外での撮影を有利にすることが可能です。 初心者には手に余る機能も多いですが、映像の品質も使い勝手も最高峰のアクションカメラといえるでしょう。 まとめ アクションカメラの人気ランキングを紹介しました。 半分以上は低価格帯の商品だったので、ユーザーの需要は性能より使い勝手にあるのかもしれません。 低価格帯のアクションカメラはデザインの類似から分かるように、有名な商品を模倣したクローン品が多くなっています。 購入する上で特に問題はありませんが、コピー元と同等の性能は期待しないほうが無難です。 また、同じ4Kといってもセンサー性能などで画質にハッキリ差が出るため、GoProのようなハイスペックモデルとエントリーモデルのアクションカメラとでは、撮影した映像はかなり異なるものになるでしょう。 コスパを取るか、それとも品質を重視していくか、それは各ユーザーの自由です。 アクションカメラでどんなことがしたいのかをしっかりイメージして、お気に入りの商品を見つけてみてください。

次の

アクションカメラのおすすめ人気ランキング13選【2020年最新版】

アクション カメラ おすすめ 2019

いまさら聞けないアクションカメラの基本 アクションカメラとは、スポーツやアウトドア・アクティビティ、トラベルVlog(ビデオブログ)の撮影に適する小型のカメラです。 アクションカメラは体や車、サーフボードなどに取り付けて撮影されることが多いため、全般的に以下のようなメリットとデメリットがあります。 アクションカメラのメリット ・小型、軽量 ・防水、タフ ・操作がシンプル ・アクセサリーが豊富 一般的なミラーレスカメラや高級コンデジと比較した場合、アクションカメラは上記のようなアドバンテージがあります。 このおかげで、一般的なミラーレスカメラやコンデジで撮影しようとしたらスグに壊れてしまうような過酷な状況でも問題なく迫力のある動画が撮影できます。 アクションカメラのデメリット アクションカメラには小型軽量化によるトレードオフとして、バッテリー駆動時間の短さ、センサーサイズが小さいことによる暗所ノイズの多さ、などの弱点が存在します。 構造上仕方ない点ですが、デメリットではあるので、これを踏まえたうえで購入するようにしましょう。 人気&高コスパのアクションカメラ 5モデル比較 ここからは価格. comのランキングを基に、編集部独自の視点を加えて注目のアクションカメラ5種をチェックしてみましょう。 アクションカメラを世に広めたブランドGoPro(ゴー・プロ)の「Hero(ヒーロー)」シリーズ、ドローンカメラのノウハウを武器に持つニューカマーDJIの「Osmo Action(オスモ・アクション)」、センサー技術に強みを持つソニーの「RX0 II(アールエックス・ゼロ・ツー)」、そして圧倒的コンパクトさを誇るInsta360(インスタ・スリーシックスティ)の「Insta360 GO ゴー 」という実力派かつ個性的な製品をピックアップしました。 まずはその主なスペックを比較してみましょう。 小型ショットガンマイクや自撮り用ディスプレイ、ライトなど別売りのアクセサリーと組み合わせればVlog用カメラとしても活躍してくれます。 スポーツ撮影だけでなく、普段撮りやSNS用の動画も撮影できるオールマイティーな1台を探しているなら、最有力候補の1台です。 GoPro「HERO7 Black」 最新モデルの「HERO8 Black」には性能面でわずかに劣るものの、十分実用的な電子式手ブレ補正を備え、4K動画も撮影できる「HERO7 Black」。 専用のマウントを装着するにはケースが必要だったり、マイクの性能が新モデルほどよくない、といった弱点はありますが、過去モデルのため「HERO 8」より安く買える点は大きな魅力です。 できるだけ安く「GoPro」ブランドのアクションカメラを手に入れたいという場合は、このモデルがよいでしょう。 11mの潜水や2mからの落下に耐えることを公言し、交換可能なレンズカバーを備えるなど、堅牢なカメラ揃いのアクションカメラ市場においても頭ひとつ抜きんでたタフさを誇る1台です。 電子式の手ブレ補正も「HERO7 Black」と同等か、それ以上の性能を持ち、本体前面には自撮り用のディスプレイを備えるなどすきのない作りでありながら、価格が安めに抑えられているのは驚きです。 本格派のアクションカメラを安く買いたいコスパ重視の人は真っ先にこのモデルをチェックしましょう。 ソニー「RX0 II」 ソニー「RX0 II」は、アクションカメラカテゴリーでは大型となる1インチセンサーを搭載しているため、明暗の差が大きい場所での撮影にアドバンテージを持ちます。 また、本体に自撮り用のフリップアウトスクリーンを備えているので、自撮り撮影が素早く手軽に行えます。 手ブレ補正を行うには無料の専用アプリで後処理を行う必要があるなど少しクセのある使い勝手ですが、アクションカメラでもダイナミックレンジの広さにこだわりたい人は要注目です。

次の

【2020年】私が絶対おすすめするアクションカメラ(GoPro)ランキングベスト5選

アクション カメラ おすすめ 2019

もくじ• アクションカメラとは? アクションカメラとは、アウトドアやスポーツ時に臨場感ある撮影ができる高性能小型カメラのことです。 バイクや自転車のハンドル、ヘルメットや身体に取り付けて使用することから、ウェアラブルカメラ(装着するカメラ)とも言われています。 水中で撮影できるモデルもあるため、水中スポーツなどでも活躍します。 2019最新アクションカメラおすすめ5選 ここからは2019年最新版のおすすめアクションカメラを5種ご紹介します。 アクションカメラはモノによって多様な機能を搭載しているため、ご自身の使用したいシーンに合わせて選ぶことをおすすめします。 それぞれのアクションカメラに搭載されている機能も合わせてご紹介していきます。 GoPro HERO8 アクションカメラで有名なゴープロの最新カメラ! ハイパースムースという最新の手ぶれ補正機能が搭載されています。 マウンテンバイクやランニングなども、まるでジンバルを使用しているかのような滑らかで美し映像が撮影できます。 この手ぶれ補正機能は全解像度・全フレームレートに対応しています。 従来のモデルよりも、より高性能なHDRを搭載。 どんな明るさでも自動でコントラストを引き上げ、ブレを除去してくれます。 その場の光量や被写体の動きなどに応じて、適切な画像処理を自動的に選択してくれます。 また、GoProHERO8に搭載されているタイムワープ機能は、カメラを移動させながらもブレのない滑らかなタイムラプス動画を撮影することができます。 水深10mまで完全に防水できる防水機能も搭載。 海やプールなどに入れても問題なく撮影することができます。 どんなに過酷な場面でも対応できる優秀なアクションカメラです。 DJI OsmoAction DJIから新たに出たアクションカメラ『オズモアクション』は、GoProファンも驚きのスペックを兼ね備えています。 4K撮影ができるので動画制作も安心。 8倍スローモーションなどのエフェクトも楽しむことができます。 また、4K撮影時に手ぶれ補正機能を使用することも可能。 撮影中に気になった歪みを修正することができます。 防水性能にも非常に優れており、GoProHERO8よりも1m深い、11mまで潜ることが可能です。 オズモアクションの非常におすすめなポイントは自撮り撮影ができるところ。 本体前面に1. 4インチのディスプレイを搭載しており、カメラアングルを確認しながら自撮り撮影をすることができます。 ビデオブログや動画配信者に最もおおすすめなアクションカメラといえます。 12月31日まで開催されているDJIのウィンターセールでは36,960円で購入することが可能です。 GoProHERO8は12月現在のAmazonで55,880円という価格設定です。 比較すると、今ならゴープロより2万円ちかくお安く購入することが可能です。 機能だけでなく、コスパ面においても非常に優秀なアクションカメラです。 SONY FDR-X3000 国内で根強い人気を誇るソニーのアクションカメラ『SONY FDR-X3000』は、 4K撮影ができることに加え、114グラムというコンパクトなボディに光学手ブレ補正を導入した製品です。 スリムな形状により、風圧を受けにくいので頭や自転車などに装着した際にもじゃまになりません。 スノーボードやエクストリームスポーツのプレイ中でもハンズフリーで撮影でき、クリアコート加工により汚れにも強く、アクティブに使用することができます。 IPX4相当の防水性能を搭載。 本体に三脚ネジ穴を搭載しており、豊富な専用アクセサリーを簡単に装着することができます。 ディスプレイでは直感的に操作しやすいアイコン仕様で、簡単にカメラ操作することができます。 DJI OsmoPocket DJIのオズモポケットは手のひらサイズの高性能カメラです。 ポケットにもらくらく入るコンパクトなサイズ感ながら、 3軸ジンバルを搭載しており、どのような状況でもブレのない非常に滑らかな動画撮影をすることができます。 もちろん4K撮影可能!圧倒的な高画質に加え、暗い場所でも高精細に撮影ができます。 OsmoPocketのイチ押しポイントは、モーションラプス撮影が簡単にできること。 通常のカメラでモーションラプス撮影を行うと費用も手間もかかりますが、OsmoPocketなら一台で簡単にモーションラプスを取り入れた魅力的な映像を撮影することが可能です。 OsmoPocket専用の防水ケースを使用すれば、水深60mまで潜ることが可能です。 本格的なディープダイビングなどでも使用することができます。 この防水ケースはリングを回すだけで簡単に取り付けることが可能です。 また、ヘルメットなどにOsmoPocketを簡単に装着できる拡張キットもおすすめです。 インターネット通販で売れ筋ランキング上位を維持する人気アクションカメラです。 必要最低限の機能は整っており、 初めてのアクションカメラや、お手頃価格でゲットしたい方におすすめの一台です。 ボタン一つで簡単に録画できるので、初めてアクションカメラを操作する方も安心。 付属の防水ケースを装着することで、水深30mまで耐えることができ、水中撮影も可能です。 基本的には撮影はできるため、非常にコスパが優秀な一台といえます。 編集後記 様々なシーンで活躍するアクションカメラ!プロも使用する本格的なものから数千円で購入できるリーズナブルなモデルまで幅広くご紹介しました。 年末年始のお休みに旅行に行かれる方や、スノボに行かれる方は一台持っておくと必ず楽しめること間違いなし!この記事が、ご自身のニーズに合ったアクションカメラ購入の参考になれば幸いです。 <最新記事>•

次の