ドーントレス エスカレーション。 dauntless(ドーントレス)攻略 エスカレーション1

【ドーントレス】ブレイズエスカレーションの攻略ポイント・おすすめ装備など

ドーントレス エスカレーション

決闘者の精度 クリティカルストライク率が徐々に上昇し、クリティカルストライクを発動するとリセットされる。 修理人からの贈り物 エーテル亀裂を使用すると、追加で1人のスレイヤーを200回復。 クリティカルドミニオン ベヒモスにクリティカルヒットが発生すると、時間経過で消失するオーラが発生する。 マルカリオンスパイトのアンプをすべてアップグレード マルカリオンスパイトの効果時間を15秒間に延長。 エイドロン・アンプをアンロックする 4つすべてのエイドロン・アンプをアンロックする。 スタック不可。 レリックの持ち主を好む。 サンダラス・マント ダッシュはスタミナを消費せず静電気を溜めこむ。 スタックが最大になって3秒以内に攻撃を仕掛けると1000ボーナスダメージを与える。 追加アンプオプション 雷エスカレーション中、4つ目の拡張オプションが使用可能になる。 ライトニングエスカレーション装飾アイテム ・マレボレント・ビジョン ・マレボレント・ハート ・マレボレント・ウィング ・マレボレント・リーチ ・マルカリオンの眼光 ・邪悪な旗竿 エリアの効果一覧 エスカレーションハント中の各エリアには、特殊な効果や地帯が発生するものがあります。

次の

新たなエスカレーションやベヒーモスを導入する「Dauntless」の大型アップデート“虚無の喚び声”がまもなく配信 « doope! 国内外のゲーム情報サイト

ドーントレス エスカレーション

Epicが制作してるモンハンライクゲームDauntless。 日本ではモンハンが派遣を握ってるからかあまり流行らないですね。 PC、Switch、PS4、Xboxマルチプラットフォームでプレイ可能なのでパイはあると思うんですが、広報ですかね。 日本語化が完全でなく取っ付き難いなどはあるかもしれません。 ゲーム詳細は公式などに任せたとして、序盤中盤の進め方を書き留めておきます。 基本情報的なゲーム内説明をよめばいいことは省きます。 序盤 まずはボレアル防具のレベルを5を目指して上げつつ、武器を2属性用意します。 無属性、火属性、地属性あたりから2つチョイスです。 このゲームはどの武器防具も属性オーブで強化を行っていくので、数をこなせない序盤は防具と属性を被せないようにした方が素早く回せます。 また、雷属性は序盤では難敵ばかりなのでそれ以外が良いでしょう。 攻撃、防御力はどの種類も一律強化数値で固定です。 差はパークとユニークスキルだけ、序盤では響かないので適当で良いです。 どうせ中盤で全部作るので。 クエストを進みつつスレイヤーレベルを上げます。 スレイヤーレベルを上げるには各マスタリーを上げれば良いです。 マスタリーは沢山あるように思えますが横展してるだけで内容は同じなので一通り見てみると良いでしょう。 武器種はなんでもいいですがハンマーが一種類あると便利です。 雷、炎、地属性で大変役立つのでとりあえず無属性、ナッシャー武器あたりを抑えておくと良いです。 よく使う武器をレベル5、防具もボレアルに追加して弱点対策にナッシャーかエンバーメーンあたりを5目指して鍛えると良いです。 ゲーム性を楽しむのにもある程度装備の余裕が無いと慣れることが難しいので、とりあえず強化を優先してさっさと5にしてしまいましょう。 妨害が頻発する敵にはハンマーを担いで行きましょう。 妨害が何かはゲーム内説明にあるので省きます。 コンカッシブルサンボで妨害のコツを掴みましょう。 クエストを消化してダイヤーパトロール、エスカレーションが出ると6-8の強化が見えます。 6以降は装備に着いているパークレベルが上がるので恩恵が高いです。 優先したいパークは不屈の魂、逆上、狂乱あたり。 装備レベル5で固めてもダイヤーパトロールはソロだとなかなかきついです。 出来れば武器マスタリーも狙って上げたいですが、どうせ中盤以降ハムハムするので、適当にエスカレーション回せば良いです。 全装備6~8にできるとダイアーパトロールをソロで周回出来ると思います。 クエストを消化しつつ回して装備を強化していきましょう。 あとは繰り返しで強化していけばいいです。 中盤 エスカレーション、試練を周回していくには装備が出来上がってからなので、エスカレーション報酬でパトロールチェストボーナスを取ったあとはパトロールでひたすらオーブ稼ぎ、その後目的のエピック素材を狙って追跡で連戦すると良いです。 10装備1式が出来ればエスカレーション10-50も何とかなりますが、才能レベルでステを底上げしなければいけないので1-13をひたすらまわします。 ベヒモスマスタリーの損傷はどうせ残ると思うのですが、今のうちに狙うか後半にアシッドで狙うかは好みかと思います。 PTが多いなら今のうちから狙ってもいいかもしれませんが、ソロだと火力面から遅延に繋がりがちです。 その他 戦い方について。 火力いず神。 なんですが幾点か注意できるといいです。 白ダメより黄色ダメを狙う。 何故なら拘束時間が増えるから。 ピヨりが出たら強引にでも取っておく。 部位破壊怯みと被ると面倒なので、先に無理やり取りたい 3. スタミナ管理して回避できる余裕を持っておく あとは覚えゲーです。 エスカレーションボスまで行くと中々に面白いです.

次の

基本無料ゲー ドーントレスが面白い|うぃず|note

ドーントレス エスカレーション

2020年6月12日 JST 、カナダのゲーム開発会社フェニックスラボは、同社が運営する無料協力アクションRPG「ドーントレス DAUNTLESS 」について、「伝承:闇の奥深くへ」のアップデートを実施いたします。 Nintendo Switch、Xbox One、PlayStation 4、Epic Games ストアで対応し、クロスプラットフォームにも完全対応しております。 本日公開されたアップデート第一弾、こちらは今年最大級の内容に当たります。 新たなエスカレーション、ベヒーモス、ゲーム内の物語進化、トレーニンググラウンド機能、「遺物と遺跡」ハントパスなど、様々な内容が追加されます。 誰も見たことはない。 少なくとも数百年の間は。 でもこの異常にエネルギーを帯びた島々にもかつては人がいた。 調査隊は、現地で見つかった文字の初期的な解読に基づき、彼らを「ヴォイドランナー」と呼んでいる。 調査隊の内の一人は、その響きが「カッコいい」と言っていたわ。 この島々は潜在的に致死的な濃度とも考えられる、最も危険なエネルギーによって繋ぎ止められていることがわかっている。 メイルシュトロームがここの岩を意図的に街まで飛ばしてきたはずもないこともわかっている。 巨大なエーテル嵐ですら意図的になにかをすることはない。 そして、調査のためにオーレリーのチームを派遣する前に、何度も何度も島々の事前調査をしたこともわかっている。 でもエーテルは私たちの意図などお構いなしに科学を捻じ曲げる。 これは元々は一つの島だった。 いくつもの島に分かれてはいるけれど、それでも強力なエーテルの力により繋ぎ止められている。 ここは一つの場所。 一つの力。 ベヒーモスは闇の深淵が深く染み込んでおり、全く新しい形の脅威を持ちます。 特殊な攻撃方法や戦闘パターン、新たに登場する蛇のようなベヒーモス「トラクス」。 「トラスク」は、ポータルを使って予想外の角度から攻撃を行います。 闇属性エスカレーションで「トラクス」に遭遇すると、対象のレジェンダリー武器の設計図が解放されます。 レジェンダリー武器には、2つのプリズムセルスロットがあり、強力な効果を発揮します。 また、本アップデートの最大な特徴は、「ゲーム内で物語が進化していく」ことです。 プレイヤーは本シーズンを通し、プレイヤー自身の選択が世界に大きな影響を与えることに気づくと共に、今後数週間を経て、世界と物語に大きな変化が現れます。 7月にもコンテンツアップデートを予定しており、ビッグサプライズを用意しております。 また、「伝承:闇の奥深くへ」では、プレイヤーがゲーム内でテストする為のトレーニンググランドも追加されました。 戦闘のない安全な場所で、武器を簡単に手に入れ試したり、その紹介UIを見ることができます。 また、ダメージとDPSが表示される様になり、スタッガー、パート、ワウンド、ベースダメージなどの分析ができる様になります。 各武器やセルがどのように作用するかを分析できます。 また、コンビネーションが実行されます。 新規プレイヤーは武器を選んだ際に、武器のチェックリストを見ることができます。 基本的な攻撃やコンボを通じて、様々な武器に慣れていただき、様々な武器について、より身近に感じていただける様になります。 戦闘の詳細ヒントより、武器の戦闘アニメーションを見ることもできます。 「遺物と遺跡」ハントパスは、本日のアップデート「伝承:闇の奥深くへ」の一環として開始しており、バウンティートークン、スキン、消費アイテムなど、最大50レベルの報酬を獲得できる様になります。 「ヴォイドランナー」をテーマにしたパスも発売されました。 パスは、闇の深淵を包含したウルトラアーマースキンで、これまでのハントパスと同様に終了後も、宝物庫コインを獲得して使用することができます。 また、今回のアップデートでは、UXの向上なども含まれます。 ベヒーモスやNPCの情報収集ジャーナルや、完全なロシア語ローカライズ版の追加等、UIを含む様々な改善と、より直感的なドッジングが追加されました。 カリフォルニア州マテオ、ワシントン州シアトルで2014年に設立され、ゲーマーの情熱的なコミュニティのために、偉大なゲームが作り、楽しんでもらえる方法を追及しております。 私たちは、コミュニティが何年にもわたって共有できるような新しいAAAゲームの体験を創造することを目指しています。 私たちのデビュー作である、協力 Co-op アクションRPG「ドーントレス」は、バイオウェア社のベテランチームによって開発されています。 ライオットゲームズ社など、高い評価を得ているスタジオで、2020年、フェニックスラボはガレナに買収されました。 2009年にシンガポールで設立された世界的な消費者向けインターネット企業のリーディングカンパニーです。 フェニックスラボのサイトは、 をご覧ください。

次の