テセウスの船 黒幕 犯人。 テセウスの船で徳本と井沢が真犯人で黒幕で怪しい?毒キノコ食中毒やワープロと関係?

テセウスの船|加藤みきお(柴崎楓雅・安藤政信)が真犯人【黒幕の動機】|スマテレ

テセウスの船 黒幕 犯人

黒幕犯人を予想。 まさかとは思いますが鈴と明音は既に入れ替わってないですよね? — blancnoir ブランノワール blanc2020noir ここからは、私の勝手な予想をまとめていきたいと思います! 私の予想では黒幕は、なんと、、、!! すずです。 皆さんの予想も結構すずが黒幕だと予想されていますよね! そして共犯は、音臼村の住人、 井沢健次と 徳本卓也。 この時点で毒を仕込んでいるは、ないだろうか 井沢健次によりお椀に直接 徳本卓也のお箸はただ入れてるだけに見える — ともろぅ テセウスの船 tomorowcooking なぜ、 すずが黒幕なのか!? そしてすずの共犯がなぜ 井沢健次と 徳本卓也なのか!? では、早速理由を説明して行きたいと思います! すず黒幕で文吾と和子の実の子どもじゃない? え?なんで容疑者リストっぽい予告に鈴がいるの?鈴の表情おかしくない? 佐野家は犯人じゃないを信じるとしても、何か秘密握ってる? — くるたじん テセウスの船考察資料館 kurutajin ここからは、あくまで私の見解ですのでまずは最後までお読みください! すずは文吾と和子の実の子供ではありません。 養女ということになります。 文吾は、過去にあった音臼村祭りの毒キノコ事件で、一人の犯人を捕まえることができ、それが評価されて表彰されます。 その時の写真がこれです。 その犯人として捕まった人というのがすずの本当の親でした。 しかし、すずの親は毒キノコとは知らずにキノコ汁に入れてしまったというのが真実だったのですが、正義感が強い文吾は、その事に構わず、すずの親を逮捕します。 そして、また正義感が強い文吾は一人になったすずを、自分たちの養女として引き取り、実の親子のように一緒に暮らします。 その後、すずの親は刑務所で何らかの理由で死んでしまい、そのことを知ったすずは自分の親を死においやったとして文吾を恨むようになります。 また、その毒キノコ汁の被害者となったのが、徳本卓也の母親。 その原因が佐野文吾にあると、徳本卓也も佐野文吾を恨み、徳本卓也の共犯になるのが井沢健次です。 すずは自分の親を殺されたと文吾を恨み、徳本卓也は母親の死の原因である文吾を恨み、井沢健次とみきおは事件に手を貸すことで事件に関わりります。 黒幕犯人予想のまとめ• すずは文吾と和子の実の子ではない。 黒幕はすず• 共犯は徳本卓也・井沢健次• 音臼村毒キノコ汁事件の犯人はすずの本当の親• 毒キノコ汁で徳本卓也の母が死んだ理由に佐野文吾が絡んでいる。 予告とかで文ちゃんはミキちゃんの共犯者って自白してましたが、本当のミキちゃんの共犯者はスズ。 2020年では車椅子の男とスズは結婚して一緒に連れ添ってるシーンがドラマにもあった。 真犯人は正志。 校長先生は正志が真犯人だと知ってて、後をつけてた。 12年前の食中毒事件で何らかの正志に負い目があり、文吾や心に言い出せないとみた。 みきおと正志が共犯で、実は未来ノートを拾ったのは犯人ではなく校長先生。 気になりますね〜💦 — 夏海* jupiter010215 テセウスの船犯人ネタバレ最終回すずが黒幕!ツイッター予想も紹介をお届けしましたが、いかがでしたか? 見事に予想大ハズレ!!! 大変失礼しました! すずちゃん犯人扱いしてごめんなさい。。。 ハラハラドキドキの最終回、まさか心さんが刺されるとは思いませんでした。 最後の家族の食事のシーン、あの心さんは和子さんのお腹にいた心さんだから、過去にタイムスリップして家族のために死んでいったことは、知らないんですよね? 文吾と和子と鈴と慎吾だけが知ってるってことですよね。 なんだか、心に染みるエンディングでした。 それにしても、せいやの演技すご買ったですね!! 表情も不気味で、文吾への恨みが上手に顔に出ていて演技がうますぎてびっくりしてしまいました! テセウスの船、終わってしまって、恋つづロスの次はテセウスロスに陥りたいと思います。 それでは、テセウスの船犯人ネタバレ最終回すずが黒幕!ツイッター予想も紹介を最後までお読みいただきありがとうございました!.

次の

テセウスの船で小藪出演の理由はなぜ?正体が黒幕で真犯人の考察?

テセウスの船 黒幕 犯人

【テセウスの船】黒幕真犯人は田中正志じゃない?理由は小太りのメガネの男! 田中のマサシ ちょっと悪い顔しとる 笑 田中のマサシ黒幕 やぱり捨てきれない🤣 — マメリのママちょ🍆 Matau30812379 黒幕真犯人が田中正志と言われている理由は、田村心が過去に戻り歴史を変えた未来での出来事ですね。 田村心が行った未来は、自分がいた世界とは別世界でした。 しかも、そこには原作では登場しない田中正志がいて、木村さつきを殺害した濡れ衣を田村心に着せるために殺害されてしまいます。 しかも、単なる流れでなく、田村心が田中正志の家を訪れるようにするなどの凝りよう。 犯人の思惑がバレバレでしたよね。 未来の中に登場した中で田中正志を殺害した犯人は、加藤みきお・佐野鈴しか思い浮かびませんよね。 もしかしたら校長先生が生きているのかもしれません、ゾンビになっていそうですが・・。 校長先生と加藤みきおのデッサン人形が気になる人はを、是非お読みください! また、第8話では原作に無い音臼村祭の話題や徳本との会話の中で田中正志は「あんなことがなければ」と話していましたね。 で、せいやさん(田中正志)はもう出ないんですか? こんなに真犯人みたいな顔してたのに…!! でも、未来変わって、体が不自由な父親が何故かお楽しみ会の現場で亡くなってるから、その辺も謎は多いままだよね🤔 せいやさんの出番に期待!! — まいなみ SxdCqrd3T4O8MV5 このことから田中正志や徳本が、加藤みきおの共犯で佐野文吾を貶める黒幕真犯人と言われています。 しかし、未来の世界で殺害された田中正志。 この後、田村心は過去に戻るわけですから、ネット上で話題になっているように子供の加藤みきおに佐野鈴の未来を教えるために田中正志が過去に戻ることは不可能ですよね。 つまり、この時点で未来から来た小太りのメガネの男田中正志は犯人から外れると考えます。 しかし、これはあくまでも田村心がいった未来の世界での話ですよね。 この時系列の過去に戻った田村心の世界の田中正志は生きています。 しかも田中正志は、音臼村祭りや田中義男の死因にも関係しているように匂わせています。 ところで9話では田村心が校長先生から音臼村祭りで死亡した人が徳本の母親であることを知らされましたね。 また徳本は農家なので毒薬を持っていることから、犯人の匂わせシーンがありましたよね。 ただ、その後、佐野家に親切にするなど心暖かい場面もありました。 となると、犯人が徳本説は薄れてしまいますよね。 徳本がどうしても佐野文吾を殺したいのなら、その時に音臼村祭りのように毒キノコを混ぜて殺害すれば済むことです。 だって、毒キノコが入っていたとしても事故にすれば済むことですからね。 となると、やはり田中正志が黒幕なのではないと考えてしまいますよね。 田中正志が犯人の理由は、田中義男の死体解剖で難色を示したからですね。 ふつう家族なら、難色をしめすどころか真実を知りたいですよね。 そして正志をそそのかして、はっと汁に青酸カリを入れる手伝いをさせた。 どうでしょう? — くるたじん テセウスの船考察資料館 kurutajin また、はっと汁を作っている時も加藤みきおのそばにいましたよね。 その点から考えると田中正志説が濃厚になりますよね。

次の

テセウスの船で徳本と井沢が真犯人で黒幕で怪しい?毒キノコ食中毒やワープロと関係?

テセウスの船 黒幕 犯人

Contents• 音臼小学校で開催されていたお泊り会で、夕食時に出されたオレンジジュースに青酸カリが混入されていたことで39人の生徒と教師が病院に搬送されることに。 結果、21人が亡くなるという大惨事が巻き起こります。 しかも、この毒殺事件以外にも、この町ではさまざまな人たちが謎の不審死を遂げているのです…。 そして、その犯人として逮捕されたのが、この町の警察官・佐野文吾(鈴木亮平)。 主人公・心(竹内涼真)の父親です。 その逮捕理由は、なんと文吾の家から青酸カリの入った瓶が発見されたのです。 文吾は無罪を主張しますが、その後、死刑が確定。 それでも、文吾はずっと自分の無罪を主張し続けます。 というのも当然のことなのです。 だって、 文吾は本当に犯罪を犯していないからです。 この事件の真犯人によって、犯罪者へと仕立てあげられてしまった文吾…。 では、その黒幕・真犯人はいったい誰なのか!? テセウスの船 原作漫画の黒幕・真犯人はこの人! こちらが『テセウスの船』のキャスト相関図です。 tbs. みきおは鈴に恋心を抱いており、鈴のためならどんなことでもする子でした。 鈴をいじめた子を殺すことだって、みきおにはどうってことなかったのです。 それくらい、みきおは純粋な鈴に陶酔していました。 みきおの生い立ちは、父親がおらず、母親に育てられていたのですがその母も死亡。 その後、祖母にずっと育てられてきました。 そして、 このみきおが大人になり成長した姿が、車いすの男・木村みきお(安藤政信)。 苗字が変わっているのは、育ててくれていた祖母の死後、教師の木村さつき(麻生祐未)に引き取られたためです。 そして、この教師の木村さつきは、みきおの犯行を後に知った上で彼のことをかばい続けます。 大人になったみきおは、今も大好きな鈴のそばにいるのですが… では、どうしてそんなに大好きな鈴の父親・文吾を陥れるようなことをしたのか? テセウスの船 原作漫画の黒幕・真犯人の犯行の理由 みきおが文吾を陥れた理由は、鈴への歪んだ愛情表現と、みきお自身の愛情不足が原因だと言えます。 両親は共に早くに亡くなり、自分を育ててくれていた祖母も亡くなり、みきおは天涯孤独の身となりました。 さらに、母親が生きていた時には虐待を受けていたという噂も…。 そんなみきおの心を救ってくれたのが、純真無垢な鈴の存在でした。 ですが、鈴はみきおに振り向いてくれませんでした。 そこで、怒りの矛先が向いたのが、鈴の理想の男性である父・文吾。 父親を犯罪者に仕立てあげることで、鈴の父親への尊敬の念を打ち砕き、気持ちを自分へと向けようとしたのです。 結果、2020年の現在、鈴はみきおのそばにおり、みきおの子を身籠ることとなるのですが…。 鈴は父親の事件を機に、顔も性格も、みきおが大好きだったあの頃とは全く別人になってしまっていたのです。 あの頃の、あの純粋なままの鈴が好きだったみきおは、過去の鈴に戻って欲しいと思うようになります。 そして、とあることをきっかけに、心が未来(2020年)からタイムスリップしてきたことを知り、新しい計画を練り始めるのです…。 鈴への愛情が歪んだ形で今回の事件を引き起こすこととなったのですが、そんな自分のせいで大好きな人の運命を変えてしまったみきお。 しかも、小学生がこんなに手の込んだ事件を起こすことができたのかと驚きさえ出てきます。 これも、みきお自身が愛情を注がれたことがなかったため、愛情の表現方法がわからなかったのでしょう…。

次の