ムフェトジーヴァ 立ち回り。 【MHWI】ムフェトジーヴァ水速射ライト装備の紹介:徹甲榴弾運用も可能

【アイスボーン】ムフェトジーヴァ攻略|弱点と対策装備【モンハンワールド(MHW)】

ムフェトジーヴァ 立ち回り

覚醒能力で攻撃力や会心率は強化可能です。 覚醒武器の操虫棍の特徴として、覚醒能力で猟虫ボーナスを付与することが可能です。 その為、 猟虫強化【気・力】発動を付与することも可能です。 龍属性武器に付与されている 龍封力は、ムフェトジーヴァのエネルギー枯渇を早める効果があるので、爆破属性より龍属性のほうがおすすめです。 また今作の操虫棍は、猟虫強化【気・力】のW強化がかなり強いので必ず発動させておきたいです。 残りの3枠は、攻撃特化か切れ味を入れるか悩むところです。 ただし切れ味強化なしの場合は、王の雫の隙に砥石を使っておかないと青ゲージになってしまう可能性があります。 龍脈覚醒による自傷ダメージで力の解放が発動しやすいので、切れ味がかなり維持しやすい装備構成です。 破壊王3はもちろん、龍封力強化で龍封力・大にするのも重要です。 ので、素の会心率を上昇させる装備がおすすめです。 その為、会心率を上昇させる龍脈覚醒はかなり有用です。 攻撃の護石を昂揚の護石に変えることで、猟虫強化時間が長くなるので継戦能力が高くなります。 第3層で大活躍の操虫棍がおすすめ! ムフェト戦の第3層では、臨界状態の乗りで味方のサポートをしつつ、自身も胸や尻尾破壊を狙えるのでかなり戦いやすいです。 また飛びによる機動力の高さで、狙った部位に貼りつきやすいのも魅力です。 ムフェトは大型モンスターなので、猟虫のエキスも採取しやすく、印弾やジャンプ急襲攻撃が当てやすいというメリットもあります。 普段操虫棍を使ったことのないハンターは、この機会に操虫棍を始めてみてはいかがでしょうか?新しい世界が広がるかもしれませんよ。

次の

【MHWアイスボーン】ムフェトジーヴァの一撃周回方法|おすすめ対策装備【モンハンワールド】|ゲームエイト

ムフェトジーヴァ 立ち回り

1周目は、ストームスリンガー(逸品)を使った装備構成です。 ムフェトの防具のシリーズスキル「 真・龍脈覚醒」と相性の良い 逆恨みと、ある程度攻撃するとHPが回復していくので、その時にHPの回復量を増やす 体力回復量UPを最大LVまでつけています。 基本は 特殊弾のストームボルトを使うので、 特殊射撃強化も最大LVまでつけています。 1層目立ち回り 1層目には、 落石とツタがあるので必ずこのギミックは使いましょう。 使用する弾は、 特殊弾のストームボルトをメインに使って、使い切ったあとは再度ストームボルトが使えるようになるまで 電撃弾を使います。 マップを上から見た時に向かって 左側に落石とツタがあるので、そこに追い込むように 左後ろ脚に向かって全員でストームボルトを撃つと追い込みやすいです。 ツタに引っかかったら攻撃し続け、ツタから出てくる時に落石を落として当てます。 この辺はパーティをしっかり組んでいった方が連携しやすいですが、野良マルチでもできなくはないです。 (自分を含めて2人以上わかっていればいけると思います) 落石とツタをしっかり使えば、この辺りで地脈エネルギーが枯渇し、2層目に移動すると思います。 2〜3層目 2層目からは、 ムフェトの水ライトに装備を変更します。 防具やスキル構成は大きく変わりませんが、 逆恨みを最大LVまでつけています。 2層目立ち回り 2層目では敵視を取って、 敵視を維持し続けることが大事になります。 水冷弾を撃ち続け、敵視を取ったあとも攻撃し続けましょう。 他の人が敵視を取ってくれた場合は、状況に応じて生命の粉塵を撒いてサポートしつつ、攻撃しましょう。 あとは可能であれば飛び上がって「 王の雫」を撃つ前に、閃光弾を投げると落とすことができるので積極的に狙っていきたいです。 3層目立ち回り 3層目は臨界状態になると、肉質が柔らかくなるのでダメージを稼ぎやすくなります。 ダメージを稼ぎつつ、パーティーに 操虫棍がいる場合は乗りを狙ってもらい、いなければムフェトの水ライトは麻痺弾を撃てるので 麻痺も狙っていきましょう。 あとは2層目と同じく敵視の維持と、地面に緑の煙みたいのが上がっている所にムフェトがいる状態で地面に向かって弾を撃つと、 ガス爆発が起こり1000ダメージくらい与えられます。 ムフェトジーヴァを一撃討伐できる周回装備と立ち回り:まとめ 今回はムフェトを一撃討伐できる周回装備と立ち回りを紹介しました。 パーティーを組んでいくのがベストですが、野良マルチでも一撃討伐は可能なので、ぜひ参考にしてみてください。

次の

【MHW:IB】覚醒武器をソロで簡単に手に入れる方法【ムフェト・ジーヴァ】

ムフェトジーヴァ 立ち回り

強化パーツ• 反動が少ないほど次の弾を撃つまでの感覚が短くなり、その分ダメージ増加が期待できるので、反動抑制パーツは優先的に装備しましょう。 また、リロード補助パーツを1つ取り付けることで水冷弾のリロード速度を「やや遅い」から「普通」に短縮することが出来ます。 カスタム強化• 会心率強化II EXシルバーソル防具のシリーズスキル「銀火竜の真髄」を覚醒能力で発動。 スキル発動のために会心率も強化しています。 覚醒能力の「会心率強化V」とカスタム強化の「会心率強化II」を合わせると、武器の基礎会心率が40%まで上昇。 会心率がそれほど必要ない場合は「攻撃力強化V」を積みましょう。 攻撃で会心が発生した際に、与える属性ダメージが高くなります。 武器の基礎会心率と見切りLv7の効果で、どの部位に攻撃が当たっても 80%の確率で会心が発生します。 覚醒能力で「攻撃力強化」を積むスタイルでは、ムフェトジーヴァの「翼」破壊を狙う際に「弱点特効」の効果があまり期待できなかったので、武器の会心率自体を上げてみました。 攻撃力の低さはフルチャージで補っています。 弱点部位に関係なく高い会心率が期待できるので、ムフェトジーヴァの部位破壊を狙うのに最適です。 EX龍紋シリーズの水速射ライト装備 EX龍紋シリーズ用のカスタマイズ カスタム強化• 回復能力付与II• 属性・状態異常強化I ムフェトジーヴァ防具のシリーズスキル「龍脈覚醒」が発動していると、攻撃時に自傷ダメージを受けるようになるので、その対策として武器のカスタム強化で「回復能力付与」を積んでおきましょう。 回復能力付与を積んでおけば受ける自傷ダメージ分を回復させることが出来るので、シリーズスキルのデメリットなしに安定して立ち回ることが出来ます。 自傷ダメージを利用して「 逆恨み」を発動させつつ、カスタム強化の「 回復能力付与」で体力を回復するスタイルです。 ただし、攻撃を外してしまうと自傷ダメージを受け続けてしまうので、体力の量には充分に注意して立ち回りましょう。 自傷ダメージがきついと感じた人は「精霊の加護」を「体力回復量UP」に変更して、回復する量を調整してください。 徹甲榴弾運用の装備 徹甲榴弾ライトのカスタマイズ カスタム強化• 回復能力付与• 攻撃力強化 EXゾラマグナ防具のシリーズスキル「熔山龍の真髄」を覚醒能力で発動。 その他の覚醒能力やカスタム強化に関しては「攻撃力強化」で埋めています。 徹甲榴弾運用では会心率を上げる必要はないので、ひたすら攻撃力を強化していきましょう。 スキルの発動確率は約25%ということなので、4発に1発の割合で発動。 非常に弾持ちが良いので、ムフェトジーヴァのような同じエリアで長時間戦うモンスターに効果的です。 覚醒能力を「 迅竜の真髄」に変え、ナルガ2部位とゾラマグナ3部位で運用しても同じシリーズスキルが発動します。 手持ちの覚醒武器に合わせて装備を組んでみてください。 KO術を5まで積むと気絶威力を1. 6倍まで上げることができ、モンスターをスタンさせやすくなります。 ムフェトジーヴァをスタンさせて部位破壊の手助けをするのがこの装備の狙い。 1回のクエストで4回くらいスタンが取れます。 頭の部位破壊を狙うことも出来るので非常におすすめ。 ただし、上で紹介したナルガ&ゾラマグナ装備よりは弾持ちが良くないので注意が必要です。 水速射ライトでの立ち回り方 水速射ライトを担ぐ場合、ムフェトジーヴァ戦では基本的に「 翼」の部位破壊を担当することになります。 部位破壊できていない箇所を優先的に攻撃• エリア3では「腹部」を攻撃• 徹甲榴弾、麻痺弾、睡眠弾の使用はエリア3から クエスト2週目では「部位破壊できていない箇所」や「腹部」を優先して攻撃します。 ムフェトジーヴァが臨界状態になるエリア3で攻撃を集中させたいので、モンスターの動きを止める徹甲榴弾、麻痺弾、睡眠弾の使用はエリア3まで控えましょう。 まとめ 以上、ムフェトジーヴァの水速射ライト「赤龍ノ狙ウ弩・水」用装備の紹介でした。 「水速射ライト」と「徹甲榴弾ライト」、どちらで運用しても強力です。 徹甲榴弾でスタンが狙える他に、麻痺弾や睡眠弾で味方のサポートも行えるので、水速射ライトが1人でもいてくれればクエスト周回が非常に楽になります。 ムフェトジーヴァ周回の際は、是非「水速射ライト」を担いでみてください。

次の