パニック コマーシャル。 パニックコマーシャル

ドラマ第31回ヤングシナリオ大賞『パニックコマーシャル』の高画質動画が無料で視聴できる配信サービスは?

パニック コマーシャル

赤楚衛二(C)フジテレビ 赤楚衛二が主演「パニックコマーシャル」坂元裕二、野島伸司、水橋文美江、橋部敦子、浅野妙子といった数々の人気脚本家を輩出してきた「フジテレビヤングシナリオ大賞」。 31回目を迎える今年は中村允俊(なかむら・まさとし)の『パニックコマーシャル』が大賞を受賞し、先日行われた会見でドラマ化されることが発表されたばかりだ。 コマーシャル撮影の舞台裏を描いたこの作品、主演の広告会社のクリエイティブディレクター役に、今注目の赤楚が決定した。 赤楚は2015年にTBSの連続ドラマ『表参道高校合唱部!』で連続ドラマデビューを飾り、2017年に放送されたテレビ朝日系『仮面ライダービルド』で万丈龍我役を演じ注目を集めた。 その後活躍の場を映画やドラマ、舞台などにひろげ、来月からはW主演をつとめる連続ドラマ『ねぇ先生、知らないの?』(12月5日スタート/テレビ神奈川:23時~・MBS:24時59分~ほか)がスタートする予定。 また来年の8月には4人主演映画『思い、思われ、ふり、ふられ』の公開を控えている。 赤楚衛二の役どころは? 赤楚衛二(C)フジテレビ今回赤楚が演じるのは、広告代理店、電報堂の若手クリエイティブディレクター・新倉泰斗。 熱い想いで電報堂に入社したものの、まだ一度も担当したCMで賞をとったことがない。 新倉は、いつの日か良いCMを作ることを夢見て日々努力を重ねている。 そんな中、太陽ビールの商品のクリエイティブディレクションを任されることになり、新倉にまたとないチャンスが訪れた。 今度こそ自分が企画したおしゃれなCMで賞を取りにいこうと意気込んで撮影に臨んでいたものの、自分の作りたいもの、クライアントの希望、タレントの思惑の間で踊らされる。 そんな状況に惑わされながらも、熱いものを胸に秘めた男を赤楚が体当たりで演じていく。 赤楚は今回のオファーに「マネージャーさんに直接決まった事を教えてもらい、驚きと喜びが込み上がりました。 その時はまだ、本を頂いていなかったのでワクワクしながら楽しみに待ちました」と喜びを明かし、「キャストの皆さん、スタッフの皆さんが凄く素敵で面白い方ばかりで熱い現場です。 (modelpress編集部) 大賞作品『パニックコマーシャル』ストーリーおしゃれなCMを作ろうと燃えるクリエイティブディレクター・新倉(30)は、発泡酒【ビアライト】のCM撮影に臨んでいた。 クライアントの宣伝担当・藤木は、新倉の企画に感動し、監督の雨宮は、広告賞も獲れると期待を膨らませ、現場は明るい空気に満ちていた。 そんななか、急きょ、頭の固い宣伝部長・石瓦が現れる。 石瓦は、新倉の企画が従来のビアライトCMとは違うことを懸念し、修正に次ぐ修正をもちかけ、CMはどんどん最初のコンテとは別のものになっていく。 そんな状況に雨宮はあきれ、タレントの女優・リンカはイライラを募らせる。 新倉は、クライアント・タレント・監督・プロデューサー、4者の事情をまとめようとするも、うまくいかない。 結果、リンカは不満が爆発し撮影を拒否、カメラは故障、現場は最悪の空気に。 いったん休憩をとることになった現場。 壁にぶつかり落ち込んでいる新倉のもとに、藤木が来る。 石瓦に反論できなかったと反省する藤木に、新倉は、すべては何もできなかった自分のせいだと返す。 落胆するふたり。 憂さ晴らしにビアライトを口にする。 それを飲んでいる時だけは、少しだけ楽になれた。 ハッとなる新倉。 自分は一番大切な商品のことを何も見られていなかったと気づく。 さまざまなオトナの事情はあるけれど、一番大切なのは商品そのもの。 原点に返った新倉は、賞をとるためではなく、ビアライトをいかによく見せるために、もう一度CMを作ろうと立ち上がることで、皆の信頼を再び勝ち取るのだった。 赤楚衛二コメント Q.ヤングシナリオ大賞「パニックコマーシャル」への出演が決まった時のお気持ちは? マネージャーさんに直接決まった事を教えてもらい、驚きと喜びが込み上がりました。 その時はまだ、本を頂いていなかったのでワクワクしながら楽しみに待ちました。 Q.クランクインしましたが、意気込みは? キャストの皆さん、スタッフの皆さんが凄く素敵で面白い方ばかりで熱い現場です。 社会という枠組みの中に生きていたら、皆誰しも共感できると思いますし、この本のテーマと思われる、ある言葉がとても突き刺さり勇気をもらえる。 そんな物語だなと思いました。 プロデューサー:宋ハナコメント Q.主演に赤楚衛二さんをキャスティングした理由 主人公の新倉泰人はいろんな状況に惑わされ右往左往する人物ですが、誰よりもCMの企画に対する熱い想いを持っている人です。 役に一生懸命向き合う赤楚さんなら、周りにほんろうされ、時には迷いもある新倉という人物に、素晴らしい魅力を吹き込んでくれると思っています。 Q.視聴者に期待してほしいポイント 今回映像化する作品は、今までのヤングシナリオ大賞ではあまりなかったワンシチュエーションのバックステージコメディです。 コメディではありますが、複雑に絡み合う人間関係にほんろうされ、余裕がなくなり熱い想いを見失いかける。 しかし大事な想い、その原点に立ち返った時のすがすがしさ。 ドラマのシチュエーションでなくても、皆さまに共感していただける話だと思います。 時には笑い、時には真剣に向き合う、そして最後はスカッとしていただければと思います。 令和初のヤングシナリオ大賞『パニックコマーシャル』にぜひご期待ください。 演出・西岡和宏コメントCM撮影現場で次々に起こる予想外のトラブル。 そんな撮影中止になりそうな絶体絶命の状況を、主人公が乗り越えていく爽快感が伝われば幸いです。 さんを始めとした個性的な登場人物達の掛け合いや、CM撮影のドラマゆえに登場人物の紹介がCMになっていることなど、見どころが盛りだくさんあるので是非ご覧ください。 【Not Sponsored 記事】• ジェイタメ 2020-06-27 16:22• ジェイタメ 2020-06-27 16:13• ジェイタメ 2020-06-27 16:01• しらべぇ 2020-06-27 16:00• ジェイタメ 2020-06-27 15:52• モデルプレス 2020-06-27 15:48• しらべぇ 2020-06-27 15:40• しらべぇ 2020-06-27 15:20• しらべぇ 2020-06-27 15:00• しらべぇ 2020-06-27 14:30• しらべぇ 2020-06-27 14:00• モデルプレス 2020-06-27 13:44• しらべぇ 2020-06-27 13:30• モデルプレス 2020-06-27 13:02• しらべぇ 2020-06-27 13:00• しらべぇ 2020-06-27 12:30• ジェイタメ 2020-06-27 12:22• ジェイタメ 2020-06-27 12:01• モデルプレス 2020-06-27 12:00• しらべぇ 2020-06-27 12:00.

次の

フジ16日 仮面ライダー俳優・赤楚衛二「パニックコマーシャル」フジテレビヤングシナリオ大賞作で主演!予告動画

パニック コマーシャル

あらすじ [ ] 発泡酒「ビアライト」のコマーシャル撮影に臨んでいたクリエイティブディレクターの新倉。 クライアントの宣伝担当である藤木は新倉の才能に惚れ込み、現場も監督を始めとしたスタッフの間では期待感が膨らんでいた。 しかし、そんな明るい現場をぶち壊したのが宣伝部長の石瓦であり、これまでの発泡酒のコマーシャルのコンセプトとは異なると因縁をつけ、当初予定していたコマーシャルとは全く別物の様相を呈するようになった。 現場の雰囲気の険悪さを察した新倉は何とかしてとりまとめようとするが、全くといっていいほど上手くいかない。 それどころかカメラが故障した挙句に、コマーシャルに出演する予定だった女性タレントが撮影を拒否。 さらに険悪な空気となり現場では一旦休憩を取ることになった。 宣伝部長の我がままを封じ込めることができなかったことを詫びる藤木に、新倉は自分の力の無さのせいだと返した。 ビアライトを飲み始めた時、新倉は最も大切なことに気づかされた。 何より大切なのは商品であるという根本的な事実を。 原点に立ち返ることができた新倉はビアライトをより良く見せるためにコマーシャルを作ろうと決意し、再び現場の信頼を取り戻した。 キャスト [ ] 新倉泰斗 演 - 広告代理店の電報堂に所属する新進気鋭のクリエイティブディレクター。 藤木優介 演 - クライアント「太陽ビール」の宣伝担当。 リンカ 演 - 「太陽ビール」のCMに出演予定の女優。 安達元彦 演 - CMプロデューサー。 宮地学 演 - 新倉の同僚。 雨宮晃 演 - CM監督。 庄司智子 演 - リンカのマネージャー。 石瓦剛志 演 - 「太陽ビール」の宣伝部長。 かなりの堅物で、新倉のCM企画に因縁をつける。 スタッフ [ ]• 原作・脚本 - 中村允俊• プロデュース - 宋ハナ• 演出 - 西岡和宏• 制作著作 - 脚注 [ ].

次の

赤楚衛二、フジ「ヤングシナリオ大賞」受賞作ドラマで主演<パニックコマーシャル>

パニック コマーシャル

赤楚衛二(C)フジテレビ 赤楚衛二が主演「パニックコマーシャル」坂元裕二、野島伸司、水橋文美江、橋部敦子、浅野妙子といった数々の人気脚本家を輩出してきた「フジテレビヤングシナリオ大賞」。 31回目を迎える今年は中村允俊(なかむら・まさとし)の『パニックコマーシャル』が大賞を受賞し、先日行われた会見でドラマ化されることが発表されたばかりだ。 コマーシャル撮影の舞台裏を描いたこの作品、主演の広告会社のクリエイティブディレクター役に、今注目の赤楚が決定した。 赤楚は2015年にTBSの連続ドラマ『表参道高校合唱部!』で連続ドラマデビューを飾り、2017年に放送されたテレビ朝日系『仮面ライダービルド』で万丈龍我役を演じ注目を集めた。 その後活躍の場を映画やドラマ、舞台などにひろげ、来月からはW主演をつとめる連続ドラマ『ねぇ先生、知らないの?』(12月5日スタート/テレビ神奈川:23時~・MBS:24時59分~ほか)がスタートする予定。 また来年の8月には4人主演映画『思い、思われ、ふり、ふられ』の公開を控えている。 赤楚衛二の役どころは? 赤楚衛二(C)フジテレビ今回赤楚が演じるのは、広告代理店、電報堂の若手クリエイティブディレクター・新倉泰斗。 熱い想いで電報堂に入社したものの、まだ一度も担当したCMで賞をとったことがない。 新倉は、いつの日か良いCMを作ることを夢見て日々努力を重ねている。 そんな中、太陽ビールの商品のクリエイティブディレクションを任されることになり、新倉にまたとないチャンスが訪れた。 今度こそ自分が企画したおしゃれなCMで賞を取りにいこうと意気込んで撮影に臨んでいたものの、自分の作りたいもの、クライアントの希望、タレントの思惑の間で踊らされる。 そんな状況に惑わされながらも、熱いものを胸に秘めた男を赤楚が体当たりで演じていく。 赤楚は今回のオファーに「マネージャーさんに直接決まった事を教えてもらい、驚きと喜びが込み上がりました。 その時はまだ、本を頂いていなかったのでワクワクしながら楽しみに待ちました」と喜びを明かし、「キャストの皆さん、スタッフの皆さんが凄く素敵で面白い方ばかりで熱い現場です。 (modelpress編集部) 大賞作品『パニックコマーシャル』ストーリーおしゃれなCMを作ろうと燃えるクリエイティブディレクター・新倉(30)は、発泡酒【ビアライト】のCM撮影に臨んでいた。 クライアントの宣伝担当・藤木は、新倉の企画に感動し、監督の雨宮は、広告賞も獲れると期待を膨らませ、現場は明るい空気に満ちていた。 そんななか、急きょ、頭の固い宣伝部長・石瓦が現れる。 石瓦は、新倉の企画が従来のビアライトCMとは違うことを懸念し、修正に次ぐ修正をもちかけ、CMはどんどん最初のコンテとは別のものになっていく。 そんな状況に雨宮はあきれ、タレントの女優・リンカはイライラを募らせる。 新倉は、クライアント・タレント・監督・プロデューサー、4者の事情をまとめようとするも、うまくいかない。 結果、リンカは不満が爆発し撮影を拒否、カメラは故障、現場は最悪の空気に。 いったん休憩をとることになった現場。 壁にぶつかり落ち込んでいる新倉のもとに、藤木が来る。 石瓦に反論できなかったと反省する藤木に、新倉は、すべては何もできなかった自分のせいだと返す。 落胆するふたり。 憂さ晴らしにビアライトを口にする。 それを飲んでいる時だけは、少しだけ楽になれた。 ハッとなる新倉。 自分は一番大切な商品のことを何も見られていなかったと気づく。 さまざまなオトナの事情はあるけれど、一番大切なのは商品そのもの。 原点に返った新倉は、賞をとるためではなく、ビアライトをいかによく見せるために、もう一度CMを作ろうと立ち上がることで、皆の信頼を再び勝ち取るのだった。 赤楚衛二コメント Q.ヤングシナリオ大賞「パニックコマーシャル」への出演が決まった時のお気持ちは? マネージャーさんに直接決まった事を教えてもらい、驚きと喜びが込み上がりました。 その時はまだ、本を頂いていなかったのでワクワクしながら楽しみに待ちました。 Q.クランクインしましたが、意気込みは? キャストの皆さん、スタッフの皆さんが凄く素敵で面白い方ばかりで熱い現場です。 社会という枠組みの中に生きていたら、皆誰しも共感できると思いますし、この本のテーマと思われる、ある言葉がとても突き刺さり勇気をもらえる。 そんな物語だなと思いました。 プロデューサー:宋ハナコメント Q.主演に赤楚衛二さんをキャスティングした理由 主人公の新倉泰人はいろんな状況に惑わされ右往左往する人物ですが、誰よりもCMの企画に対する熱い想いを持っている人です。 役に一生懸命向き合う赤楚さんなら、周りにほんろうされ、時には迷いもある新倉という人物に、素晴らしい魅力を吹き込んでくれると思っています。 Q.視聴者に期待してほしいポイント 今回映像化する作品は、今までのヤングシナリオ大賞ではあまりなかったワンシチュエーションのバックステージコメディです。 コメディではありますが、複雑に絡み合う人間関係にほんろうされ、余裕がなくなり熱い想いを見失いかける。 しかし大事な想い、その原点に立ち返った時のすがすがしさ。 ドラマのシチュエーションでなくても、皆さまに共感していただける話だと思います。 時には笑い、時には真剣に向き合う、そして最後はスカッとしていただければと思います。 令和初のヤングシナリオ大賞『パニックコマーシャル』にぜひご期待ください。 演出・西岡和宏コメントCM撮影現場で次々に起こる予想外のトラブル。 そんな撮影中止になりそうな絶体絶命の状況を、主人公が乗り越えていく爽快感が伝われば幸いです。 さんを始めとした個性的な登場人物達の掛け合いや、CM撮影のドラマゆえに登場人物の紹介がCMになっていることなど、見どころが盛りだくさんあるので是非ご覧ください。 【Not Sponsored 記事】• ジェイタメ 2020-06-27 16:22• ジェイタメ 2020-06-27 16:13• ジェイタメ 2020-06-27 16:01• しらべぇ 2020-06-27 16:00• ジェイタメ 2020-06-27 15:52• モデルプレス 2020-06-27 15:48• しらべぇ 2020-06-27 15:40• しらべぇ 2020-06-27 15:20• しらべぇ 2020-06-27 15:00• しらべぇ 2020-06-27 14:30• しらべぇ 2020-06-27 14:00• モデルプレス 2020-06-27 13:44• しらべぇ 2020-06-27 13:30• モデルプレス 2020-06-27 13:02• しらべぇ 2020-06-27 13:00• しらべぇ 2020-06-27 12:30• ジェイタメ 2020-06-27 12:22• ジェイタメ 2020-06-27 12:01• モデルプレス 2020-06-27 12:00• しらべぇ 2020-06-27 12:00.

次の