スペアリブ 柔らか。 レシピ

【劇的やわらか!スペアリブ】バーベキューで人気の味付け3レシピ

スペアリブ 柔らか

〔下ゆでの調味料〕と、豚スペアリブ肉を入れて、中火で20分~30分煮ます。 お湯をしっかりきります。 (余裕があれば、余分な脂をお湯で洗い落としてあげると、ヘルシーになります。 すぐに焼いても、時間をおいてから(15分以上~1晩)焼いてもどちらでもいいです。 (すぐに焼くと、肉感が残るジューシーな味わいに。 一晩ソースにつけておくと、味がしみて柔らかくなります。 作るときは、自然解凍して、フライパンで焼いて完成です。 スポンサーリンク 簡単なのに美味しくてやわらかなスペアリブのポイント このレシピの コツというか、 ポイントです。 スペアリブが簡単なのに美味しくできるポイント ・あらかじめ鍋で煮ているので、焼くときは火の通りを気にしなくていい スペアリブのような厚みのあるお肉をソテーするときは、火が通っているかどうか判断するのが難しいです。 その点、このレシピはあらかじめ鍋で煮て 完全に火を通しておくので、 フライパンで焼くときには、火の通りを気にする必要がありません。 香ばしい焼き目がつけばOKです。 初心者向けなのに美味しいレシピです。 「茹でて固くなったりしない!?」という心配について。 また、冷凍保存でご紹介したように、 つけ込んで冷凍保存しておくと、お肉が柔らかくなり、おすすめです。 逆につけ込まずに焼いたり、漬け込み時間を短くすると、 肉のジューシーさや肉厚感が感じられて、これはこれで美味しいです。 どちらがいいかは完全にお好みになります。

次の

【みんなが作ってる】 やわらかい スペアリブのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

スペアリブ 柔らか

来週から夫がアメリカ出張に行くそうです。 子供達が夏休みの間はレジャー優先ってことで出張を控えてくれていたので、終わってすぐっていうのは仕方ない。 ただ、本音を言うと私も一緒に行きたい。 夫と離れたくない? いやいや、んなわけないやん。 ただそれだけ。 こんちは、メリッサです。 もうダメ。 思い出したら今すぐ飛行機に飛び乗って、4人前くらい「もう見たくない。 」ってほど食べて帰ってくるという弾丸ツアーに出発したいくらい。 まだ昼過ぎだっていうのに、HPの写真見てとりあえずビール飲んじゃった夏休み最終日。 笑 現実ではそんな弾丸ツアーに出かける時間そしてお金の余裕がないので、自分でどうにかして近いものが作れないか奮闘することになる。 その成果をお披露目します。 さぁ、みんなでスペアリブにかぶりつきましょう! Contents• ノートパソコンくらいのサイズあるけど、1人で全部食べれる。 むしろ、夫が「一切れちょうだい」って 言ったときに「別のもん頼んだくせに私のん食べんといて!!!」って思いながら「うん。 」って答えたらバレてたわ。 何なんでしょうね、あのワイルドな感じとビールを誘う味がたまらないんでしょうか。 いや、理屈とかどうでもいいわ、 とにかく私は好きやねん。 おいしいねん。 パンケーキやポップコーンのお店を日本に出店するくらいなら、こっちを!と思うけど、日本の文化にはあんまり馴染みそうにないことくらい30過ぎた大人になれば薄々分かってきます。 というわけで、スペアリブが食べたければ作るしかありません。 スペアリブの材料 コストコで買ってきたスペアリブです。 1645g。 これはすでに一切れ1骨分サイズにカットされているのですが、 もう少し グラム単価が割安のカット前のまな板状態のお肉もコストコには売っています。 調理する際の道具のサイズに限界があるので、扱いやすいのはこのセントルイスカット。 でっかい方買ってきて、自分でカットしたら良いねんけど、今回はこっちで。 BBQソースの材料 このヨシダソースがあれば話が早い。 材料これだけ! ただコストコやネットでは売ってるときと売っていないときがあって、 ならいつでも手に入ります。 食べたいときにすぐ手に入るわけでもないんで、一応それっぽくなるソースも作れた方がいいですよね。 ソースを手作りする場合の材料• ケチャップ ・・・1cup• リンゴ酢 なければ黒酢とかで ・・・50ml• ウスターソース ・・・大さじ1くらい• ブラウンシュガーかハチミツ ・・・大さじ2くらい• 塩 ・・・小さじ1くらい• レモン果汁• すりおろし玉ねぎ コストコのリブ1パック分の量に合わせているので多めです。 甘み強めにしたいとか、にんにく入れたいとか、もうそこら辺は好みで調整。 レモン果汁とかすりおろし玉ねぎとかは自分の余力次第で。 ちょこっと焼肉のタレをいれると、「ん?なんか味が決まらん。 」ってときに助けてくれる。 最後に豚肉の旨みが加わるので、アバウトでも結構なんとかなる。 大丈夫。 こだわり派の貴方は、燻製オイルや燻製醤油なんかをつかって風味をプラスすると更にイイ感じ。 めんどくさいって人はもう、しのごの言わずにヨシダソースを頼ろう? 肉離れのいいスペアリブ作り方 1. 骨に沿って切り込みを入れ、強火でジューッと表面を焼く。 2.お肉が浸かるくらいの量のお湯で茹でる。 写真は1番の工程を省いちゃったやつなんだけど、 旨みが逃げてしまうからちゃんと焼いた方が良いらしい。 豚肉の臭みがヤダって人は多分スペアリブ食べたいとか言い出さないと思うけど、気になるんならこの時点で生姜とかネギとか入れれば多少マシになるんじゃない? 3.普通のお鍋なら小一時間くらい、圧力鍋なら20分くらい。 お肉が柔らかくなるまで煮る。 ソースの材料を混ぜ合わせる。 味見しながら好みの味になるように、舐めては何か足して混ぜ、舐めては混ぜ。 5.豚肉が茹で上がったら、熱いうちにソースの中へ。 耐熱性のビニール袋に入れて冷蔵庫でそのまま1晩とかが最高。 今日食べたいの!って人はせめて2時間くらい? IKEAのこのビニールバッグ、耐熱じゃないのに入れて破けて 「ソースが~!」ってなったので要注意。 荒熱が取れるまではボールで下味付けといて、冷めてから入れるとかしないとマジで危険。 気づかずに白いTシャツの下っ腹部分を染めました。 6.袋の中のソースを煮詰める 豚肉から水分が出ちゃったりしてるので、シャバシャバになっちゃったソースを一度煮詰めます。 8.スペアリブに塗って、焼く。 良さげな感じに塗って焼きます。 すでにビール飲み始めちゃってるのがバレバレの写真w 待てんのか。 今回は一緒にポテトも焼いてます。 玉ねぎとかピーマンとか何でも合います。 気が向いたら途中で引っくり返して、反対側にもソース塗ってあげたりして下さい。 9.イイ感じにソースが焦げたら出来上がり このニオイがたまんない。 あとはビールと一緒に食べるだけ。 ちなみにコレ、1歳2ヶ月の娘も喜んで骨持ってかぶりつきますから。 《まとめ》ポイントはまずしっかり茹でること! 豚肉だけど一度しっかり火を通してあるので、キャンプやBBQに持っていくにも安心。 網を汚すのが嫌なら、 ソースごとアルミホイルに包んで焼いてください。 煮詰める手間も省けますぜ。 色んなレシピを見てると、あんまり長く茹ですぎると旨みが全部出ちゃうとか、中にはそのまま焼き始めたりとかしてます。 だけど 肉が骨からホロッと外れるスペアリブを目指すなら、 骨に沿って切り込みを入れて下茹でをしっかりしておきましょう。 旨みが逃げないように最初に焼き目をつけてあげると大丈夫。 下茹でが不十分だと豚肉そのまんまの「ぶりん!」という食感で、骨に肉も残っちゃう。 子供にも食べやすくなるし、この一度茹でたやつを焼いた独特の感じがおいしいのよ。 ホントに。 大部適当な味付けに大雑把な性格が見え隠れしたレシピになってしまいましたが 丸見えやわ 、このポイントさえ守って、あとは コストコでリブとヨシダソース買ってきたらイイだけ! そういえばumieにトニーローマがあったよね。 トニーローマのリブは食べたことがないけど、似たようなメニューだし1回食べに行ってみたいな。 はぁ~。 お腹すいた・・・。 関連記事.

次の

レシピ

スペアリブ 柔らか

目次 []• バーベキューで簡単柔らかスペアリブ!お肉がホロホロになる下準備とレシピ 固い肉は断固拒否する子ども達 バーベキューで焼く スペアリブを柔らかくするポイントは、ズバリ下準備として 茹でることと、下味に すりおろし玉ねぎを使う事です。 こうすることで、骨から肉が外れやすい柔らかでホロホロのとっても食べやすいスペアリブができあがります。 スペアリブとバックリブ ところで、スペアリブとよく似た「バックリブ」という肉 部位 をご存じですか? スペアリブは豚の「あばら骨」周辺のお腹側 バラ にある肉を指し、バックリブは背中側 ロース にある肉を指します。 が、いずれも豚だけでなく、牛・羊などの肉にもある部位です。 ただ、牛の場合、スペアリブは「カルビ」と呼ばれることが多く、 スペアリブ・バックリブは豚肉を指すことが多いようです。 ちなみに、 スペアリブの方が脂身が多く食べ応えがあり、 バックリブの方がさっぱりと柔らかいとされますが、いずれも同様の下準備でバーベキューでも簡単に柔らかく美味しく食べることが出来ます。 今回ご紹介するレシピは、スペアリブとして書いていますが、 バックリブでも同様に作れますので、手に入りやすい方 またはお好みの方 で試してみて下さいね。 バーベキューで焼くスペアリブの下準備 スペアリブを柔らかくする下ごしらえの手順は以下の通りです。 【下ごしらえ手順】• スペアリブの骨に沿って包丁で切れ込みを入れる• スペアリブを焼く• スペアリブを茹でる• スペアリブに下味をつける 先に書いた通り、スペアリブを柔らかくするポイントは「3. スペアリブを茹でる」と「4. スペアリブに下味をつける」際に「すりおろし玉ねぎ」を使う点になります。 それでは、下ごしらえの手順についてもう少し詳しく説明していきますね。 スペアリブの骨に沿って包丁で切れ込みを入れる まず、 スペアリブの骨に沿って包丁で切れ込みを入れます。 こうすることで、肉の骨離れがよりよくなります。 さらに、 骨と垂直にも筋を断つ形で切れ込みを入れるのも良いですが、私はだいたいサボってしまっています。 中まで完全に火を通す必要はありません。 スペアリブを茹でる そして次に、スペアリブがしっかりつかるくらいのお湯を沸かして茹でます。 普通の鍋なら60分程度。 圧力鍋があれば20分程度茹でます。 我が家は普通の鍋で茹でています。 スペアリブに下味をつける そして、 茹でたスペアリブに下味をつけます。 レシピで「スペアリブ:〇〇グラム」などと書かれていても、いまいちどれくらいかピンとこないことが多いのでちょっと計ってみました。 これで1本80g 一見大きく見えても「骨」が大きいだけなのか、小さいものより軽かったりしますね。 これで1本76g もちろん、個体によって重さは変わってきますが、写真くらいのものですと だいたい1本75~80gくらいですね。 これで5本370g 上記ですと5本で370gでした。 いちいち重さを計るのメンドクサイ!という方は、これらをだいたいの目安としていただければと思います。 バーベキュー当日の準備 ビニール袋に入れて 下味をつけたお肉をアルミホイルで包みます。 アルミホイルに包まずそのまま焼いても良いのですが、 アルミホイルのまま焼くと肉がパサパサにならずジューシーに焼けますし、鉄板や網も汚れず 簡単に焼くことができるのでおすすめです。 片面焼いたら一度アルミホイルを開いてお肉を裏返してもう一度焼いて出来上がり! スペアリブの下味バリエーション バーベキューで焼くスペアリブは下味を変えるだけでまたガラッと違った味わいになります。 というわけで、 いくつかおすすめの下味のバリエーションをご紹介しておきますね。 カレー味 先に書いた 基本の下味にカレーパウダーをプラスするのもおすすめです。 【煮る際】• 醤油大匙2• コーラ350ml スペアリブのコーラ煮の作り方 下味を付けて2~3時間置いたスペアリブを ひたひたのコーラと少量の醤油で煮ます。 キャンプ場で煮る場合は、この前の状態 下味を付けて2~3時間置く まで下準備しておいてから持っていくとラクチンですよ。 灰汁が出てきますので、綺麗に取り除きます。 そのあと、コトコト30分程弱火で煮ます。 良い感じに煮詰まってきたら完成です。 そのまま食べても美味しいですし、バーベキューで焼いて食べても美味しいです。 炭火などで表面をバリッと焼くのもいいですが、個人的にはアルミでくるんでしっとり焼き上げた方が好みでした。 バリッと しっとり これは、コーラ煮のスペアリブに限らず、他の下味を付けたスペアリブを焼く時も同じですが、 アルミで巻いて焼いた方がしっとりと焼きあがります。 バリッと焼くかかしっとりと焼くかはお好みで。 バーベキューにぴったり!簡単柔らかスペアリブレシピまとめ これはハニーマスタード味です というわけで、 下ごしらえをすることで「スペアリブ」がとっても柔らかくなり、バーベキューで焼くだけでとても食べやすくなります。 「下ごしらえとかちょっとめんどくさいかも~!?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、下味をつけたスペアリブは 焼く前の状態で冷凍保存することも可能です。 なので、バーベキュー用と一緒に晩ごはん用にも一気に仕込んで冷凍しておくと、 日々の家事 料理 もラクチンになるのでおすすめですよ。 良ければ試してみて下さいね。

次の