作戦 名 ラグナロク。 並木学WORKS ~作戦名ラグナロク~

作戦名ラグナロク

作戦 名 ラグナロク

ハイスコアを狙うなら、ハイファイなサウンドで 『NMK ARCADE SOUND DIGITAL COLLECTION Vol. 1』 NMK開発によるアーケードゲームのBGMをデジタル録音でCD化するプロジェクト 『NMK ARCADE SOUND DIGITAL COLLECTION』が始動! 第1弾には 『作戦名ラグナロク』 1994 に加え、初のCD化となる 『ガンネイル』 1993 を収録! <収録タイトル紹介> 『ガンネイル』 1993年にNMKが開発した縦スクロールシューティング。 ライフ制を採用しており、当時のシューティングゲームとしては比較的易しい部類に入るが、残りライフが少ないほどスコアの倍率が高くなるため、スコアアタックは常に緊張感が伴う。 ベースの効いた攻撃的なサウンドも本作を特徴づける要素のひとつ。 『作戦名ラグナロク』 1994年にNMKが開発した横スクロールシューティング。 自機やショットは、複数種類の中から自由に組み合わせることが可能。 また、障害物や地形に弾を撃ち込んでもスコアが得られる独自のシステムを採用していた。 レイヴやハードコアテクノの要素を取り入れた四つ打ちサウンドは今なお高い評価を得ている。 Credit 02. Can't Wait 30sec Standby 03. Konstruktion Select, Demo 04. Shootaholic [Shockout MIX] Stage 1, 6, Staffroll 05. Termination 4 U [Lunatic MIX] Boss 06. Universe Blue [Soyuz MIX] Stage 2, 5 07. Bionic Life [Hangup MIX] Stage 3, 7 08. Asteroid Circus [Repulse MIX] Stage 4 09. Valkyrie [She likes Gabber MIX] Final Boss 10. Title, Ending 11. Dusk Game Over アナログ収録版 12. Credit 13. Can't Wait 30sec Standby 14. Konstruktion Select, Demo 15. Shootaholic [Shockout MIX] Stage 1, 6, Staffroll 16. Termination 4 U [Lunatic MIX] Boss 17. Universe Blue [Soyuz MIX] Stage 2, 5 18. Bionic Life [Hangup MIX] Stage 3, 7 19. Asteroid Circus [Repulse MIX] Stage 4 20. Valkyrie [She likes Gabber MIX] Final Boss 21. Title, Ending 22. NMK Presents 02. Title 03. Demonstration 04. Credit 05. Standby 06. Stage 1 07. Boss 1 08. Stage Clear 09. Stage 2 10. Boss 2 11. Stage 3 12. Stage 4 13. Boss 3 14. Stage 5 15. Stage 6 16. Stage 7 17. Stage 8 18. Final Boss 19. Ending 20. Name Entry 21. Game Over 22. For international customers, please click here to make your order.

次の

スイッチ版『サムライスピリッツ』などがアケアカNEOGEOシリーズとして7月20日配信

作戦 名 ラグナロク

開発元:エヌエムケイ(NMK) 発売元:エスエヌケイ(SNK) システムボード:SNK MVSシステム(NeoGeo) CPU構成[68000 12. 惑星開拓のため、 無人作業ユニットの製造・コントロールを行うこの要塞は、 その機能のほとんどが新開発の学習型マザー・コンピュータにより自動制御されていた。 しかし、ユグドラシル乗組員からの定期連絡が途絶えて数日後、兵器を積んだ改良作業ユニットが地球に攻撃を開始したのだ。 殺人兵器の製造・コントロール要塞と化してしまったユグドラシルを破壊せよ。 作戦名は「ラグナロク」。 左の画像をご覧のとおり自機がデカイので画面が狭く感じられるのはいただけないけど、難易度が抑え目で敵の配置がしっかりしているので快適に遊べます。 ボスキャラなんかもなかなか個性的なモノがそろっているもの良いね。 ネオジオのゲームの中でもかなりマイナーな部類のゲームでしょうけど侮ってはいけません。 いや、マジで面白いよこれ。 テクノ調でノリノリのBGMがVIEWPOINTに通じるセンスのよさがあって良い感じだし。 敵キャラには多間接で表現されたモノが多数登場し、二面ではトレジャーのガンスターヒーローズに出てきたような多間接人型ボスが登場し思わずニンマリ。 その他の雑魚キャラも立方体が滑らかに変化して戦闘機になったりとかなり凝っています。 グラフィック良し、BGM良し、さらにゲームバランスも良しで、今ではすっかり格闘ゲーム専用機のようなイメージになっているネオジオのゲームにしておくのは勿体無い出来です。 難しすぎないけどヌル過ぎることも無い難易度も絶妙だね。 それほど独創的なシステムを持ったゲームではないけど、ゲームバランスがしっかりしているとこれだけ面白くなる、という良い見本のゲームだと思います。

次の

作戦名ラグナロク

作戦 名 ラグナロク

ハムスターは,「作戦名ラグナロク」や「サンダードラゴン」シリーズなどで知られるゲームメーカーNMKの「ゲーム等に関する全ての権利」を取得したと本日(2017年6月29日)発表した。 取得したゲームタイトルの中には,「作戦名ラグナロク」,「サンダードラゴン」シリーズ,「はちゃめちゃファイター」,「サボテンボンバーズ」などが含まれているとされている。 ハムスターはNMKの権利を取得しました。 株式会社ハムスター(本社:東京都世田谷区、代表取締役:濱田倫)は、ゲームメーカー、ゲーム開発会社として多数の名作を輩出した株式会社NMKのゲーム等に関する全ての権利を取得いたしましたのでお知らせいたします。 この度、取得したゲームタイトルの中には、アーケードゲームで一時代を築いた「作戦名ラグナロク」、「サンダードラゴン」シリーズ、 「はちゃめちゃファイター」、「サボテンボンバーズ」なども含まれております。 またハムスターが事業化できない分野に関しましては積極的にライセンシー様を募集し、より多くの人々にNMKの作品を知っていただく機会を増やしていきたいと考えております。 NMKの作品にはビデオゲームの歴史に残る名作が数多くあります。 またNMKのゲーム作品を彩ったゲーム音楽は非常に高く評価されていました。 そのようなNMKの作品に関わった全ての関係者、クリエイターのみなさんに敬意を表して、大切にNMKのゲームコンテンツを継承していきたいと考えております。 当時のオリジナルゲームをできる限り忠実に再現することをコンセプトに開発を行っております。

次の