レイコップ rx。 【レイコップ(RAYCOP RX )】とは?使い方・口コミ・評判

【レイコップ(RAYCOP RX )】とは?使い方・口コミ・評判

レイコップ rx

気温も湿度も高くなるこれからの季節はダニが発生しやすくなるため、これまで以上に寝具のケアが重要となります。 昔ながらの天日干しを行うという手もありますが、花粉やPM2. 5の付着が気になるなら布団クリーナーを使うのも賢い選択。 今回は、コードレスになったレイコップ「RX-100JWH」(以下、レイコップRX)を試してみます。 充電式になったことで操作性は高まる予感がしますが、ゴミの除去性能は落ちていないのかなど、レイコップRXの実力を調査! たたき効果もアップしたコードレス仕様 複数のラインアップを展開するレイコップにおいて、レイコップRXは最上位の位置付けとなります。 さらに、レイコップRXのみの機能として枕を3分間で99%除菌、90%脱臭する「まくら」モードが追加されたほか、寝具の種類を検知して吸引力を調節する「自動」モードも備えています。 しかし、レイコップRXの最大注目ポイントは、コードレス仕様となったこと。 リチウムイオンバッテリーにより、最大40時間使用できます。 馴染みある三角形デザインですが、電源コードがなくなり充電式となりました サイズは353. 3(奥行)mmで、これまでの最上位機「レイコップRP」(左)よりも3. 1〜8. 8mmコンパクト化。 また、重量はバッテリーを内蔵しながらも450g軽くなり、2. ブラシに装備された18個の突起(透明な部分)が布団に振動を与えます たたき効果を生み出すための突起は吸込口より突出しているので、きちんと布団にアプローチできそう ブラシに装備されただけの突起かと思いきや、上下に可動するようになっていました。 いっぽう、レイコップRXの高速振動は毎分45,000回。 3倍以上、たたき効果がアップしました。 また、吸込口も7cm拡大され、よりパワフルな吸引が望めそう 充電は収納も兼ねたスタンドに立てかけて実行。 バッテリー残量ゼロの状態から満充電まで約3. 5時間かかります コードレスでも吸引力は大丈夫? 従来モデルと比較 一般的な掃除機にも言えることですが、コードレスタイプは取り回しがしやすいものの、吸引力は電源コードのあるタイプよりも弱めになりがち。 そこで、これまでの最上位機であるレイコップRPとゴミの除去性能を比べてみました。 重曹をまいた敷布団の上をレイコップRP(左)とレイコップRX(右)で逆側まで1回、走行させます 写真のように、吸込口が7cm広くなったレイコップRXのほうが1回の掃除機がけでたくさんゴミを除去できることが明らかに! これまでレイコップは本体に対する吸込口の比率が小さかったので、本体幅にあわせて移動させてしまうと取り残しが発生する可能性がありました。 吸込口がサイズアップしたことにより、そういった事態も低減されそう 布団クリーナーは基本的に往復させて使うので、今度は、上の写真の状態から両機をそのまま引いてゴミの取れ具合を確かめてみました。 レイコップRXは、一往復すれば通過したエリアの重曹はほぼ完璧に取り除けました いっぽうレイコップRPは、押した時にはキレイに取れていた重曹が、わずかですが、引きの動作で再び布団に付着してしまいました。 何往復かすれば完全に除去できましたが、レイコップRXのほうが除去効率は高いような気がします。 たたき部分と吸込口が同じ位置にあるからかも!? 普段使っている布団を掃除してみよう! 充電式でもレベルの高いゴミ取り性能を有することを実感できたので、筆者が普段使用している綿布団を掃除機がけしてみることにしました。 なお、レイコップRXには「自動」「サイレント」「パワフル」「まくら」といった4つの運転モードが搭載されていますが、敷布団や掛け布団をキレイにしたい時は「自動」「サイレント」「パワフル」を選択します。 なかでも、寝具の通気性を2つのセンサーで検知し、吸引力とブラシの回転をコントロールしてくれる「自動」モードは秀逸。 一般的な布団の掃除なら、「自動」モードで問題ないでしょう。 「ドライエアブロー」をオンにすると、運転時間(自動モードは約13〜40分、サイレントモードは約40分、パワフルモードは約13分)は半分ほどになるので注意 今回は、「ドライエアブロー」をオフにした「自動」モードで運転してみました。 掃除機がけを始めて一番に実感したのは、コードがないって快適! ということ。 9%キャッチするHEPAフィルターを通過して放出されるので安心です 敷布団、掛け布団、毛布を掃除機がけしましたが、吸引力などを調節してくれる「自動」モードだったおかげか、いずれも同じ力加減で操作できました。 レイコップの調査によると、加齢臭に含まれるノネナールという物質をダニが好むことが明らかになっており、「まくら」モードで92. 3%除去できるということです。 ホメスタイオン(OHラジカル)と脱臭オゾン(O3)が生成され、温風とともに放出されます。 なお、「まくら」モードではブラシは回転しませんが吸引は作動。 ニオイを取るとともに、皮脂汚れなども取り除いてくれます 「まくら」モードの際は通常の運転のように動かさず、枕に置いた状態のまま放置。 約3分で運転は自動停止するようになっています 枕に付いていた頭髪臭は完全に消滅! 温風で枕が裏面までフカフカになるのも気に入りました 筆者宅の枕の付着臭はそれほど強くなかったので、知人宅で60代の男性が使っている枕を消臭してみました。 かなり強烈な加齢臭だったのですが、「まくら」モード後はニオイを感じないレベルに! これはすごい まとめ すでに従来モデル(レイコップRP)を所有している筆者ですが、コードレス仕様になったレイコップRXの扱いやすさには感動しました。 重量はわずか450g軽くなった程度ですが、電源コードがないことでこれほどまでに軽快に操作できるようになるとは……。 もちろん、電源コードを廃しただけでなく、細かい設計が見直されているとは思いますが、この使い勝手のよさはレイコップ史上最高だと言えます。 それでいて、ゴミの取れ具合も上々。 使いやすくて、性能もいいとなれば文句はありません。 2017年3月27日時点の価格. com最安価格によると、レイコップRXは約59,000円。 これまでの最上位機「レイコップRP」の最安価格が約50,000円であることを考えると、レイコップRXを選んで損はないでしょう。 ただし、バッテリーには寿命があるので買い替えのコストはかかることも忘れないでください。 レイコップRXに採用されているのは高性能なリチウムイオン電池なので、継ぎ足し充電による劣化にも強く、使用頻度にもよりますが1〜2年で使えなくなるということはないと思われますが、バッテリーを交換する際にはメーカーに本体ごと送らねばなりません。 製品の保障期間(1年)を過ぎた場合、バッテリー(10,000円+税)にくわえ、交換の作業料、送料が発生します。 これらのことも総合して、選ぶようにしましょう。

次の

レイコップ|RAYCOP RX

レイコップ rx

POINT 4 - UV確認ライト UVランプ 紫外線 が正常に作動するとライトが青く点灯します。 (UVランプは、直接目や皮膚に当てないでください。 電池は消耗品です。 電池交換の際はお客様サポートセンターへご相談ください。 POINT 1 - マイクロフィルター HEPAフィルター搭載で0. 9%集塵します。 POINT 2 - 抗菌加工 衛生面には徹底的にこだわり、ふとんに触れる底面、収納台との接地面には抗菌加工を施しています。 POINT 5 - UVランプ 16Wの紫外線(UV-C)を至近距離からふとんに照射することで、ダニの動きを抑制し、99. 9%除菌・ウイルス除去。 ふとんを清潔にします。 POINT 6 - 吸引(デジタルモーター) ふとんに吸いつかない絶妙な吸引力で、ハウスダストをしっかり除去します。 POINT 7 - アクティブパンチブラシ 18個のたたきで1分間に45,000回可動し、ふとんのハウスダストをたたき出します。 寝具をいためずに、取りにくい髪の毛やペットの毛までからめ取ります。 POINT 8 - 対象感知センサー ふとんを感知し、UVランプが自動的に点灯・消灯する安全装置です。 お子さまを想う皆さんのために、 毎日の清潔と安心を守ります。 赤ちゃんや小さな子どもはまだ免疫力が低く、睡眠中に体温が下がるとさらに低下します。 また毎晩過ごすふとんは、アレルギーの原因のひとつと言われるダニがもっとも繁殖しやすい環境でもあります。 そのため、睡眠環境を清潔に整えることは、健康を守るための重要な予防手段になります。 レイコップのふとんクリーナーは99. 9%除菌・ウイルス除去。 睡眠環境をしっかり清潔に整えます。 底面には抗菌加工を施しているため、毎日使っても衛生的。 いつでも安心・安全にお使いいただけます。 レイコップのふとんクリーナーは、あなたと、あなたの大切な家族の睡眠環境を守ります。

次の

【2020最新版】レイコップ布団クリーナー比較まとめ!おすすめはどれ?PRO/RX/RP/RS2/RN/LITEの価格の違い

レイコップ rx

ふとんクリーナーを使ったことがない人によく質問されるのが「掃除機とふとんクリーナーはどう違うの?」という疑問です。 ふとんクリーナーの大きな特徴は、布団を掃除しやすいようにコンパクトなサイズになっていること。 もうひとつは、布団の表面を「叩く」ことで、布団についたゴミを叩きだす機能を持っている点です。 また一般の掃除機と違って、薄い布団カバーがヘッドに吸い付きにくい構造になっているのも特徴です。 さて、そんなふとんクリーナーの元祖といえば「レイコップ」ですね。 レイコップは上記の機能のほか、「UVランプによる除菌機能」など、ふとんクリーナーならではの機能を搭載した人気シリーズです。 そんなレイコップが2月23日から新モデル「レイコップ RX(RX-100JWH)」(以下、RX。 価格は税込6万9660円)を発売。 最新のふとんクリーナーはどう進化しているのか、実際に試してみることにしました。 本体サイズは幅353. 3mm、重さは2. 布団のゴミをかきだすブラシのほか、16Wの紫外線(UV-C)で、99. 寝具を傷めずに髪の毛などをからめとるブラシのほか、小さな透明樹脂の突起で1分間に4万5000回ふとんのハウスダストをたたき出します シリーズ初のコードレス化が極めて便利 RXは従来までのレイコップと比較してさまざまな点が進化しています。 そのなかでも筆者が特に気に入ったのが「コードレス化」と「まくらモード」の搭載です。 ふとんクリーナーや布団乾燥機など、ダニ対策家電を使用する上で一番重要なポイントは定期的に使用すること。 しかし、毎日仕事や家事で忙しい人にとって「収納場所から本体をベッドまで持ってくる」「電源コードをつなげて準備する」というのは意外に面倒な作業です。 しかも、ベッドが何台もあると、これらの作業を一日に何度も繰り返さねばいけません。 その点、RXはレイコップシリーズとして初めてコードレス化。 しかも、本体を充電台にセットしたデザインが未来的でなかなかスタイリッシュ。 そのため、ベッドのサイドテーブルに置いても違和感ありません。 枕元にセットしておけば、寝る前や起きたときにササッと手に取って使えて便利です。 しかも、コードがないので使用中に絡まるなどの煩わしさもなく、コンセントを挿したり外したりといった手間がないので、別の部屋のベッドを掃除するのもカンタンです。 筆者がシングルベッドをじっくりと掃除したところ、だいたいベッド一台で5分もあればOK。 最大パワーで運転しても2台は余裕で掃除できそうです。 ちなみに、布団の材質にあわせてパワーを自動で調整する「自動モード」を使用すると、筆者宅では一度に4台ぶんのベッドが掃除できました。 重い……けれどその重さにはワケがある! さて、ここからは実際の使い勝手などを検証していきましょう。 最初にRXを持った感想は「意外と重い…」ということ。 見た目はかなりコンパクトなのですが、手に持つと2. 95kgあり、ズッシリと重さを感じます。 ただし、実際に使ってみるとこの「重さ」が意外に重要なことがわかってきました。 たとえば、軽い掃除機ヘッドで布団を掃除しようとすると、布団にヘッドを密着させるためにヘッドを押しつけるように動かす必要があります。 その点、RXは自重で布団に沈み込むため、掃除時にクリーナーをぎゅっと布団に押しつける必要がなく、長時間掃除しても疲れにくかったです。 なので動かすときは「前に進める」ことを意識するだけ。 数台のベッドを掃除してもあまり疲れません 「自動モード」の力加減が絶妙でスイスイ進む また、掃除のときに便利だと感じたのが新搭載された「自動モード」。 レイコップは布団専用クリーナーなので、最大吸引力の「パワフルモード」でもほとんど布団カバーを吸い込むことはありません。 とはいえ、たるんでシワの多い掛け布団などでは、たまに引っかかるように感じることがあります。 ところが、自動モードにすると、寝具の通気性から「最適なパワー」で吸引力などをコントロール。 このため、クリーナーが引っかかりやすい、シワあるエリアもスイスイと掃除できました。 「運転しやすい」パワーに調整してくれました 前日掃除したのにフィルターにはナゾの粉が もちろん、クリーナーだけありゴミもしっかりと捕集します。 前日掃除した敷き布団を掃除したところ、なんと黒いフィルターにびっしりと謎の白い粉状ゴミがとれました。 ちなみに、これは「敷き布団」エリアのみを掃除したフィルター。 掛け布団の表裏も掃除したら、いったいどれだけのゴミが出るのがゾッとします。 こんなに汚れた布団に寝ていたとは恐ろしい…… また、面白いのが本体上部の円形の透明窓からフィルターの状態が見られることです。 掃除をしながら「そろそろフィルターがゴミで詰まりそう」といった様子が見られます。 フィルター掃除の目安にもなりますし、なによりゴミがどんどん溜まる様子は、掃除をしていて楽しくなります。 ただし、唯一気になったのがゴミ捨てです。 フィルターは基本的に「水のなかで洗う仕様」のため、ゴミ箱の上で軽く振ったくらいではゴミが落ちません。 洗った後は完全に乾燥させる必要があるため、この点は少々面倒でした。 反面、水のなかで洗うのでフィルターがいつでも清潔に保てるのがメリット。 ゴミ捨て時に細かなホコリが舞い上がらないという利点もあります。 10年使ったまくらで脱臭効果を試してみたら…… 今回、個人的に非常に気になっていたのが「まくらモード」です。 布団の場合、寝巻を着ていれば素肌が触れる部位は少ないのですが、まくらは肌が直接触れる部分だけに、特に汚れがたまりやすいエリア。 そのケアを行うため、RXに新たに追加されたのが「まくらモード」。 まくらの湿気を取り除き、除菌と脱臭を行います。 使い方は、まくらの上にRXを置いて3分間放置するだけ。 本体を前後に動かす必要がなく、電源も自動で切れるので手軽に使えます。 さらに、ホメスタイオン(OHラジカル)と脱臭オゾン(O3)を放出させることで細菌を除菌して臭いのもとを取り除くとのこと。 どちらも目に見える効果ではありませんが、OHラジカルといえば高機能空気清浄機に搭載されることも多く、除菌などに効果的。 また、オゾンは脱臭機能として利用されているため、効果が期待できます。 ちなみに、このモードはまくらの「加齢臭」も脱臭するそう。 しかも、同社によると、加齢臭は不快な臭いであるだけでなく「ダニは加齢臭に寄ってくる」という実験結果もあるのだとか。 そこで、試しに我が家で約10年使用している枕の臭いを臭気計で計測してみました。 その結果、室内空気の臭気数値が「0」の時にまくらの臭いは「100」前後。 そして、まくらモード運転後にもう一度臭気を計測すると「40~45」に臭いのレベルが下降していました。 さすがに10年以上使用しているので、0にはなりませんでしたが、半分以下になるなら十分すぎる結果です。 まくらの下の布団まで暖まっているのがわかります 「ドライエアブロー」で布団がホカホカ快適に RXでは、本体にある「DRY AIR BLOW」ボタンを押すだけで、通常の掃除のときも温風とホメスタイオン、脱臭オゾンを放出させることができます。 温風を吹き出す「ドライエアブロー」は、汗などでしっとり湿りがちな布団を、カラッと乾燥させるためにあるとのこと。 さらにこの機能は、冬に冷たくなった布団を暖めるのにも大活躍しました。 さらにニオイや湿気など「布団ならでは」の問題解決を追求した製品です。 正直に言うと、本製品を使う前までは「これ以上家電を増やしたくないから、普通の掃除機で吸えばいいのでは?」と考えていました、ですが、一度RXを使用するとやはり「布団専用機」はまったく別物だと感じます。 常にベッドの横に置いておけるうえ、コードレスなので毎日の布団掃除が面倒に感じません。 「布団を干すのが面倒」「花粉症で布団を干せない」「アレルギーを予防したい」といった人に、ぜひ一度使って欲しい製品だと感じました。

次の