あんぱん 作り方 ホームベーカリー。 あん食のホームベーカリーでのレシピと作り方 食パンコースで焼ける

4歳児とお菓子作り~ホームベーカリーであんぱんを作りました

あんぱん 作り方 ホームベーカリー

初めて自宅でパン作りをしようと思っているけど、どうやって始めればいいのかが分からない。 パン作りに必要な道具や材料を知りたい。 今回は、このようなパン作りの始め方を知りたい方に向けて解説をさせて頂きます。 初めての方は、自宅でパンを作ろうと思うと、パン屋さんなどのように用意するものが多いと考えがちでは無いですか? もちろん、道具が揃っている方がパン作りは効率的に作ることが出来ますが、最低限の道具と材料があれば簡単に美味しいパンを自宅で作ることが出来ます。 そこで、自宅で初めてパン作りを始める方向けに、以下の内容で解説をしていきたいと思います。 パン作りの始め方• パンの基本的な作り方• 便利なホームベーカリー 私は自宅でパンを作り始めて約5年が経ちました。 今でも毎週2回はパンを作っていますので、パン作りの始め方や基本的な部分はお任せください。 パン作りの始め方 まずはパン作りの始め方を解説させて頂きます。 道具や材料を揃える 初めに、パン作りに必要な道具や材料を揃える必要があります。 道具はたくさんあれば、その分楽にパン作りを行うことが出来るのですが、いきなり最初に全てを揃える必要はありません。 ここでは、 最低限必要となる道具や材料を解説していきます。 最低限必要な道具 まず道具からですが、ご自宅にあるものも多いと思いますので、この中で無いものだけ準備をしていきましょう。 ご存知の通り、パン生地を焼き上げるために必要な道具になります。 と言っても、もちろんパン屋さんのような大きなオーブンは要りません。 家庭でよく使われることが多いのは、オーブンレンジと呼ばれるもので、焼く機能だけでなく発酵機能も付いているので、パン作りにはおすすめです。 オーブンレンジは色んなメーカーから発売されていますが、価格で選ぶならアイリスオーヤマの商品は低価格ながら評価も良い商品です。 またパン生地を作る際は温度調整が重要になってきますが、水はその調整がしやすい材料とも言えます。 ざっと最低限必要な道具や材料を挙げてみましたが、 「それ、家にあるよ!」 って方も多かったのでは無いでしょうか? 初めは必要なものだけ買って、まずはパンを作るという楽しみを感じていきましょう。 段々慣れてきたら、素材をこだわってみたり、道具の質を増やしてみたりとチャレンジしていけば良いと思います。 どんなパンを作りたいか考える 道具や材料が準備出来たら、次にどんなパンを作りたいか考えていきましょう。 パンと一言で言っても、様々なパンの種類があります。 ロールパン、食パン、あんぱん、デニッシュパン・・・ などなど、どんなパンを作りたいかを考えていきましょう。 ただ作るパンによって難易度も大きく変わりますので、ここでは初心者の方におすすめのパンを解説いたします。 しっかりとこねてふわふわの食感にするのが、美味しくさせるコツになります。 反対にこねる時間が足りないとボリュームが無いパンになってしまいます。 パン作りを簡単にできるホームベーカリー 自宅でパン作りと言えば、ホームベーカリーが流行っていますよね。 ここまでパン作りに必要な道具や材料、そしてパンの作り方を解説してきましたが、実はホームベーカリーを使うととっても簡単にパン作りが出来てしまいます。 そこでここからは、パン作りをより便利に出来るホームベーカリーについて解説いたします。 食パンなら材料だけで作れる ホームベーカリーの良いところは、その機械だけで焼くことが出来ますので、オーブンが必要ありません。 初心者におすすめとお伝えしていた食パンに関しては、手ごねで作っていく場合は食パンの型もオーブンも必要になります。 ホームベーカリーはすでに食パンの形になっていますので、材料を入れてワンボタンで食パンを焼き上げるまで作ることが出来ます。 特に朝食やご家庭では食パンを食べる方も多いと思いますが、ホームベーカリーがあればもう食パンを買う必要は無く、焼きたてのパンを楽しむことが出来ます。 成形が異なるパンも楽に作れる 食パンはワンボタンで作ることが出来ましたが、他のパンはどうなのでしょうか? 実はホームベーカリーは食パンだけでなく、他の色んなパンも作れるように設計されています。 これはホームベーカリーの機種にもよりますが、最近販売されているホームベーカリーは一次発酵の工程まで自動で行って、ガス抜き以降は自分で行うということが出来ます。 そのため、生地作りはホームベーカリーに任せて、成形で自分好みのパンにして作り上げていくことが出来ます。 ホームベーカリーがあると、食パン以外のパン作りでも作業が減るし、洗う道具もぐっと減りますので、とてもストレス無く簡単に作ることが出来るようになります。 初めてのホームベーカリーはシロカがおすすめ ホームベーカリーは様々なメーカーから発売されています。 それぞれのメーカーによって特徴は異なってきます。 例えば、パナソニックのホームベーカリーは温度センサー付きでどの季節でも安定したパン作りが出来たり、タイガーのホームベーカリーだとIHで高火力なのでパンの耳までかりっと美味しく焼き上げることが出来たりします。 その中で初心者の方におすすめのホームベーカリーは、 シロカのSHB-712という商品です。 シロカは国産メーカーなのですが、かなりお値打ち価格なのに機能も充実しているホームベーカリーを作っています。 SHB-712は、2斤の食パンまで作ることが出来ますし、マナーモードと呼ばれる焼き上がったことを知らせる音を消すことが出来るので、夜中の寝てる間にパンを自動で作ってもらって朝起きて焼きたてのパンを食べることが出来ます。 またパンだけでなくそばやうどん、ヨーグルトまで作れて、価格も12,000円前後ですから、初めて自宅でパンを作るならSHB-712がおすすめです。

次の

全粒粉パンはホームベーカリーで作るのがおすすめ

あんぱん 作り方 ホームベーカリー

・ ・ ・ 生地を作ります。 捏ね、発酵2回、分割、ベンチタイムまでと同じです。 ベンチタイムが終わったら、両面を軽く叩いてガス抜きをし、餡子が包めるくらいの大きさの円形に、生地を伸ばします。 餡子を中心に置きます。 餡子を包むように、生地を中央に集め閉じます。 綴じ目はしっかりと閉じます。 クッキングシートの上に乗せ、軽く押して少し潰します。 スチーム機能が無い場合は、生地に触れないように、固く絞った布巾を被せて発酵させます。 最終発酵が終わったら、生地で使った卵の残りを表面に塗り、真ん中にケシの実を少量振りかけます。 ケシの実が無い場合は、胡麻でもいいと思います。 完成 あんぱんの完成です。

次の

全粒粉パンはホームベーカリーで作るのがおすすめ

あんぱん 作り方 ホームベーカリー

・ ・ ・ 生地を作ります。 捏ね、発酵2回、分割、ベンチタイムまでと同じです。 ベンチタイムが終わったら、両面を軽く叩いてガス抜きをし、餡子が包めるくらいの大きさの円形に、生地を伸ばします。 餡子を中心に置きます。 餡子を包むように、生地を中央に集め閉じます。 綴じ目はしっかりと閉じます。 クッキングシートの上に乗せ、軽く押して少し潰します。 スチーム機能が無い場合は、生地に触れないように、固く絞った布巾を被せて発酵させます。 最終発酵が終わったら、生地で使った卵の残りを表面に塗り、真ん中にケシの実を少量振りかけます。 ケシの実が無い場合は、胡麻でもいいと思います。 完成 あんぱんの完成です。

次の