絶対 可憐 チルドレン ネタバレ。 絶対可憐チルドレンの最新話『547話』のネタバレと感想、考察まとめ!週刊少年サンデー34号

絶対可憐チルドレン (アニメ)

絶対 可憐 チルドレン ネタバレ

絶対可憐チルドレン【557話】「フラッシュバック・メモリー 4 」のネタバレ 前回のあらすじ ・皆本の精神の中に植え付けられたギリアムのトラップに引っ掛かり絶体絶命の悠理! ・薫は悠理からのSOSにより正気に戻り、皆本の深層心理の一端に気づき、ドロシーを巻き込み5人でのブーストを敢行し、皆本の精神世界へ突入することに成功するのであった。 実況終了・試合終了 薫がドロシーを巻き込む形で5人でのブーストを行い、試合の形式は完全に崩れ去り、兵部はアンディとユウギリを呼び戻した。 ユウギリの力でユーリクローンを制圧し、命令を下せるようにしたのだった。 ウィザード本部の賢木からも連絡が入り、皆本の命令が入らなくなり、不安定になっているユーリクローンと幹部構成員だった。 皆本の精神世界 皆本の精神世界での薫に兵部から、全員の身柄の安全を確保したとテレパシーが入る。 紫穂と葵が薫に力を託すことを伝え、悠理ももちろんそのつもりだがその前に・・・ ギリアムコピーに対し、 スケバンのような態度でつかみかかり、消滅させるのだった・・・ ドロシーがその中で実体化し、皆本が対話をしようとしたとき、皆本のイメージが突如 結晶のように変化し 精神のガードが固くなったのだった。 薫は 皆本がここへ呼んだのだから、突破口も用意しているはずと考えた。 ドロシーにヒントを尋ねるが一向に思いつかないドロシーは 急に服を脱ぎ始め、踊ろうとし始めた!皆本に読んでもらった絵本の中に「天岩戸」の話があったのだ。 こんだけ女子を育てている皆本が女子の裸が嫌いなわけがないという暴論を吐くが 皆本のガードはより硬くなるのだった! じゃあ、男子の裸ならいいのとドロシーは喚く。 その姿を見て、葵と紫穂はドロシーに対し、 昔の薫みたいな子だなぁ・・・という感想を漏らす もう一人の薫 ドロシーが昔の自分みたいだと言われることに猛烈に反発する薫だったが、そこで時間軸の違うもう一人の自分の存在に気づく。 皆本の精神世界の撃たれて倒れている 「破壊の女王 明石 薫」の存在に・・・ みんなと相談し、精神世界なので生き返らせることが出来るかもしれないがブーストを使い切ってしまうかもしれない・・・ しかし、チルドレンたちは一縷の望みを賭けて、破壊の女王の蘇生を試みるのだった。 今まで自分一人だけ、他の三人とは違うよみたいな感じに振舞ってきたのに、今回そんなことなかった事が判明いたしました。 応援してたバベルの面々は今何してるんでしょうか? まとめ 絶対可憐チルドレン【557話】「フラッシュバック・メモリー 4 」ネタバレや感想! いかがでしたでしょうか?楽しんでもらたら嬉しいです! 少し前までは 【漫画村】などで漫画が無料で読めましたが今は著作権の問題で閉鎖されて見れなくなってしまっています。

次の

絶対可憐チルドレンの最新話『547話』のネタバレと感想、考察まとめ!週刊少年サンデー34号

絶対 可憐 チルドレン ネタバレ

NEWS• ストーリー &キャラクター エスパーがあらゆる分野で活躍するようになった時代。 超能力者の中でも最強超度[レベル]7のエスパー、薫・葵・紫穂の3名は、特務エスパー「ザ・チルドレン」として幼少時より超能力支援研究所「バベル」に所属。 高校生になり、同じく超度7のヒュプノ・悠理もチームに加え、災害救助や犯罪捜査といった任務に奮闘していた。 そんな[ザ・チルドレン]と対立し、エスパーを商品として扱い搾取する組織が「黒い幽霊(ブラック・ファントム)」。 ギリアムを首領とするこの組織の攻撃により、多くのエスパーたちが汚染され、「黒い幽霊」の手駒とされてしまう。 「ザ・チルドレン」の運用主任である皆本も賢木と共にギリアムによって拘束される。 窮地に陥ったザ・チルドレンだったが、同じく「黒い幽霊」と敵対する「パンドラ」と合流し、黒い幽霊から仲間を救う戦いを繰り広げる。 しかしさらなるギリアムの策略が…!? エスパーと普通人(ノーマル)、両者の溝が広がっていく世界を救うため戦い続ける、ザ・チルドレンのSFアクションコメディー大作、最終章!!

次の

絶対可憐チルドレン【557話】「フラッシュバック・メモリー(4)」のネタバレや感想!|漫画X

絶対 可憐 チルドレン ネタバレ

カテゴリー• CLOSE スポンサーリンク 絶対可憐チルドレン541話までのあらすじ 黒の幽霊から仲間を救う戦いは、敵ネットワークを乗っ取ったことで形勢逆転!幽閉されていた皆本一行の救出もあとわずか…という所でギリアムの策略が!!奴の仕向けたエスパー少女・ドロシーを育てて未来を変えることに駆られた皆本は旅立ち、新たな組織を作り始める… 絶対可憐チルドレン541話「黄色いレンガの道 2 」のネタバレ 柏木の仕事 「秘密基地の完成までもうすぐーーーまずいわね。 「私の手腕で秘密組織『ウィザード』をすみやかに軌道に乗せ、地球上で最強の超能戦力を作り上げてみせるわっ!!」 と目を輝かせ意気込むのだった。 ドロシーの超能力テスト 柏木の様子を監視カメラで確認する皆本。 その様子から、油断するわけにはいかないが…スパイでも貴重な戦力だ、と 当面仕事を任せても大丈夫だと判断する。 「こっちの準備はできたぜ」 と賢木から呼びかけられる。 今からドロシーの超能力テストを始めるのだ。 用意はいいか、という皆本の問いかけにドロシーは、 「始めてくれ。 …もとい、始めて皆本!」 そう答えると、テストが開始された。 」 ドロシーの言うとおり、検査表の固定は甘く外れてしまうのだった。 皆本の考え すべての工程をおえ、テストは終了する。 完璧なドロシーに皆本は「よくやった!」と褒め、少し休んだら医学検査だと伝えるのだった。 ドロシーのテストを見て賢木は、 もともとの合成能力を純粋要素に分離して使いこなし、その全部が超度7に達していることに驚きをみせ、 「ギリアムの強化人間は全部がこうなのか…?」 と皆本に問いかける。 皆本は、黒の幽霊ではまだドロシーほどの能力開発は無理だろうな…短時間でこの仕上がりなのは強化された脳のため、早く成長するために学習能力が桁外れーーーー… それにドロシー自身が頑張っているのだと話した。 皆本の一連の行動に、賢木は 「お前の意思なのか?」とギリアムの暗示で皆本の思考にバイアスがかかっているのを少し疑いをみせる。 「賢木、僕は… チルドレンが10歳の時、彼女たちが世界の破滅に関わるという予知を知った。 以来ずっとそれを覆そうとしてきたんだ。 しかしーーーー あの未来はまだ消えてはいない。 わかるんだ。 ギリアムがそう思い込ませたからではなく、僕はずっとそれを感じていたんだ。 奴はそれを刺激したに過ぎない。 この状況を僕は自分の意志で利用しようと決めた。 バイアスがかかっているとしても、全ては僕自身の選択だ。 」 そう話す皆本に賢木は、 こりゃ……思ったよりずっとマズいな。 と危機感を覚えるのであった。

次の