ナルト 陰陽遁。 NARUTO

ナルトについて風の性質変化の修行のとき、陰と陽の性質変化はまた今度っ...

ナルト 陰陽遁

初代火影 千手柱間 千手柱間は初代火影であり、木の葉隠れの里の創設者でもあります。 六道仙人の血筋で、ナルトの一世代前の大筒木アシュラの転生者です。 長い黒髪が特徴で非常に人望に厚く慕われています。 千手柱間は「森の千手一族」の長であり、「最強の忍」や「忍の神」とも言われています。 初代火影 千手柱間の能力 初代火影である千手柱間は木遁忍術を得意としており、うちはマダラとも互角以上に戦う実力があります。 また、仙術チャクラも操ることに長けていて尾獣も自在に操るなどまさしく最強の忍の1人と言えるでしょう。 第4次忍界大戦では穢土転生の術によってよみがえり、再びうちはマダラと戦っているなど大きく貢献しました。 二代目火影 千手扉間 千手扉間は千手柱間の弟であり、弟子に三代目火影となる猿飛ヒルゼンや志村ダンゾウを持ちます。 グレーのツンツンとはねた髪型が特徴であり、幼いころから忍の才能に恵まれていました。 性格はルールや規則に厳しく、里の平和を守るためにあえてうちは一族を隔離するなど役職をつけながらも差別していました。 二代目火影 千手扉間の能力 二代目火影である千手扉間は火遁や水遁、土遁、雷遁、風遁の五形態の属性を全て使い分け陰陽遁の忍術もマスターした忍の天才です。 さらに時空間忍術に長けていたため非常に素早い攻撃で敵を倒すことができます。 中でも、水遁系の術を良く使い、水がない所でも大量の水を出現させるなどの高レベル水遁忍術を作中で使っています。 三代目火影 猿飛ヒルゼン 猿飛ヒルゼンは三代目火影であり、一度四代目火影に火影の座を譲った後ももう一度火影になった人物です。 享年で言うと一番長く生きた火影であり、腰が曲がっており、しわの多いおじいさんといった風貌です。 性格は非常に優しく里の人々すべてを家族だと想い、守っています。 木ノ葉に存在する全ての術を使いこなせたことから「教授(プロフェッサー)」と呼ばれていました。 三代目火影猿飛ヒルゼンの能力 三代目火影である猿飛ヒルゼンは木の葉の里にある術を全て使用できていましたが、年と共に体力が落ちています。 また影分身の術は3人以上になるとチャクラが分散されて逆に弱くなることから控える描写もあります。 屍鬼封尽という封印術も使うことができ、これによって木の葉崩しをしようとした大蛇丸の腕を封印して死亡しています。 四代目火影 波風ミナト 波風ミナトは四代目火影であり、ナルトの父親です。 ナルトと同じ金髪と優しい顔立ちが特徴です。 性格は非常に穏やかで優しく里の人々や自分の妻、子供に対しても愛情深い一面があります。 木ノ葉の中でもかつて無いほどの才能の持ち主であり火影や三忍の自来也にも一目置かれていました。 自来也は師匠にもあたり、修行をつけてもらっています。 四代目火影 波風ミナトの能力 四代目火影である波風ミナトは瞬身の術が非常に得意であり、素早さが全忍中でもトップクラスの実力を持っています。 このことから敵からは木ノ葉の黄色い閃光という異名で呼ばれています。 五代目火影 綱手 綱手は五代目火影であり、初代火影である千手柱間の孫でもあります。 自来也や大蛇丸同様、木ノ葉の伝説の三忍と呼ばれる一人であり年は50を超えています。 しかし自分の医療忍術によって見た目を変えており、20代後半の頃の見た目を保っています。 木ノ葉歴代最高の医療スペシャリストでもあり、フォーマンセルに一人医療忍者を組み込むスタイルを確立した人物でもあります。 五代目火影綱手の能力 五代目火影である綱手はチャクラコントロールに優れており、その精密なチャクラコントロールによって繰り出される体術は凄まじい威力を秘めています。 さらに額には常時大量の「白毫のチャクラ」を溜めているため発動すれば再生忍術『創造再生』によって致命傷になる傷を治したり、他の者も治癒するなどの凄まじい医療忍術が使用できます。 六代目火影はたけカカシ はたけカカシは六代目火影になった人物であり木ノ葉の白い牙と言われたはたけサクモの息子です。 普段は木の葉の額で左目を隠しており、口元もマスクで隠している忍です。 四代目火影である波風ミナトの教え子にあたり6歳で中忍になるなど忍の才能を幼いころから見せています。 同じ班だったうちはオビトに写輪眼をもらいその写輪眼で多くの術をコピーしたことからコピー忍者のカカシという異名があります。 六代目火影はたけカカシの能力 六代目火影であるはたけカカシは写輪眼を使ってこれまで1000種類以上の技をコピーしており、ビンゴブックにも載っています。 万華鏡写輪眼を開眼しており、見た物をある時空に消し飛ばすことができる「神威」をという術も使用可能です。 雷遁の中でも強力な術である雷切を唯一のオリジナル技として使っています。 はたけカカシの火影時代 作中では、はたけカカシが火影だったころは描かれていません。 おそらく第4次忍界大戦を終えてまもなくに火影に任命されたものと思われ、世界が平和になってきたため大きな争いもなかったと考えられます。 そしてその後は引退して教え子であるうずまきナルトに火影を任命しています。 七代目火影うずまきナルト うずまきナルトは本作の主人公にあたり七代目火影になった人物です。 金髪のはねた髪型とほっぺのひげのようなマークが特徴です。 性格は非常に負けず嫌いかつお調子者で子供の頃はいたずらばかりしていましたが、後に多くの人に認められるように努力しています。 また幼少期に両親を失っているので孤独のつらさを知っている人物でもあります。 うずまきナルトの正体 六代目火影であるうずまきナルトは六道仙人である大筒木ハゴロモの次男、大筒木アシュラが転生した人物です。 また九尾の人柱力でもあり体に九尾を宿しています。 そのためチャクラの量は全忍の中でもトップクラスで多重影分身によって何十人、何百人にも分身することが可能です。 六道仙人の技や尾獣全てのチャクラを使いこなせ仙人モードなど修行によってさまざまな形態を使い分けて戦います。 うずまきナルトの主な術 うずまきなるとは父親である波風ミナトが作った螺旋丸という忍術をよく使い、多重影分身の術で陽動をかけるスタイルを得意としています。 さらに九尾の人柱力でもあることから尾獣玉などの強力な技も多く扱うことができます。 志村ダンゾウ 志村ダンゾウは五代目火影が木の葉の里を守って倒れた時に臨時で少しの間だけ火影の座についた人物です。 かつての猿飛ヒルゼンのライバルであり、二代目火影の弟子にあたります。 木の葉の里を影で支える「根」と呼ばれる組織の首謀者であり、強硬手段もいとわない冷徹な性格をしています。 志村ダンゾウの能力 志村ダンゾウは大蛇丸にもらった写輪眼を腕にいくつもつけています。 本来ならば写輪眼を使うことができませんが、初代火影の細胞と一緒に埋め込むことで無理矢理適応させて使っておりイザナギを使っています。 イザナギを使うことで自分に不利になる事実をなくすことができるという強力な忍ですがうちはサスケによって殺されています。 まとめ 今回はNARUTOに登場する歴代の火影について紹介しました。 歴代の火影はそれぞれ強力な忍ばかりで、その忍によって特徴も大きく異なります。 歴代の火影を見れば木の葉隠れの里はどのような変化をたどってきたのかもわかりやすいので、現在連載しているBORUTOを読む前におさらいしてみてはどうでしょうか。

次の

五行封印

ナルト 陰陽遁

第七班 うずまきナルト いわずもがなの主人公。 体に 尾獣の一体・九尾の妖狐を宿している人柱力で、原作最終話の時点でカカシの後任として 七代目火影に就任しました。 ナルトは、物語開始当初は火の国中の嫌われ者になっていましたが、火影になるんだという強い意志で成長して七代目火影まで上り詰めました。 悲しい別れ、サスケとのこと、世界にまで発展した戦争を終結するために奮闘している姿に自分もこのままではいけないと思わせてくれたキャラでした。 サクラと結ばれるかと思っていましたがヒナタと幸せを築けて良かった!! うちはサスケ ナルトの親友でありライバルで、 うちは一族の末裔。 第二部からは抜け忍となってナルト達と一度は敵対しましたが、第四次忍界大戦にて復帰しました。 色々あったからこそ 第七班のスリーマンセルが叶った時は一際嬉しかった。 大蛇丸の策略、お兄さんのイタチとのこと、うちは一族は本当色々伏線だらけで色々なストーリーがでてきました。 次世代では、サクラと結ばれて娘が出来ています。 あんなにアカデミーの頃から一途に想っているサクラと結ばれたのは、本当の愛を知れたんだなと嬉しくなりました。 春野サクラ メインヒロインで、 第七班の紅一点です。 サスケが木の葉から抜けて、ナルトはサスケを取り戻すために強くなるナルトを見守り自分の非力さに綱手に弟子入りして 後ろからではなく2人に並べる強さを手に入れたサクラ。 アカデミーの頃から 一途にサスケのことを想い、サスケが抜け忍になった後もナルトに乗り換えたのかと思いましたが一途に想い続けて・・・次世代で結ばれたのがわかり親心で嬉しくなりました。 サイ 第二部から登場して、暗部養成機関「根」に所属。 筆で書いたものを具現化することができる能力を持っています。 サイは、サスケが抜けた後に入ってきました。 最初の頃はそこはサスケの位置なのにと思っていましたが、いつの間にかいるのが当たり前になっていた重要キャラでした。 はたけカカシ 第七班の教官で、異名は「 写輪眼のカカシ」「 コピー忍者」。 カカシは、5歳で下忍、6歳で中忍、12歳で上忍になった「木ノ葉隠れ」きっての 天才忍者で、若くして暗部に所属していたこともあります。 そして、 六代目火影として第四次忍界大戦終結から一年後に就任しました。 ヤマト 第二部から登場した暗部の隊員で、カカシが疲労により任務に参加できなくなったときに暗部の中から選抜されてきました。 五代目火影の綱手からは「三代目在任の時からの暗部の一番の使い手」といわれています。 第十班 山中いの アスマ班の紅一点にしてサクラの親友兼ライバル。 ちなみに、シカマル・いの・チョウジ(通称 猪鹿蝶トリオ)は、親の代から親交があって3人共下忍の頃から、それぞれの父親から受け継いだ お揃いのピアスをつけています。 中忍昇格後はアスマから新たなピアスをもらっていて、それぞれの子供が忍になった時にそれを託すことになっています。 奈良シカマル 「 めんどくせ〜」が口癖で、常にやる気のなさを丸出しにしてるのですが、実は IQ200を超える戦略家というチート的存在。 よくつるんでいたナルトに言わせれば「 いつも文句ばかりのやる気ナシ男。 グチタレオバカ」とのこと。 秋道チョウジ 秋道一族の ポッチャリ系忍者で、シカマルの大親友。 普段は仲間思いのおっとりした性格なのに、禁句ワード「 デブ」と言われると性格が豹変します。 第八班 日向ヒナタ 紅班の紅一点で、一族に伝わる血継限界・白眼と、それを応用した体術・柔拳の使い手。 内気で引っ込み思案ではありますが、礼儀正しく心優しい性格で幼少期からナルトに好意を持っています。 ナルトと結婚して、ボルトとヒマワリの2人を産んで幸せに暮らしています。 油女シノ 蟲使いとして名を馳せる油女一族の口癖は「 なぜなら〜」という少年。 自分のチャクラを餌として与えると同時に 奇壊蟲を使う契約を結んでいます。 寡黙で冷静沈着で、少々回りくどい話し方をします。 犬塚キバ 犬と共に戦う犬塚一族の両頬の赤い逆三角形のペイントと八重歯が特徴の少年。 アカマルが相棒。 気性が荒くて、理論よりも本能で行動するワイルドな性格をしていて 口の悪いガキ大将です。 何よりも里の人たちに馬鹿にされていたころからナルトとは良き友人関係を築いていた数少ない同期です。 第三班 ロック・リー マイト・ガイの愛弟子で体術を駆使する生真面目で熱すぎるキャラ。 容姿の濃ゆさでいい印象を与えないのですが、誠実で誰にでも優しくできる爽やかな好青年です。 そして、非常に礼儀正しく、どんな人物に対しても必ず敬語で話す自称「 木ノ葉の美しき碧い野獣」。 そして、第二部の第四次忍界大戦で戦死しました。 テンテン お団子頭が特徴的なガイ班の紅一点で、たびたび無茶するリーの面倒や、ネジの修行相手をよくしています。 個性的すぎるガイ班のメンバーで唯一の 中立な存在で メンバー相互の緩衝役にもなっています。 忍具を巻物から口寄せして戦う、しっかり者で世話好きな性格をしています。 伝説の三忍 自来也 伝説の三忍の一人で、ミナトやナルトの師匠。 暁のリーダーの長門の師匠でもありました。 三代目火影・猿飛ヒルゼンの弟子で、3人の中では劣等生で、「大蛇丸を見習え」という師の苦言に反抗することもしばしばありました。 若き時代は「里の狂気」と形容されていたこともあり、色々な意味で 木ノ葉の問題児だった事が伺えます。 大蛇丸 自来也、綱手と共に「伝説の三忍」と呼ばれていて、元木ノ葉隠れの里の忍兼 音隠れの里の創設者でもあります。 その実力は忍の域を超えていて、天才として各国に名を馳せるはたけカカシですら、対峙した際はその殺気だけで自分の死をイメージさせられたほど。 三忍として忍の頂点の一人に君臨する彼であるが、うちはイタチの方が自分より強いことを認めています。 綱手 「伝説の三忍」の紅一点で、初代火影・千手柱間の初孫、そして五代目火影。 三代目・ヒルゼンの死によって火影となりました。 医療忍術のスペシャリストとして名を轟かしています。 自来也・大蛇丸とは同期で、修行時代は三代目火影・猿飛ヒルゼンに師事。 なんと、過去に自来也に交際を迫られたこともあるのですが、その時は「あり得ない」と一蹴しています。 歴代火影 千手柱間 初代火影、そして木ノ葉隠れの里の創設者の一人。 森の千手一族の長で綱手の祖父でもあります。 六道仙人の血筋で、ナルトの一世代前の大筒木アシュラの転生者。 当時、忍界において「 最強の忍」「 忍の神」と謳われ、うちはマダラをも超える人心を掌握するカリスマ性も併せ持った稀代の英雄でした。 千手扉間 二代目火影で、初代火影・柱間の弟。 そして六道仙人の血筋で、高等忍術である「 飛雷神の術」「 穢土転生」「 影分身の術」などを開発した人物。 猿飛ヒルゼン 歴代火影の中で最強と言われる三代目火影。 「 教授(プロフェッサー)」で、初代火影・柱間と二代目火影・扉間の弟子。 木ノ葉丸の祖父でアスマの父でもあります。 木ノ葉に存在する全ての術を使いこなすことが出来たとされ、「 忍の神」と謳われた天才忍者。 下忍時代の伝説の三忍(綱手、自来也、大蛇丸)の指導を担当しました。 波風ミナト 四代目火影、そして ナルトの父。 ミナトは、里の中でもかつて無いほどの才能・人望の持ち主だったと言われています。 自来也の弟子で、はたけカカシの師匠でもあります。 十数年前、木ノ葉隠れの里を壊滅状態にまで追いやった「九尾の妖狐」と戦って、息子のナルトに九尾を封印して、その代償として命を落とすこととなりました。 抜け忍 桃地再不斬 霧隠れの抜け忍。 かつての忍者学校の卒業試験で同期の生徒を皆殺しにした過去を持っています。 また、常に巨大な大刀・断刀首斬り包丁を担ぎ、口を包帯で覆っており、残忍な表情の奥に大いなる野望を持つ。 白を手下にしかみていませんでしたが、最期のシーンは感慨深かったです。 白 幼い頃に再不斬に拾われて、戦闘術を教わった彼の相棒で 雪一族の末裔。 性格は非常に温厚で雪のように静かですが、常に再不斬に忠実につき従い、再不斬に危害を加えようとする者には容赦しないところがあります。 里抜け後も追い忍時代の仮面を着けて戦うが、仮面の下の顔はナルトに 女と間違われるほどの美少年で、「サクラよりも可愛い」と評されたほど。 雨隠れの里の所属で、半蔵亡き後の同里の支配者の地位にありました。 なので、額当てに傷を入れているものの、抜け忍とはされていません。 何らかの発表は全て代役である小南によって行われていて、公には姿を現すことがなく、一部の忍には神のように崇められています。 また、「ペイン」と呼ばれている人物は全て死体を改造した操り人形で、里のどこかにいる長門がチャクラで操作しています。 小南 ペインと行動を共にする、 暁の紅一点。 冷静沈着で抑揚のない喋り方をしていて、青紫の髪に幼少時に 紙で作った花のコサージュをつけています。 戦争孤児だった幼少期に弥彦、長門と一緒に行動していたのですが、後に自来也に師事することになりました。 忍の才能と同時に優しき心も持ち合わせていて、戦闘能力は未知数ですが、実力者なことは確かで、自来也に図星をさされ言い返すことができなかったりと、幼い頃の優しさは今でも内に秘めていることを窺えます。 うちはイタチ 木ノ葉隠れの抜け忍で暁所属。 サスケの兄でもあり、黒髪に黒い眼の風貌をしています。 アニメでは、同じく暁に所属しているデイダラから「顔もイケてるし」と称されるほどで、弟サスケと良く似た風貌の美青年。 なお、眼は写輪眼を常時使用しているため、その影響でいつもは赤く見えます。 うちは一族の血継限界「 写輪眼」の究極形で、過去に数人しか開眼させた者がいないという「 万華鏡写輪眼」を持っています。 イタチとサスケの最期の闘いで兄弟分かりあえてよかったです。 当初は「トビ」、イタチの死後は「うちはマダラ」を名乗っていたのですが、その理由は本物のマダラの復活までの代行者として名乗っていたためで、真の正体はかつて四代目火影・波風ミナトの班でカカシとチームメイトだった木ノ葉の忍、うちはオビトでした。 砂隠れの里 我愛羅 五代目風影で、砂の三姉弟の末っ子。 出生時に 風の国の兵器として一尾・守鶴を宿した 人柱力。 目の周りの隈は、守鶴に体を乗っ取られることを防ぎ、その力を制御するために眠らなかったせいでできてしまったんです。 第二部から、風影となりました。 テマリ 我愛羅とカンクロウの姉で代表的な 風遁使いでもあります。 いつも背中に身の丈ほどある扇子を背負っていて、戦闘時には扇子で風を巻き起こして戦う風遁忍術の使い手です。 後の夫になるシカマルとは中忍試験の時に対決していました。 カンクロウ 我愛羅の兄で、テマリの弟。 我愛羅が風影に就任してからは主に里の警備に従事しています。 烏(カラス)・黒蟻(クロアリ)・山椒魚(サンショウウオ)といったカラクリを仕込んだ傀儡人形を操って戦う傀儡師で黒子衣装に歌舞伎役者のような隈取をしており、特に隈取は登場の度に変わっている。 隈取をとるとイケメンでした。 また クシナの前任の九尾の人柱力。 トビ曰く「 敵意を感知できる」など九尾の人柱力の中でも九尾のチャクラをある程度コントロールできた部類であるとのこと。 老齢により九尾を後任の人柱力に譲ることになって、死の前には過酷な宿命を背負うことになったクシナを激励していました。 うずまきクシナ 四代目火影・波風ミナトの妻・ナルトの母。 そして、ナルトの前任の九尾の人柱力でもあります。 語尾に「 ってばね」と付けるのが口癖で、動揺したり興奮したりすると出るようです。 人柱力であることに関して複雑に思っていて、ナルトと同じく心底では九尾に憐みを抱いていたのですが、結局和解には至らず。 ナルトが尾獣の力を己のものにする儀式の時、再び九尾に飲み込まれそうになったナルトを救って、自分の過去について話した後、 自分の愛情が伝わっていたことに涙し喜びながら抱擁を交わし消えていきました。 うずまきボルト ナルトとヒナタの長男で、サスケの弟子。 口癖は「 ~ってばさ」で、容姿は父親、髪質は母親似。 チームワークに欠けていたり家族に対する葛藤を抱える性格などは 若かりし頃のサスケに似ているところがあったり、かつてのナルトとは違って火影の激務であまりかまってもらえないことから関心を引くために火影岩に落書きをしています。 ヒナタと同じく 白眼を持っていて、努力型のナルトとは違って、忍びの潜在能力はピカイチ。 うずまきヒマワリ ナルトとヒナタの長女で、ボルトの妹です。 顔は父親似(頬の線は2本)で、髪の色と性格、顔の輪郭は母親に似ています。 普段は温厚で優しいものの、祖母クシナ同様気性が激しい面もあって、キレると白眼を駆使し驚異的な力を発揮します。 うちはサラダ サスケとサクラの娘で、外伝『 七代目火影と緋色の花つ月』では主人公を務めています。 赤縁の眼鏡が特徴で、顔や性格は母親似、髪と瞳の色は父親似です。 ちなみにサクラの口癖「 しゃーんなろー」も受け継いでいます(笑)自身の出生について疑問を持っていて本当の娘かなやんでいましたが、解決した後は火影になる夢を抱いてナルトに尊敬の偉を示しています。 奈良シカダイ シカマルとテマリの息子になるので、我愛羅とカンクロウにとっては甥にあたります。 目の形と口調は母親似で、髪型は父親似。 性格も父親譲りの面倒くさがりなのですが、また頭脳明晰な両親の間に生まれたため生まれつき頭が良い。 山中いのじん いのとサイの息子です。 その血を十分引き継いでいて髪色と瞳の色は母親似、髪を後ろに結んでいて服装や肌の色、毒舌は父親譲り。 勝気な母親と自由奔放なシカダイ、チョウチョウに振り回されていて、気苦労が絶えない子でもあります。 twitterまとめ 最強をまとめている動画です。 最後に ナルトと言えば、画像の三人ですよね。 今アニメでは、色々な伏線を回収しているところですが、これから次世代組も活躍していくに違いないので楽しみな作品です。 ナルトとサスケがタッグを組んでいる姿をみるとあの色々が詰まりすぎて親のような気分で観てしまうのですが、そうなるとボルト達は孫になるのかと・・・原作は終着を迎えていますが、他の展開での成長を見守っていきましょう!!.

次の

五行封印

ナルト 陰陽遁

うずまきナルトとは 出典: 本作品の主人公であり 七代目火影。 妻に日向ヒナタ、息子にボルト、娘にヒマワリを持つ。 生まれたその日から九尾の人柱力でありナルトに九尾を封印したのは父にして四代目火影である波風ミナト。 下忍になってからは六代目火影であるはたけカカシの班(第七班)に配属されており、チームメイトはうちはサスケ、春野サクラ、サイ(後から配属された)。 口癖は「~~ってばよ」、「~~だってばよ」で、母クシナは「~~ってばね」、息子ボルトは「~~ってばさ」と代々受け継がれている。 ナルトの声優は? キュアルージュなどを演じる竹内順子さん! 出典: 竹内順子さんはうずまきナルトをはじめとした 少年役や夏木りん(キュアルージュ)のような ボーイッシュな女性キャラの声を多く担当しています。 動物の役も多く、NARUTOではナルトの他に赤丸も担当しています! うずまきナルトのオーディションを受ける際には全巻揃えて原作を読んだようで、ちなみにナルト以外の役の中では自分のやる役と正反対だということで白(ハク)をやってみたかったそうです。 出典: 以下に竹内順子さんの主な出演作品・キャラクターを紹介します。 ナルトはどう成長した? 疾風伝の前と後ではどれくらい変わった? 出典: 自来也との2年間の修行を経てアニメでは疾風伝となったNARUTOですが、その間だけでもここまで変わりました。 身長が 20cm以上伸びてます!成長期ですね。 修行では四代目火影の得意忍術である螺旋丸を習得するなど、見た目だけでは無くとても強く成長しました。 救世主となったナルトの強さは? 出典: 六道仙人に力を与えられたナルトは 六道仙術を開花し、このような姿になります。 六道化したオビトやマダラと同じように求道玉を使用出来ます。 この求道玉とは全ての忍術を無にする陰陽遁をベースにした術であり、風・火・土・雷・水・陰・陽の全ての性質変化が加えられたものです。 短く説明するとオオノキの塵遁を遥かにパワーアップさせたものを常時振り回せるような感覚ですね。 もはや忍術がどうこうとかという次元ではありません。 出典: マダラの動きを止めるために一尾・守鶴のチャクラで磁遁の封印術を仕込んだ「仙法・磁遁螺旋丸」など、今までただの風遁だった螺旋シリーズも大きく変わりました。 ちなみにマダラはカグヤ及び黒ゼツの裏切りによって絶命するため、直接マダラとの決着は着いていません。 また、マダラとの戦いはサスケとのタッグでもありましたし、 六道仙術と輪廻眼を兼ねそろえるマダラより強いかどうかは微妙な所かもしれませんね。 ナルトVSサスケ 出典: 協力してカグヤを倒したナルトとサスケは頂上決戦と言わんばかりに最後の大怪獣バトルを繰り広げます。 出典: 術の合戦で消耗しきった二人は最後の力を振り絞り再び螺旋丸と千鳥で衝突しました。 この戦いでどちらも技を使用した側の腕が無くなっており、引き分けのような結果となりました。 サスケは「オレの負けだ」と言っているのですが、互いに戦闘不能という状況から考えても恐らくは戦いの強さの事では無く、想いの強さの事であると考えています。 ナルトとサスケの強さは互角と考えて良いでしょう。 六道化したオビトやマダラ、そしてカグヤが亡き今、ナルトはサスケと並びこの世界で最も強い忍であると考えて間違い無いでしょうね。 二人揃えば歴代のどの忍達と戦っても勝てると思います。 ヒナタと結ばれた理由は? 出典: 「THE LAST — NARUTO THE MOVIE -」でナルトは回想と共に自分がヒナタの事を好きであるという気持ちに気づきました。 ペイン戦でピンチの時も第四次忍界大戦でネジが戦死し絶望していた時も、大事な時には必ずヒナタが横に居てくれました。 その中でナルトにとってのヒナタの存在が大きなものとなっていたのです。 そしてナルトからヒナタへ愛の告白をします。 両想いとなったはずの二人ですが1度目の告白ではナルトが振られてしまいます。 とはいえ両想いである事に疑いは無く、ヒナタが告白を断ったのはヒナタの従妹であるハナビが連れ去られてしまっていて、助けに行くためでした。 その後はめでたく結ばれています。 ちなみに筆者は映画館で見ていたのですが、ナルトがヒナタの事を好きになるのが結構急だったもので、客席からは「え?」なんて声がチラホラ聞こえました。 ナルトのかっこいいイラスト画像5選! 誰もが認める火影となったナルト!そんなナルトのイラスト画像を5つ厳選してみました! 出典: 実はナルトはこの時からとても頼もしいですよね。 「まっすぐ自分の言葉は曲げねぇ・・・それが俺の忍道だ!」 出典: 仙人ナルト!かっこいいですね!とても大人な面持ちになりました。 出典: 「螺旋丸!」最後までナルトを象徴する技となりましたね。 出典: 何て幸せそうな二人!ナルトも不器用そうですからねぇ。 出典: ミナトのような髪型になったナルト。 ひょっとしたら今後こうなるかも・・・? まとめ 筆者はナルトの成長を見届ける事が出来た事を本当に幸せに思います。 漫画であるにも関わらず、一人の人間の成長を目の当たりにしているような、そんな気持ちでした。 しかしナルトを見られるのがこれで終わりというわけではありません!息子であるボルトが主人公の連載が始まりますので、そちらでも父として、火影としてのナルトの成長が見られるかもしれませんね!楽しみです。 ところで皆さんはナルトの次の火影は誰になると思いますか?.

次の