スキンブル シャンクス 歌詞。 劇団四季キャッツ 猫の見分け方|スキンブルシャンクス

ミュージカルCATSの英語の歌詞を知っている方いませんか??特に知りたいの...

スキンブル シャンクス 歌詞

【収録曲】 [ディスク:1] 1. オーヴァチュア 2. ジェリクルソング 3. ネーミング オブ キャッツー猫の名 4. ジェニエニドッツーおばさん猫 5. ラム・タム・タガー-つっぱり猫 6. グリザベラー娼婦猫 7. バストファージョーンズー大人物? マンゴジェリーとランパルティーザー小泥棒 9. デュトロノミー-長老猫 10. ジェリクル舞踏会 11. メモリー [ディスク:2] 1. 幸福の姿 2. ガスー劇場猫 3. グロールタイガー-海賊猫の最期 4. スキンブルシャンクスー鉄道猫 5. マキャヴィティー犯罪王 6. ミストフェリーズーマジック猫 7. メモリー 8. 天上への旅 9. 猫からのごあいさつ 劇団四季 CATS(キャッツ) CD 1985年版 オリジナルキャスト版(ライヴ録音) ジェニエニドッツ・・・服部良子 ラムタムタガー・・・ バストファージョーンズ&グロールタイガー・・・ グリザベラ・・・久野綾希子 ジェリーロラム&グリボルドーン・・・ オールドデュトロノミー・・・山本隆則 スキンブルシャンクス・・・青山明 ミストフェリーズ・・・ マンカストラップ・・・園岡新太郎 シラバブ・・・ ディミータ・・・鎌田真由美 ポンバルリーナ・・・羽永共子 ジェミマ・・・黒田ひとみ カッサンドラ・・・望月めぐみ コリコパット・・・深見正博 ランパスキャット・・・高桑満 ギルバード・・・岸川洋一 マキャヴィティ・・・杉谷嘉昭 ランペルティーザ・・・浅見陽子 マンゴジェリー・・・山口正義 タントミール・・・福井園子 ヴィクトリア・・・八重沢真美 アンサンブル・・・北川潤・中井敬二・鈴木孝次・那須まり・青山弥生・山内久美・桑原美樹・柴垣裕子・中井まみ・・関盛敦子・花村薫・原田恵・黒川篤子 【収録曲】 [ディスク:1] 1. オーヴァチュア 2. ジェリクルソング 3. ネーミング オブ キャッツー猫の名 4. ジェニエニドッツーおばさん猫 5. ラム・タム・タガー-つっぱり猫 6. グリザベラー娼婦猫 7. バストファージョーンズー大人物? マンゴジェリーとランパルティーザー小泥棒 9. オールドデュトロノミー-長老猫 10. ジェリクル舞踏会 12. メモリー [ディスク:2] 1. 幸福の姿 2. ガスー劇場猫 3. グロールタイガー-海賊猫の最期 4. スキンブルシャンクスー鉄道猫 5. マキャヴィティー犯罪王 6. マキャヴィティとの闘い 7. ミストフェリーズーマジック猫 8. メモリー 9. 天上への旅 10. 猫からのごあいさつ 劇団四季 CATS(キャッツ) CD 2019年 メモリアルエディション版 グリザべラ・・・江畑晶慧 ジェリーロラム=グリドルボーン・・・ ジェニエニドッツ・・・加藤あゆ美 ランぺルティーザ・・・山中由貴 ディミータ・・・松山育恵 ボンバルリーナ・・・山崎遥香 シラバブ・・・三代川柚姫 タントミール・・・間辺朋美 ジェミマ・・・町真理子 ヴィクトリア・・・引木愛 カッサンドラ・・・藤岡あや オールドデュトロノミー・・・飯田洋輔 グロールタイガー/バストファージョーンズ・・・藤田光之 マンカストラップ・・・加藤迪 ラムタムタガー・・・大森瑞樹 ミストフェリーズ・・・桒原駿 マンゴジェリー・・・玉井晴章 スキンブルシャンクス・・・田邊祐真 コリコパット・・・横井漱 ランパスキャット・・・高橋伊久磨 カーバケッティ・・・照沼大樹 ギルバート・・・新庄真一 マキャヴィティ・・・文永傑 タンブルブルータス・・・吉岡慈夢 様々なキャラクター(猫)が魅力的! CATSは、実際に観劇したことがなくストーリーなども知らないで聞いてみました。 するとたくさんの猫たちの歌があって面白かったです。 CDに添付されていた説明書を読んでみると、 ストーリーはないも同然なのですね。 様々な生き方をしている猫たちがいて、その紹介のような演目らしいのです。 「スキンブルシャンクス」という曲は、とてもノリが良いので一番好きです。 なんだか前向きになれるので、キャッツの奇抜な衣装でダンスを見ながら聞いたら素晴らしいんあだぁと思いました。 「メモリー」という曲はどこかで耳にしたことがあった曲で、有名だと思うのですが、期待を裏切らない素敵な曲でした。 それ以外にも 隠れた名曲を色々なキャストさんが猫として表現しているのでとても良いCDでした! 2019年4月追記:メモリアルエディション版を聞いてみた感想 初回限定版を購入しました! 2019年4月24日発売のキャッツ<メモリアルエディション>CDを購入しました。 CDは通常版と同じですが、特典が付いていました。 その 初回限定特典がブックレット、オリジナル卓上カレンダー、オリジナルメモ帳です。 ブックレットはCDに入ってる小冊子のことで、 キャッツの写真集と思ってもらって大丈夫です。 躍動感のある写真がたくさんあります。 さらに、卓上カレンダーも画像のようにキャッツの写真が月ごとに入れ替わります。 しっかり立てることができるカレンダーなので デスクの横にあると嬉しい一品でした。 メモ帳はCDサイズで 思ったよりも大きい印象でした。 どの猫も 丁寧に歌いこんでる印象を受けます。 やっぱりメモリーは名曲ですね。 実際に江畑晶慧さんのグリザベラを観劇したことがあるのですが、CDでも同様の 迫力や感動がありました。 さんの「ガス」も好きです。 すごく綺麗な歌い方だと思いました。 今回のメモリアルエディション版と過去のCDを聞き比べると、 今回のCDは全体的にアレンジが少ないと感じました。 1989年発売のロングランキャスト版では往年の大スター達が好きに歌っている感じがします。 その辺は人それぞれ好みがあると思いますが、アレンジが少なく 真面目なキャッツが好きな方にはおすすめできます!.

次の

【キャッツ大阪公演】マキャベティ(犯罪王)の歌詞やキャストは?

スキンブル シャンクス 歌詞

自己ナンバーはやる気満々なのに、他ナンバーの時はかったるそうだったりします。 裏のありそうな爽やか笑顔は名古屋から3年経っても健在です(幻覚)。 間近で観るとビデオ版スキンブルを思い出します…友人との間で「絶対乗りテツ」認定されました 笑。 さわやかな歌声。 みんなが幸せになるといいな…ってそりゃ違う演目で。 わりと大型スキンブル。 時折真顔。 さまざまな役を経験して余裕が出てきた感じです。 上のほうでこそこそ遊びが楽しいです。 コブシの効いた高音が聴けます。 仕事よりも電車に乗ることが好きそうな感じ。 むしろ『鉄の人(鉄道オタク)』という話も。 登場時は無表情でしたが、その後岩城スキンブルを上回るかの如くはっちゃけた鉄道猫に変化中。 若猫の中では立場低そう(笑)。 百々さんの声を低くした印象。 爽やかというかきっちりとした隙のなさそうなスキンブル。 仕事大好きな感じで。 今後印象が変わる可能性もありそう。 (06. 声は意外と太めでしっかりした感じ。 表情が豊かで、笑顔が可愛く爽やかなイメージかな?ダンスも別演目 マンマ 登場時からは比べ物にならないくらい踊ってます。 (08. と思ったら少しほっそりして印象は変わってきたかな?はっきりした綺麗な声で歌います。 私鉄よりも 昔の 国鉄な感じという友人談。 じっとしているところから動き始める時の猫の動きとか、細かいところで演技してます。 (06. 身体のサイズに反して声は大きくはっきりと。 はつらつとして、びしびしと動き回る元気な猫です。 ちょっと身体が硬いのかな?ちょっと表情が薄いような気もしますがお遊びは多いです。 (07. やたら楽しそうなのが印象的。 いろいろな時にこそこそ遊んでいます。 さすが元祖アイドルの、やはりさわやかな歌声。 こそこそではなく遊んでいます。

次の

キャッツ (ミュージカル)

スキンブル シャンクス 歌詞

たくさんのジェリクルキャッツたちが、年に一度開かれる"ジェリクル舞踏会"に参加するため集まってきます。 人間に飼い馴らされることを拒否して、逆境に負けずしたたかに生き抜き、自らの人生をする強靭な思想と無限の個性、行動力を持つ猫、それがジェリクルキャッツ。 そして今宵は、長老猫が最も純粋なジェリクルキャッツを選ぶ特別な舞踏会。 再生を許され、新しいジェリクルの命を得るのは誰か。 夜を徹して歌い踊る猫たち。 やがて夜明けが近づき、ナイフで切ってしまえそうな静寂に向かって、天上に上り、 新しい人生を生きることを許されるただ一匹の猫の名前が、宣言されます。 「お願い 私に触って」を愛されることだと思うと 私はそれも一つでは?と時々考えます。 グリザベラは「私を触って 私を抱いて」と願います。 グリザベラの幸せは人間に拾われて触って抱かれるでもいいのだろうか?と思います。 美しかりしオーミエール 西洋美術館にあるの美しかりしオーミエール。 これはフランスの詩から題がついているそう。 グリザベラの詩も美しかりしオーミエールからと聞いて。 詳しくは2020年01月アルプ読んでください。 壁抜け男の八百屋 グリザベラは最近考えると壁抜けの八百屋さん思い出します。 天上に昇るただ一匹の猫 何度も見てるけどやっぱり未だに天上に昇るただ一匹の猫はしっくりこない。 目に見えていない世界だからなのか、 天上に昇って幸せとは何故だろう? 考えたり、調べたりしてもなんで?となってしまう。 いつか分かる時が来るだろうとずっと思って放置してたけどいつまでも分からない 笑 再生を許され天上に昇るただ一匹の猫 天井に昇る=再生を許され る という助け舟出していただきまして 再生を調べたら思い違いしていたことに気づきました。 再生 聖書の恵みある主権的活動による、堕落したの内面的再創造。 今まで再生は再び命を得ることなのか?と疑問でした。 先のは消え去り、海もなくなってしまった。 また、聖なる都、新しいが、夫のために着飾った花嫁のように用意をととのえて、神のもとを出て、天から下って来るのを見た。 また、御座から大きな声が叫ぶのを聞いた、「見よ、神の幕屋が人と共にあり、神が人と共に住み、人は神の民となり、神自ら人と共にいまして、 人の目から涙を全くぬぐいとって下さる。 もはや、死もなく、悲しみも、叫びも、痛みもない。 先のものが、すでに過ぎ去ったからである」。 21:1~4 天上=天国=死も悲しみも叫びも痛みもない世界 において天国へ行く事は、永遠の命を得る事と考えるのです。 これはには、仏教のように死んだらまた生まれ変わるといった輪廻転生(てんしょう)のような考え方は存在しないため。 においての死とは、魂が神様の基に戻ること。 神様が存在する場所である天国は、永遠の命を得られる喜びの世界なのです。 天国=神のいるところ=永遠の命を得る 電光板の広告見たのを天上への旅で思い出しました。 のカエルチョコや壁画など 動いている写真に亡くなった方の魂はあるのだろうか? カエルチョコや日刊予言者新聞は無さそうに見えるけれど 壁画はあると言われたら分かる。 魂と入れ物の身体なのかとナンバー聞くと考える。 まとめ 再生 堕落したの内面的再創造 を許され 天上 死も悲しみも叫びも痛みもない世界 に昇る 永遠の命を得る ということでしょうか? グリザベラは神のいる世界へ行き、 神自ら涙を拭かれて悲しみをぬぐい去ってもらえる と思うと良かったなと思います。 ただ私はグリザベラがなぜ天上に昇って幸せなのか知ろうと思いました。 そしておそらく私には感じられないのだと思います。 天上に昇る判断基準にもなっているけれど 天国へ行くには神を信じる必要があるのです。 天上に行って触れてもらい幸せだと感じるには 神がいて神のいる天国を信じる必要があります。 私のように物語の一人物と捉えていては幸せは感じないのです。 暫定ですけど今のところそう思う。 視線の先に 幸福の姿のヴィクは分からないけど 黄マキャの視線の先にグリザがいるように見えて気になる。 これは黄マキャが犯罪王マキャとイコールだったら気になるのです。 翻訳の歌詞と吹替 映画の吹替は制限ある。 音楽にあわせて日本語にする、 口の形にあわせて歌詞を練るだけではなく 既に演じられている俳優さんの演技に沿って歌わなければならない。 既に公開されている映画の歌詞を見ると 四季の歌詞がを常識としない日本で、 エリオットそしてキャッツの世界を伝えるために推敲された歌詞なんだろうと思います。 映画キャッツの安倍さんと堀内さんの対談記事で 各国公演の演出の違いに触れられていたけれど 四季CATSの訳詞は翻訳だけでなく音に合うか、 作品の背景・ベースとなるニュアンスを理解出来るか 映画CATS吹替記事のエリオットの「幸せの瞬間」のようなもの を 日本で公演する為に推敲されているんだろうと感じます。 言わんとすること全て分かったとは思えないけど ジェリクルキャッツ賛歌に思えるなぁ 「驚いてる顔をしてるぞ」までは。 ジェリクルキャッツが主語で 自ら自分達にジェリクルキャッツとはどういう猫か 自問自答しているように思われます。 生まれたのか マンカストラップ 闇の中に シラバブ 怖れないか ランパ 何者をも スキンブルシャンクス 黙ったまま 耐えて強く ラム・タム・タガー 生きぬけるか アスパラガス その孤独を グリザベラ タガーの台詞は黙ったまんまで大騒ぎの天邪鬼らしいと思える。 アスパラガスの生きぬけるかは舞台の生を生きぬくという意味にも思える。 孤独を生きていたグリザベラが歌う台詞はハッとするものがあります。 嵐が来る その気配を ジェリーロラム 見のがさずに 感じられるか コリコパット 目を閉じても 迷わないで ジェミマ 行きつけるか 天上へも オールドノミー 嵐はマキャヴィティに思えるけど、グリドルボーンも掻き回してるとは思う。 「天井へも」はジェリクルキャッツの誇りを感じます。 ジェリクルキャッツだから天井へも行けるのだというような。 最初からそうですが倒置法が続きます。 どんな時でも遊べるのか タントミール 冒険には ジェニエニ いどめるか マンゴジェリー/ザ 夢の中に ボンバルリーナ 天国にも ミストフェリーズ 地獄さえも 友だちは? タンブルブルータス 私が一番気になるのは「地獄さえも友達は」いるのかってことですよね! 地獄の花形 悪徳の化身と評されるマキャヴィティでしょうか? なんか中二ぽくて格好良い 笑 3:18 キリストも、罪のためにただ一度苦しまれました。 正しい方が、正しくない者たちのために苦しまれたのです。 あなたがたを神のもとへ導くためです。 キリストは、肉では死に渡されましたが、霊では生きる者とされたのです。 3:19 そして、霊においてキリストは、捕らわれていた霊たちのところへ行って宣教されました。 3:20 この霊たちは、ノアの時代に箱舟が作られていた間、神が忍耐して待っておられたのに従わなかった者です。 この箱舟に乗り込んだ数人、すなわち八人だけが水の中を通って救われました。 3:21 この水で前もって表された洗礼は、今やの復活によってあなたがたをも救うのです。 洗礼は、肉の汚れを取り除くことではなくて、神に正しい良心を願い求めることです。 3:22 キリストは、天に上って神の右におられます。 天使、また権威や勢力は、キリストの支配に服しているのです。 ペトロの手紙一 3章18~22節 けれどキリストは地獄へ降下したことがあると調べて知りました。 知りたてなのでまだ思うことはありません。 みすぼらしく ギルバート やせていても ディミータ するどい鼻 きびしい目が マキャヴィティ 何もかもを 見ぬいている カッサンドラ マキャヴィティが迫ってきた時のディミータを思い出します。 文末に「さ」をつけるということは、「以上で説明終わり!」ということだ。 このパターンもたまにで出てくることもあるが、基本的には書き言葉やポエムで使うような言葉だ。 口語的に言うなら「〜から」「〜んだよ」辺りだろうさ。 「〜さ」は基本的にあいづちの間投詞なので、きちんとした答えとしては若干足りない所がある。 とりあえず即決する意味で使ったりするけど、ただし、本人に強い確信があるかどうかまでは表していないわけだね。 そう 我らジェリクルキャッツは 誇り高く いつものぞむ やり抜くのさ そう 我らジェリクルキャッツはすべてできる やりぬくのさ ジェリクルキャッツはすべてできる やりぬくさ 繰り返しで強調されて見えます。 お前こそが そうジェリクルキャッツ ジェリクルキャッツが自身に言っているけれど これは観客からすると自分 人間 に言われている気になる。 猫達を通して人間が個々の輝き 個性 を誇り生きていくことを表している。 と今ここで気づいたけど 猫に捧げものを贈るとか、信じられる時を待つ 必ずその時が来る そういう側面で猫が神なのか〜 これはしっくり来た! 頭で情報を得ていても感情がそれを理解するまで時間差があったりするよね。 ジェリクルソング ジェリクルキャッツ ジェリクル すべてできる ジェリクル できるすべて ジェリクル うたう歌を ジェリクル すべて集え ジェリクルソング ジェリクルダンス ジェリクルソング ジェリクルキャッツ これ以外にもジェリクルはずっと繰り返され続けていますが これだけジェリクルソングという言葉は多いのに ジェリクルダンスは一度しか登場しません。 演劇祝祭論 「芝居=ハレ(晴)=非日常」という図式は、もはや改めて述べる立てることに気恥ずかしさを感じるほどに、人口に膾炙している。 そしてこの図式が、大方の了解を得たということは、現在もなお、「芝居」というものを「祝祭」のような「非日常」と捉えることに、一定のリアリティを感ずる人々が多いか、もしくは、そのように捉えたいという願望を抱く人々が少なからず存在するということであろう。 この図式は、無論、「芸能」の発祥を、豊穣という「祭祀」に求めるという意味において無理のないところである。 したがって観客たちは、そのような「祝祭=ハレ」に参加することによって、「日常=ケ(褻)」の生活の間に蓄積された鬱憤等を払いたいと願い、文字通り「」(浄化)を求めて劇場にやってくる人々ということになる。 たとえば波平美恵子らのは、このような日常生活を送る間に「ケ」の力が枯れることが「ケ枯れ」(=穢)であり、この「ケガレ」を払って、元の日常生命力を恢復するのが「ハレ」の祭祀であると説くが(波平 )1 、芝居とはまさに「ケガレ払い=祝祭」と云い得る。 そしてこのことはまた、芝居を作る側、殊に役者について妥当する。 会社勤めや学校生活などの日常に褻(くたび)れた人々が、「台」に載せられ、「光」を浴び、非日常的に声を張るさまは、日常の垢を落とし、活力を恢復するためのに参加する氏子たちの姿に他ならない2。 斯様に「芝居」とは「ハレ」のものであり、劇場は「祝祭空間」として公演期間中のみ成立し、時が過ぎれば、何の変哲もない「ケ」の空間に立ち戻っていく。 野外演劇がその典型として期待される所以であろう3。 これ前にも引用しましたが演劇は祝祭であってキャッツですよね! どんな音でも歌えるか 低いパート 高い音も 上のCまで出せるのか アー どんなことでもできるのさ ジェリクルの歌声は 空のかなたに響く 天使に届く ハレルヤ アンジェリカル ヤー ジェリクル 集いて喜び歌えよ 永遠の命に輝き光浴びる今宵 ただ一人天上に昇るのはだれ 「ぞ」は自分の気持ちを相手に伝える時には使いにくい。 「ぞ」は周りの状況を伝えるなど、 自分の気持ちと関係のない注意喚起で使いやすい。 もちろん自分の意志を伝える時にも使うが、 やや客観的に聞こえるため、さばさばしたドライな言い回しになる。 また、「よ」は話し相手の存在を前提としているが、 「ぞ」の場合はいてもいなくても良い。 壁をのぼる 綱を渡る 木から木へと かけぬけるぞ 空を飛んで 地に戻って 羽のように 宙を舞うぞ プラティカルキャッツ 実用的な しぶといキャッツ 激しいキャッツ ファナティカルキャッツ 熱狂的な オラトリカルキャッツ 雄弁家の おしゃべりのキャッツ 大げさキャッツ ドラマティカルキャッツ ロマンティカルキャッツ 夢見るキャッツ クリティカルキャッツ 批評キャッツ アレゴリカルキャッツ 寓意 人は皆キャッツ 神秘キャッツ ミステリアルキャッツ ポリティカルキャッツ 政治好きキャッツ いやなキャッツ ヒステリカルキャッツ シニカルキャッツ ひねくれキャッツ 驚いてる顔をしてるぞ これはいったい 何だろう 信じられない事ばかり 知らないのか ジェリクルキャッツ 「ジェリクルキャッツを知っているか」 ずっと空気だった人間 観客 を猫達が見てくれます。 優しいね。 まぁまぁ遠目だったけどネーミングの文永マキャと文永さんはまだ繋がらない〜 見慣れると素顔わかるけど分からないなって方もいる 笑 花田ジェニ元気だけど上品さがあってマダム。 「その間に〜」でマンカスへ手を伸ばす横リコ。

次の