もなニュース。 キラフォレ・藤宮もな、“あるのにない” 錯視Tシャツで話題に「目の錯覚って偉大だね」(エンタメNEXT)

鋼メンタルお嬢様の意外な素顔。『完璧麗華さまは友達づくりがおヘタ』のあまりにもな対人スキルの低さが天然記念物級の愛らし

もなニュース

「電撃だいおうじ」で連載中の(作者:松本陽介先生)は、まさにそんな完璧(?)が苦手を克服すべく奮闘する物語。 自身初の友達作りに挑む麗華さまの、もどかしくも愛らしきお姿を心ゆくまでご堪能ください! 麗華お嬢様の素顔と残念な趣味 本作の、天ノ川麗華は完全無欠の。 学業・体力ともにでも務める彼女は、全校生徒の憧れの的でした。 登校するだけで騒ぎにの慕われぶりに、 「そんなに褒めていただくと、私照れてしまいますわ」とはにかむ麗華さま。 率先して雑用をこなす姿もまた素敵で、高潔なお人柄ながら親しみやすさも感じられます。 ひとりきりになれる場所では、たちまち 「おーっほっほっほ!」と的な素の性格が表に出てきてしまいます。 この日も 「ドSNSをハッ」するという、ローな手口で自身を称賛する言葉を集める彼女でしたが……。 そこでふと目に留まったのは、 「麗華様っていつも1人だよね」「麗華様って友達いるのかな……」という書き込み。 ともすれば心配ぶった陰口にも思える書き込みに対し、一瞬固まってしまったようにも見えた麗華さま。 何ともお忙しい御方だこと……。 「友達人などちょちょいのちょいですわ」と自信満々な彼女は、記念すべき友達第1号にふさわしい人間を探し歩きます。 その道中にて、麗華さまは偶然にも 頃川ころなという女生徒に遭遇。 アリにアメをあげるという不思議ちゃんムーブ全開な頃川さんですが、 じつは彼女と麗華さまは旧知の間柄で……。 ……と麗華さまは思っているようですが、 本当はのときに会話にも満たない言葉を交わした程度。 とにもかくにも、頃川さんを友達第1号にしようと策を打つことにした麗華さま。 鮮やかな手さばきで頃川さんのハンカチをスリ盗った彼女は、それを拾ってあげた体にして会話のケを捏造します! しかし悪どい手口を使った報いか、頃川さん恐るべしと言うべきか。 彼女のハンカチの中には、まさかの大量のが……!? 壮絶なを食らってしまった麗華さまは、悲鳴を上げながら一時退却する羽目になるのでした。 雑談という正攻法すら……な麗華さまの対人スキル 前途多難なとなった麗華さまの友達作り。 落とし物(スリ)作戦が通用しないとみた麗華さまは、臭い恋愛指南書らしき本を熟読。 すると「相手を落とすにはまず雑談!」という記述を見つけ、さっそく頃川さん相手に実践してみることに……。 しれまで孤高を貫いてきた麗華さまにとっては、そもそも雑談すら未知の領域。 「雑談って……なんですの!? 」と錯乱した彼女は、な早口で頃川さんをポカンとさせてしまいます。 そしてさらには、苦し紛れに 猫なで声でボディー(本の受け売り)を敢行! 見事な自爆玉砕をかました麗華さまは、いたたまれない空気に襲われまたも敗走することに……。 ……と、思いきや、 意外にも頃川さんが笑顔で抱きついてくるではありませんか!? 彼女としては、麗華さまがこんな調子でも十分 「いっぱいお話できて楽しかった」ご様子。 これには麗華さまも、ふだん優しくされ慣れてないがゆえに極上のテレ顔をあらわにするのでした。 かくして今後、(馴れ初めはどうあれ)ふたりみる親交を深めていくことに。

次の

【海外ニュース(Asia Times)和訳】

もなニュース

先日ネットサーフィンに勤(いそ)しんでいると、なにやら新潟県の名産品が話題となっていた。 新型コロナウィルスの影響で「にいがた酒の陣2020」というイベントの開催が中止になったことが発端だ。 新型コロナでイベント中止というのは、ここ最近ではよくある話。 「まあ仕方ないよな」程度の感想と共にスルーしようとしていたところ、紹介されていたある和菓子が目に止まった。 「飴もなか」なるものだ。 水飴が入っているらしい。 とても気になる。 食ってみるしかねぇ……! ・長命堂 販売しているのは新潟の長命堂飴舗という和菓子屋。 実店舗はもちろん新潟だが、ググってみると 公式HPや高島屋の通販。 または各地の新潟県のアンテナショップなどで購入可能なようす。 ちなみに筆者は、表参道にある新潟館ネスパスにてゲット。 値段は 5個入りで税込み705円だった。 パッケージには、すげぼうし 的なものをかぶり、雪ぐつを履いた女性のイラストが。 トラディショナルジャパニーズ雪国装備的な、そんな感じ。 賞味期限はそこそこ長く、筆者が買ったものの賞味期限は2カ月弱先だった。 原材料は水飴、もち米、寒天、そして砂糖とシンプルだ。 「飴もなか」がいつからある和菓子なのかはよくわからないが、公式HPによると少なくとも昭和6年、つまり 1931年にはすでにあったことがうかがえる。 ところで、筆者が現在住んでいる埼玉には、CMの知名度に対して食べたことのない埼玉県民が意外に多い「十万石まんじゅう」という銘菓があるが、それよりも歴史がある。 それだけの歴史がある以上、「飴もなか」もまた立派な新潟銘菓と言えるだろう。 中身を取り出してみると「飴もなか」と書かれており、隣には翁の面だろうか? そんな感じの模様が。 なお反対側には「長命堂」と入っていた。 皮の部分はいたって普通のもなかである。 しかし、割ってみると…… 透明な水飴が糸をひいて伸びる。 こういうのに無条件でテンションがあがるタイプの人間は一定数いるだろう。 私もまたそのタイプなので、しばらく一人で「フフッ」などとニヤニヤ笑いながら伸ばしたり縮めたりして堪能した。 なお、成分通り中身は水飴のみ。 味は 実に素朴で、古き良き和菓子感がある。 古き良きなどと言っておいてなんだが、よくある餡子(あんこ)入りのもなかと比べると、その食感は圧倒的に新感覚。 これは良いものですな。 熱いお茶などと一緒にモサモサと食べたいところ。 話の話題にもなるだろうし、 ビジュアル的にも映え感がある気がする。 そして味はちゃんと王道的な和菓子感あふれるものだ。 全国のもなか好き、水あめ好き、伸びるもの好きは、是非最寄りの新潟関連のショップなり、オンラインストアなりでゲットして食べてみてくれ! 参照元:、 Report: Photo:RocketNews24.

次の

【海外ニュース(Asia Times)和訳】

もなニュース

「電撃だいおうじ」で連載中の(作者:松本陽介先生)は、まさにそんな完璧(?)が苦手を克服すべく奮闘する物語。 自身初の友達作りに挑む麗華さまの、もどかしくも愛らしきお姿を心ゆくまでご堪能ください! 麗華お嬢様の素顔と残念な趣味 本作の、天ノ川麗華は完全無欠の。 学業・体力ともにでも務める彼女は、全校生徒の憧れの的でした。 登校するだけで騒ぎにの慕われぶりに、 「そんなに褒めていただくと、私照れてしまいますわ」とはにかむ麗華さま。 率先して雑用をこなす姿もまた素敵で、高潔なお人柄ながら親しみやすさも感じられます。 ひとりきりになれる場所では、たちまち 「おーっほっほっほ!」と的な素の性格が表に出てきてしまいます。 この日も 「ドSNSをハッ」するという、ローな手口で自身を称賛する言葉を集める彼女でしたが……。 そこでふと目に留まったのは、 「麗華様っていつも1人だよね」「麗華様って友達いるのかな……」という書き込み。 ともすれば心配ぶった陰口にも思える書き込みに対し、一瞬固まってしまったようにも見えた麗華さま。 何ともお忙しい御方だこと……。 「友達人などちょちょいのちょいですわ」と自信満々な彼女は、記念すべき友達第1号にふさわしい人間を探し歩きます。 その道中にて、麗華さまは偶然にも 頃川ころなという女生徒に遭遇。 アリにアメをあげるという不思議ちゃんムーブ全開な頃川さんですが、 じつは彼女と麗華さまは旧知の間柄で……。 ……と麗華さまは思っているようですが、 本当はのときに会話にも満たない言葉を交わした程度。 とにもかくにも、頃川さんを友達第1号にしようと策を打つことにした麗華さま。 鮮やかな手さばきで頃川さんのハンカチをスリ盗った彼女は、それを拾ってあげた体にして会話のケを捏造します! しかし悪どい手口を使った報いか、頃川さん恐るべしと言うべきか。 彼女のハンカチの中には、まさかの大量のが……!? 壮絶なを食らってしまった麗華さまは、悲鳴を上げながら一時退却する羽目になるのでした。 雑談という正攻法すら……な麗華さまの対人スキル 前途多難なとなった麗華さまの友達作り。 落とし物(スリ)作戦が通用しないとみた麗華さまは、臭い恋愛指南書らしき本を熟読。 すると「相手を落とすにはまず雑談!」という記述を見つけ、さっそく頃川さん相手に実践してみることに……。 しれまで孤高を貫いてきた麗華さまにとっては、そもそも雑談すら未知の領域。 「雑談って……なんですの!? 」と錯乱した彼女は、な早口で頃川さんをポカンとさせてしまいます。 そしてさらには、苦し紛れに 猫なで声でボディー(本の受け売り)を敢行! 見事な自爆玉砕をかました麗華さまは、いたたまれない空気に襲われまたも敗走することに……。 ……と、思いきや、 意外にも頃川さんが笑顔で抱きついてくるではありませんか!? 彼女としては、麗華さまがこんな調子でも十分 「いっぱいお話できて楽しかった」ご様子。 これには麗華さまも、ふだん優しくされ慣れてないがゆえに極上のテレ顔をあらわにするのでした。 かくして今後、(馴れ初めはどうあれ)ふたりみる親交を深めていくことに。

次の