メインクーン 猫 値段。 メインクーンの性格や値段、寿命は・・?

メインクーンの子猫の値段や性格は?体重や大きさがでかい?寿命や黒も

メインクーン 猫 値段

メインクーンは猫種の中では流通が少なく、ペットショップでも店頭で販売されていることは少ないようです。 しかし穏やかな気質とフワフワの毛質が人気で、愛猫家の中には飼育している人も多くいます。 では、メインクーンを飼育したいと考えた時に、値段はどの程度になるのでしょうか? ペットショップで販売される際は、メインクーンは約20~30万円で販売されることが多いようです。 一般的な猫の販売価格が約15~30万円であることを踏まえると、やや高価な猫になっていることが分かります。 流通が少ないためにペットショップなどでは高価な値段が付けられることが多いようです。 またブリーダーなどから直接購入することも出来ますが、その際は約20~50万円の価格で販売されていることが多いです。 ブリーダーには血統の良いメインクーンや、キャットショーなどで賞を取った猫がいることが多く、血統の違いにより値段が大きく異なってきます。 メインクーンの3つの入手方法と相場の違いをご紹介! メインクーンを入手するには、3つの入手方法があります。 また相場も違ってきますので、その違いをご説明します。 ブリーダー 猫種の中ではメインクーンのブリーダーはあまり多くありませんが、各地にいるブリーダーから購入することが出来ます。 ブリーダーではキャットショーで入賞した経歴のあるメインクーンや、血統が良いメインクーンが繁殖に使われていることがあり、それにより相場は大きく変わることが多いでしょう。 また詳しくは後述いたしますが、被毛の長さ、毛色などでも相場は変わってきます。 ブリーダーから購入する際は、ブリーダーに連絡をして、直接行って購入するのが一般的ですが、インターネットで購入できるところも増えているようです。 しかし、インターネットで激安価格で販売されているのを見かけたこともありますが、あまりお勧めは出来ません。 空輸等で届いた子猫が弱っていたり、感染症にかかってしまっていたりする恐れがあるからです。 やはり直接ブリーダーの元へ足を運び、衛生面や繁殖状態、そして何より子猫の状態をしっかりと目で見て確認して、購入する事が何より大事になるでしょう。 ブリーダーの元には子猫だけでなく親猫も一緒に飼育されていることがありますので、親猫を見ることによって子猫が将来どれだけ大きくなるのかある程度分かるというメリットもあります。 見学だけでもOKというブリーダーも多く存在しますので、気になった猫がいればブリーダーに直接連絡をしてみましょう。 また動物病院にもブリーダーの情報が集まっている可能性があります。 動物病院であればワクチンや予防等をしっかりと行っているブリーダーを紹介してもらえるので、メインクーンを飼いたい際には一度問い合わせてみるのも良いでしょう。 里親 ブリーダーで繁殖を終えたメインクーンの里親になる、というのも入手方法の一つになります。 また飼い主の都合で飼育出来なくなった場合も、同じく里親募集が出ることがあります。 どちらの場合も子猫であることはほぼ無く、成猫からの飼育となりますがメインクーンは穏やかで人に懐きやすいため、飼育は難しくありません。 里親になる場合の多くは、毛色や血統の違いがあっても費用は掛かりません。 しかしブリーダーなどでは一部の医療費(避妊手術やワクチン代)を払う場合もあるようなので、里親になる際には必ず確認をしておきましょう。 メインクーンは純血種のため、里親募集が出てもすぐに決まってしまうことが多いようです。 そのため里親になりたいと思った際にはこまめにインターネットなどをチェックし、情報を見逃さないようにすると良いでしょう。 またメインクーンのブリーダーに直接里親希望と伝えることも一つの方法です。 ブリーダーは繁殖を終えたメインクーンを里親に出すことがあるため、直接伝えておけば里親を募集する際に声をかけてもらうことが出来ます。 成猫はトイレのしつけをする必要もほとんどなく、大人しいのでとても飼いやすいです。 また、飼い主のいない猫を助けることにも繋がります。 子猫から飼う事にこだわりが無い場合には、里親になることも一つの選択肢にしてみてはどうでしょうか。 ペットショップ 猫を購入するにあたって一番一般的なのが、ペットショップからの購入です。 常に店頭で販売されることは多くありませんが、繁殖時期などには店頭で販売される事もあるでしょう。 ペットショップでは多くの場合、カラーや体格によって相場が変わってきます。 珍しいカラーやがっちりとした大きな体格のメインクーンが高価になる傾向があるようです。 ペットショップで購入する際は、ワクチンが終わっていたり、必要な治療を終えていたりというメリットがあります。 また購入時に保険加入などの手続きを一緒に行っている所や、飼育用品も一緒に販売している所がほとんどのため、初めてメインクーンを飼う人には適しているでしょう。 メインクーンの子猫を買うのにおすすめのブリーダーは? メインクーンの子猫を販売しているブリーダーは各地に存在しています。 その中でもおすすめのブリーダーを2件ご紹介します。 ピュアエール ピュアエールは京都府のキャッテリーで、緑に囲まれた自然の多い地域にあります。 メインクーンを専門にブリーディングしており、キャットショーにも参加しているため良い血統のメインクーンを迎えることが出来るでしょう。 また繁殖を引退した猫の里親も探している場合があります。 費用は不妊手術やワクチン代等の諸経費のみになりますので、希望の場合は問い合わせてみましょう。 キャンディメイ キャンディメイはメインクーンだけでなくマンチカンやペルシャなど様々な猫種の繁殖を、長野県の自然豊かな環境で行っています。 店舗も併設されているため、希望の猫を直接見ることも出来ます。 またブリーディングだけでなくペットホテルやトリミング、飼い猫の交配など幅広く行っています。 規模の大きいブリーダーになりますので安心して購入することが出来るでしょう。 希望の猫が見付からなくても、ブリーダーのネットワークで希望の猫を探してもらうことが出来ます。 子猫の情報はホームページで随時更新されていますので、希望の子猫がいる場合は連絡してみると良いでしょう。 メインクーンの毛色ごとの価格の違いとは?人気の黒や灰色は? メインクーンには様々な毛色が存在します。 その毛色によって、価格が異なっていることがあるようです。 では、毛色ごとにどのように価格が違ってくるのでしょうか。 ブラック 黒色の大変美しい毛色です。 メインクーンでは珍しい毛色になるため高額になることが多いようです。 ブラックの中でも白い毛色の入り方によって、ブラックソリッドやブラックスモークと分けられています。 またブラックホワイトと呼ばれる黒と白のまだら模様の毛色も人気で、高価になっています。 グレー グレーの毛色はメインクーンの中でも人気が高く、流通が多くなっています。 毛色の中の白の入り方にもよりますが、一般的にグレーは高額になることはありません。 長毛のグレーのメインクーンはとても美しく、気品に満ちている姿、またメインクーンの特徴であるフサフサの尻尾もより大きく見えることが人気の秘訣のようです。 ブラウン ブラウンもメインクーンでは一般的な毛色となっており、縞模様の入ったブラウンタビー、単色のブラウンソリッドなどがあります。 流通も多いため、価格もさほど高額になることはありません。 ブラウンタビーの縞模様は黒色になります。 そのため縞の入り方によっては全体的に黒っぽく見えることがあるでしょう。 ホワイト メインクーンの最もスタンダードな毛色がホワイトです。 流通も多く、価格も高額になることはあまりありません。 白くてふわふわの毛が人気なのですが、汚れが目立ちやすいため清潔に保つ必要があります。 一般的にホワイトの場合は全身に他の毛色が混ざることはありません。 白い毛色に大きな黒い瞳が目立ち、大きなぬいぐるみのように見える事も、人気の秘訣です。 メインクーンを購入する際の注意点は?寿命や性格は? ではメインクーンを購入する際は、どのようなことに注意すれば良いのでしょうか?寿命や性格とともにお伝えします。 購入の際の注意点 まず購入する際には猫の様子をしっかりと観察し、活発に動いているか、衰弱していないかをしっかりと確認しましょう。 弱っている猫は鼻水や目やにが出ている場合が多くなるため、特にしっかり観察しましょう。 またブリーダーやペットショップなど、多頭飼育している場所では伝染病が流行することがあります。 購入時に症状が出ていなくても、飼育し始めてから発症する病気もあるため、伝染病が出ていないかどうかをスタッフに確認すると良いでしょう。 購入時はペットショップにいても、繁殖はブリーダーである場合も多くあります。 そのためブリーダーの元でも病気が発生していないかどうかを確認出来るとさらに安心です。 そして必要な健康診断やワクチン、発症している病気に対しての治療が適切に行われているかどうかをしっかりチェックしてから購入しましょう。 子猫のうちは様々な病気にかかりやすく、点眼や点鼻などの治療をすでに行っている可能性があります。 購入後も自宅で治療が必要な場合もありますので、購入時にしっかり確認し、やり方が分からなければ教えてもらうと良いでしょう。 また、ブリーダーから購入する際は親猫がブリーダーの元にいる場合がほとんどです。 遺伝疾患のリスクを防ぐためにも、親猫に病気が無いかどうかも確認しておきましょう。 寿命 メインクーンの寿命は約10~12年と言われています。 猫全体の平均寿命が約15年という事を考えると、やや短めになっています。 そして他の猫種でも言えることですがオスよりもメスの方が長生きの傾向があります。 ではなぜメインクーンは他の猫種に比べて短命になってしまっているのでしょうか? これはメインクーンのかかりやすい病気が関係していると言われています。 メインクーンは遺伝的に肥大型心筋症などの病気のリスクが高く、若齢期から治療が必要になることがあるのです。 しかし全てのメインクーンに発症するわけではありませんし、生活環境によって病気のリスクを防ぐことも出来ます。 毎日与えるキャットフードはライフステージに合ったものを与え、ストレスの無い生活を心がけることによって寿命を延ばす事は可能です。 健康管理には気を付けて飼育するようにしましょう。

次の

知能レベルが高い!?メインクーンの飼い方とは?食費や子猫の値段は?

メインクーン 猫 値段

そのため被毛は、防寒・防水のために皮脂がまわっていて汚れやすくなっています。 1ヶ月に1~2回はシャンプーをし、皮膚にたまった汚れを取り除いてあげてください。 また、毛のもつれが多く抜け毛も多いため、こまめなブラッシングを欠かせません。 長毛種に多い「毛球症」を予防するためにも、 1日1~2回はブラッシングとコーミングをし、抜け毛を取り除いてあげてください。 メインクーンがかかりやすい病気は? メインクーンは純血種なので、血統的に次の病気にかかりやすいとされています。 症状は?• 元気や食欲がない• 咳をしている• 口を開けて呼吸している• 呼吸困難• 後ろ足の麻痺 こういった症状が出たら重症化している可能性があります。 予防法ですが、遺伝的な疾患が疑われていて 決定的な方法は見つかっていません。 猫が症状を訴えていたり、心雑音がある場合は、 すぐ獣医さんに相談してください。 遺伝性溶血性貧血 いでんせいようけつせいひんけつ(ピルビン酸キナーゼ欠損症) 遺伝性溶血性貧血 いでんせいようけつせいひんけつは、 赤血球が破壊されていしまい、身体に十分な酸素を送ることができなくなった状態のことです。 免疫細胞が赤血球を破壊したり(自己免疫性)、 寄生虫の赤血球への寄生、 毒物(タマネギや人の解熱剤など)、 物理的な赤血球の破壊と「 遺伝性」のものがあります。 高タンパク、高カロリー• 体重ケアに期待できる• 毛玉の排出ケアに期待できる それでは以上の点を踏まえて、おすすめのキャットフードを3つご紹介します。 国産でグレインフリーを実現している数少ない貴重なフードで、原材料や製法にも徹底的にこだわっています。 市販のフードに比べて値段は高いですが、 品質は圧倒的。 『キャットフードはこうあるべき』という基準をほぼ完璧に満たしています。 今なら公式ページで 500円+送料0円でお試しできるので、 「 国産のプレミアムキャットフードを試してみたい!」という方は要チェックです。 高タンパク、高カロリーで栄養価も抜群。 全年齢に与えられるので、給与量を調整すれば肥満対策もできます。 プレミアムフードなので 市販フードに比べると少し高いですが、グランツはその中でも 比較的お求めやすい価格なのが特徴。 しかも、初回に限り 300円+送料0円でお試しできるので、 「 プレミアムフード、ちょっと気になってるんだよね」という方は要チェック。 結局は猫の食いつきを見ないと決められないので、300円お試しがあるうちに試しておくといいですよ。 猫の年齢・環境・健康状態に幅広く対応したラインナップが魅力で、 その中でも Amazonでベストセラーになるほど人気の「 去勢・避妊した猫の体重ケア」 メインクーンの性格や特徴 飼いやすさ 多頭飼い適正 性格 人懐っこい 温厚 協調性がある 愛情深い 賢い 特徴 大きな体 ふわふわの長いしっぽ 骨太で胸元が広くたくましい体 とっても飼いやすい 寿命 12. 5歳 値段 7~43万円(ブリーダー) 飼い方のポイント 栄養価の高い食事を与える 被毛のお手入れをしてあげる 毛種 長毛種 毛色 ブラック ホワイト ソリッド タビーパターン かかりやすい病気 肥大性心筋症 遺伝性溶血性貧血(赤血球ピルビン酸キナーゼ欠損症) おすすめの餌 レガリエ グランツ ピュリナワン 原産国 アメリカ 発祥や由来 アメリカの最東端、メイン州で生まれたとされている。 優れた狩り能力により開拓農場でネズミ捕り用の猫として活躍。 厳しい自然の中で生きるバイタリティを身につけた。 これからメインクーンを飼う方は、ぜひブリーダーからのお迎えを検討してみてくださいね。

次の

メインクーンの性格や値段、飼い方を解説

メインクーン 猫 値段

世界一高い猫12位:メインクーン(値段:10万円以上) 世界一高い猫の一種として有名なメインクーンは、ニューイングランド地方に自生していた猫であり、ネズミ捕りのスキルや極寒の気候への適応力があります。 また、ふさふさな大きな耳としっぽ、そして体を覆う毛がメインクーンの特徴です。 大きい猫で体重が9kg以上になる固定もいますが、優しい性格でとても賢いといわれており、通常は3年から5年で成猫の大きさに成長します。 また、人懐っこく気立てのよい猫であり、さまざまな性格の人やライフスタイルに難なく適応する点でも飼い猫としておすすめです。 人についてまわりますが、飼い主をいつも必要とするわけではないので気楽に飼育することが出来ます。 さらに、オスは賑やかなエンターテイナーである傾向が強いようですが、メスはオスに比べ凛と構えていることが多いようです。 フレンドリーでおっとりしているメインクーンは、子どもや猫にもフレンドリーな犬のいる家庭に向いています。 世界一高い猫11位:スコティッシュフォールド(値段:10〜20万円) スコティッシュフォールドの起源は、1961年、スコットランドの農場にさかのぼります。 ウィリアム・ロスという名の羊飼いが猫を見つけ、その猫が子猫をもうけ繁殖したのが起源となり、スコティッシュフォールドが生まれました。 耳の軟骨に影響を及ぼす遺伝子により、前方に折れ曲がる垂れた耳が特徴で、それによってテディベアやフクロウのような表情に変化し、世界中の人を魅了しています。 スコティッシュフォールドは一般的に少し寂しそうな表情をしていますが、対照的に性格は明るくエネルギッシュ。 ふれあうことを楽しみ、かまってちゃんな猫です。 ただし、この猫は関節組織の退行による健康面への影響が懸念されている点は、覚えておいた方が良いでしょう。 世界一高い猫10位:ブリティッシュショートヘア(値段:20万円以上) 愛情深くて適応力があり、飼い主に愛着をもつブリティッシュショートヘアは、観ているだけで楽しい猫。 初期のブリティッシュショートヘアは、の野良猫によって繁殖したといわれており、その後、病気や健康問題への抵抗力を高めるべくブリーダーは努力を重ねてきた結果、現在のブリティッシュショートヘアが生まれました。 ふっくらしていて愛らしく、また、毛の色はさまざまであり、赤い目にブルーグレーの毛並み、広めの顔つきで知られており、世界中に愛好家がいる世界一高い猫の一種です。 また、ブリティッシュショートヘアはおとなしいものの、愛情を示すことを好みます。 さらに、普段はあまり活動的ではなく、どちらかと言うとおっとりしてのんびりした性格です。 社交的であり、難なく家族の一人一人や他のペットに親しむことができるでしょう。 世界一高い猫9位:アメリカンワイヤーヘア(値段:20万円以上) これこそアメリカの猫種と言えるアメリカンワイラーヘアは、1966年頃にニューヨーク州北部の農場で生活する猫たちの自然交配によって誕生した世界一高い猫の一種。 トレードマークと言える体を覆う巻き毛が特徴的です。 手がかからず、病気に対する抵抗力も高いため、カジュアルに飼うことを希望する猫好きから本格的なブリーダーにも支持されています。 そして、来客ともふれあい家族を追いかけ回るような一面もあり、愛嬌に溢れています。 遊び心と適応力があり、また愛情深く気立てよく、時にはピエロのような一面も持っているので興味深い上に、運動能力が高いために適度に活発な猫です。 またアメリカンワイヤーヘアは賢く、パズルのようなおもちゃも好きです。 ちなみに、一般的に冬の毛が抜ける春の換毛期を除いてブラッシングの必要がないため、手間もあまりかからない猫でもあります。 世界一高い猫8位:ロシアンブルー(値段:15〜30万円) ロシアンブルーは、輝く緑の目とシルバーブルーの毛並みで見る人を魅了する世界一高い猫の一種。 起源はロシアのアークエンジェル市にさかのぼることから、アークエンジェルキャットの名前でも知られており、その後、イギリスを起点にして世界各地に紹介されました。 遊び好きであり賢く、飼い主に忠実であるため、最高のペットになります。 ロシアンブルーは見知らぬ人に対しては引っ込み思案なため、冷たい性格のようにもみえますが、単純にそういう気質であるので心配はいりません。 また、外見に関して言えば、口の形が少し笑っている様でもあり、幸せで満ち足りた表情をしていることがほとんどです。 世界一高い猫7位:アメリカンカール(値段:15〜30万円以上) アメリカンカールは愛情深く、遊び心があり、猫好きの中では人気の猫種で、シルクのような平たい毛並み、ミディアムサイズの角ばった体つき、表情豊かな目、カールした耳といった身体的な特徴を持つ猫。 1981年カルフォルニア州レイクウッドに住んでいたルガ夫妻に引き取られた、長い毛並みと変わった耳の黒いメスの野良猫に起源を持つ世界一高い猫の一種です。 夫妻はこの猫をシュラミスと名付けたため、そのシュラミスこそ全てのアメリカンカールのルーツなのです。 愛情深い性格で、人や他の猫とふれあうことを好み、静かではありますが、賢い猫です。 ただし、アメリカンカールは長い毛を持つことからも分かる通り、頻繁にグルーミングを必要とします。 世界一高い猫6位:ペルシャ猫(値段:15〜40万円) 記録よると、ペルシャ猫の起源は19世紀のペルシャ(今日のイラン)まで遡ることが出来ます。 しかし、実際はキリストが誕生する数百年前から存在していたとされ、かなり歴史の古い猫の一種です。 ペルシャ猫は、パンジーのような顔立ちと高級感ある長い毛が外見的な特徴で、また、穏やかで愛くるしい性格によって、にぎやかな家庭にも難なく適応することができます。 また、生まれつき遊び好きであり、表情豊かで可愛らしいルックスが大人気の秘密です。 一方で、長い毛並みはからまりやすく毛玉もできやすいため、手のかかるメンテナンスが必須。 毎日のグルーミングやブラッシングが必要になります。 ちなみに、ペルシャ猫は毛色のバリエーションが豊富なので、ペットとして迎える際には最もお眼鏡に叶った外見の個体を手に入れるようにしましょう。 世界一高い猫5位:スフィンクス(値段:20〜50万円以上) スフィンクスは自然発生した遺伝子の突然変異によって、毛のない猫として知られ、見た目がにあるスフィンクに似ていることから、その名が名付けられました。 また、見た目とは異なり、健康で丈夫な猫であり、世界一高い猫の一種として世界中に愛好家がいます。 その起源は1966年、カナダのトロントにて毛のない猫を生んだイエネコに遡ります。 性格は忠実であり遊び好き、人にかまってもらうことを楽しみ、また、他の猫や犬などのペットと触れ合うことも大好きです。 ただし、皮膚に皮脂がたまってしまうため、その対策方法としてお風呂に入れることが必要であると言われます。 また、体毛がないために、屋外環境はスフィンクスにとって快適ではありません。 世界一高い猫4位:ピーターボールド(値段:35〜50万円以上) エレガントな猫種であるピーターボールドは、無毛または桃のような毛並みで知られる世界一高い猫の一種。 なかにはベルベットのような毛並みの猫もいるかたわら、男性のあご髭のような毛をもつ猫もいます。 最初のピーターボールドは、ロシアのドンスコイとオリエンタルショートヘアを交配させたことにより誕生し、1988年、ロシアでめずらしい毛並みをした猫として初めて存在が記録され、その後、ヨーロッパ各国へ輸出されるようになりました。 ピーターボールドは賢く愛情深く、膝の上で静かに休んでくれるような猫です。 しかし、皮膚は非常に敏感であるため、子どもが触れる場合には気をつける必要があります。 また日に焼けやすいため、長時間屋外で過ごすことは避けるべきです。 世界一高い猫3位:ベンガル猫(値段:20〜250万円) ベンガル猫は野性的でエキゾチックなルックスのかたわら、ペットとして理想的な猫で、斑のある毛並みと筋肉質の体格が特徴。 その起源は、1970年代にアジアに生息している野生のベンガルヤマネコが、家猫であったショートヘアの猫種と交配したことに遡るとされています。 活発で賢く、楽しむことの出来る猫である反面、好奇心が強すぎることもあり、水槽に飛び込んだり、カーテンにぶらさがったりと、室内で放し飼いのまま留守番をさせておくのは難しいかもしれません。 また、ベンガルヤマネコにルーツがあるため、一般的な猫に比べて少しサイズが大きめです。 一般的には20万円そこそこで入手することが出来ますが、血統や毛並みに優れた美しいベンガル猫は250万円以上になることもあり、世界一高い猫の中でも上位にランクインします。 世界一高い猫2位:サバンナ(値段:100〜500万円) 1986年、ベンガル猫のブリーダーであったジュッデ・フランクによって、アフリカに生息する野生のサーバルキャットと家猫であったペルシャ猫が掛け合わされて出来たのがサバンナ。 瞬く間に人気となり、1990年代中期にはブリーダー協会に認定され、飼い猫として認知されることになりました。 サバンナキャットは犬のようにとても忠実。 また、野生の血が濃く入っていながらも、子猫のうちにトレーニングをすると、他のペットや見知らぬ人とも問題なく触れ合うことが出来るようになります。 ただし、慣れていないサバンナキャットの場合は、見知らぬ人に対して唸り声を上げたりすることもあるので注意が必要です。 野生の血のために、力強く素早さもあり、高さのある棚や冷蔵庫、ドアの上にも楽々ジャンプすることができる猫で、さらに賢くて好奇心があり、遊ぶことを楽しみ、非常に活発です。 サバンナキャットはF1からF5までの5タイプに分類されており、F1は約50パーセントのサーバルキャットの血を含み、F5の猫は約11パーセントがサーバルキャットとなっています。 そして、価格は性別やタイプによって異なりますが、F1タイプのメスは500万円にもなることがある、世界一高い猫の一種です。 世界一高い猫1位:アシェラ(値段:250〜1500万円) アシェラは希少な猫であるため、安くても数百万円はし、高い個体だと1000万円以上すると言われる、名実共に世界一高い猫。 アメリカのライフスタイルペッツ社によって、年間わずか5匹程度しか子猫が作られないため、その希少性により価格が高いのです。 つまり、1匹購入するとなれば、数少ない貴重なアシェラオーナーの仲間入りってことです。 美的な観点からみると、アシェラはその模様によりユキヒョウに近いと言え、凛とした神々しさを放っており、14〜15kgと大きいのが特徴。 一方で、行動や性格の傾向はサバンナキャットに似ています。 これは、アシェラはアフリカンサーバル、アジアンレパードとベンガル猫を掛け合わせた猫種であるため、サバンナキャットと同じアフリカンサーバルの血を持つのが理由だと思われます。 アシェラこそ世界で一番高価なペット猫であり、提示される驚愕な値段さえのむことができれば、世界中に自慢出来ます。 合わせて読みたい世界雑学記事• 猫の魅力に取り憑かれて予算も十分にあるなら、世界的に高い猫をペットに迎えてみるのも良いかもですね! By.

次の